ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

【Photoshop】ブラシツールの基本的な使い方と応用操作を徹底解説【初心者向け】

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

Photoshop(フォトショップ)のブラシツールの使い方を初心者の方に分かりやすく解説します。

基本的なブラシツールの使い方から応用まで、フォトショ初心者が押さえておきたいポイントを徹底解説!
フォトショの基本ツールの一つであるブラシツールをマスターし、制作力を向上させましょう!

ブラシツールの基本

ではPhotoshopのブラシツールを触っていきましょう!

Photoshopを導入しましょう
当記事の内容を実践するにはPhotoshop(フォトショップ)が必須です。
まだPhotoshopが未導入の方はAdobe公式サイトから入手しておきましょう。
なお、AdobeCCのプランはコチラの記事で徹底解説しています。

ブラシツールを選択

左のツールバーから [ ブラシツール(B) ] を選択します。
おまけ:ブラシツール上を左クリック押しっぱなしにすると下記ツールが表示されます。

・ブラシツール
・鉛筆ツール
・色の置き換えツール
・混合ブラシツール

ブラシの先端を選択する

ブラシ設定パネルからお好みのブラシの先端を選択します。
サンプルは [ ソフト円30 ] を使っています。

※ブラシパネルが非表示の場合は下記手順で表示できます。
[ 画面上部のウィンドウ ] → [ ブラシ設定 ]

ブラシを使って線を描く

新規レイヤーを作成し、ブラシを動かすと線が描けます。
色を変えると描画される線の色が変わります。
直線を描くには?
フリーハンドで直線を描くと線が歪んでしまいますよね。
[ Shift ] を押しながらドラッグすると直線を描けます。
クリック → 別の場所でShiftを押しながらクリックすると好きな角度で直線が描けます。

ブラシサイズを変える

ブラシ設定パネルの [ 直径 ] でブラシサイズを変えられます。

[ 硬さ ] の値を上げるとブラシのフチがパキっとします。
(汎用ブラシで設定ができます。)
ブラシサイズの変更はショートカットがオススメ
ブラシサイズは頻繁に調整する項目です。ショートカットが断然便利!
ブラシサイズを大きく → ] 
ブラシサイズを小さく → [
見慣れない記号ですが、Enterキーのすぐ左にあるキーです。
さらに環境にこだわりたい方はSurfaceDial(サーフェスダイヤル)がオススメです。

ブラシツールの詳細設定

ブラシツールの詳細設定について解説します。
ブラシ設定パネルを表示させておきましょう。
非表示の方は [ 画面上部のウィンドウ ] → [ ブラシ設定 ] で表示できます。

STEP.1
ブラシの先端を選択
今回サンプルで使用する葉っぱのブラシです。

Photoshopは導入できましたか?
まだの方はコチラの公式サイトから入手しておきましょう。
クリックすると葉っぱ単品が描けますが、未設定のままドラッグをすると「ベチャ」っとした単なる線になります。
STEP.2
間隔を調整
[ ブラシ先端のシェイプ ] → [ 間隔 ] の値を変更します。
サンプルは181%にしています。
ドラッグすると葉っぱ同士が離れた状態で描けるようになりました。
STEP.3
シェイプの各項目を設定
左メニューの [ シェイプ ] を設定します。

サイズのジッター:60%
角度のジッター:100%
真円率のジッター:75%
最小の真円率:25%
※お好みで調整してください。
大きさや角度にランダム性が生まれてきましたね。
FINISH
散布を設定
[ 散布 ] の設定をします。

散布:305%
数:2
数のジッター:30%
※数値はお好みで調整してください。
すると風に舞っている葉っぱのような表現が一筆で描けます。
他にもブラシの先端を変えて各値を変えるだけで全く違った表現が簡単にできます。

Photoshopって便利ですよね。

ブラシツールを使ったアニメ塗り

ブラシツールを使ってアニメ塗りを実践し、ブラシ操作に慣れましょう。

STEP.1
線画をダウンロード
fantiaから線画を無料ダウンロードしてください。
Illustratorのペンツールの使い方で紹介している「ぴーちゃん」です。

ダウンロードした「pi.png」をPhotoshopに読み込ませます。

なお、Photoshop未導入の方はAdobe公式サイトから入手しておきましょう。
STEP.2
下塗りをする
新規レイヤーを追加し、[ ハード円ブラシ ] で塗ります。
はみ出したら [ 消しゴムツール(E) ] で消しましょう。

