デザイナ向け就活用ポートフォリオ用のイラレテンプレートを無料で配布中です!

【Photoshop】フォトショで人物の表情を簡単に変える方法

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

Photoshop(フォトショップ)を使って人物の表情を簡単に変える方法について解説します。
ちょっとしたフェイシャルモーションみたいで楽しい機能ですよ!

人物の顔写真を用意

表情を変えたい写真を用意します。左図のような正面から映っている顔写真だと綺麗に調整がしやすいです。

表情を変える手順

STEP.1
画像を読み込む
フォトショで顔写真を読み込みます。読み込んだら顔写真のレイヤーを複製しておきます。
今回はこの女性を笑顔にしたいと思います。
STEP.2
ゆがみダイアログ画面を表示
次に画面上部の[ フィルタ ] → [ ゆがみ ]からゆがみのダイアログ画面を表示させます。
STEP.3
顔立ちを調整を設定する
画面右側の[ 属性 ] → [ 顔立ちを調整 ]の各種スライダーを調整します。
STEP.4
スライダーを調整
口の中にある[ 笑顔 ]のスライダーを右に動かします。。調整が完了したら右下の[ OK ]をクリックして確定します。
FINISH
完成
完成です。簡単な操作で口角を上げて笑顔にすることができました。

色々な表情にしてみる

むすっとさせてみる

少し仏頂面にしてみました。
むすっとさせるには[ 目の大きさ ]を少し小さく、[ 目の傾き ]目を少し釣り目に、[ 笑顔 ]を小さく、[ 口の高さ ]を小さくさせると良いかと思います。

エイリアンのグレイ系の顔

エイリアンのグレイのような顔にしてみました。元の顔と全然別物ですね。
かなり特徴的な顔ですね。[ 目の大きさ ]を大きく、[ 目の傾き ]を大きく、[ 鼻の高さ ]を大きく、[ 鼻の幅 ]を大きく、[ 笑顔 ]と[ 上唇 ]と[ 下唇 ]と[ 口の幅 ]を小さく、[ 口の高さ ]を大きく、[ 額 ]と[ 顎の高さ ]を大きく、[ 顎の輪郭 ]と[ 顔の幅 ]を小さくするとエイリアン系に寄るかと思います。

骨太系のホームベース顔

輪郭がゴツゴツとしたこれまた完全に別人になりました。こんな人、いますよね。
顔の形状を触って輪郭の形状を変えると一気に別人になります。
[ 額 ]と[ 顎の高さ ]を最小に、[ 顎の輪郭 ]と[ 顔の幅 ]を最大にするとサンプルのようなホームベース顔にできます。

正面以外のアングルで試した例

正面以外のアングルで表情をいじった例です。設定時間わずか1分!ちょっとした表情の変更から整形まで楽々設定です。
斜めアングルでもちゃんと認識してくれます。優秀です!

まとめ

以上、顔の表情を簡単に変える方法についてでした。
表情を変えるだけでなく、ガッツリ整形の別人レベルまで簡単に変えることができます。

表情を調整するのは面倒なのでゆがみの「顔立ちを調整」はオススメの機能です。

ではまた!