【デザイン学生必見!】ポートフォリオをゼロから作ろう!

【Photoshop】ゲームのUIの作り方【PSD有り】

スマホゲームのUI(ユーザーインターフェース)をPhotoshop(フォトショップ)で作る方法について詳しく解説します。

ゲーム会社に応募する際、オリジナルキャラを使ったスマホゲームのUI(ユーザーインターフェース)をポートフォリオに載せておくと、イラスト単体を載せるより採用担当者の目に留まる可能性が高まります。

初心者の方にも分かりやすいよう、順を追ってゲームUIの作り方を解説いたします。
ゲーム業界への就職を考えられている学生の方にオススメの内容です。

「ぼくのかんがえたスマホゲーム」のマイページ画面を作ってみましょう!

どんなゲームUIを作るの?

ゲームのUI(ユーザーインターフェース)にはキャラクターをはじめ、背景、文字、アイコン、レイアウト等、様々な要素を組み合わせて構成されています。

よって作るにはソコソコの労力を必要とします。
でもコツコツと進めていけば必ず完成します。根気が命!

当UI制作にはどの程度のPhotoshop知識が必要?
当記事はある程度のフォトショ知識がある事を前提としております。
クリスタで絵を描くのは得意たけどフォトショは…という方は左のバナーを作れるくらいの知識があれば必要十分です。
バナー制作未経験でも作っていくうちに慣れてきますよ!
なお、ゼロから始めるバナー制作はコチラで解説しています。

最低限Photoshopが必須

なおゲーム系のUIはIllustrator(イラストレーター)でも作れますが、Photoshop(フォトショップ)の方が圧倒的に作りやすいです。素材の作成やレイアウト等を全てフォトショで完結可能!

特にUI(ユーザーインターフェース)に質感を付けたい場合はPhotoshopが断然オススメですよ。
まだPhotoshopを導入されていない方は事前にAdobe公式サイトから入手しておきましょう。

フラットデザインならIllustrator、Photoshopどちらでもお好みで。
基本的にはお好きなツールで作るのが良いですが、当サイトではPhotoshopでの制作を推奨します。

本気でデザインをするならコンプリートプラン一択
PhotoshopだけでもゲームUIは制作可能です。
ただ本気で行うならIllustratorでアイコン素材を作成し、PhotoshopへインポートしUI作成。
PSDをAcrobatで変換など、本気で制作を行うのであればコンプリートプランは必須です。
※なお、学生さんや教職員の方は学割コンプリートプランが最安・最強ですよ。

制作する画面の仕様

今回は横幅1920px、高さ1080px、解像度72、RGBカラーで作成してみたいと思います。

なお、フォトショの新規作成や保存方法はコチラの記事で詳しく解説しています。

ゲームのネタを想像する

どんなゲームにしたいか、何となくイメージしてみます。自身で作ってみたいゲームを想像しながら考えてみましょう。

メモ帳やA4用紙にアイディアを書き出します。
最初は適当でOK!
しかしきったねぇ字だなぁ…

超ざっくりなメモですが、私の場合は剣と魔法の世界のRPGみたいな感じで作ってみたいと思います。

絵を用意する

キャラクターの絵を準備します。
サンプルは私が学生時代に作成した没キャラを再利用、背景透過のPNGで書き出しておきましょう。

今回のUI制作は5時間が目安、キャラの作画を含めると工数が大幅に増えるので楽をします。

「note:ノート」黒魔術師的な設定です。
カラスが本体、キルバーンみたいな設定ですね。
なので女性部分を攻撃しても再生します。

素材は土くれ。
「れんぞくま」が使えます。わたくし、フレアが得意ですの、ほほっ。カァー!カァー!

キャラ絵が無い方はコチラの記事で紹介している素材をご活用ください。
併せて背景画像も準備しておきましょう。
JPEGまたはPNG形式に書き出しておくと便利。
【商用利用可能】ゲームやイラストの背景素材85選【高品質】
クリスタの基本機能を使った差分イラストの描き方は左記で解説しています。興味がある方は併せてチェックしてください!

