ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

【Photoshop】レイヤースタイルでポップなロゴを作る方法【フォトショ初心者】

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

Photoshop(フォトショップ)のレイヤースタイルを使ってポップなロゴを作る方法を解説します。
フォトショ初心者の方でも再現できるよう、順を追って解説します。

では早速始めていきましょう!

どんなロゴが作れるの?

オレンジジュースをイメージしたロゴです。
文字ツールを使って入力した文字をベースに、レイヤースタイル等を設定する事で左図のような質感にできます。

一度作れば別のテキストにも簡単に応用可能です。

作り方を解説

それではフォトショップを使ったポップなロゴの作り方を解説します。

Photoshopを導入しましょう
当記事の内容を実践するにはPhotoshop(フォトショップ)が必須です。
まだPhotoshopが未導入の方はAdobe公式サイトから入手しておきましょう。
なお、AdobeCCのプランはコチラの記事で徹底解説しています。
STEP.1
ロゴのベースを作成
文字とアイコンを配置し、ロゴのベースを作成します。
あらかじめ色をベタ塗りで決めておきます。

※文字ツールの使い方はコチラ、シェイプの使い方はコチラ

サンプルのキャンバスサイズは横幅3500px、高さ2500px、解像度300px/inchで設定しています。
STEP.2
スマートオブジェクトに変換し、レイヤーをコピー
レイヤーパネルでロゴレイヤーを右クリックし [ スマートオブジェクトに変換 ] を適用します。

ロゴレイヤーを [ Ctrl + J ] でコピーし、3つ作成します。

下から順にlogo1~logo3にしています。
STEP.3
logo1の設定
[ レイヤーパネル下部 ] → [ レイヤースタイルを追加 ] → [ドロップシャドウ ] を追加します。

描画モード:乗算 色:#401a0f
距離:6px
スプレッド:90%
サイズ:65%

サンプルの詳細設定は左図です。
[ レイヤーパネル下部 ] → [ レイヤースタイルを追加 ] → [ 光彩(外側) ] を追加します。

描画モード:焼き込み(リニア) 色:#834026
不透明度:50%
テクニック:さらにソフトに
スプレッド:48% サイズ:100px
輪郭:Rounded Steps
範囲:50% 適用度:0%

サンプルの詳細設定は左図です。
[ レイヤーパネル下部 ] → [ レイヤースタイルを追加 ] → [ 境界線 ] を追加します。

サイズ:58px 位置:外側
描画モード:通常 不透明度:100%
塗りつぶしタイプ:グラデーション
色:#956438 , #813e24 , #965238 スタイル:線形

サンプルの詳細設定は左図です。
[ レイヤーパネル下部 ] → [ レイヤースタイルを追加 ] → [ ベベルとエンボス ] を追加します。

スタイル:エンボスの境界線を描く テクニック:滑らかに
深さ:1000% 方向:上へ サイズ:42px ソフト:15px
角度:90° 高度:30° 光沢輪郭:Linear
ハイライトのモード:通常 色:#ffe6c5 不透明度:100%
シャドウのモード:通常 色:#b28375 不透明度:100%

サンプルの詳細設定は左図です。
すると左図のような状態になります。

レイヤースタイルを追加すると対象レイヤーに様々な表現が付与できます。
STEP.4
logo2の設定
[ レイヤーパネル下部 ] → [ レイヤースタイルを追加 ] → [ドロップシャドウ ] を追加します。

描画モード:ソフトライト 色:#ffffff
不透明度:100% 角度:-80°
距離:15px スプレッド:94% サイズ:40%

サンプルの詳細設定は左図です。
[ レイヤーパネル下部 ] → [ レイヤースタイルを追加 ] → [ シャドウ(内側) ] を追加します。

描画モード:オーバーレイ 色:#ffffff 不透明度:50%
角度:130° 距離:9px チョーク:68px サイズ:9px

サンプルの詳細設定は左図です。
[ レイヤーパネル下部 ] → [ レイヤースタイルを追加 ] → [ 境界線 ] を追加します。

サイズ:42px 位置:外側
描画モード:乗算 不透明度:100%
塗りつぶしタイプ:グラデーション
色:#662913 , #90552e
スタイル:線形 角度:90° スケール:100%

サンプルの詳細設定は左図です。
[ レイヤーパネル下部 ] → [ レイヤースタイルを追加 ] → [ ベベルとエンボス ] を追加します。

スタイル:ベベル(内側) テクニック:滑らかに
深さ:58% 方向:上へ サイズ:18px ソフト:0px
角度:-30° 高度:80° 光沢輪郭:Linear
ハイライトのモード:乗算 色:#ffe6c5 不透明度:100%
シャドウのモード:通常 色:#ffffff 不透明度:0%

