ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

【Photoshop】フォトショの文字ツールの使い方を徹底解説

この記事を読むのに必要な時間は約 26 分です。

Photoshop(フォトショップ)を使った文字の入力や設定について徹底解説します。

フォトショ初心者の方にも分かりやすくかゆいところに手が届く内容をお届けいたします。
当記事の内容を押さえておくとフォトショの文字入力はマスターできます。

では早速始めていきましょう!

「横書き文字ツール」を選択する

Photoshopを導入しましょう
当記事の内容を実践するにはPhotoshop(フォトショップ)が必須です。
まだPhotoshopが未導入の方はAdobe公式サイトから入手しておきましょう。
なお、AdobeCCのプランはコチラの記事で徹底解説しています。
文字ツールを選択するにはキーボードの [ T ] またはツールバーの [ Tアイコン ] をクリックします。
よく使うツールなのでショートカット [ T ] でがオススメ。
TextのTと覚えておくと良いです。

アイコン上を左クリック押しっぱなしにすると非表示になっている「縦書き文字ツール」、「縦書き文字マスクツール」、「横書き文字マスクツール」が表示されます。

「横書き文字ツール」を使った基本的な文字入力

では実際に文字ツールを使って文字の入力をしましょう!

STEP.1
文字入力したい場所をクリック
[ 文字ツール(T) ] を選択した状態で画面上の文字を入力したい場所をクリックします。

Photoshopは導入されていますか?
まだの方はAdobe公式サイトで入手しておきましょう。
STEP.2
文字を入力する
好きな文字列を入力します。
デフォルト設定では「Lorem Ipsum」と入力されますが、気にせず好きな文字を入力してください。

改行したい場合は [ Enter ] を押してください。

なお「Lorem Ipsum(ロレム・イプサム)」の消し方はコチラで詳しく解説しております。
STEP.3
文字入力を確定する
入力が完了したら画面上部の [ 〇 ] をクリックして文字入力を終了します。
FINISH
文字入力の完了
以上で入力が完了、簡単です。
文字入力はIllustratorが最強
文字の入力や設定はPhotoshopで十分細かい設定ができます。
その上を行くのがIllustratorです。さらに文字にこだわりたい方はIllustratorは必須と言えます。
イラレ未導入の方はコチラの公式サイトでチェックしておきましょう。

「縦書き文字ツール」を使った基本的な文字入力

操作方法は [ 横書き文字ツール(T) ] と同様に、文字を縦に入力できるのが [ 縦書き文字ツール ] です。
左図のように「Photoshop」の欧文部分だけ回転する方法は下記リンクで詳しく解説しております。

【Photoshop】縦書き(縦組み)の欧文を回転させる方法

自動入力される「lorem ipsum 」を消す方法

テキストを入力した時に自動的に出る「Lorem ipsum(ロレム・イプサム)」という文字列を消す方法はコチラで詳しく解説しております。

横書き文字ツールを使ったエリア内文字ツール(縦入力も可能)

横書き文字ツールを使ったエリア内文字ツールの使い方です。
任意の矩形を作成したエリア内に文字を入力する方法です。

 

STEP.1
入力エリアを作成する
まず [ 横書き文字ツール(T) ] を選択します。
縦入力をしたい場合は [ 縦書き文字ツール ] を選択します。

画面をドラッグし、左図のような入力エリアを作成します。
STEP.2
文字を入力する
お好きな文字列を入力します。
文字が入力エリアの右端を超えると自動的に折り返されます。
STEP.3
文字入力を確定する
画面上部の [ 〇 ] をクリックして文字入力を確定します。
FINISH
完成
任意のエリアに文字列を入力できました。
文章量の多いブロックを作る際に便利です。
おまけ
均等配置を活用
左図のように [ 段落パネル ][ 均等配置 最終行左配置 ] を適用すると文字右端の位置を「ピシッ」と揃えることができます。

