【Photoshop・遠近法の切り抜きツール】フォトショで斜めから撮った写真を正面に補正する方法と応用

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

パースの付いた画像を真正面に向けたい時ってありますよね。
変形やゆがみツールを使ったりして調整、でも微妙に上手くいかないなぁ~、そんな経験ありませんか?

「遠近法の切り抜きツール」を使えば簡単にパースの付いた画像を正面に補正することができます。

遠近法の切り抜きツールの使い方

遠近法の切り抜きツールを使ってパースの付いた画像の任意の個所を正面画像に補正する方法の手順です。

STEP.1
フォトショで画像を開く
正面画像に加工したい画像をフォトショップで開きます。
STEP.2
遠近法の切り抜きツールを選択
[ 遠近法の切り抜きツール ]を選択します。
もし [ 切り抜きツール ] が表示されていたら長押しをして [ 遠近法の切り抜きツール ] を表示させて選択してください。
STEP.3
正面画像にしたい個所を選択
正面にしたい部分をクリックで選択して囲います。
4カ所をクリックして選択すると遠近グリッドが表示されます。
クリックした4カ所の位置は後から調整できます。
STEP.4
切り抜きの確定
[ 〇 ]または[ Enter ]を押して確定させます。
FINISH
完成
おしまい。
別の方法でも調整はできますが、遠近法の切り抜きツールを使うと面倒な正面画像への加工を簡単操作で手早く行ってくれます。

正面補正の例

いくつか遠近法の切り抜きツールを使ったサンプルを作成してみました。

パースの付いた本の表紙を正面に補正

元画像の右奥のピントが少しボケているので正面に補正すると画像右上が若干ボケています。
他は特に違和感がありません。

パースの付いた外壁だけを正面画像へ補正

3Dの背景モデル用テクスチャに使えそうです。
ただ画像内のパーツ類(窓やドアのサッシ)にパースの違和感があるので修正する必要があります。

パースの付いたパッケージを正面画像へ補正

いい感じに正面画像へと補正されています。特に違和感はありません。

アオリから撮った写真を正面画像へ補正

補正後は全体的に少し太ったような印象の写真になりました。
お好みで縦に引き延ばす、横幅を縮めるなりして調整を入れてもいいかもしれませんね。

おわりに

以上、遠近法の切り抜きツールを使った正面画像へ補正する方法の紹介でした。
テクスチャ作りや微妙にパースのついた写真を正面写真に直したい時に使えるツールです。

ではまた!

目次一覧

Photoshopを最安で購入するには

Photoshop(フォトショップ)を持っていない方は、下記から最安値で購入できます。
断然オンラインコード形式がオススメ、購入したらすぐにダウンロード&使用可能です。

 

学生の方や教職員の方なら断然学割価格のコンプリートプランがオススメ!公式サイトよりも安く買うことができます。
なおPhotoshop単品はコチラから最安値で購入できます。
Photoshopをはじめ、Illustrator等の様々なアドビ製品をお得に始める方にピッタリですよ。12か月間使い倒しましょう!

 

上記以外の方は一般向けのコンプリートプランが最安値です。
Photoshop単品はコチラから最安値で購入できます。

Photoshopで自身の発想をドンドンビジュアル化し、デザイン制作を通して人生を大いに楽しみましょう!


下記にフォトショ、イラレを最安値で導入できる手順を記載しております。


ゼロから始めるシリーズ目次
IllutratorとPhotoshopの使い方をゼロから解説する「ゼロから始めるIllustrator」と「ゼロから始めるPhotoshop」の目次リンクです。
本業が教えるイラレとフォトショ講座の目次は下記から。