デザイナ向け就活用ポートフォリオ用のイラレテンプレートを無料で配布中です!

【Photoshop】フォトショの文字ツールの使い方を徹底解説

この記事を読むのに必要な時間は約 24 分です。

Photoshop(フォトショップ)を使った文字の入力や設定について徹底解説します。
フォトショ初心者の方にも分かりやすくかゆいところに手が届く内容をお届けいたします。当記事の内容を押さえておくとフォトショの文字入力はマスターできます。

「横書き文字ツール」を選択する

文字ツールを選択するにはキーボードの [ T ] またはツールバーの[ Tアイコン ]をクリックします。
頻繁に使うツールなのでショートカット[ T ]で覚えておくことをオススメします。TextのTと覚えておくと良いかと思います。

アイコン上を左クリック押しっぱなしにすると非表示になっている「縦書き文字ツール」、「縦書き文字マスクツール、「横書き文字マスクツール」が表示されます。

「横書き文字ツール」を使った基本的な文字入力


STEP.1
文字入力したい場所をクリック
文字ツール[ T ]を選択した状態で画面上の文字を入力したい場所をクリックします。

STEP.2
文字を入力する
好きな文字列を入力します。デフォルト設定では「Lorem Ipsum」と入力されますが、気にせず好きな文字を入力してください。
改行したい場合は[ Enter ]を押してください。

なお「Lorem Ipsum(ロレム・イプサム)」の消し方はコチラで詳しく解説しております。


STEP.3
文字入力を確定する
入力が完了したら画面上部の[ 〇 ] をクリックして文字入力を終了します。

FINISH
文字入力の完了
以上で入力が完了、簡単です。

「縦書き文字ツール」を使った基本的な文字入力

操作方法は [ 横書き文字ツール(T) ]と同様に、文字を縦に入力できるのが [ 縦書き文字ツール ] です。
左図のように「Photoshop」の欧文部分だけ回転する方法は下記リンクで詳しく解説しております。

【Photoshop】縦書き(縦組み)の欧文を回転させる方法

自動入力される「lorem ipsum 」を消す方法

テキストを入力した時に自動的に出る「Lorem ipsum(ロレム・イプサム)」という文字列を消す方法は下記で詳しく解説しております。

【Photoshop】文字ツールの「Lorem ipsum」を消す方法

横書き文字ツールを使ったエリア内文字ツール(縦入力も可能)

横書き文字ツールを使ったエリア内文字ツールの使い方です。任意の矩形を作成し、そのエリア内に文字を入力する方法です。
STEP.1
入力エリアを作成する
まず [ 横書き文字ツール(T) ] を選択します。
縦入力をしたい場合は [ 縦書き文字ツール ] を選択してください。
画面をドラッグし、左図のような入力エリアを作成します。
STEP.2
文字を入力する
お好きな文字列を入力します。
文字が入力エリアの右端を超えると自動的に折り返してくれます。
STEP.3
文字入力を確定する
画面上部の[ 〇 ]をクリックして文字入力を確定します。
FINISH
完成
任意のエリアに文字列を入力できました。文章量の多いブロックを作る際に便利です。
おまけ
均等配置を活用
左図のように[ 段落パネル ]の[ 均等配置 最終行左配置 ]を適用すると文字右端の位置を「ピシッ」と揃えることができます。詳しくは下記リンクで解説しています。

【Photoshop】フォトショの段落パネルの機能と使い方を徹底解説

パス上文字ツール(縦入力も可能)

作成したパスやシェイプに沿って文字を入力する方法です。

Illustrator(イラストレーター)だとツールバーに存在している「パス上文字ツール」ですが、フォトショップにはツールバーにありません。しかし同様の事は可能です。
文字を縦入力したい場合は [ 縦書き文字ツール ] を使用してください。下の例は[ 横書き文字ツール ] で行っています。

なお、イラレのパス上文字ツールの使い方はコチラで解説しています。


STEP.1
パスまたはシェイプを描く
ペンツール等で任意の「パス」または「シェイプ」を描きます。

STEP.2
文字ツールでパス上をクリック
次に [ 文字ツール (T) ] に切り替え、パス上をクリックします。

※パス上にキッチリとカーソルを合わせて、カーソル形状が変化した事を確認してからクリックしてください。クリックする場所がズレると通常の文字ツールの挙動になります。


STEP.3
文字を入力する
任意の文字を入力するとパスに沿って文字を入力できます。

STEP.4
文字入力を確定
画面上部の[ 〇 ]をクリックして入力を完了させます。

FINISH
完了
以上でパス上文字ツールを使った文字入力の完了です。パスの形を後から変更する事も可能です。

任意の形状のエリア内文字ツール(縦入力も可能)