サンプルの詳細設定は左図です。
すると左図のような状態になります。
STEP.5
logo3の設定
logo3レイヤーの描画モードを [ ソフトライト ] に変更します。
不透明度を50%にしましょう。
レイヤーマスクを追加し、ブラシツールで波状にマスクします。
黒で塗るとマスクされます。

液体が揺らいでいるようなイメージですね。
左図のような状態になります。
FINISH
完成
お好みで背景を追加します。

サンプルは [ グラデーションツール ] の設定を [ 円形グラデーション ] にして背景を作成しています。
※グラデーションツールの使い方はコチラ

Photoshopがあれば簡単にポップなロゴが作れますよ。
未導入の方はAdobe公式サイトから入手できます。

文字を大変身させる高品質エフェクト

単なる文字や写真を超短時間で全く違った表現にできる高品質なエフェクトです。
全て商用利用可能!
制作時間の短縮と作品のクオリティアップを重視したい方に超オススメのフォトショエフェクトです。

#01 Purple and Blue Glowing Text Effect

紫と青色の光がキレイなエフェクトモックアップです。
Photoshopと該当PSDをダウンロードするだけ、超お手軽です。

ダウンロード

#02 Neon Text on Brick Wall with Wires Mockup

ブロックの前に青いネオンに光を追加できるエフェクトです。
単色の文字が一瞬でネオンになりますよ。
まさにフォトショマジック!

ダウンロード

#03 Cinematic Metal Scuplted Text Effect

ハリーポッターやゲームオブスローンズのタイトルロゴのような質感が表現できるエフェクトモックアップです。
フォトショップで文字を入力してエフェクトを適用するだけ、超簡単です。

ダウンロード

#04 Golden Text Effect on Leather Mockup

渋い革に金色の刻印を施せるエフェクトモックアップです。
フォトショの詳しい使い方は不要!文字を入力して指定のレイヤーに配置するだけ。

ダウンロード

#05 Raindrops Text Effect Mockup

雨に濡れた質感が超楽にで出せるエフェクトモックアップです。
文字も水のような質感にできます。
単に水に塗れた表現をする際にも威力を発揮しますよ。

ダウンロード

Photoshop用の高品質なエフェクト集
入力した単なる文字オブジェクトをあっという間に大変身させてくれるエフェクト集です。
もちろん文字だけでなく様々なグラフィックに適用可能!全て商用利用可能です。

ワンランク上のテンプレート素材

Photoshopの学習をする上で、プロが作成した生データを研究する事は重要です。
普段からデザイン業務をされている方にとって自分以外のプロのクリエイターが作成したデータを見る事は日常茶飯事ですが、そうでない方は見る機会がありません。

AdobeStockのテンプレート素材はプロによる高品質な作品ばかり!
全て商用利用可能なので、テキストを変えるだけでそのまま使えます。

制作の手間を格段に軽減してくれるだけでなく、スキルアップの為の教材としても最適ですよ。


例えばクリエイターの就職や転職に必須のポートフォリオ。
プロのテンプレートでレイアウトや余白、文字サイズを簡単に研究可能。内定獲得の可能性が格段にアップします!
厳選!ポートフォリオ用テンプレート34選


デザイン制作の勉強としての導入にオススメの名刺デザイン。
想像だけで作るとイマイチな仕上がりになりがちですが、良質なサンプルを参考に作ると吸収できる情報の質が段違いです。
相手に舐められない名刺テンプレート50選


バナーもフォトショップの練習をする上で良質な教材です。
想像だけ・中途半端な素材を参考にするのは有効な学習方法とは言えませんよ。
ハイクオリティなバナーテンプレート50選


ゲームUIの制作は素材制作にはツールの深い知識が必要です。
テンプレートはまさに制作ノウハウの宝庫!
どれも最高の素材ばかりです。
ゲームUIに使えるテンプレート48選


単なる白黒の文字オブジェクトを一瞬で全く別モノへ大変身させるエフェクト52選です。
文字に高品質なエフェクトを追加するモックアップ


写真をはじめとした素材を「あっという間」に全く違うグラフィックへ大変身させるエフェクトです。
時短と品質の向上をされたい方に超オススメ!
写真を全く違うグラフィックに変える事が出来る高品質なエフェクト50選


良質な素材をもっと見る
上記で紹介しているテンプレートはごく一部。
下記記事で良質な素材を紹介しております。併せてチェックしてください!

