ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

【Photoshop】オリジナルのシェイプを登録する方法(カスタムシェイプを定義)

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

Photoshop(フォトショップ)に自分で作成したシェイプを登録(カスタムシェイプを定義)する方法について解説します。

一度カスタムシェイプを定義してしまえばワンクリックでシェイプを作成できます。
カスタムシェイプの定義は制作の効率化を行う上で必須です。

では早速解説していきます!

シェイプオブジェクトを作成する

Photoshopを導入しましょう
当記事の内容を実践するにはPhotoshop(フォトショップ)が必須です。
まだPhotoshopが未導入の方はAdobe公式サイトから入手しておきましょう。
なお、AdobeCCのプランはコチラの記事で徹底解説しています。

カスタムシェイプを定義するベースとなるオブジェクトをシェイプで作成します。
Photoshop(フォトショップ)、Illustrator(イラストレーター)のどちらでも作成できます。
Illustrator(イラストレーター)での作成が圧倒的に便利&効率的&オススメです。

Photoshopで作成する方法

STEP.1
シェイプを作る
[ 長方形ツール ][ 楕円形ツール ]、そして [ ペンツール ] 等を使ってオリジナルのシェイプオブジェクトを作成します。

Photoshopのシェイプツールの使い方はコチラで詳しく解説しています。
STEP.2
Illustratorと基本操作は同じ
基本的な操作方法はIllustrator(イラストレーター)のペンツールと同じです。

Illustratorのペンツールの使い方はコチラで詳しく解説しています。
FINISH
完成
こんな感じで好きな形状を作成できます。

Illustratorで作成したオブジェクトをPhotoshopへコピー

ベジエ曲線を触るならやはりIllustrator(イラストレーター)が最強です。
イラレでオブジェクトを作成し、フォトショへコピペする方法が個人的にオススメです。
ベジエ曲線で作成したベースのオブジェクトは全てイラレで管理しておく方が拡張性が高いです。

STEP.1
Illustratorでオブジェクトを作成し、オブジェクトをコピー
Illustrator(イラストレーター)を立ち上げ、ペンツールや各図形ツールを駆使して元となるオブジェクトを作成します。

Illustrator(イラストレーター)の画面でフォトショに持っていきたいアイコンを [ 選択ツール(V) ] で選択し、[ Ctrl + C ] でコピーします。
STEP.2
Photoshopを開き、ペーストする
Photoshop(フォトショップ)を開いて [ Ctrl + V ] でペーストします。
STEP.3
シェイプレイヤーを選択
ペースト形式が問われるので一番下の [ シェイプレイヤー ] を選択します。
FINISH
完成
イラレからフォトショへアイコンをシェイプレイヤーとしてコピペする事ができました。シェイプなので拡大縮小をしても劣化が起こりません。

ゲームUI制作関連のコチラでも解説しております。

カスタムシェイプを定義

先で作成したシェイプオブジェクトをカスタムシェイプとして定義する方法です。

STEP.1
シェイプオブジェクトのレイヤーをアクティブ&右クリック
Photoshopの導入はお済みでしょうか?
まだの方はAdobe公式サイトから入手できます。

作成したシェイプオブジェクトのレイヤーをアクティブにし、[ ペンツール(P) ] の状態で [ キャンバス内を右クリック ] します。

[ パスコンポーネント選択ツール ][ パス選択ツール ] の状態で [ キャンバス内を右クリック ] をしても構いません。
STEP.2
カスタムシェイプを定義
[ カスタムシェイプを定義 ] の項目が表示されるのでクリックします。
STEP.3
カスタムシェイプを定義
シェイプの名前を入力し、 [ OK ] をクリックします。
STEP.4
シェイプウィンドウを開く
[ シェイプウィンドウ ] を確認します。

非表示の方は画面上部の [ ウィンドウ ] → [ シェイプ ] で表示できます。
FINISH
完成
定義したシェイプの「ぴーちゃん」が登録されているのが確認できますね。

