fantiaはじめました!無料素材やAI、PSDを配布中です。

【Photoshop】インスタグラム風(X-Pro II他全8種)に写真を加工する方法

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

Photoshop(フォトショップ)を使って写真をinstagram(インスタグラム)風に加工する方法について解説します。
ただの写真がPhotoshopの機能を使う事によってインスタ映えするオシャレな作品に大変身します。

フォトショ初心者の方にも分かりやすく徹底解説します!

では早速始めていきましょう!

元となる写真素材

この子を使ってインスタ風に加工してみます。
いい顔してるパグですね。

X-Pro II風に加工

instagram(インスタグラム)の写真加工の一つである「X-Pro II」風に加工した例です。
コントラストが強めで周囲が暗くなった印象的な写真です。

この加工の方法を順を追って詳しく解説していきます。

STEP.1
加工したい写真をフォトショで開く
Photoshop(フォトショップ)に読み込みます。元写真をドラッグ&ドロップで開くことができます。

しかしこのパグ、本当にえぇ顔しとりますねぇ~
STEP.2
調整レイヤーのトーンカーブを追加する
調整レイヤーを新規作成し、[ トーンカーブ ] を追加します。

[ イメージ ] → [ 色調補正 ] → [ トーンカーブ ] よりも、[ レイヤーパネル下部 ] → [ 調整レイヤー ] → [ トーンカーブ ] の方が柔軟な調整ができるのでオススメします。

[ イメージ ] は使わず [ 調整レイヤー ] で調整しましょう。

※調整レイヤーの詳しい使い方はコチラ
STEP.3
レッドのトーンカーブを設定する
[ 属性パネル ] のトーンカーブの設定を触ります。
[ RGB ] をクリックして [ レッド ] の設定をします。

まっすぐな赤い線を左図のように変形させます。

赤線上をクリックで点を追加、点をドラッグすると曲線を変形できます。
STEP.4
グリーンのトーンカーブを設定する
同様の手順でグリーンのトーンカーブを設定します。
カーブの形状は左図を参考にして調整してください。
STEP.5
ブルーのトーンカーブを設定する
最後にブルーのトーンカーブを設定します。
カーブの形状は左図を参考にして調整してください。

これでトーンカーブの設定は完了しました。
STEP.6
フチの暗い部分を作成する
フチの暗い部分を作成します。
レイヤーを新規作成し、[ 塗りつぶしツール ] で白く塗りつぶします。

その後レイヤー効果の [ グラデーションオーバーレイ ] を追加します。
グラデーションはプリセットの黒→透明のグラデーションを使います。

描画モード:焼き込みカラー
スタイル:円形
グラデーション:黒→透明度100%
グラデーションエディタの内容です。
STEP.7
白の塗りを透明にする
せっかくグラデーションオーバーレイを追加しても真っ白なので [ レイヤー効果 ] → [ 塗りの不透明度 ] を0%にします。これでグラデーションオーバーレイのみが表示されるようになります。

さらに [ 通常の描画 ] [ 不透明度 ] を40%にして馴染ませておきます。
FINISH
完成
完成です!

普通の写真がインスタのX-ProIIっぽい絵に大変身しました。

他のインスタ風写真加工

他のインスタグラム風に写真加工をする方法です。
X-ProIIと同様に、トーンカーブの設定と写真手前に乗せるフチの加工で再現可能です。

Amaro風

instagramのAmaro風に加工したサンプルです。

Amaro風に加工する方法

トーンカーブの設定です。
フチの加工です。
X-ProIIのグラデーションオーバーレイをコピーし、グラデーションのかかり方を上図のように変更します。

Mayfair風

instagramのMayfair風に加工したサンプルです。
暗いところはうんと暗くなった写真です。

Mayfair風に加工する方法

トーンカーブの設定です。
レイヤーを追加し、[ 塗りつぶしツール ] [ #3d3e38 ] で塗りつぶします。

描画モードを [ オーバーレイ ] にしてレイヤー最上部に重ねて完成です。

Hudson風

instagramのHudson風に加工したサンプルです。

Hudson風に加工する方法

トーンカーブの設定です。
グラデーションオーバーレイの設定です。
X-ProIIと基本は同じ、スタイルは円形で描画モードをオーバーレイにしてグラデーションの色味を左図のように変更したら完成!

