ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

【Photoshop】フォトショの文字パネルの使い方と機能を徹底解説

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

Photoshop(フォトショップ)の文字パネルの機能と使い方ついて詳しく解説します。
なお文字ツールの詳しい使い方はコチラで解説しております。

当記事では文字ツールで入力した文字を設定する際に使用する文字パネルについて、初心者の方にも分かりやすく徹底解説します。

では早速始めていきましょう!

文字パネルを解説

Photoshopを導入しましょう
当記事の内容を実践するにはPhotoshop(フォトショップ)が必須です。
まだPhotoshopが未導入の方はAdobe公式サイトから入手しておきましょう。
なお、AdobeCCのプランはコチラの記事で徹底解説しています。

下図は文字パネルです。
文字パネルを使って文字を細かく設定します。

内容を詳しく解説します。

文字パネルが見つからない場合は?
文字パネルが表示されていない場合は画面上部の [ ウィンドウ ] →  [ 文字 ] をクリックし、パネルを表示させてください。

文字パネル内の詳細説明

文字パネル内にある様々な機能を細かく解説していきます。

フォントの検索と選択

フォントの種類を変更できます。
1つのテキストに複数の文字を指定できます。
他の設定項目でも同様に1文字単位でフォントを変えたりサイズを変えたりできます。
(2種類以上のフォントを使用している場合、フォントの欄は空欄になります。)

フォントスタイルを設定

フォントの太さを変えたり斜体にできます。
フォントスタイルは使用できるフォント、そうでないフォントが存在しています。

左図の「新ゴ」はEL、L、R、M、DB、B、H、Uと多くのフォントスタイルがあります。

フォントサイズを設定

フォントのサイズを変更できます。

サイズの数値変更はカーソルキー、マウスのホイールでも操作ができます。

行送りを設定

改行した文字に対して、上下の文字間を変更する際に使用します。

なおショートカットは [ Alt + 上下のカーソルキー ] です。
よく使う項目なのでショートカットで覚えておくと便利です。

文字間のカーニングを設定

個別の文字と文字の間を広げたり狭めたりする際に文字間のカーニングを使用します。文字ツールで調整したい文字間をクリックし、値を変更します。

ショートカットは [ Alt + 左右のカーソルキー ]

選択した文字のトラッキングを設定

文字全体の文字間を広げたり狭めたりする際に使用します。

選択した文字にツメを設定

文字の前後のツメを設定します。
通常0%ですが最大で100%(狭く)まで設定できます。

垂直比率と水平比率

文字の垂直比率と水平比率を変更できます。
値を変更すると長体、平体に変形します。

基本的には垂直比率、水平比率共に100%の正体を用いますが、用途に応じて設定します。

ベースラインシフトを設定

文字のベースラインシフト(基準位置)を変更できます。
文字を上下に移動させることができるパラメータです。

テキストカラーを設定

文字の色を変えられます。
よく使う項目です。

太字、斜体、オールキャップス、スモールキャップス、上付き文字、下付き文字、下線、打消し線

・太字:文字を太字に
・斜体:文字を斜めに
・オールキャップス:小文字を大文字に
・スモールキャップス:小文字を大文字にして小さく
・上付き文字:文字を小さくして上部に配置
・下付き文字:文字を小さくして下部に配置
・下線:文字に下線を追加
・打消し線:文字に打消し線を追加

アンチエイリアスの種類を設定

アンチエイリアスの種類を設定できます。

アンチエイリアス無しだとドット絵のようなフォントになります。
フォントはAdobeStockから追加するのがオススメ
PCの初期設定で入っているフォントだと物足りないですよね。
AdobeStockは最大級の素材サイトで、フォントはもちろん、写真やイラスト、PSDやAIのテンプレート、レイヤースタイルやブラシ、アクションなど、2億点以上の素材が存在します。
ノンデザイナーでも素材を使えばプロ級の仕上がりにできるチート、私も重宝しています。

ワンランク上のテンプレート素材

Photoshopの学習をする上で、プロが作成した生データを研究する事は重要です。
普段からデザイン業務をされている方にとって自分以外のプロのクリエイターが作成したデータを見る事は日常茶飯事ですが、そうでない方は見る機会がありません。

AdobeStockのテンプレート素材はプロによる高品質な作品ばかり!
全て商用利用可能なので、テキストを変えるだけでそのまま使えます。

制作の手間を格段に軽減してくれるだけでなく、スキルアップの為の教材としても最適ですよ。


デザイン制作の勉強としての導入にオススメの名刺デザイン。
想像だけで作るとイマイチな仕上がりになりがちですが、良質なサンプルを参考に作ると吸収できる情報の質が段違いです。
相手に舐められない名刺テンプレート50選


バナーもフォトショップの練習をする上で良質な教材です。
想像だけ・中途半端な素材を参考にするのは有効な学習方法とは言えませんよ。
ハイクオリティなバナーテンプレート50選


例えばクリエイターの就職や転職に必須のポートフォリオ。
プロのテンプレートでレイアウトや余白、文字サイズを簡単に研究可能。内定獲得の可能性が格段にアップします!
厳選!ポートフォリオ用テンプレート34選


ゲームUIの制作は素材制作にはツールの深い知識が必要です。
テンプレートはまさに制作ノウハウの宝庫!
どれも最高の素材ばかりです。
ゲームUIに使えるテンプレート48選


単なる白黒の文字オブジェクトを一瞬で全く別モノへ大変身させるエフェクト52選です。
文字に高品質なエフェクトを追加するモックアップ


写真をはじめとした素材を「あっという間」に全く違うグラフィックへ大変身させるエフェクトです。
時短と品質の向上をされたいかたに超オススメ!
写真を全く違うグラフィックに変える事が出来る高品質なエフェクト50選


良質な素材をもっと見る
上記で紹介しているテンプレートはごく一部。
下記記事で良質な素材を紹介しております。併せてチェックしてください!

おわりに

以上、文字ツールの基本的な使い方でした。

文字の入力はフォトショップで頻繁に使う機能なので是非この記事でマスターしてください。
パス上文字ツールとエリア内文字ツールはフォトショップのツールバーに入っていません。
しかし機能として存在しているので覚えておくと非常に便利です。

ではまた!

Illustratorは活用されていますか?
Photoshopだけでなく、Illustratorも活用されているでしょうか?
まだIllustratorを導入されていない方はAdobe公式サイトから入手できます。
なお、学生や教職員の方は公式サイトの学割コンプリートプランが最強にお得!
Illustratorの使い方はゼロから始めるIllustratorで徹底解説しています。
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!