[ カスタムシェイプツール ] を使ってドラッグすると簡単に使えます。

シェイプを書き出しする

自身で作成したオリジナルシェイプや、よく使うシェイプを整理したモノなどを他のPCでも使えるように「.csh」形式で書き出す方法です。
いつPCが壊れても問題無いようにバックアップしておくと安心ですよ。

STEP.1
書き出したいシェイプを選択&書き出し
書き出したいシェイプを選択します。
[ Shift ] を押しながらクリックすると複数選択できます。

右クリックメニューから [ 選択したシェイプを書き出し ] をクリックします。

几帳面な方はシェイプをカテゴリで分けてグループ分けしておくと便利かもしれません。
私は適当&面倒なのでまるっと書き出しています。
STEP.2
名前を付けて保存
[ 名前を付けて保存 ] のダイアログ画面が表示されます。好きな場所に好きな名前で保存してください。
FINISH
CSHファイルの完成
書き出された「.csh」ファイルです。
アイコンに「SHAPES」と表記されています。

Photoshopが入っている別のPCに「cshファイル」をコピーし、ダブルクリックするだけでシェイプを登録できます。

ワンランク上のテンプレート素材

Photoshopの学習をする上で、プロが作成した生データを研究する事は重要です。
普段からデザイン業務をされている方にとって自分以外のプロのクリエイターが作成したデータを見る事は日常茶飯事ですが、そうでない方は見る機会がありません。

AdobeStockのテンプレート素材はプロによる高品質な作品ばかり!
全て商用利用可能なので、テキストを変えるだけでそのまま使えます。

制作の手間を格段に軽減してくれるだけでなく、スキルアップの為の教材としても最適ですよ。


デザイン制作の勉強としての導入にオススメの名刺デザイン。
想像だけで作るとイマイチな仕上がりになりがちですが、良質なサンプルを参考に作ると吸収できる情報の質が段違いです。
相手に舐められない名刺テンプレート50選


バナーもフォトショップの練習をする上で良質な教材です。
想像だけ・中途半端な素材を参考にするのは有効な学習方法とは言えませんよ。
ハイクオリティなバナーテンプレート50選


例えばクリエイターの就職や転職に必須のポートフォリオ。
プロのテンプレートでレイアウトや余白、文字サイズを簡単に研究可能。内定獲得の可能性が格段にアップします!
厳選!ポートフォリオ用テンプレート34選


ゲームUIの制作は素材制作にはツールの深い知識が必要です。
テンプレートはまさに制作ノウハウの宝庫!
どれも最高の素材ばかりです。
ゲームUIに使えるテンプレート48選


単なる白黒の文字オブジェクトを一瞬で全く別モノへ大変身させるエフェクト52選です。
文字に高品質なエフェクトを追加するモックアップ


写真をはじめとした素材を「あっという間」に全く違うグラフィックへ大変身させるエフェクトです。
時短と品質の向上をされたいかたに超オススメ!
写真を全く違うグラフィックに変える事が出来る高品質なエフェクト50選


良質な素材をもっと見る
上記で紹介しているテンプレートはごく一部。
下記記事で良質な素材を紹介しております。併せてチェックしてください!

おわりに

以上、自身で作成したシェイプオブジェクトを登録(カスタムシェイプを定義)する方法についてでした。

汎用的なオブジェクトは登録し、カスタムシェイプでサクッと呼び出すと制作の効率が格段に上がります。

元となるシェイプオブジェクトはIllustrator(イラストレーター)で作成する方が圧倒的に効率的です。
イラレからフォトショへのコピペは簡単にできます。その逆は面倒です。
なのでオリジナル素材はイラレで作成しておく事をオススメします。

ではまた!

シェイプ関連記事
シェイプの使い方や無料で使えるカスタムシェイプについて徹底解説しています。
併せてチェックされてみてはいかがでしょうか?
Illustratorは活用されていますか?
Photoshopだけでなく、Illustratorも活用されているでしょうか?
まだIllustratorを導入されていない方はAdobe公式サイトから入手できます。
なお、学生や教職員の方は公式サイトの学割コンプリートプランが最強にお得!
Illustratorの使い方はゼロから始めるIllustratorで徹底解説しています。
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!