ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

【Photoshop】写真をアメコミ風のイラストにする方法を徹底解説

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

Photoshop(フォトショップ)で写真をアメコミ風のイラストへ簡単に変身させる方法を解説します。

フォトショ初心者の方にもできるよう、順を追って操作方法を徹底解説!
誰でもサンプルのような仕上りにする事ができます。

必要なものはPhotoshopと素材写真のみ!
後はマニュアル通りに進めていけば完成します。

では早速解説していきます!

写真をアメコミ風にする手順

上図のようにただの写真をアメコミ風にする方法について解説します。
フォトショ初心者の方でも再現できるように順を追って詳しく解説します!

Photoshopを導入しましょう
当記事の内容を実践するにはPhotoshop(フォトショップ)が必須です。
まだPhotoshopが未導入の方はAdobe公式サイトから入手しておきましょう。
なお、AdobeCCのプランはコチラの記事で徹底解説しています。
STEP.1
素材写真をダウンロードする
写真を準備します。
サンプルはコチラの素材を利用しています。
美人さんですね。

素材が準備できたらPhotoshopに読み込ませます。
STEP.2
スマートオブジェクトに変換する
素材の写真単体を読み込んだらレイヤーをアクティブにします。
[ フィルター ] → [ スマートフィルター用に変換 ] を適用し、再編集可能なスマートフィルターが適用できるようにします。

[ レイヤーパネル内で対象レイヤーを右クリック ] → [ スマートオブジェクトに変換 ] でも問題ありません。
STEP.3
油彩を適用
[ フィルター ] → [ 表現手法 ] → [ 油彩 ] を適用します。

サンプルの設定値は下記です。
形態:5.0
クリーン度:3.0
拡大・縮小:0.1
密度の詳細:0

値はお好みで調整してください。
すると左図のような状態になります。
STEP.4
カットアウトを適用
[ フィルター ] → [ フィルターギャラリー ] → [ カットアウト ] を適用します。

サンプルの設定値は下記です。
レベル:8
エッジの単純さ:0
エッジの正確さ:3
すると左図のような状態になります。
STEP.5
ぼかし(表面)を適用する
[ フィルター ] → [ ぼかし ] → [ ぼかし(表面)] を適用します。

設定値は下記です。
半径:40pixel
しきい値:20レベル
すると左図のような状態になります。
STEP.6
カラーハーフトーンを適用する
[ フィルター ] → [ ピクセレート ] → [ カラーハーフトーン ] を適用します。

設定値は下記です。
最大半径:6pixel
チャンネル1:108
チャンネル2:162
チャンネル3:90
チャンネル4:45
すると左図のような状態になります。

カラーハーフトーンはコチラの記事でも詳しく解説しています。
参考記事のような設定にしても違った表現ができますよ。
STEP.7
元の写真レイヤーをコピペ
次に元の素材写真をコピーし、線画用への調整を進めます。
先に追加したスマートフィルターは削除し、単なるスマートオブジェクトの写真にします。

描画モードを [ 乗算 ] に変更します。
STEP.8
エッジのポスタリゼーションを適用
[ フィルター ] → [ フィルターギャラリー ] → [ エッジのポスタリゼーション ] を適用します。

設定値は下記です。
エッジの太さ:5
エッジの強さ:1
ポスタリゼーション:2
すると左図のような状態になります。
STEP.9
2諧調化を適用
[ イメージ ] → [ 色調補正 ] → [ 2諧調化 ] を適用します。

サンプルの設定値は下記です。
2諧調化する境界のしきい値:70
左図のような状態ですね。
STEP.10
油彩を適用
[ フィルター ] → [ 表現手法 ] → [ 油彩 ] を適用します。

サンプルの設定値は下記です。
形態:5.0
クリーン度:3.0
拡大・縮小:0.1
密度の詳細:0

値はお好みで調整してください。
すると左図のような状態になります。
ザラザラしていた黒がベタを塗ったようなぬぺっとした感じになりました。
STEP.11
レベル補正を適用
[ レイヤーパネル ] → [ 調整レイヤー表現手法 ] → [ レベル補正 ] を適用します。

サンプルの設定値は下記です。
シャドウの入力レベルを調整:100
ハイライトの入力レベルを調整:160

余分な黒を飛ばします。
値はお好みで調整してください。
すると左図のような状態になります。
余分な黒の量が減りました。
FINISH
最後に色調整を加えたら完成
最後に塗りの色調整をお好みで加えたら完成です。
サンプルはレベル補正と色相・彩度で少し調整を加えました。

