ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

現役学生5名によるゲーム業界に特化したポートフォリオの作例を紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 28 分です。

現役の学生さん5名のポートフォリオを紹介いたします。

クリエイティブ業界への就職活動を行う際に必須となるポートフォリオ。
他者が作成したポートフォリオを見る機会は意外と少ないですよね。

当コンテンツではゲーム系やキャラクターデザイナー、イラストレーターといった業種に特化したポートフォリオを紹介します。
どのポートフォリオもクオリティが高く見ごたえ抜群!

現役学生5名のポートフォリオを紹介

では早速現役学生さん5名のポートフォリオを紹介します。
どのポートフォリオも個性的で読み応えのある素敵な仕上がりですよ!

宮月あずき さん
座右の銘:【不撓不屈】フトウフクツ
強い意志を持って、どんな苦労や困難にもくじけないさま。

ダークファンタジーテイストのイラストが得意です! イラストごとに雰囲気が全く違う絵を描けるように、普段から様々な絵柄と塗分けに挑戦しています。
是非、作品の隅々までご覧ください!
宮月あずきさんのtwitter

宮月あずきさん

専門学校で培った技術で制作したイラストやデザインを集めました。
制作時間や期間だけでなく、こだわった点や苦労した点も書き、イラスト本や設定資料集のようなポートフォリオに仕上げました。全作品が自信作です!
A4サイズ、全38頁

大澤 楓斗 さん
ゲーム大好き・キャラクター大好きの専門学校生です!
猫好き/iPad勢/スマホゲームが好きで毎日やってます!
最近は友達と第五人格をするのが楽しくてしょうがないです!
大澤 楓斗さんの連絡先
©大澤 楓斗

大澤 楓斗さん

特に拘ったのは表紙とゲーム企画です。
表紙でインパクトをつけて目に留まるように、そしてオリジナルのゲーム企画を前に持ってくることで長くを見てもらうように工夫しました。
A4サイズ、全30頁

鳥栖もも さん
「儚くて、あたたかい」を目指しています。
男女の等身イラストを得意としています。
現在は、絵柄の幅を広げるために素体練習や塗りの研究に力を入れています。
鳥栖ももさんのtwitter

鳥栖ももさん

全体的に、見た人があたたかく優しい気持ちになれるデザインで統一しています。
自分の得意とする儚げな雰囲気を壊さないように、シンプルなデザインを心がけました。
A4サイズ、全32頁

HaruKa さん
一目惚れして頂けるような作品作りを目指しています!
経営学と観光学を学んだ後、イラストの道を志しました。
畑違いの分野ですが、このキャリアを持つ自分だからこそできること、表現できるものを目指して日々勉強しています。
© HaruKa

HaruKaさん

人物からモンスターのキャラクター・タイトルロゴやUI、様々なことが出来るクリエイターを目指して作品作りをしています。作品全体の世界観をキャラクターデザインやUI等から伝えられるよう意識しました。
ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。
A4サイズ、全30頁

音夢 さん
人々を笑顔にできるイラストを創作したい!
お洒落する事と鳥が大好き!
服のデザインや細かい装飾が得意です。
音夢さんのtwitter

音夢さん

自分の世界観をイラストに表現でき、暗いイラストから明るいイラストまで描くことができます。ゲーム業界を意識して制作しました。
A4サイズ、全30頁

ポートフォリオに載せる内容の例

ポートフォリオに載せる内容について作例を交えながら解説します。
初めてポートフォリオを作る際、一体何を作ればいいのか分からない…
そういった方は下記で紹介する内容を参考にされてみてはいかがでしょうか?

表紙・裏表紙

©音夢、©宮月あずき、©大澤 楓斗

表紙は言わば作品集の顔ですね。
自身の作品集の世界観を象徴するモノなので必ず作成しましょう。
裏表紙も忘れずに作っておくとポートフォリオの密度がさらに増しますよ。

※世界観と密度が必要になるので、ページ内がある程度進んだ段階で詰めるのも一つの手です。

クリエイティブ業界について
おそらくクリエイティブ業界に就職希望の方が当コンテンツをご覧になられているかと思われます。
クリエイティブ業界と言っても様々な業種が存在します。例えばゲーム業界のデザイナー職で10種類近くまで細分化されている会社も存在!
コチラの記事で様々なクリエイティブ業界でどんな職種があるのかを詳しく解説しています。
自身が目指したい又は興味のある職種を知っておく事で、ポートフォリオ制作や就職活動で具体的な行動を起こしやすいですよ。

自己紹介ページ

©HaruKa、©大澤 楓斗、©音夢

ポートフォリオの作者である貴方についての情報ページです。
名前や経歴・メッセージや意気込みなど、自身をアピールする内容を簡潔にまとめましょう。
メールアドレスやSNSのID等の連絡先を掲載するのもアリです。