段落パネルの詳しい使い方はコチラ
フォントはAdobeStockから追加するのがオススメ
PCの初期設定で入っているフォントだと物足りないですよね。
AdobeStockは最大級の素材サイトで、フォントはもちろん、写真やイラスト、PSDやAIのテンプレート、レイヤースタイルやブラシ、アクションなど、2億点以上の素材が存在します。
ノンデザイナーでも素材を使えばプロ級の仕上がりにできるチート、私も重宝しています。

パス上文字ツール(縦入力も可能)

作成したパスやシェイプに沿って文字を入力する方法です。
Photoshopはパス上文字ツールが無い?
Illustrator(イラストレーター)だとツールバーに存在している「パス上文字ツール」ですが、Photoshopのツールバーにありません。しかし同様の操作は可能です。
文字を縦入力したい場合は [ 縦書き文字ツール ] を使用してください。
下の例は [ 横書き文字ツール ] で行っています。

なお、Illustratorのパス上文字ツールの使い方はコチラで解説しています。

STEP.1
パスまたはシェイプを描く
ペンツール等で任意の「パス」または「シェイプ」を描きます。

PhotoshopやIllustratorが未導入の方はAdobe公式サイトから入手しましょう。
STEP.2
文字ツールでパス上をクリック
次に [ 文字ツール (T) ] に切り替え、パス上をクリックします。

※パス上にキッチリとカーソルを合わせて、カーソル形状が変化した事を確認してからクリックしてください。クリックする場所がズレると通常の文字ツールの挙動になります。
STEP.3
文字を入力する
任意の文字を入力するとパスに沿って文字を入力できます。
STEP.4
文字入力を確定
画面上部の [ 〇 ] をクリックして入力を完了させます。
FINISH
完了
以上でパス上文字ツールを使った文字入力の完了です。パスの形を後から変更する事も可能です。

任意の形状のエリア内文字ツール(縦入力も可能)

作成したパスやシェイプの図形内に文字を入力する方法です。

四角や丸型、星型や複雑な形状の図形内に文字を入れられるので表現の幅が広げられます。
Photoshopはエリア内文字ツールが無い?
Illustrator(イラストレーター)だとツールバーに存在している「エリア内文字ツール」ですが、Photoshopのツールバーには存在していません。しかし同じ操作は可能です。
なお、文字を縦入力したい場合は [ 縦書き文字ツール ] を使用してください。
下の例は [ 横書き文字ツール ] で行っています。

なお、イラレのエリア内文字ツールの使い方はコチラで解説しております。

STEP.1
パスまたはシェイプを描く
長方形ツールや楕円形ツール等で文字を入力するエリアとなるパスまたはシェイプを描いてください。
STEP.2
パスまたはシェイプ上をクリック
パスまたはシェイプの上(エリア内)をクリックします。
パス上をクリックすると「パス上文字ツール」になるので気を付けてください。
STEP.3
文字を入力
任意の文字を入力します。
STEP.4
文字入力を確定させる
画面上部の [ 〇 ] をクリックして入力を完了させます。
後からパスまたはシェイプの形状を変える事もできます。
FINSH
完了
任意のエリアを作成し、そのエリア内に文字入力ができました。

後からパスまたはシェイプの形状を変える事もできます。

入力した文字の設定を変更する

単に文字を入力したデフォルトのフォントだと味気ないですよね。
入力した文字を設定するには画面上部の文字設定を調整します。

文字の組み方向を変更

横書きの文字を縦書きに、縦書きの文字を横書きに後から変更する事がきます。
変更は [ 書式 ] → [ 方向 ] → [ 横書きor縦書き ] からでも可能です。

フォントを変更

使用するフォントを変更できます。
利用しているPC内のフォントのみ使えます。
注意
もし「AのPCのみに入っているフォント」を使ってデータを作成し、「BのPC」でデータを開くと「AのPCのみに入っているフォント」を使っているテキストは編集ができませんので注意してください。

