fantiaはじめました!無料素材やAI、PSDを配布中です。

【最強素材サイト】Adobe Stockのテンプレートがチート級に便利な件について

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

クリエイティブ業務をしていると様々な素材を使う事があります。
主に無料素材を利用されている方が多いと思われます。

当記事では有料ですが、チート級の便利さと最強クオリティを誇るAdobe Stock(アドビストック)の魅力と使い方について解説します。

では早速解説します!

Adobe Stockとは?

AdobeStock(アドビストック)とはAdobe(アドビ)が提供するロイヤリティフリーの素材提供サービスです。

PhotoshopやIllustratorは使っていても、AdobeStock(アドビストック)を使ったことが無い方は結構多いです。
そんなAdobeStock(アドビストック)の魅力と便利さを徹底解説します。

Adobe Stockの登録

まずAdobe Stockの登録方法です。
難しくありません。数分で登録できます。

STEP.1
AdobeStockへアクセス
下記リンクからAdobeStockのサイトで登録ができます。
STEP.2
メールアドレスを入力
メールアドレスを入力します。
なんと初月は無料で使えます。
FINISH
登録情報を入力
登録情報を入力します。
入力後に [ 注文する ] ボタンをクリックすると完了です。

Adobe Stockの活用例

では実際にAdobeStock(アドビストック)を活用してみましょう。

名刺の場合

例えば名刺を作るとします。
ゼロから名刺を作るとなると、ある程度イラレやデザインの知識が必要になります。

しかしAdobe Stock(アドビストック)の高品質なテンプレートを使えば、誰でも一瞬でカッコいい名刺を作る事ができます。

モチロン名刺だけでなく、フライヤーや企業パンフレット、ロゴ等、様々なテンプレがあります。
と言うか無いテンプレートがありません。

今回は一例として名刺のテンプレートを紹介します。

STEP.1
テンプレートを選択
画面上部の [ テンプレート ] をクリックします。

Photoshopテンプレート、モーショングラフィックステンプレート、Illustratorテンプレート、InDesignテンプレート、プリント、Web、モバイル、写真、アートとイラスト、モーションタイトル オーバーレイ等、大量のテンプレートがあります。

今回は名刺を作りたいので [ Illustratorテンプレート ] を選択します。
STEP.2
ライセンスを取得
ズラリとイラレのテンプレが表示されます。
黒と白のシンプルな名刺を選択してみたいと思います。
クリックするとテンプレートの詳細情報が表示されます。
「コレだ!」と決めたら [ ライセンスを取得 ] ボタンをクリックします。
STEP.3
テンプレートをダウンロード
するとテンプレートがダウンロードできるようになります。
一度ダウンロードするとボタン表示が [ 再ダウンロード ] に変更されます。
STEP.4
イラレで編集
あとはIllustratorで開いてちょちょいと文字を編集。
予めレイヤー分けされて編集しやすい状態になっています。

Illustratorの文字編集はコチラで解説しています。

FINISH
完成
はい、おしまい。
3分くらいでカッコいい名刺が出来上がりました。

デザイナーでなくてもIllustratorとAdobeStockがあれば素敵な名刺を短時間で作ることができます。

AdobeStockすげぇ!

Illustratorが必須
AIを編集するにはAdobe Illustrator(アドビ イラストレーター)が必須です。
公式サイトからダウンロードしておきましょう。
Photoshopも使うのであればコンプリートプラン が断然オススメ!

ポートフォリオの場合

デザイン業界へ就職をされる方には必須アイテムである「ポートフォリオ」。
ゼロからテンプレートを作るのは結構大変です。

そんなポートフォリオのテンプレートもAdobeStock(アドビストック)でダウンロードできます。
※要InDesign

STEP.1
portfolioで検索
上部の検索バーから「portfolio」で検索します。
STEP.2
ライセンスを取得し、ダウンロード
ズラリとポートフォリオのテンプレートが表示されます。
お好きなテンプレートを選択し、[ ライセンスを取得 ] し、ダウンロードします。
STEP.3
InDesignで開く
今回はInDesign形式のポートフォリオ用テンプレートにしました。
ダウンロードした「.indt」ファイルをInDesignで開きます。
STEP.4
編集する
InDesignは冊子を作る際に威力を発揮します。
テンプレートを変えると自動的に全ページに変更分が適用されます。

Illustratorだとページデザインを変更すると全ページ個別で変更する必要があります。

FINISH
完成
完成です。
文字を編集し、画像を配置するだけなので短時間でポートフォリオを作れます。
冊子を作るならInDesignが超便利
Illustratorでポートフォリオの制作は可能です。
複数ページの冊子形式であるポートフォリオはInDesign(インデザイン)での制作が効率的です。

写真・イラスト・3D・動画・サウンド、何でもアリ

もちろん写真やイラスト、ベクターデータ、3Dモデル、動画に音声、ありとあらゆる素材をストックしています。もちろんどれも超高品質、他サイトと比べても圧倒的です。
AdobeStockはデザイナーだけでなく、モデラーや映像編集、コンポーザーの方にも超オススメ!


とにかく素材の品質がイチイチ高い!

JPGやPNGだけでなく、各Adobe製品のフォーマットのデータがダウンロードできるのが超便利です。

ベクターイラストを少し編集して目的のイラストに改造。
高品質なテンプレート素材をダウンロードして、ちょろっと文字を打ち直して完成。

制作の時間と労力を大幅に削減できます。

おわりに

以上、最強素材サイトのAdobeStock(アドビストック)についてでした。

無料素材の活用も良いのですが、AdobeStockだと全てが仕上がったAIやPSDをダウンロードできます。
またデザイン業界への就活に必要なポートフォリオのテンプレート(InDesign)やPremiere用の動画や音声素材、3Dモデルもダウンロードできます。

個人的に制作に関する素材を全て網羅し、尚且つ素材の品質が非常に高いAdobeStockは無くてはならないサービスの一つです。
初月は無料、まだ利用されていない方は一度試されてみてはいかがでしょうか?

ではまた!

最強素材サイトのAdobe Stock
数ある素材サイトの中でAdobe Stockの品質はピカイチ!
Adobe製品の高品質なテンプレートが大量にあるので、制作の効率が劇的に向上します。
ゼロから始めるシリーズ

IllutratorとPhotoshopの使い方をゼロから解説する「ゼロから始めるIllustrator」と「ゼロから始めるPhotoshop」の目次リンクです。
本業が教えるイラレとフォトショ講座の目次は下記からどうぞ。