ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

【Photoshop】フォトショを最安値で購入する方法と導入手順を徹底解説

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

Photoshop(フォトショップ)の購入を検討されている方にとって気になる事の一つに「どこで買うのが一番お得であるか」という問題があります。

当記事では様々なパターンに分けて最安価格で購入する方法と導入手順を掲載しております。

購入前の予備知識について

購入方法について

WEB上で購入、または店頭でプリペイド形式のソフトウェアダウンロードカードを購入します。

以前はCDやDVD等のパッケージ販売がされていたのですが、現在は購入後はダウンロードしてソフトウェアをインストール形式になっています。

買い切り不可

PhotoshopCCは買い切りができません。
「月額払い」または「年額払い」による期間限定のクラウドサービスです。
昔のようにソフトウェアを買い切ってずっと使えるものではありません。

中古品は購入不可

中古品を購入する事はできません。
アドビは中古販売、非正規品の取り扱いを禁止しています。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

1ライセンスで2台利用可能

同じ利用者なら1つのライセンスで2台のパソコンにPhotoshopをインストールすることができます。
1つをWindowsのPCに、もう1つをMacのPCにインストールすることもできます。
コチラに詳しい情報が掲載されています。

ネット環境は必須

ソフトウェアのダウンロード、アップデートを行う際にネット接続が発生します。
それ以外はオフラインでも利用可能です。
もし自宅にネット環境が無くても、ノートPCならフリーWifiスポットを利用するとセットアップ可能です。

Photoshopの容量

Photoshopのインストールのみだと必要な空き容量は約2GBです。
HDDの空き容量を確認しておきましょう。

【学生・教職員向け】安く買う方法

学生・教職員の方は一般社会人の方より安くアドビ製品を利用することができます。

社会人の方はコチラをご覧ください。

プラン アドビ公式サイト アマゾン

学生・教職員向け
フォトプラン
※ストレージ容量20GB

1,078円  / 月
12,936円 / 年
無し

学生・教職員向け
フォトプラン
※ストレージ容量1TB

無し 21,859円/ 年

Photoshop
単体プラン

学割なし、個人利用のみ

2,728円 / 月
22,176円 / 月

20,160円 / 年

学生・教職員向け
コンプリートプラン

2,178円 / 月
26,136円 / 年

35,760円 / 年

※2020年8月情報

なお学生・教職員の方はPhotoshop単体のプランはありません。
Lightroomという写真編集管理ソフトウェアがセットです。

Photoshop最安利用はアドビ公式のフォトプラン

学生・教職員の方ならアドビ公式サイトにあるPhotoshopとLightroomがセットになった上記のフォトプランが最もお得です。
Adobe公式でPhotoshop単体プランを選ぶメリットはありません。

Adobeフォトプランはストレージ容量が20GBと1TBが選択でき、20GBだと月額1,078円、年一括プランだと12,936円です。
1TBだと月額2,178円、年一括プラン26,136円です。(※学生・教職員版は1TBプラン無し)

アマゾンのプランはストレージ容量が1TBで21,859円なので、オンラインストレージをガンガン使う方ならアマゾンのフォトプランの方が4,277円お得です。

個人的にはオンラインストレージ1TBは不要です。
20GBあれば他者とデータのやり取りは十分過ぎるほどできます。

複数のアドビ製品を使うなら学割コンプリートプランが最強

Illutrator(イラストレーター)やAfterEffects、InDesign等の他のアドビ製品の利用する学生や教職員の方にオススメなのが

フォトプランとIllustrator単体プランを合わせた価格と学割コンプリートプランは同じです。
PhotoshopとIllustrator両方を使うなら断然学割コンプリートプランを選ぶことをオススメします。