フォントスタイルを変更

フォントの太さ等設定ができます。フォントスタイルが設定できるフォント、そうでないフォントが存在します。

左図の「新ゴ」はEL、L、R、M、DB、B、H、Uと多くのフォントスタイルを揃えており、使い勝手が良いです。

フォントサイズを変更

フォントの大きさを変更できます。
ドロップダウンメニューからフォントサイズを変更する他、サイズを直接入力、上下のカーソルキー、マウスのホイールでも変更できます。
1文字単位で調整が可能
1文字単位でフォントの種類やフォントサイズを変更することができます。
2つ以上のフォントや大きさを利用している場合、空欄になります。

アンチエイリアスの種類を設定

アンチエイリアスの種類を設定できます。
アンチエイリアス無しだとドット絵のようなフォントになります。

文字揃えの位置を変更

文字を揃える位置を変更します。
デフォルトでは左揃えになっています。

テキストカラーを設定

文字色を変更する事ができます。

ワープテキストを作成

文字にワープ効果を追加できます。

文字パネルと段落パネルの切り替え

文字をさらに細かく設定するためのパネルを表示させます。

文字・段落パネルの詳しい解説は下記からどうぞ。
【Photoshop】フォトショの文字パネルの使い方と機能を徹底解説【Photoshop】フォトショの段落パネルの使い方と機能を徹底解説

テキストから3Dを作成

文字に3D効果を追加します。
3Dなのでそこそこグラボの性能を必要とします。

ワンランク上のテンプレート素材

Photoshopの学習をする上で、プロが作成した生データを研究する事は重要です。
普段からデザイン業務をされている方にとって自分以外のプロのクリエイターが作成したデータを見る事は日常茶飯事ですが、そうでない方は見る機会がありません。

AdobeStockのテンプレート素材はプロによる高品質な作品ばかり!
全て商用利用可能なので、テキストを変えるだけでそのまま使えます。

制作の手間を格段に軽減してくれるだけでなく、スキルアップの為の教材としても最適ですよ。


デザイン制作の勉強としての導入にオススメの名刺デザイン。
想像だけで作るとイマイチな仕上がりになりがちですが、良質なサンプルを参考に作ると吸収できる情報の質が段違いです。
相手に舐められない名刺テンプレート50選


バナーもフォトショップの練習をする上で良質な教材です。
想像だけ・中途半端な素材を参考にするのは有効な学習方法とは言えませんよ。
ハイクオリティなバナーテンプレート50選


例えばクリエイターの就職や転職に必須のポートフォリオ。
プロのテンプレートでレイアウトや余白、文字サイズを簡単に研究可能。内定獲得の可能性が格段にアップします!
厳選!ポートフォリオ用テンプレート34選


ゲームUIの制作は素材制作にはツールの深い知識が必要です。
テンプレートはまさに制作ノウハウの宝庫!
どれも最高の素材ばかりです。
ゲームUIに使えるテンプレート48選


単なる白黒の文字オブジェクトを一瞬で全く別モノへ大変身させるエフェクト52選です。
文字に高品質なエフェクトを追加するモックアップ


写真をはじめとした素材を「あっという間」に全く違うグラフィックへ大変身させるエフェクトです。
時短と品質の向上をされたい方に超オススメ!
写真を全く違うグラフィックに変える事が出来る高品質なエフェクト50選


良質な素材をもっと見る
上記で紹介しているテンプレートはごく一部。
下記記事で良質な素材を紹介しております。併せてチェックしてください!

おわりに

以上、文字ツールの基本的な使い方でした。

文字の入力はフォトショップで頻繁に使う機能なので是非この記事でマスターしてください。
パス上文字ツールとエリア内文字ツールはフォトショップのツールバーに入っていませんが、機能として存在しているので覚えておくと非常に便利です。

ではまた!

