fantiaはじめました!無料素材やAI、PSDを配布中です。

【Photoshop】レイヤースタイル、レイヤー効果の使い方:基本編

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

Photoshop(フォトショップ)を操作する上でとても便利な機能の一つである「レイヤースタイル」の「レイヤー効果」の基本的な使い方について解説します。フォトショを始められたばかりの方にオススメの内容なので是非ご覧ください。

レイヤースタイル、レイヤー効果とは?

レイヤースタイルを使うと簡単に対象レイヤー内オブジェクトに様々なエフェクトを適用することができます。効果パネルには境界線やドロップシャドウをはじめとした多種多様な既定のレイヤースタイルが用意されており、クリックするだけでレイヤーにスタイルを適用することができます。
レイヤーの使い方をおさらい
下記記事でレイヤーの使い方を徹底解説しております。レイヤーの基本的な使い方をはじめ、様々なレイヤー機能を徹底解説しております。【Photoshop】フォトショのレイヤーを徹底解説

基本的な設定方法

指定のレイヤーに対してレイヤースタイル、レイヤー効果を設定する方法です。

STEP.1
レイヤースタイル、レイヤー効果を追加したいレイヤーを選択
レイヤースタイルを追加したいレイヤーを選択してアクティブにしておきます。
STEP.2
レイヤースタイルを追加
レイヤーパネル下部の[ fx ]アイコンをクリックして任意の設定を追加します。今回は[ ベベルとエンボス ]を適用してみたいと思います。
STEP.3
ダイアログ画面を設定
ダイアログ画面を設定します。設定が完了したらダイアログ画面右上の[ OK ]をクリックします。
FINISH
ダイアログ画面を設定
以上でレイヤー効果の[ ベベルとエンボス ]が適用されました。

スタイルとは?

レイヤースタイルのダイアログ画面の左側一番上にある[ スタイル ]内の、予め登録した複数のレイヤー効果を組み合わせたものがスタイルです。例えばシルバー素材のスタイルを適用すると…
するとワンクリックで単色の楕円シェイプにシルバー素材のスタイルが適用されました。

レイヤー効果の機能一覧

左図はレイヤー効果を追加するベースとなるオブジェクトです。

ベベルとエンボス

ベベルとエンボスを適用すると立体的な表現ができます。

境界線

境界線は対象レイヤーのオブジェクトに境界線を追加する事ができます。

シャドウ(内側)

シャドウ(内側)を適用すると、対象レイヤーのオブジェクトの輪郭内側にシャドウ(落ち影)を追加する事ができます。

光彩(内側)

光彩(内側)を適用すると、対象レイヤーのオブジェクトの輪郭内側に光彩を追加する事ができます。周囲にリムライト(照り返し)を表現する際に便利です。

サテン

サテンを適用すると、対象レイヤーのオブジェクトに光沢感、輝きを追加する事がきます。他の効果と組み合わせて情報量を増やす為に使う事が多いです。

カラーオーバーレイ

カラーオーバーレイを適用すると、対象レイヤーのオブジェクトのベタ塗りを変更する事ができます。単色を変更する際に便利です。

グラデーションオーバーレイ

グラデーションオーバーレイを適用すると、対象レイヤーのオブジェクトにグラデーションを追加する事ができます。

パターンオーバーレイ

パターンオーバーレイを適用すると、対象レイヤーのオブジェクトに登録されているパターン柄を追加する事ができます。

光彩(外側)

光彩(外側)を適用すると、対象レイヤーのオブジェクトの周囲に光彩を追加でき、ふんわり輝いているような表現ができます。

ドロップシャドウ

ドロップシャドウを適用すると、対象レイヤーのオブジェクトのに影を追加することができます。よく使う効果です。

レイヤー効果をコピペする方法

レイヤー効果を別のレイヤーにコピペする事ができます。同じ設定を再度別のレイヤーにイチイチ行うのは面倒なので、レイヤー効果のコピーをして楽をしちゃいましょう。

STEP.1
丸の効果を四角にも適用したい
左の丸に適用したレイヤー効果を右の正方形にもコピペする手順です。
STEP.2
Alt+ドラッグでコピー
レイヤーパネル内でコピー元の[ fx ]上にカーソルを合わせ、[ Alt ]を押しながらコピーしたいレイヤーへドラッグします。
FINISH
コピー完了
レイヤー効果がコピーされました。よく使うので覚えておくと便利です。

無料のレイヤースタイル

無料で配布されているレイヤースタイル全447種をまとめました。

【2020年度版】Photoshopの無料レイヤースタイル全447種まとめ

おわりに

以上、レイヤースタイル、レイヤー効果の基本的な使い方でした。各レイヤー効果は単体で使う事もありますが、複数の効果を組み合わせて質感のある表現等に使う事が多々あります。金属的な表現、木やレンガ、水やネオンといった表現など、設定を変えるだけで様々な質感表現が可能です。

ではまた!

目次一覧
ゼロから始めるシリーズ目次
IllutratorとPhotoshopの使い方をゼロから解説する「ゼロから始めるIllustrator」と「ゼロから始めるPhotoshop」の目次リンクです。
本業が教えるイラレとフォトショ講座の目次は下記から。