一般的には表紙の次に配置する場合が多いですが、ページの最後に配置するパターンもあります。
ページの並び順をどちらにするかはお好みで。

個人情報の掲載に注意
なお、ポートフォリオは人事担当以外も含めた「不特定多数の方」が見るモノです。
よって住所や生年月日、個人利用の電話番号等、履歴書に記載するような情報の掲載は非推奨です。

もくじ

©宮月あずき、©大澤 楓斗、©HaruKa

作品集のボリュームが増えてくると、ページ全体の目次があると構成が分かりやすく親切です。

例えば表紙をめくった後に左に自己紹介を1P、右に目次を1P。
自己紹介ページの下部にサラっと目次エリア。
各カテゴリトップにカテゴリ目次を追加等。

ただし過度に目次のコンテンツを入れる必要はありません。
あくまでサラっと補助的な立ち位置にしておくと良いでしょう。

作品

作品+作品の詳細データを掲載する

©宮月あずき、©HaruKa

©鳥栖もも、 ©大澤 楓斗、©音夢

作品ページです。
アナログ、デジタル、立体、CG、映像など、自身が制作した作品を掲載します。
掲載内容・掲載手段は貴方次第、作品の魅力を余す事無く伝えてください!

なお、作品だけ掲載するのではなく、例えば作品タイトルや解説文、制作年月日、制作時間、ツールなど、「初めて貴方のポートフォリオを見た方」が内容を理解できる要素を入れておくと親切ですよ。
複数人で作品制作した場合は、自身が担当したパートを明記しておきましょう。

また、作品はカテゴリ分けして載せましょう。
例えばキャラクター、背景、小物、デッサンなど、自身が作成した作品を見やすく分類して掲載します。

自信作はページの前の方に掲載
なお、出来の良い作品ばかり厳選して掲載する事をオススメします。
仕上りに納得していない作品は除外または修正を加え、ポートフォリオの密度を高めましょう。
ページの最初に代表作を持って来るのがミソですよ。
なお、初めての方は一旦ページボリュームを20ページ目標に!
コチラで紹介しているポートフォリオ用の高品質なテンプレートを活用するのも有効な方法です。

作品のメイキングを載せてみる

©HaruKa、©音夢、@鳥栖もも

完成したイラスト単体を掲載するのも素敵ですが、メイキングを掲載してみるのも効果的です。
特に気合の入った作品にはメイキングを追加して、より深く作品解説すると説得力が倍増しますよ。

アイディアノート的な見せ方も面白いです
完成作品ができるまでに様々なアイディアが出ますよね。
A案、B案、C案…と複数案があり、結果としてB案を採用し、完成。
没になった他の案も掲載し、何故採用案に至ったのか経緯を紹介するのも面白いですよ。

三面図や設定資料等を追加

©大澤 楓斗、©HaruKa、©鳥栖もも

キャラクターイラストを掲載する際、メインとなるイラストとは別に3面図やアクションパターン、設定資料等があるとキャラクターをより深く紹介する事ができます。
自身の作品を素材に「設定資料集」を作るような感覚ですね。
ゲーム・マンガ・アニメ好きの方にはたまらないコンテンツです。

デザイン業界の仕事を獲得するには?
ゲームやWebをはじめとしたデザイン業界での仕事を獲得するには就職・転職エージェントに登録し、応募する場合が大半です。リクナビやen転職など、大手サービスを利用されている方が大半ですね。
コチラの記事で大手で公開されていない非公開求人を取り扱っているエージェントを紹介しています。
大手サービスと併用する事で希望する企業への内定獲得率が高まりますよ。
※なお、フリーランス志望の方に必須のエージェントはコチラの記事で解説しています。

作成したキャラや背景を使ってゲームUIを作る

©HaruKa、©宮月あずき、©音夢

ゲーム業界を目指されている方なら、ゲームUIを作成して掲載するのも有効的な手段の一つです。
キャラや背景の作画は出来ても、アイコンや枠、バナーやレイアウト等、イラストの作風に適したUIを制作するには別のスキルが求められます。
画面遷移や制作意図も含めて紹介すると面白いコンテンツが作れますよ。

UI制作について学ぶには?
コチラの記事でゲームUIやWebサイト、アプリ画面のデザイン等、UI制作に特化したスクールを紹介しています。最初から独学だとロードマップが分からず、途中で挫折する可能性が極めて高いのでオススメはできません。
プロからUIやデザインを学び、基礎を身に付けてから独学に移行する方法を推奨します。

版権イラスト・ファンアート

©鳥栖もも、©音夢

版権イラストやファンアートは最後の方に載せておくのがオススメです。
メインはオリジナル作品、版権やファンアートは最後の方に載せるのがよくあるパターンです。
なお、版権メインの方はこの並びに囚われる必要はありません。

模写の立ち位置
模写は画力を向上させる上で効果的なトレーニング方法の一つです。
ただ、自身の作品として掲載するには厳しいですよね。同じ構図、同じ色の元作品があるので。
もし掲載する場合は模写トレーニングの旨を必ず記載しておきましょう。