文字設定について詳しく知る
Illustratorは活用されていますか?
Photoshopだけでなく、Illustratorも活用されているでしょうか?
まだIllustratorを導入されていない方はAdobe公式サイトから入手できます。
なお、学生や教職員の方は公式サイトの学割コンプリートプランが最強にお得!
Illustratorの使い方はゼロから始めるIllustratorで徹底解説しています。
ゼロから始めるPhotoshop目次

フォトショ基本操作

【導入編】ゼロから始めるPhotoshop
Adobe Creative Cloudの料金プランやオススメプランを徹底解説
フォトショの全ショートカットまとめ
Photoshopとは・DTPの基礎知識
操作画面、新規作成と保存、各種ファイル形式
フォトショでよく使う基本操作
レイヤーの作成・レイヤーの操作
ブラシツールの基本的な使い方と応用操作を徹底解説
左右対称、マンダラを使った魔法陣・レース模様の作成方法
各種カラーモードについて
【遠近法の切り抜きツール】斜めから撮った写真を正面に補正する方法と応用
切り抜きツールの使い方と解像度・サイズの変更方法を徹底解説
文字ツールの基本的な使い方
文字パネルの機能と使い方を徹底解説
段落パネルの機能と使い方を徹底解説
グラデーションツールとグラデーションオーバーレイの違いと使い方
整列と分布を使ったレイアウト方法
レイヤースタイル、レイヤー効果の基本的な使い方
ドロップシャドウをさりげなく使ってキレイ目デザインを作る方法
作業効率化に繋がるPhotoshop特有の色々なコピペ方法
調整レイヤーを徹底解説
シェイプツールの使い方・編集方法を徹底解説
共通パーツをインクルードする方法

フォトショ応用操作

Photoshopでバナー広告を作る方法を完全解説
Photoshopで人物の表情を簡単に変える方法
【前編】スマホゲームのUIを作ってみよう(構成~下絵まで)
【中編】スマホゲームのUIを作ってみよう(文字やアイコンに質感を付ける)
【後編】スマホゲームのUIを作ってみよう(バナーやボタンの作り方)
Photoshopで黄金風の効果を付ける方法を詳しく解説
ベベルとエンボスで金属表現を作る方法
GDNで有効的なサイズのバナー広告の作り方を完全解説
複数サイズのバナーを効率的に作成する方法
Photoshopで写真をインスタグラム風に加工する方法
レイヤースタイルを使って水滴や汗を描く方法
コンテンツに応じた塗りつぶしで不要な要素を消す方法
斜めから撮影した画面に画像や文字をはめ込む方法
ニュートラルフィルターで肌を一瞬でキレイにする方法
「空を置き換え」で曇り空を1分で修整する方法
スマートポートレイトをイラストに適用する方法と検証
3分で髪の毛を簡単に切り抜く方法(境界線調整ブラシツール)
レンズフレアを追加して印象的な写真に仕上げる方法
RGBずらし(色ずれ)を使ったTikTok風ロゴや印象的な画像の作り方
写真をアメコミ風のイラストにする方法を徹底解説
【間違い探し動画】初心者向けアハ体験動画の作り方
昼間の写真を夜に変更する方法を徹底解説
【チルトシフト】風景写真をミニチュア風に加工する方法
写真を水彩画風に加工する方法を徹底解説

商用可能なフォトショ用素材

文字に高品質なエフェクトを追加するモックアップ
写真を様々なグラフィックに変えられるエフェクト50選
写真を短時間で大変身させる高クオリティなエフェクト51選
画像をヴィンテージ風にできるエフェクトモックアップ50選
人物が煙になる表現ができるエフェクトモックアップ

フォトショップのお困りごと

「最近使用したもの」を非表示にする方法
ブラシのポインタが十字になった時の対処法
突然画面がグレーになってしまった時の対処法
「変形」の仕様をCC2018以前に戻す方法

目次一覧を見る
SCROLL
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!