コレはあくまでブラシの練習、下塗り作成を行うには非効率的な方法です
サックリ30秒で下塗りを作る方法です。

[ クイック選択ツール(W) ] → 塗りたい場所を選択
(複数選択の場合はShift押しながらクリック)

[ 選択範囲 ] → [ 選択範囲を変更 ] → [ 拡張 ] → 拡張量2px
[ 塗りつぶしツール(G) ] → 新規レイヤー上でクリック

左図は線画を非表示にし、塗りのみを表示しています。
キレイかつ手早く下塗りが作れます。
ペンタブがあると便利
マウスで色塗りをするのは難しいですよね。
ペンタブがあると色塗りが5倍くらい捗ります。

コチラの記事で現役デザイナーの私がオススメするタブレットを徹底解説しています。
ぜひ併せてご覧ください!
STEP.3
違う色の部位の下塗りを作る
色の違う部位はレイヤーを追加して塗ります。
ブラシ塗り、選択範囲を作成して塗りつぶし、どちらでも構いません。

※レイヤーの基本操作はコチラで詳しく解説しています。
STEP.4
クリッピングマスクを使って影を塗る
新規レイヤーを追加し、クリッピングマスクを作成します。

[ 新規レイヤー上で右クリック ] → [ クリッピングマスクを作成

クリッピングマスクを使うと、下塗りからはみ出さずに影やハイライトを塗る事ができるPhotoshopでよく使う機能の一つです。
クリッピングマスクしたレイヤーに影を塗ります。
こんな感じでサクサク塗っていきます。
FINISH
他のパーツの影や色を塗って完成
レイヤーを追加し、ハイライトやほっぺの赤、お腹のハートを塗り足したら完成です。
ほっぺの赤はソフト円ブラシでワンクリックして作成しました。

これで貴方もPhotoshopのブラシマスターですね!
イラスト制作はCLIP STUDIO PAINTが超便利
CLIP STUDIO PAINTの描き味はPhotoshopより上。イラスト制作だけならクリスタが最強!
CLIP STUDIO PAINTを使った差分イラストの描き方を完全解説しています。

無料のブラシ素材を活用しよう

Photoshopで使える無料のブラシセットを大量に紹介しています。
既存のブラシだけでなく、様々なブラシを活用して制作物の品質向上、時短をしちゃいましょう!【Photoshop】無料&商用可能で本当に使えるブラシ素材64選
自作ブラシを登録してさらにオリジナリティを出そう
オリジナルブラシの登録方法を解説しています。
自身で作成したパターンをブラシに登録し、作業の効率化ができます。

ワンランク上のテンプレート素材

Photoshopの学習をする上で、プロが作成した生データを研究する事は重要です。
普段からデザイン業務をされている方にとって自分以外のプロのクリエイターが作成したデータを見る事は日常茶飯事ですが、そうでない方は見る機会がありません。

AdobeStockのテンプレート素材はプロによる高品質な作品ばかり!
全て商用利用可能なので、テキストを変えるだけでそのまま使えます。

制作の手間を格段に軽減してくれるだけでなく、スキルアップの為の教材としても最適ですよ。


デザイン制作の勉強としての導入にオススメの名刺デザイン。
想像だけで作るとイマイチな仕上がりになりがちですが、良質なサンプルを参考に作ると吸収できる情報の質が段違いです。
相手に舐められない名刺テンプレート50選


バナーもフォトショップの練習をする上で良質な教材です。
想像だけ・中途半端な素材を参考にするのは有効な学習方法とは言えませんよ。
ハイクオリティなバナーテンプレート50選


例えばクリエイターの就職や転職に必須のポートフォリオ。
プロのテンプレートでレイアウトや余白、文字サイズを簡単に研究可能。内定獲得の可能性が格段にアップします!
厳選!ポートフォリオ用テンプレート34選


ゲームUIの制作は素材制作にはツールの深い知識が必要です。
テンプレートはまさに制作ノウハウの宝庫!
どれも最高の素材ばかりです。
ゲームUIに使えるテンプレート48選


単なる白黒の文字オブジェクトを一瞬で全く別モノへ大変身させるエフェクト52選です。
文字に高品質なエフェクトを追加するモックアップ


写真をはじめとした素材を「あっという間」に全く違うグラフィックへ大変身させるエフェクトです。
時短と品質の向上をされたいかたに超オススメ!
写真を全く違うグラフィックに変える事が出来る高品質なエフェクト50選


良質な素材をもっと見る
上記で紹介しているテンプレートはごく一部。
下記記事で良質な素材を紹介しております。併せてチェックしてください!