画面構成を考える

作成したいゲームUIの画面構成を作成しましょう。
ラフなのでそこまで丁寧に行う必要はありません。直感的にザクザク進めていきましょう!

ざっくりとレイアウトを考える

スマホゲーっぽくUIとなる要素を置きます。
なお、Photoshopがまだ未導入の方はAdobe公式サイトから入手しておきましょう。

今回作るUI画面はマイページのみ、他のページの事は考えずに作ります。
まずはPhotoshopで適当に好き勝手に要素を置きましょう!

レイヤーを作成後に黒で塗りつぶして不透明度を下げ、キャラと背景を暗くし、ブラシツールで手前に白で要素を描くと上記のようなラフが作れます。

実際のスマホゲームの画面を作る時はAdobeXDやfigma等で遷移先を含めたワイヤーフレームをキッチリ作成してから進めます。でも今回は単品画面なので必要ありません。

こまけぇこたぁ考えずに好きに要素を置きましょう!

ワイヤー作成とデザイン制作に便利なAdobeXD
AdobeXd
Adobe XDはワイヤーフレームやプロトタイプをサクッと制作する上で非常に便利なツールです。もちろんAdobeXD上でデザインを行う事も可能、シンプルなデザインならXDで作れます。
まだ導入されていない方は是非入れておきましょう!

要素を全て書き出す

ラフを元にフォトショップでシェイプツールと文字ツールでレイアウトをします。

画面内に載せる要素を全て書き出します。
文字列もキッチリ考えて全て書き出しましょう。
アイコン類は「ico」みたいな感じでブラシでザクっと適当に書いて配置しておけば一旦OKです。

メール等の「新着表示」を入れておくと、より「っぽさ」が出ます。
小さな要素ですが大事です。

名称は好き勝手入れてOKです。
貴方だけのゲーム画面、中二病を炸裂させちゃいましょう!

こまめなレイヤー整理は超大事
レイヤー整理を怠らないようにしておきましょう。
要素が多くなるので随時整理しておかないと「制作中に訳が分からなく」なってきます。
今回は大きく分けて「ヘッダー」、「フッター」、「左ボタン」、「右ボタン」、「バナー1」、「バナー2」で親グループを作成し、各グループの中に細かい要素をグループ化して作成しています。
レイヤー操作の基礎はコチラで解説しています。

アイコンを作成する

ゲームUIには様々なアイコン類が必要になります。アイコン類を作成していきましょう。
Photoshopでもアイコンを作れますが、Illustratorの方が効率的に作れますよ。

ロゴやアイコン類はイラレ

フラットなアイコン類(フッターや右側のボタン、ヘッダーの右端)はIllustrator(イラストレーター)での作成がオススメです。

ペンツール図形ツールパスファインダ等を使って左図のようにイラレで単色で作成しておきます。

イラレが無ければPhotoshop(フォトショップ)でも作れますが、イラストレーターが断然便利です。

イラレの使い方は下記で解説しております。
(随時追加予定)ゼロから始めるIllustrator イラレ初心者からプロを目指す!
※Illustratorが無い方はAdobe公式サイトから導入しておきましょう。

イラレからフォトショへコピペ

Illustrator(イラストレーター)で作成したアイコンをPhotoshop(フォトショップ)へ簡単にインポート(コピペ)する事ができます。

STEP.1
イラレで対象アイコンをコピー
イラレの画面でフォトショに持っていきたいアイコンを [ 選択ツール(V) ] で選択し、[ Ctrl + C ] でコピーします。

事前にAdobe公式サイトからIllustratorを導入しておきましょう。
STEP.2
フォトショでペースト
フォトショを開いて [ Ctrl + V ] でペーストします。
STEP.3
シェイプレイヤーを選択
ペースト形式が問われるので [ スマートオブジェクト ] または [ シェイプレイヤー ] を選択します。