おわりに

以上、Photoshop(フォトショップ)でポップなロゴを作る方法についてでした。

キモとなるのがレイヤースタイルの使い方です。
ドロップシャドウや境界線、ベベルとエンボスなど、よく使う機能を組み合わせて表現します。

一度設定を作ってしまえば、別のテキストに設定をコピペすると簡単に質感を再現できます。
ゼロから塗って作成すると手間と時間が掛かりますが、レイヤースタイルを使って質感を表現すると非常に汎用性の高いデータが作れますよ。

ではまた!

InDesignは活用されていますか?
Photoshopだけでなく、InDesign(インデザイン)も活用されていますか?
ポートフォリオ制作はイラレよりInDesignの方が効率的に作成できます。
まだInDesignを導入されていない方はAdobe公式サイトから入手できます。
InDesign用の商用利用可能なポートフォリオテンプレート77選はコチラ
ゼロから始めるPhotoshop目次

フォトショ基本操作

【導入編】ゼロから始めるPhotoshop
Adobe Creative Cloudの料金プランやオススメプランを徹底解説
フォトショの全ショートカットまとめ
Photoshopとは・DTPの基礎知識
操作画面、新規作成と保存、各種ファイル形式
フォトショでよく使う基本操作
レイヤーの作成・レイヤーの操作
ブラシツールの基本的な使い方と応用操作を徹底解説
左右対称、マンダラを使った魔法陣・レース模様の作成方法
各種カラーモードについて
【遠近法の切り抜きツール】斜めから撮った写真を正面に補正する方法と応用
切り抜きツールの使い方と解像度・サイズの変更方法を徹底解説
文字ツールの基本的な使い方
文字パネルの機能と使い方を徹底解説
段落パネルの機能と使い方を徹底解説
グラデーションツールとグラデーションオーバーレイの違いと使い方
整列と分布を使ったレイアウト方法
レイヤースタイル、レイヤー効果の基本的な使い方
ドロップシャドウをさりげなく使ってキレイ目デザインを作る方法
作業効率化に繋がるPhotoshop特有の色々なコピペ方法
調整レイヤーを徹底解説
シェイプツールの使い方・編集方法を徹底解説
共通パーツをインクルードする方法

フォトショ応用操作

Photoshopでバナー広告を作る方法を完全解説
Photoshopで人物の表情を簡単に変える方法
【前編】スマホゲームのUIを作ってみよう(構成~下絵まで)
【中編】スマホゲームのUIを作ってみよう(文字やアイコンに質感を付ける)
【後編】スマホゲームのUIを作ってみよう(バナーやボタンの作り方)
Photoshopで黄金風の効果を付ける方法を詳しく解説
ベベルとエンボスで金属表現を作る方法
GDNで有効的なサイズのバナー広告の作り方を完全解説
複数サイズのバナーを効率的に作成する方法
Photoshopで写真をインスタグラム風に加工する方法
レイヤースタイルを使って水滴や汗を描く方法
コンテンツに応じた塗りつぶしで不要な要素を消す方法
斜めから撮影した画面に画像や文字をはめ込む方法
ニュートラルフィルターで肌を一瞬でキレイにする方法
「空を置き換え」で曇り空を1分で修整する方法
スマートポートレイトをイラストに適用する方法と検証
3分で髪の毛を簡単に切り抜く方法(境界線調整ブラシツール)
レンズフレアを追加して印象的な写真に仕上げる方法
RGBずらし(色ずれ)を使ったTikTok風ロゴや印象的な画像の作り方
写真をアメコミ風のイラストにする方法を徹底解説
【間違い探し動画】初心者向けアハ体験動画の作り方
昼間の写真を夜に変更する方法を徹底解説
【チルトシフト】風景写真をミニチュア風に加工する方法
写真を水彩画風に加工する方法を徹底解説

商用可能なフォトショ用素材

文字に高品質なエフェクトを追加するモックアップ
写真を様々なグラフィックに変えられるエフェクト50選
写真を短時間で大変身させる高クオリティなエフェクト51選
画像をヴィンテージ風にできるエフェクトモックアップ50選
人物が煙になる表現ができるエフェクトモックアップ

フォトショップのお困りごと

「最近使用したもの」を非表示にする方法
ブラシのポインタが十字になった時の対処法
突然画面がグレーになってしまった時の対処法
「変形」の仕様をCC2018以前に戻す方法

目次一覧を見る
SCROLL
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!