作成したパスやシェイプの図形内に文字を入力する方法です。四角や丸型、星型や複雑な形状の図形内に文字を入れられるので表現の幅が広げられます。

Illustrator(イラストレーター)だとツールバーに存在している「エリア内文字ツール」ですが、こちらもフォトショップのツールバーには存在していません。しかし同じ事は可能です。
なお、文字を縦入力したい場合は [ 縦書き文字ツール ] を使用してください。下の例は[ 横書き文字ツール ] で行っています。

なお、イラレのエリア内文字ツールの使い方はコチラで解説しております。


STEP.1
パスまたはシェイプを描く
長方形ツールや楕円形ツール等で文字を入力するエリアとなるパスまたはシェイプを描いてください。

STEP.2
パスまたはシェイプ上をクリック
パスまたはシェイプの上(エリア内)をクリックします。
パス上をクリックすると「パス上文字ツール」になるので気を付けてください。

STEP.3
文字を入力
任意の文字を入力します。

STEP.4
文字入力を確定させる
画面上部の[ 〇 ]をクリックして入力を完了させます。
後からパスまたはシェイプの形状を変える事もできます。

FINSH
完了
任意のエリアを作成し、そのエリア内に文字を入力する事ができました。後からパスまたはシェイプの形状を変える事もできます。

入力した文字の設定を変更する

単に文字を入力したデフォルトのフォントだと味気ないですよね。入力した文字を設定するには画面上部の文字設定を調整します。

文字の組み方向を変更

横書きの文字を縦書きに、縦書きの文字を横書きに後から変更する事がきます。
変更は [ 書式 ] → [ 方向 ] → [ 横書きor縦書き ] からでも可能です。

フォントを変更

使用するフォントを変更できます。利用しているPC内のフォントのみ使えます。
注意
もし「AのPCのみに入っているフォント」を使ってデータを作成し、「BのPC」でデータを開くと「AのPCのみに入っているフォント」を使っているテキストは編集ができませんので注意してください。

フォントスタイルを変更

フォントの太さ等設定ができます。フォントスタイルが設定できるフォント、そうでないフォントが存在します。

左図の「新ゴ」はEL、L、R、M、DB、B、H、Uと多くのフォントスタイルを揃えており、使い勝手が良いです。

フォントサイズを変更

フォントの大きさを変更できます。
ドロップダウンメニューからフォントサイズを変更する他、サイズを直接入力、上下のカーソルキー、マウスのホイールでも変更できます。

アンチエイリアスの種類を設定

アンチエイリアスの種類を設定できます。アンチエイリアス無しだとドット絵のようなフォントになります。

文字揃えの位置を変更

文字を揃える位置を変更します。デフォルトでは左揃えになっています。

テキストカラーを設定

文字色を変更する事ができます。

ワープテキストを作成

文字にワープ効果を追加できます。

文字パネルと段落パネルの切り替え

文字をさらに細かく設定するためのパネルを表示させます。
文字・段落パネルの詳しい解説は下記からどうぞ。
【Photoshop】フォトショの文字パネルの機能と使い方を徹底解説【Photoshop】フォトショの段落パネルの機能と使い方を徹底解説

テキストから3Dを作成

文字に3D効果を追加します。
3Dなのでそこそこグラボの性能を必要とします。
MEMO
1文字単位でフォントの種類やフォントサイズを変更することができます。2つ以上のフォントや大きさを利用している場合、空欄になります。

文字をより細かく設定するには

さらに細かく文字を設定する場合は「文字パネル」や「段落パネル」を使います。下記記事で徹底解説しておりますので併せてご覧ください。

【Photoshop】フォトショの文字パネルの機能と使い方を徹底解説【Photoshop】フォトショの段落パネルの機能と使い方を徹底解説【Photoshop】縦書き(縦組み)の欧文を回転させる方法【Photoshop】文字ツールの「Lorem ipsum」を消す方法

おわりに

以上、文字ツールの基本的な使い方でした。文字の入力はフォトショップで頻繁に使う機能なので是非この記事でマスターしてください。
パス上文字ツールとエリア内文字ツールはフォトショップのツールバーに入っていませんが、機能として存在しているので覚えておくと非常に便利です。

ではまた!

目次一覧
ゼロから始めるシリーズ目次
IllutratorとPhotoshopの使い方をゼロから解説する「ゼロから始めるIllustrator」と「ゼロから始めるPhotoshop」の目次リンクです。
本業が教えるイラレとフォトショ講座の目次は下記から。