アマゾンでも学割コンプリートプランが取り扱いされていますが、割高なので気を付けてください。

【社会人向け】安く買う方法

社会人の方向けのPhotoshop(フォトショップ)を安く買う方法です。

プラン アドビ公式サイト アマゾン

Photoshop
単体プラン

2,728円  / 月
22,176円 / 年
20,160円 / 年

フォトプラン
※ストレージ容量20GB

1,078円  / 月
12,936円 / 年
無し

フォトプラン
※ストレージ容量1TB

2,138円  / 月
26,136円 / 年
23,517円 / 年

コンプリートプラン

9,878 / 月
47,760円 / 年

47,322円 / 年

※2020年8月情報

Photoshop最安利用はアドビ公式のフォトプラン

フォトショップ単体ならアドビ公式サイトのみ取り扱いをしているストレージ容量20GBのフォトプランが最安です。
Lightroomもオマケで付きます。

オンラインストレージ容量が1TBのプランはアマゾンの方が2,619円安いです。

複数のアドビ製品を使うならコンプリートプランがオススメ

イラストレーターやインデザイン等、他にもアドビ製品の利用を考えられているのであればコンプリートプランをおススメします。
単体を3つ購入するとコンプリートプランより高くなります。

公式サイトならAdobeStockが1カ月無料で利用できます。
高品質な素材が大量にあるので制作に重宝する事間違いありません。

アマゾンでもコンプリートプランが買えますが、アドビ公式の方が安心できます。
私はアドビ公式サイトから登録しています。

なお7日間の無料体験版があります。
興味はあるけど、購入前に触ってみたい方は体験版から試してみるのもアリですよ。

購入から使い始めるまでの流れ

アドビ公式サイトから直接導入する方法、アマゾンでライセンスだけ入手して導入する方法について解説します。

アドビ公式サイトで購入する場合

STEP.1
アドビ公式サイトでプランを選択
上記のバナーをクリックし、利用したいプランを選択します。
リンク先の上部タブから個人利用、学生・教職員等を選択できます。
STEP.2
購入
クレジットカード支払い、コンビニ支払い、銀行振込等、支払方法を選択して購入手続きをします。
STEP.3
Photoshopをダウンロード
購入手続きが完了しますと「Akamai ダウンロードマネージャー」という名称のリンクが表示されます。リンクをクリックするとソフトウェアのインストールが開始されます。
STEP.4
Photoshopを開いてシリアルナンバーを入力
Photoshopを開くとシリアルナンバーの入力を求められる場合がありますので、購入時に送られてきたシリアルナンバーを入力します。
※シリアルナンバーは大切に保管しておいてください。
STEP.5
完了
使用準備が整いました。ガンガンPhotoshopを利用してください。

学生・教職員の方がアマゾンで購入する場合

STEP.1
アドビ公式サイトでAdobe IDを取得
こちらのリンクからAdobe IDを取得します。
STEP.2
体験版をインストールする
あらかじめPhotoshop体験版をインストールしておきます。
体験版を後に正規ライセンスに切り替えます。
インストールの詳細手順はコチラからご覧いただけます。
STEP.3
アマゾンでオンラインコードを購入
アマゾンで「Adobe Creative Cloud フォトプラン」を購入します。
コンプリートプランはコチラから。
注文完了後に届く「オンラインコード」は大切に保管しておきます。
STEP.4
オンラインコードを入力する
AdobeIDにログインしていると表示されるコチラのコード引き換えるページで引き換えコードを入力します。
STEP.5
「今すぐはじめる」をクリックする
自動的にPhotoshop体験版が正規の製品版に切り替わります。
STEP.6
完了
あとはPhotoshopをガンガン使うだけです!

一般の社会人の方がアマゾンで購入する場合

STEP.1
アドビ公式サイトでAdobe IDを取得
こちらのリンクからAdobe IDを取得します。
STEP.2
体験版をインストールする
あらかじめPhotoshop体験版をインストールしておきます。
体験版を後に正規ライセンスに切り替えます。
インストールの詳細手順はコチラからご覧いただけます。
STEP.3
アマゾンでオンラインコードを購入
アマゾンで「Adobe Creative Cloud フォトプラン」を購入します。
コンプリートプランはコチラから。
注文完了後に届く「オンラインコード」は大切に保管しておきます。
STEP.4
オンラインコードを入力する
AdobeIDにログインしていると表示されるコチラのコード引き換えるページで引き換えコードを入力します。

STEP.5
「今すぐはじめる」をクリックする
自動的にPhotoshop体験版が正規の製品版に切り替わります。
STEP.6
完了
あとはPhotoshopをガンガン使うだけです!

