クリエイターなら絶対に登録しておきたい転職エージェント5選!

【Photoshop】整列と分布を使ったレイアウト方法

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

Photoshop(フォトショップ)で複数のオブジェクトを綺麗に整列させる方法を解説します。
デザイン作業やパターン柄を作りたい時に役立つ機能です。

では早速解説していきます!

整列させたいオブジェクト

左図のアイコン類を整列させたいと思います。
個別で [ 移動ツール(V) ] を使用して整列させるのも良いですが、面倒ですよね。

整列を使えば一瞬で綺麗に並べられます。

整列の使い方

STEP.1
整列させたいオブジェクトのレイヤーを選択
整列させたいオブジェクトのレイヤーを複数選択します。

[ Shift ] を押しながらクリックするとレイヤーを複数選択することができます。

Photoshopのレイヤーはコチラで詳しく解説しています。

STEP.2
移動ツールに切り替える
[ 移動ツール(V) ] に変更します。
すると画面上部のオプションバーに整列の項目が表示されます。

左から順に [ 左端揃え ] , [ 水平方向中央揃え ] , [ 右端揃え ] , [ 垂直方向に分布 ] , [ 上端揃え ] , [ 垂直方向中央揃え ] , [ 下端揃え ] , [ 水平方向に分布 ] です。

[ … ] をクリックすると整列の詳細ウィンドウが表示されます。
STEP.3
垂直方向中央揃えを適用
まず [ 垂直方向中央揃え ] を適用します。
すると上下にガタガタしていたレイアウトが、オブジェクトの中心を軸に綺麗に揃いました。
FINISH
水平方向に分布
次に [ 水平方向に分布 ] を適用します。
すると等間隔に整列されました。
両端のオブジェクトの位置を確定させ、後は [ 分布 ] を適用すると簡単に等間隔でレイアウトができます。
Illustratorの整列
Illustrator(イラストレーター)だとさらに高度な整列機能を備えています。詳しくはコチラ
レイアウト作業を行うのであればIllustratorは非常にオススメです。

おわりに

以上、Photoshop(フォトショップ)で整列を使う方法についてでした。

整列はデザイン作業を行う際によく使う機能です。
目視で揃えるのは時間と手間が掛かりますが、整列を使えば一瞬でキレイに並べられます。
コツは先に両端の位置を確定させてから整列させる事です。

レイアウトに特化させるならIllustrator(イラストレーター)を導入するのも大いにアリですよ。

ではまた!

Photoshopを最安で導入しよう

オススメはコンプリートプラン

単品よりも圧倒的にお得で便利なCreative Cloudコンプリートプランがオススメです。Photoshop、Illustrator、Acrobatを単体で使うと、費用がコンプリートプランと同等かそれ以上になります。
初めからコンプリートプランを選択する方が断然お得&便利ですよ。

学生・教職員なら

学生や教職員の方にオススメなのが
アプリ1本分の価格で全てのAdobe製品が使い放題!

Photoshop単品ならフォトプランが最安

Photoshopを使うならAdobe公式のフォトプランが一番お得です。

アマゾンや他サイトのフォトプランは、1TBのオンラインストレージが付いて倍くらいの価格です。

制作を加速させる最強素材サイト

最強素材サイトであるAdobeStockがあると制作の効率性、品質がさらに高まります。
無料素材とは一味違うので手を加える手間が劇的に省けますよ。

ゼロフォトもくじ

ゼロから始めるPhotoshopのもくじです。

目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

IllutratorとPhotoshopの使い方をゼロから解説する「ゼロから始めるIllustrator」と「ゼロから始めるPhotoshop」の目次リンクです。
本業が教えるイラレとフォトショ講座の目次は下記からどうぞ。