※イラレ→フォトショへのオブジェクトコピーはコチラの記事で徹底解説しています。
FINISH
コピペ完了
イラレからフォトショへアイコンをシェイプレイヤーとしてコピペする事ができました。シェイプなので拡大縮小をしても劣化が起こりません。

この機能はよく使うので覚えておくと便利ですよ。
より詳しくIllustratorからPhotoshopへオブジェクトをコピーする方法を学びたい方はコチラの記事でさらに詳しく解説しています。

アイコンの配置・要素のサイズ調整

アイコンを配置し、全体の要素のサイズ調整を行います。
イラスト作成で例えるなら線画を整える感じですね。

UIの下絵が完成

先の方法でイラレからフォトショへアイコンをコピペして配置します。

入力した「だけ」の文字だと面白くないので、世界観に合うフォントを選びます。
フォント、サイズの調整、文字間調整を少し入れるだけで「っぽく」なってきた気がしませんか?

ここまでの制作でおよそ2時間程です。

一通りサイズ調整を行い全ての要素を配置しました。
イラスト制作で例えるなら「線画」が完成した感じでしょうか。
以上でUI(ユーザーインターフェース)の下絵が完成しました。

何となく全体像が見えてきましたね。

実機端末での確認
さらにこだわりたい方は、実機のスマホで要素のサイズを確認してみると良いでしょう。
PC画面で見るのとスマホの小さな画面で見るのとでは印象が大きく変わります。
細かく作る前に要素のサイズを実機確認して整えておくと後の修正が少なくできますよ。

UIだけ表示させてみると…

キャラと背景を非表示にしてUI(ユーザーインターフェース)だけを表示させてみました。
単色なので地味ですね。まだまだ線画の状態です。

次は質感を付けていきましょう。

PSDを配布中です!

fantiaで当記事のPSDデータを配布しております。全ての要素をレイヤー分けして編集可能な状態になっていますよ。
PSDを参考にしながら作り方を学ぶと、より理解が深まるかと思います!

なお、サンプルPSDを開くにはPhotoshopが必要です。
Adobe公式サイトからPhotoshopを導入しておきましょう。

fantiaからダウンロードする

中編に続く

Photoshopで作るゲームUIの前編終了です、おつかれさまでした。

今回の内容は文字ツールとシェイプツールの使い方がミソです。

なお、入力した「だけ」のデフォルト文字をそのまま使うのはあまりよろしくないので、調整を入れるクセを付けておく事をオススメします。

入力した「だけ」の文字は「デザインされていない」ので気を付けてください。
もし入力した「だけ」の状態で完成としてポートフォリオに載せると「おっ、ラフかな?ほいでほいで?」となってしまうかもしれません。

フォントを変える、サイズを変える、文字間を変える、ちょっと触るだけでイメージがガラッと変わりますので文字パネルをガンガン触ってみましょう!

中編で質感の付け方について解説します。

高品質なゲームUI素材

ゲームUI制作を加速させるワンランク上の素材を厳選して紹介します。
全て商用利用可能!
手間のかかるゲームUI制作の手間と劇的に軽減できます。

全48点の厳選ゲームUI素材はコチラで紹介しておりますので、是非ご覧ください!
(※背景素材はコチラ

#01 Illustration of the fairy forest at night with flashlights and e

妖精の森がテーマのUIテンプレートです。
ウィンドウ、ボタン、アイコン、ゲージなど、UI制作でよく使う素材は一通り含まれているので初心者の方にもオススメ!

ダウンロード
※この作者のその他ゲームUI素材は コチラ

#02 User interface the playing field for a computer game

タイトルロゴだけ追加したらグラフィックの仕事は終わり!みたいなUIテンプレート一式です。
そのままパズルゲームとして使えるレベルですね。

ダウンロード
※この作者のその他ゲームUI素材は コチラ

#03 Radar screen. Vector illustration for your design. Technology background. Futuristic user interface. HUD.