ゲーム業界に必須のデッサン

©音夢、©宮月あずき、©大澤 楓斗

基礎画力や空間把握力、要は「モノを見る力」を量る指標の一つであるデッサンを載せておく事で、選考者にとって「より親切なポートフォリオ」にできます。
特にゲーム業界やCG業界など、高い作画力を求められる業界ではデッサン必須の会社が多いです。
スキャンしたら必ずPhotoshop等で補正しておきましょう。

Webデザイナーにおけるデッサンの重要性
なお、Webデザイナー志望の場合はそこまで高いデッサン力は求められません。
品質の高いデッサンなら載せておくべきですが、無理して描いた微妙なデッサンは作品集全体の品質を低下させる恐れがあるので…除外しておいた方が得策かもしれません。
どうしても載せたい方は対象物を撮影し、グレースケールに変換、形状をトレース後にトーンは模写。
デッサン力の向上に繋がりにくいですが、デッサン力が無い方でもそれなりに形にできます。

クロッキーも併せて掲載しておくと親切

©宮月あずき、©HaruKa、©大澤 楓斗

デッサンだけでなく、クロッキーも掲載しておくと効果的です。
クロッキーを掲載する事で、対象物の形状を素早く正確に捉える力をアピール。

モチーフは人体、手足、動物などが一般的、大まかな描画時間も併せて載せておくとより親切ですよ。
スキャンしたままの状態でなく、必ずPhotoshop等で補正してから掲載しましょう。

デッサンとクロッキーは作品集の最後に2P~4P程度でまとめるパターンが多いです。

ポートフォリオを初めて作られる方
今からポートフォリオを初めて作られたい方は左記コンテンツも併せてチェック!
ポートフォリオ制作の具体的な段取りを解説しています。
ポートフォリオの紹介にご協力いただいた方々
宮月あずき さん
・HaruKa さん
・大澤 楓斗 さん
音夢 さん
鳥栖もも さん
素敵なポートフォリオ、ありがとうございました!

超高品質なポートフォリオテンプレート

紙媒体のポートフォリオの品質を手っ取り早く高める為にはどうすればよいか?
高品質なテンプレートを使うと圧倒的短時間で品質向上が実現します。

行き詰っている方、根底から変えたい方はテンプレートを元にオリジナルの要素を追加し、オリジナリティを付与するスタイルをぜひ一度試してみて下さい。

全て商用利用が可能な高品質テンプレートばかり。
今まで意識しなかった多くの「気づき」に出会えますよ。

#01 Pink Portfolio Layout

ピンク系のキレイ目カワイイ風ポートフォリオ用テンプレートです。InDesign形式なので文字と画像の差し替えが超楽!
2時間あればポートフォリオが作れます。
InDesignを未導入の方はAdobe公式サイトから入手しておきましょう。

ダウンロードする

#02 Black and White Product Catalog Layout

イラストが映える白を基調とした汎用的なポートフォリオ用テンプレートです。
A4サイズのInDesign形式。
Illustratorで作るよりInDesignの方が効率的にポートフォリオが作れます。

ダウンロードする

#03 Portfolio Layout with Yellow Accents

黄色が鮮やかでキレイなポートフォリオテンプレートです。
爽やかな画風のイラストにもピッタリ!
クセが無く、非常に扱いやすそうなテンプレートですね。

ダウンロードする

#04 Portfolio Template in Pale Green and Mint

収録されているレイアウトパターンが非常に豊富なポートフォリオ用テンプレートです。
コレなら作品を大きく見せる、制作過程を見せる、複数見せる、横長作品を画面内に綺麗に収める等、どんなパターンにも当てはめる事ができるでしょう。

ダウンロードする

#05 Minimalist Portfolio Layout

表紙には必ずメインビジュアルを入れないとダメか?そんな事はありません。
単色に文字だけで構成した表紙も素敵です。
ページ中身のレイアウトパターンも豊富、あえて表紙をシンプルにする手法もアリですよね。

ダウンロードする

紹介しきれなかったポートフォリオテンプレートや素材
上記のテンプレートはほんの一部。
下記リンクで多数の高品質なポートフォリオテンプレートを紹介しています!

おわりに

以上、現役学生さんのポートフォリオの作例についてでした。
見ごたえのある作品集ばかり、作り手の想いが伝わってくるポートフォリオは本当に素敵です。


ポートフォリオを作るのは大変&難しいですよね。
ぶっちゃけポートフォリオに正解・不正解はありません。

Aさんの見せ方をBさんが真似をしても合わないかもしれません。
セオリー通りの構成が必ずしも良い訳でも無いし、他者から意見を聞いても人によって意見がまちまち、どの意見が正しいのか分からない、等。


作り始めはテンプレートや他者の作品集などを参考にすると良いでしょう。
第1弾の段階では他者の意見などを取り入れ、ブラッシュアップをします。

第2弾、第3弾…とバージョンアップを進めていくと自身の世界観がポートフォリオに反映されてきます。
その段階では他人の意見や資料は補足程度、自身のセンスを信じて突き進みましょう。


ではまた!

ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!