おわりに

以上、ブラシツールの基本と応用についてでした。
Photoshopを始められたばかりの方は是非押さえておきたい機能です。

イラスト制作、写真加工、デザイン制作、様々なクリエイティブでブラシツールは活躍します。
Photoshopの基本ツールの一つなので使い方をマスターしておきましょう。

また基本ブラシだけだと心もとないので、追加のブラシセットを入れておくと作業効率が向上します。
ちょっとしたエフェクトを追加したい時にも煙ブラシでチョイチョイ、作品の密度が一気に増します。

ではまた!

Illustratorは活用されていますか?
Photoshopだけでなく、Illustratorも活用されているでしょうか?
まだIllustratorを導入されていない方はAdobe公式サイトから入手できます。
なお、学生や教職員の方は公式サイトの学割コンプリートプランが最強にお得!
Illustratorの使い方はゼロから始めるIllustratorで徹底解説しています。
ゼロから始めるPhotoshop目次

フォトショ基本操作

【導入編】ゼロから始めるPhotoshop
Adobe Creative Cloudの料金プランやオススメプランを徹底解説
フォトショの全ショートカットまとめ
Photoshopとは・DTPの基礎知識
操作画面、新規作成と保存、各種ファイル形式
フォトショでよく使う基本操作
レイヤーの作成・レイヤーの操作
ブラシツールの基本的な使い方と応用操作を徹底解説
各種カラーモードについて
【遠近法の切り抜きツール】斜めから撮った写真を正面に補正する方法と応用
切り抜きツールの使い方と解像度・サイズの変更方法を徹底解説
文字ツールの基本的な使い方
文字パネルの機能と使い方を徹底解説
段落パネルの機能と使い方を徹底解説
グラデーションツールとグラデーションオーバーレイの違いと使い方
整列と分布を使ったレイアウト方法
レイヤースタイル、レイヤー効果の基本的な使い方
ドロップシャドウをさりげなく使ってキレイ目デザインを作る方法
作業効率化に繋がるPhotoshop特有の色々なコピペ方法
調整レイヤーを徹底解説
シェイプツールの使い方・編集方法を徹底解説
共通パーツをインクルードする方法

フォトショ応用操作

Photoshopでバナー広告を作る方法を完全解説
Photoshopで人物の表情を簡単に変える方法
【前編】スマホゲームのUIを作ってみよう(構成~下絵まで)
【中編】スマホゲームのUIを作ってみよう(文字やアイコンに質感を付ける)
【後編】スマホゲームのUIを作ってみよう(バナーやボタンの作り方)
Photoshopで黄金風の効果を付ける方法を詳しく解説
ベベルとエンボスで金属表現を作る方法
GDNで有効的なサイズのバナー広告の作り方を完全解説
複数サイズのバナーを効率的に作成する方法
Photoshopで写真をインスタグラム風に加工する方法
レイヤースタイルを使って水滴や汗を描く方法
コンテンツに応じた塗りつぶしで不要な要素を消す方法
斜めから撮影した画面に画像や文字をはめ込む方法
ニュートラルフィルターで肌を一瞬でキレイにする方法
「空を置き換え」で曇り空を1分で修整する方法
スマートポートレイトをイラストに適用する方法と検証
3分で髪の毛を簡単に切り抜く方法(境界線調整ブラシツール)
レンズフレアを追加して印象的な写真に仕上げる方法
RGBずらし(色ずれ)を使ったTikTok風ロゴや印象的な画像の作り方
写真をアメコミ風のイラストにする方法を徹底解説
【間違い探し動画】初心者向けアハ体験動画の作り方
昼間の写真を夜に変更する方法を徹底解説
【チルトシフト】風景写真をミニチュア風に加工する方法
写真を水彩画風に加工する方法を徹底解説

商用可能なフォトショ用素材

文字に高品質なエフェクトを追加するモックアップ
写真を様々なグラフィックに変えられるエフェクト50選
写真を短時間で大変身させる高クオリティなエフェクト51選
画像をヴィンテージ風にできるエフェクトモックアップ50選
人物が煙になる表現ができるエフェクトモックアップ

フォトショップのお困りごと

「最近使用したもの」を非表示にする方法
ブラシのポインタが十字になった時の対処法
突然画面がグレーになってしまった時の対処法
「変形」の仕様をCC2018以前に戻す方法

目次一覧を見る
SCROLL
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!