SF系で使う素材が一通り収録されたUIキットです。
一部に赤っぽい色味を加えるだけで全く違った印象の絵になりそうですね。

ダウンロード

#04 Sci-fi Game GUI Pack

カジュアルなSF系ゲームに適したUIテンプレートです。
ウィンドウ、アイコン、ボタン、ゲージ等、よく使う素材は網羅されているので使い勝手が抜群!

ダウンロード
※この作者のその他ゲームUI素材は コチラ

#05 background and buttons for mobile game development, ui design kit

そのままパズルゲームの素材として使えそうなUIキットです。
追加するのはカットイン用のキャラくらいですね。

ダウンロード

#06 Sunset in fantasy forest

非常にハイクオリティな森のが描かれた背景素材です。RPGによくあるはじまりの森にピッタリなイメージですね。

ダウンロードする
昼間はコチラ

#07 Fantasy art landscape with giant statue - digital illustration

ロードオブザリングに登場しそうなスケール感のある背景イラスト素材です。
フィールドマップの遠景にうっすらと見える巨像にようやく近づけた時の感じがあります。

ダウンロードする

#08 knight fighting dragon

ドラゴンと剣士が戦っているイメージのイラスト素材です。
非常にハイクオリティです。

ダウンロードする

#09 Fantasy Traditional Japanese House - Day

和風の伝統的な日本家屋の背景イラスト素材です。
和風、和風ファンタジーには必須素材ですね。

ダウンロードする
夜はコチラ

#10 Fantasy natural environment

幻想的なファンタジー世界の自然環境を描いた背景素材です。手前にキャラの立ち絵を置いてセリフを配置するといい感じのゲーム画面が作れます。

ダウンロードする

ゲームUI制作を300%加速させるテンプレート
下記でゲームUI制作を劇的に加速させるテンプレートや背景素材を紹介しています。
全て商用利用が可能、高品質な素材でゲーム制作を効率化させましょう!
Photoshopの操作方法

フォトショ基本操作

【導入編】ゼロから始めるPhotoshop
Adobe Creative Cloudの料金プランやオススメプランを徹底解説
フォトショの全ショートカットまとめ
フォトショ初心者が押さえておきたい基本操作14選
レイヤーの作成・レイヤーの操作
ブラシツールの基本的な使い方と応用操作を徹底解説
左右対称、マンダラを使った魔法陣・レース模様の作成方法
各種カラーモードについて
【遠近法の切り抜きツール】斜めから撮った写真を正面に補正する方法と応用
切り抜きツールの使い方と解像度・サイズの変更方法を徹底解説
文字ツールの基本的な使い方
文字パネルの機能と使い方を徹底解説
段落パネルの機能と使い方を徹底解説
グラデーションツールとグラデーションオーバーレイの違いと使い方
整列と分布を使ったレイアウト方法
レイヤースタイル、レイヤー効果の基本的な使い方
ドロップシャドウをさりげなく使ってキレイ目デザインを作る方法
作業効率化に繋がるPhotoshop特有の色々なコピペ方法
調整レイヤーを徹底解説
シェイプツールの使い方・編集方法を徹底解説
共通パーツをインクルードする方法

バナーやUIをデザイン

Photoshopでバナー広告を作る方法を完全解説
【前編】スマホゲームのUIを作ってみよう(構成~下絵)
【中編】スマホゲームのUIを作ってみよう(質感付与)
【後編】スマホゲームのUIを作ってみよう(バナーやボタン)
GDNで有効的なサイズのバナー広告の作り方を完全解説
Photoshopで複数サイズのバナーを効率的に作成する方法

様々な質感を再現

Photoshopで黄金風の効果を付ける方法を詳しく解説
ベベルとエンボスで金属表現を作る方法
レイヤースタイルだけで水滴や汗を作る方法
リアルな木彫りのような質感を再現する方法
テキストをネオンサイン風にする方法
テキストにリアルな錆(サビ)た金属表現を追加する方法
レイヤースタイルでポップなロゴを作る方法
すりガラス(曇りガラス)の再現方法