おわりに

購入してインストールすれば、使用期限が来るまで特に設定する必要はありません。
たまにアップデートが行われるので、常に最新版にしておきましょう。

素晴らしい作品作りにPhotoshopを役立てていきましょう!

InDesignは活用されていますか?
Photoshopだけでなく、InDesign(インデザイン)も活用されていますか?
ポートフォリオ制作はイラレよりInDesignの方が効率的に作成できます。
まだInDesignを導入されていない方はAdobe公式サイトから入手できます。
InDesign用の商用利用可能なポートフォリオテンプレート77選はコチラ
ゼロから始めるPhotoshop目次

フォトショ基本操作

【導入編】ゼロから始めるPhotoshop
Adobe Creative Cloudの料金プランやオススメプランを徹底解説
フォトショの全ショートカットまとめ
Photoshopとは・DTPの基礎知識
操作画面、新規作成と保存、各種ファイル形式
フォトショでよく使う基本操作
レイヤーの作成・レイヤーの操作
ブラシツールの基本的な使い方と応用操作を徹底解説
左右対称、マンダラを使った魔法陣・レース模様の作成方法
各種カラーモードについて
【遠近法の切り抜きツール】斜めから撮った写真を正面に補正する方法と応用
切り抜きツールの使い方と解像度・サイズの変更方法を徹底解説
文字ツールの基本的な使い方
文字パネルの機能と使い方を徹底解説
段落パネルの機能と使い方を徹底解説
グラデーションツールとグラデーションオーバーレイの違いと使い方
整列と分布を使ったレイアウト方法
レイヤースタイル、レイヤー効果の基本的な使い方
ドロップシャドウをさりげなく使ってキレイ目デザインを作る方法
作業効率化に繋がるPhotoshop特有の色々なコピペ方法
調整レイヤーを徹底解説
シェイプツールの使い方・編集方法を徹底解説
共通パーツをインクルードする方法

フォトショ応用操作

Photoshopでバナー広告を作る方法を完全解説
Photoshopで人物の表情を簡単に変える方法
【前編】スマホゲームのUIを作ってみよう(構成~下絵まで)
【中編】スマホゲームのUIを作ってみよう(文字やアイコンに質感を付ける)
【後編】スマホゲームのUIを作ってみよう(バナーやボタンの作り方)
Photoshopで黄金風の効果を付ける方法を詳しく解説
ベベルとエンボスで金属表現を作る方法
GDNで有効的なサイズのバナー広告の作り方を完全解説
複数サイズのバナーを効率的に作成する方法
Photoshopで写真をインスタグラム風に加工する方法
レイヤースタイルを使って水滴や汗を描く方法
コンテンツに応じた塗りつぶしで不要な要素を消す方法
斜めから撮影した画面に画像や文字をはめ込む方法
ニュートラルフィルターで肌を一瞬でキレイにする方法
「空を置き換え」で曇り空を1分で修整する方法
スマートポートレイトをイラストに適用する方法と検証
3分で髪の毛を簡単に切り抜く方法(境界線調整ブラシツール)
レンズフレアを追加して印象的な写真に仕上げる方法
RGBずらし(色ずれ)を使ったTikTok風ロゴや印象的な画像の作り方
写真をアメコミ風のイラストにする方法を徹底解説
【間違い探し動画】初心者向けアハ体験動画の作り方
昼間の写真を夜に変更する方法を徹底解説
【チルトシフト】風景写真をミニチュア風に加工する方法
写真を水彩画風に加工する方法を徹底解説

商用可能なフォトショ用素材

文字に高品質なエフェクトを追加するモックアップ
写真を様々なグラフィックに変えられるエフェクト50選
写真を短時間で大変身させる高クオリティなエフェクト51選
画像をヴィンテージ風にできるエフェクトモックアップ50選
人物が煙になる表現ができるエフェクトモックアップ

フォトショップのお困りごと

「最近使用したもの」を非表示にする方法
ブラシのポインタが十字になった時の対処法
突然画面がグレーになってしまった時の対処法
「変形」の仕様をCC2018以前に戻す方法

目次一覧を見る
SCROLL
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!