ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

【最強素材サイト】Adobe Stockのテンプレートがチート級に便利な件について

この記事を読むのに必要な時間は約 24 分です。

クリエイティブ業務をしていると様々な素材を使う事があります。
そして主に無料素材を利用されている方が多いはずです。

当記事では有料ですが、チート級の便利さと最強クオリティを誇るAdobe Stock(アドビストック)の魅力と使い方について解説します。

一度AdobeStockの魅力を知ってしますと無料の素材サイトは使えなくなりますよ。

では早速解説します!

Adobe Stockとは?

AdobeStock(アドビストック)とはAdobe(アドビ)が提供するロイヤリティフリーの素材提供サービスです。AdobeStock公式サイトはコチラ

PhotoshopやIllustratorは使っていても、AdobeStockを使ったことが無い方は多いです。

そんな私が愛用して止まないAdobeStockの魅力と便利さを徹底解説します。

Adobe Stockの何がスゴイの?

AdobeStockが最強たる所以、それは…

  • 全ての素材があり、全てが高クオリティ
  • Adobe製品のネイティブ形式(.aiや.psd等の編集可能な形式)で作られたテンプレの種類と品質が凄まじい

この2点です。

写真、イラストはもちろん、テンプレート、3D、動画、オーディオ…
その素材の数は2億点以上!!!無い素材がありません。

制作力がゼロの方でも、AdobeStockの素材を使えば本業級の品質が超短時間で出せる恐ろしいサイト!
AdobeStockがあれば…ぶっちゃけ他の有料素材サイトは完全に不要となります。

Adobe Stockの登録

まずAdobe Stockの登録方法です。
難しくありません。数分で登録できます。

STEP.1
AdobeStockへアクセス
AdobeStock公式サイトへアクセスします。
STEP.2
メールアドレスを入力
メールアドレスを入力します。
なんと初月は無料で使えます。

なお、AdobeStockのプランや料金は下記で詳しく解説しています。【2021年最新版】Adobe Stockのプランと料金を現役デザイナーが徹底解説
FINISH
登録情報を入力
登録情報を入力します。
入力後に [ 注文する ] ボタンをクリックすると完了です。

簡単ですね。

Adobe Stockの活用例

では実際にAdobeStock(アドビストック)を活用してみましょう。

名刺の場合

例えば名刺を作るとします。
ゼロから名刺を作るとなると、ある程度イラレやデザインの知識が必要になります。

しかしAdobe Stock(アドビストック)の高品質なテンプレートを使えば、誰でも一瞬でカッコいい名刺を作る事ができます。

モチロン名刺だけでなく、フライヤーや企業パンフレット、ロゴ等、様々なテンプレがあります。
と言うか無いテンプレートがありません。

今回は一例として名刺のテンプレートを紹介します。

STEP.1
テンプレートを選択
AdobeStockへアクセスし、画面上部の [ テンプレート ] をクリックします。

Photoshopテンプレート、モーショングラフィックステンプレート、Illustratorテンプレート、InDesignテンプレート、プリント、Web、モバイル、写真、アートとイラスト、モーションタイトル オーバーレイ等、大量のテンプレートがあります。
今回は名刺を作りたいので [ Illustratorテンプレート ] を選択します。
STEP.2
ライセンスを取得
ズラリとイラレのテンプレが表示されます。

18,000以上のテンプレて…すっげぇな…
「business card」等で絞り込みましょう。

黒と白のシンプルな名刺を選択してみます。
クリックするとテンプレートの詳細情報が表示。

「コレだ!」と決めたら [ ライセンスを取得 ] ボタンをクリックします。
STEP.3
テンプレートをダウンロード
するとテンプレートがダウンロードできます。

一度ダウンロードするとボタン表示が [ 再ダウンロード ] に変更されます。
STEP.4
イラレで編集
あとはIllustratorで開いてちょちょいと文字を編集。
llustratorlを導入されていない方はAdobe公式サイトから入手できます。

予め綺麗にレイヤー分けされて編集しやすい状態に!
めっちゃ楽!!!

なお、Illustratorの文字編集はコチラで解説しています。
FINISH
完成
はい、おしまい。
3分くらいでカッコいい名刺が出来上がりました。

デザイナーでなくてもIllustratorとAdobeStockがあれば素敵な名刺を短時間で作ることができます。

AdobeStockすげぇ!
オススメの名刺テンプレート50選!
左記リンクでオススメの名刺テンプレートを50点厳選して紹介しております。
数分でプロの仕上がりを格安で実現したい方に超オススメです!

ポートフォリオの場合

デザイン業界へ就職をされる方には必須アイテムである「ポートフォリオ」。
ゼロからテンプレートを作るのはかなり大変です。

AdobeStockならIllustratorやInDesign、Photoshopで作られた高クオリティなポートフォリオのテンプレートが1300以上存在!

