fantiaはじめました!無料素材やAI、PSDを配布中です。

【Photoshop】レイヤースタイルで水滴や汗を作る方法

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

Photoshop(フォトショップ)のレイヤースタイルを使って汗や水滴を作る方法について解説します。
全てレイヤースタイルで作るので、一度作ってしまえば追加編集が非常に楽な方法です。

レイヤースタイルとは?

レイヤースタイルとは対象のレイヤーにドロップシャドウや境界線などの効果を加えられる機能の事を指します。

いちいちブラシツール等で描く必要は無く、各レイヤースタイルの設定をするだけで簡単にリアルな影やフチ線の効果を追加できます。
Photoshopで頻繁に使う機能の一つです。

【Photoshop】レイヤースタイル、レイヤー効果の使い方:基本編

レイヤースタイルの機能や使い方の基本は上記リンク先で解説しておりますので併せてチェックしてみてください。

作成手順

レイヤースタイルを使った水滴と汗の具体的な作成手順です。

水滴の表現

STEP.1
画像を配置し、水滴の形を描く
画像を配置し、水滴をブラシツールで描きます。
水滴の色は何色でも構いません。
STEP.2
塗りを無くす
レイヤーパネル内の[ 塗り ]を0%にします。
するとブラシで描いた水滴が消えます。
STEP.3
ドロップシャドウを適用
レイヤー効果のドロップシャドウを適用し、水滴の影を描きます。
影の色は黒ではなく、水滴を配置する元素材の色を濃くした色だと馴染みが良くなります。
塗りを0%にする事でレイヤー効果のみが表示されるようになります。
STEP.4
カラーオーバーレイを適用
カラーオーバーレイを適用します。
微妙に水滴全体を元素材の色を付けておきます。
STEP.5
光彩(内側)を適用
光彩(内側)を適用します。
水滴のフチがうっすら光っている個所を再現できます。
STEP.6
シャドウ(内側)を適用
シャドウ(内側)を適用します。
水滴の内側に落ちる影をうっすら描きます。
FINISH
ベベルとエンボスを適用
ベベルとエンボスを適用し、水滴のハイライトを表現します。
以上で水滴表現の完成です。
Photoshpさえあれば誰でも簡単にリアルな水滴が作れます。

後から水滴の形を描き直しても、自動的に影やハイライトが設定されます。
直しに強いデータ形式なので、レイヤースタイルに登録しておくと便利です。

汗の表現

コチラの記事で紹介した汗の描き方です。
イラストなので先の水滴表現に比べ、少しシンプルな表現にしています。

STEP.1
画像を配置し、水滴の形を描く
画像を配置し、水滴をブラシツールで描きます。
水滴の色は何色でも構いません。
STEP.2
塗りを無くす
レイヤーパネルの[ 塗り ]を0%にします。
するとブラシで描いた汗の塗りが消えます。
STEP.3
ドロップシャドウを適用
レイヤー効果のドロップシャドウを適用し、汗の影を描きます。
影の色は黒ではなく、肌色を濃くした色だと馴染みが良くなります。
STEP.4
カラーオーバーレイを適用
カラーオーバーレイを適用します。
微妙に汗全体に対して肌色を付けておきます。
STEP.5
光彩(内側)を適用
光彩(内側)を適用します。
汗のフチがうっすら光っている個所を再現できます。
FINISH
ベベルとエンボスを適用
ベベルとエンボスを適用し、汗のハイライトを表現します。
これで汗の表現が完成です。
色味や影の濃さ等を少し変えるだけで全然違った汗の表現ができます。

水滴、汗を配置する「元素材」の色味を影に入れると馴染みが良くなります。

レイヤースタイルの登録・書き出し方法

レイヤースタイルの登録・書き出しについて徹底解説しています。併せてチェックしてみてください!

レイヤースタイルをダウンロード

fantiaで当記事のレイヤースタイルを無料で配布しています。よかったらダウンロードして活用してください!

まとめ

以上、Photoshopのレイヤースタイルを使った水滴と汗の表現についてでした。
一度スタイルを設定してしまえば簡単に質感を付与できるので制作の時短に繋がります。

また無料で利用できるスタイルを大量に紹介しておりますので、併せてチェックしてみてください!

【2020年度版】Photoshopの無料レイヤースタイル全447種まとめ

ではまた!

目次一覧
ゼロから始めるシリーズ目次
IllutratorとPhotoshopの使い方をゼロから解説する「ゼロから始めるIllustrator」と「ゼロから始めるPhotoshop」の目次リンクです。
本業が教えるイラレとフォトショ講座の目次は下記から。