写真の雰囲気を激変させる

Photoshopで写真をインスタグラム風に加工する方法
レンズフレアを追加して印象的な写真に仕上げる方法
ニュートラルフィルターで肌を一瞬でキレイにする方法
RGBずらし(色ずれ)を使った画像の作り方
写真をアメコミ風に加工する方法を徹底解説
写真をポップアート風に加工する方法を徹底解説
昼間の写真を夜に変更する方法を徹底解説
昼間の写真を夕暮れに加工する方法を徹底解説
【チルトシフト】風景写真をミニチュア風に加工する方法
カラーハーフトーンの作り方と応用例を徹底解説
写真を水彩画風に加工する方法を徹底解説
写真をワンランク上の油彩風に加工する方法
アートヒストリーブラシツールを使って写真を絵画風に大変身
写真をデュオトーン(ダブルトーン)に加工
レントゲン写真のような見た目に加工する方法
フォトショで線画スケッチ風のタッチを再現
秋を感じさせる色味にレタッチする方法
写真やイラストをドット柄に変えるテクニック
写真やイラストをドット絵風に加工する方法
緑で覆われた廃墟を1分で作る方法
1980’のレトロなカットアウト表現の作り方
光輝くオーラエフェクトの作り方を徹底解説
サイバーパンク風の加工をお手軽にする方法

便利な画像加工テクニック

Photoshopで人物の表情を簡単に変える方法
コンテンツに応じた塗りつぶしで不要な要素を消す方法
斜めから撮影した画面に画像や文字をはめ込む方法
「空を置き換え」で曇り空を1分で修整する方法
スマートポートレイトをイラストに適用する方法と検証
3分で髪の毛を簡単に切り抜く方法(境界線調整ブラシツール)
【間違い探し動画】初心者向けアハ体験動画の作り方
リアルな虹の作り方と合成方法を徹底解説
リアルな雨の作り方を徹底解説
リアルな雷をゼロから作る方法
雪の作り方と降らせ方を徹底解説
煙の作り方を徹底解説
深度ぼかしで被写体深度を簡単に再現する方法
画像に勢いや動きを付ける方法
スーパーズームで劇的に高画質化する方法
影の付け方を徹底解説forフォトショ初心者
白黒画像を簡単にカラー化する方法
合成画像を1分で自然に調和させる方法
アート風コラージュの作り方
ボロボロの古雑誌や本を簡単に作る方法

機能追加・その他の機能

Photoshopの無料レイヤースタイル全447種まとめ
無料&商用可能なカスタムシェイプ46選
レイヤースタイルの登録と書き出し
シェイプを登録する方法(カスタムシェイプを定義)
無料&商用可能で本当に使えるブラシ素材64選
【ブラシを定義】自作ブラシの作成と登録方法を解説
【ブラシを定義】自作ブラシの作成と登録方法を解説
WebP形式の画像を編集・保存できるプラグインの導入方法
パターンの定義方法とパターン背景の作り方を完全解説
汎用性抜群なストライプパターンの作り方を解説

フォトショップのお困りごと

「最近使用したもの」を非表示にする方法
ブラシのポインタが十字になった時の対処法
突然画面がグレーになってしまった時の対処法
「変形」の仕様をCC2018以前に戻す方法
ツールバーをカスタマイズする方法
別名で保存からJPGやPNG画像に保存できない問題
塗りつぶしの白い隙間を無くす方法3選

目次一覧を見る
SCROLL
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!

併せて読んでみませんか?
下記記事でポートフォリオについて解説しております。
ゲーム業界、デザイン業界を目指されている方には必要になるであろうポートフォリオの基礎知識から制作方法やコツについて解説しております。

A4サイズのテンプレートも無料で配布しておりますのでご活用ください。