Valencia風

instagramのVallencia風に加工したサンプルです。

Valencia風に加工する方法

トーンカーブの設定です。
たったこれだけ!

Willow風

instagramのWillow風に加工したサンプルです。
モノトーンに近い色味です。

Willow風に加工する方法

トーンカーブの設定です。
チャンネルミキサーの設定です。

[ 調整レイヤー ] → [ チャンネルミキサー ] で追加し、設定を左図のように変更します。

[ モノクロ ] にチェックを入れるのを忘れずに!
Mayfairと同様にレイヤーを追加し、[ 塗りつぶしツール ][ #3d3e38 ] で塗りつぶします。

描画モードを [ オーバーレイ ] にしてレイヤー最上部に重ねて完成です。

Hefe風

instagramのHefe風に加工したサンプルです。

Hefe風に加工する方法

トーンカーブの設定です。
レイヤーを追加し、[ 塗りつぶしツール ] [ #070302 ] で塗りつぶします。

描画モードを [ ソフトライト ] にしてレイヤー最上部に重ねて完成です。

Nashville風

instagramのNashville風に加工したサンプルです。

Nashville風に加工する方法

トーンカーブの設定です。
たったこれだけ!

まとめ

以上、Photoshopを使って写真をインスタグラム風に加工する方法でした。

インスタグラムの画像加工フィルターを使わなくてもフォトショップがあれば再現可能です。
またトーンカーブの調整を少し変えるだけで全然違う絵にすることができますので、よりオリジナリティを出したい場合はフォトショ加工が最適です。
一度お試しあれ!

ではまた!

Photoshopを最安で導入するには

Photoshop(フォトショップ)を持っていない方は、下記から最安値で購入できます。
各種通販サイト等で取り扱われていますが、結局Adobe公式サイトが最安値かつ安全です。

オススメはコンプリートプラン

単品よりも圧倒的にお得で便利なCreative Cloudコンプリートプランがオススメです。
アプリ単体を2つ3つ使うと費用がコンプリートプランと同等かそれ以上になります。

制作はPhotoshop、Illustrator、Lightroom、InDesign、Acrobat、etc…複数のアプリを使い分けながら作る事が多いです。
Photoshopで作業をしている際に「Illustratorなら効率的に作れるのに…」、「完成したデザインをPDFで複数ページに冊子形式にしたいなぁ…」という事は頻繁にあります。
なのでデザイナーにとって最低限Photoshop、Illustrator、Acrobatは必要です。

それならいっそ初めからコンプリートプラン を選択する方が断然便利でお得ですよ。

学生・教職員なら

学生や教職員の方にオススメなのが
65%OFFはデカイですね!
アプリ1本分の価格で全てが使えます。

Photoshop単品ならフォトプランが最安

Photoshopを使うならAdobe公式の フォトプラン が一番お得です。
Photoshop単体の半分以下の価格で、尚且つLightroomもセットになっているのが嬉しいですね。

アマゾンや他の通販サイトのフォトプランだと、不要なオンラインストレージが付いて倍くらいの価格です。Photoshop自体の最安はAdobe公式サイトの フォトプラン なので気を付けてください。

ゼロフォトもくじ

ゼロから始めるPhotoshopのもくじです。

目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

IllutratorとPhotoshopの使い方をゼロから解説する「ゼロから始めるIllustrator」と「ゼロから始めるPhotoshop」の目次リンクです。
本業が教えるイラレとフォトショ講座の目次は下記からどうぞ。