テンプレダウンロード後はテキストと画像を差し替えるだけで高品質なポートフォリオが完成!

ポートフォリオの参考書を読むより遥かに参考になる、ポートフォリオ制作のチートアイテムです。
STEP.1
portfolioで検索
AdobeStock公式サイトの上部の検索バーから「portfolio」で検索します。
STEP.2
ライセンスを取得し、ダウンロード
ズラリとポートフォリオのテンプレートが表示。

お好きなテンプレートを選択し、[ ライセンスを取得 ] し、ダウンロードします。
STEP.3
InDesignで開く
今回はInDesign形式のポートフォリオ用テンプレートにしました。
InDesignが未導入の方はAdobe公式サイトからダウンロードできます。

ダウンロードした「.indt」ファイルをInDesignで開きます。

Illustrator形式、Photoshop形式のポートフォリオ用テンプレートも大量にあります。
STEP.4
編集する
InDesignは冊子を作る際に威力を発揮します。
テンプレートを変えると自動的に全ページに変更分が適用されます。

Illustratorだとページデザインを変更すると全ページ個別で変更する必要アリ。
FINISH
完成
完成です。

文字を編集し、画像を配置するだけなので短時間でポートフォリオを作れます。

まさにチート級、AdobeStockを活用すれば制作力が無くてもプロ級の仕上がりを超短時間で出せます。
オススメのポートフォリオ用テンプレート34選!
左記リンクでオススメのポートフォリオ用テンプレートを34点厳選して紹介しております。
手間のかかるポートフォリオ制作が超短時間で可能!

ロゴの場合

様々な媒体で活用するロゴもAdobeStockのテンプレートを使えば一瞬で仕上がります。


STEP.1
AdobeStockでロゴを探す
AdobeStockにアクセスし、好みのロゴを探します。

STEP.2
ライセンスを取得する
今回は「minimal logo design collection of six template」ダウンロードしました。
「ライセンスを取得」ボタンをクリックするとダウンロードできるようになります。

STEP.3
Illustrator等で開く
Illustratorで開きます。

FINISH
文字を変えたら完成
テキストをちょちょいと変更すると完成。
楽ちんです。

オススメのロゴ用テンプレート50選!
左記リンクでオススメのロゴ用テンプレートを50点厳選して紹介しております。
もちろん全て商用利用可能!

バナーの場合

STEP.1
お好みのテンプレートをダウンロードして開く
先の手順と同様にテンプレートをダウンロードして対象アプリでファイルを開きます。

サンプルは コチラのテンプレートを活用してみました。
FINISH
写真を追加し、文字を変えるだけ
画像を入れるレイヤーに好きな写真を入れると、ハイ完成!
ついでに文字をちょろっと編集したら3分でバナーが作れます。

適当に見つけた素材写真を選んで追加しただけでこの品質、写真にこだわれば見違えるようなバナーが作れます。

下地や模様の描画モードも全て調整済み、親切なテンプレートですね。
オススメのバナー用テンプレート50選!
左記リンクでオススメのバナー用テンプレートを50点厳選して紹介しております。
もちろん全て商用利用可能!

写真・イラスト・3D・動画・サウンド、何でもアリ

もちろん写真やイラスト、ベクターデータ、3Dモデル、動画に音声、レイヤースタイルにフォントにブラシにテクスチャ…考えられる全ての素材をストックしています。
もちろんどれも超高品質、他サイトと比べても圧倒的です。

AdobeStockはデザイナーだけでなく、モデラーや映像編集、コンポーザーの方にも超オススメ!


出典:Adobe Stock

とにかく素材の品質がイチイチ高い!

JPGやPNGだけでなく、各Adobe製品のフォーマットのデータがダウンロードできるのが超便利です。

ベクターイラストを少し編集して目的のイラストに改造。
高品質なテンプレート素材をダウンロードして、ちょろっと文字を打ち直して完成。

AdobeStockを活用すると制作の時間と労力を大幅に削減できます。

おわりに

以上、最強素材サイトのAdobeStock(アドビストック)についてでした。

無料素材の活用も良いのですが、AdobeStockだと全てが仕上がったAIやPSDをダウンロードできます。
またデザイン業界への就活に必要なポートフォリオのテンプレート(InDesign)やPremiere用の動画や音声素材、3Dモデルもダウンロードできます。

個人的に制作に関する素材を全て網羅し、尚且つ素材の品質が非常に高いAdobeStockは無くてはならないサービスの一つです。
初月は無料、まだ利用されていない方は一度試されてみてはいかがでしょうか?

AdobeStock公式サイトにアクセスして無料で活用しちゃいましょう!

ではまた!

ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!