ただの人物写真が黒ベタが効いたアメコミ調に変身しました。

Photoshophがあれば簡単に加工が可能!
フォトショをまだ導入されていない方はAdobe公式サイトから入手できますよ。

モデルを変えて設定をコピペするとこのような仕上りです。
アメコミのワンシーンのような絵を簡単に作る事ができます。
お好みで黒い個所にハイライトをチョイチョイと後から描き加えるとさらに良い感じになりますよ。

写真を大変身させるエフェクト

単なる写真を超短時間で全く違った表現にできる高品質なエフェクトです。
全て商用利用可能!
制作時間の短縮と作品のクオリティアップを重視したい方に超オススメのフォトショエフェクトです。

Realistic Watercolor Photo Effect Mockup

水彩風エフェクトです。
タッチが違えば同じ水彩でも全く別物となります。
着彩や線画の残し方、ブラシの筆跡やリアルな水彩用紙の質感など、隙がありません。

ダウンロード

Detailed Oil Paint Effect Mockup

筆のタッチ1本1本までリアルに再現してくれる油彩風エフェクトモックアップです。
本当に油彩で描くと何時間、何十時間と掛かりますが、このPSDをダウンロードして適用すると一瞬で終わります。

ダウンロード

Splatter Paint Stains Art Portrait Effect Mockup

絵具のしぶきで描いたようなタッチにできるフォトショップ用エフェクトです。
背景透過にした人物に適用するだけでサンプルのような仕上りになります。

ダウンロード

Pencil Sketch Effect

鉛筆タッチにしてくれるPhotoshopエフェクトです。
手数の多いタッチを一瞬でリアルな鉛筆タッチにできます。

ダウンロード

Vintage Retro Comic Effect Filter Mockup

ビンテージな雰囲気を残したコミック風にしてくれるエフェクトです。
ドットの付け方がレトロで良い感じですね。

ダウンロード

Engraved Old Print Effect

まるで紙幣に描かれている人物のような質感にしてくれるPhotoshop用のエフェクトモックアップです。
再現度が激高、非常にハイクオリティなエフェクトの一つです。

ダウンロード

ワンランク上のテンプレート素材

Photoshopの学習をする上で、プロが作成した生データを研究する事は重要です。
普段からデザイン業務をされている方にとって自分以外のプロのクリエイターが作成したデータを見る事は日常茶飯事ですが、そうでない方は見る機会がありません。

AdobeStockのテンプレート素材はプロによる高品質な作品ばかり!
全て商用利用可能なので、テキストを変えるだけでそのまま使えます。

制作の手間を格段に軽減してくれるだけでなく、スキルアップの為の教材としても最適ですよ。


デザイン制作の勉強としての導入にオススメの名刺デザイン。
想像だけで作るとイマイチな仕上がりになりがちですが、良質なサンプルを参考に作ると吸収できる情報の質が段違いです。
相手に舐められない名刺テンプレート50選


バナーもフォトショップの練習をする上で良質な教材です。
想像だけ・中途半端な素材を参考にするのは有効な学習方法とは言えませんよ。
ハイクオリティなバナーテンプレート50選


例えばクリエイターの就職や転職に必須のポートフォリオ。
プロのテンプレートでレイアウトや余白、文字サイズを簡単に研究可能。内定獲得の可能性が格段にアップします!
厳選!ポートフォリオ用テンプレート34選


ゲームUIの制作は素材制作にはツールの深い知識が必要です。
テンプレートはまさに制作ノウハウの宝庫!
どれも最高の素材ばかりです。
ゲームUIに使えるテンプレート48選


単なる白黒の文字オブジェクトを一瞬で全く別モノへ大変身させるエフェクト52選です。
文字に高品質なエフェクトを追加するモックアップ


写真をはじめとした素材を「あっという間」に全く違うグラフィックへ大変身させるエフェクトです。
時短と品質の向上をされたいかたに超オススメ!
写真を全く違うグラフィックに変える事が出来る高品質なエフェクト50選


良質な素材をもっと見る
上記で紹介しているテンプレートはごく一部。
下記記事で良質な素材を紹介しております。併せてチェックしてください!

おわりに

以上、Photoshop(フォトショップ)で写真をアメコミ風の表現にする方法についてでした。

ゼロから描くとなると時間・スキル・手間が必要ですが、素材写真を使った写真加工なら誰でも可能!
必要なのはPhotoshopと素材写真のみです。
一度プリセットのPSDを作っておけば、後は素材写真を差し替えるだけで同じ表現が可能になりますよ。

ではまた!

Illustratorは活用されていますか?
Photoshopだけでなく、Illustratorも活用されているでしょうか?
まだIllustratorを導入されていない方はAdobe公式サイトから入手できます。
なお、学生や教職員の方は公式サイトの学割コンプリートプランが最強にお得!
Illustratorの使い方はゼロから始めるIllustratorで徹底解説しています。
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!