fantiaはじめました!無料素材やAI、PSDを配布中です。

【Photoshop】フォトショの調整レイヤーの使い方と写真補正の方法

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

調整レイヤーとは?

調整レイヤーを画像の上に追加することで、画像を直接編集せずに色調補正をする機能です。
色味、明るさ・コントラスト、彩度など、様々な調整をする調整レイヤーがあります。

では早速始めていきましょう!

調整レイヤーの追加方法

レイヤーパネル下部のアイコンから様々な調整レイヤーを追加することができます。
「明るさ・コントラスト」、「レベル補正」、「トーンカーブ」、「色相・彩度」あたりはよく使う調整レイヤーの機能です。

調整レイヤーを使った補正の例

調整レイヤーを使う事によって写真の補正等を行う事ができます。
上のサンプル画像は調整レイヤーを使って暗くて褪せた色味の写真を明るく鮮やかな色味に変更したものです。

他にも例えば…

  • 写真のコントラストを高くしたり低くしたり
  • 露光量を変えてみたり
  • 白黒写真やモノクロ写真にしたり
  • セピア調の写真に色を変えてみたり
  • 色を反転させてホラーな表現にしたり
  • 色の数を減らして写真をアニメっぽい見た目にしたり

等、他にも色々と挙げられますが調整レイヤーで写真や画像に様々な加工を加えることができます。

調整レイヤーを使う利点

写真の色を補正する方法は調整レイヤー以外にも画面上部の [ イメージ ] → [ 色調補正 ] から行う事ができます。
しかし調整レイヤーを使った補正が便利です。

ラスター画像の場合「イメージ→色調補正」は直せない

ラスター画像に [ イメージ ] → [ 色調補正 ] を行ってから保存し、「やっぱり元に戻そう」となった場合は元に戻せません。
元画像を直接編集してしまうからです。

スマートオブジェクトとラスター画像の違いはコチラの記事を参考にしてください。

調整レイヤーだと元画像を編集せずに補正が可能

反面、調整レイヤーを使うと元画像を編集せずに補正ができるので、調整レイヤーを非表示または削除するだけで元画像に戻すことができます。
MEMO
調整レイヤーにマスクを付与したり透明を変更する事で調整の度合いを0~100%で変更できるので、調整レイヤーを使う方がさらに細かい設定が可能です。
スマートオブジェクトに [ イメージ ] → [ 色調補正 ] を行うよりも調整レイヤーを使う事を圧倒的にオススメします。

調整レイヤーを使って写真を明るく補正してみる

よく行う写真補正の例として、暗く色褪せた写真を明るく鮮やかに調整してみたいと思います。

チーズケーキの写真です。美味しそうですが少し写真の色が悪いですよね。
この画像を例に調整レイヤーを触ってみます。

まずはざっくりと使い方の流れを解説します。
STEP.1
レベル補正の調整レイヤーを追加
写真レイヤーの上に [ レベル補正 ] の調整レイヤーを追加します。
STEP.2
属性パネルからレベル補正を調整
属性パネルの設定を調整します。
右端のスライダーを左に動かすと明るく、左端のスライダーを右に動かすと暗く、中間のスライダーで中間色の明るさを調整します。
STEP.3
色相・彩度の調整レイヤーを追加
次に [ 色相・彩度 ] の調整レイヤーを追加します。
STEP.4
属性パネルから色相・彩度を調整
属性パネルの彩度を調整して鮮やかにします。
FINISH
完成
完成、簡単に写真の補正ができました。

特定のレイヤーだけに調整レイヤーを適用させる方法

初期設定のまま調整レイヤーを追加すると、調整レイヤー以下の全てのレイヤーに対して「調整レイヤー」の設定内容が反映されてしまいます。
上図のように白黒を使ってコーヒー画像のみ白黒にしたい場合、ケーキの画像も一緒に白黒になってしまいます。

属性パネル下部の囲っているボタン [ この色調補正はレイヤーにクリップされます ] をクリックすると、調整レイヤー直下のレイヤーのみに対して調整レイヤーが適用されるようになります。

コーヒー画像のみ白黒にできました。複数の画像を扱っている場合はこの機能を使って管理すると便利です。

MEMO
「べた塗り」、「グラデーションで塗りつぶし」、「パターンで塗りつぶし」にはこのボタンがありません。マスクで適用範囲を作って対応しましょう。

各種調整レイヤーをサンプルを例に解説

べた塗り

ベタ塗りを追加します。画面全体にベタ塗りが適用されるので、マスクで適用エリアを指定する必要があります。

グラデーションで塗りつぶし

グラデーションを追加します。画面全体にグラデーションが適用されるので、マスクで適用エリアを指定する必要があります。

パターンで塗りつぶし

パターンを追加します。画面全体にパターンが適用されるので、マスクで適用エリアを指定する必要があります。

明るさ・コントラスト

明るさ・コントラストを変更できます。

レベル補正

レベル補正で画像を明るくしたり暗くすることができます。
暗い写真、強弱の弱い写真を補正するのに使えます。

トーンカーブ

ちょっと扱いが難しいですが、使い方を知ると格段に色調補正に幅が増えます。
トーンカーブをS字のように描くと「明るい個所はより明るく」「暗い個所はより暗い」コントラストの強い絵になります。

露光量

画像の光量を調整します。
露出オーバーは明るくなりすぎて白飛びした写真に、露出不足の場合は写真が暗くなります。

自然な彩度

彩度を自然な感じに補正してくれます。

色相・彩度

画像の色相、彩度を調整します。
写真を黄色っぽくちょうせいしたり彩度を高めたり彩度を低くしたり調整できます。

カラーバランス

写真のカラーバランスを調整します。
全体の色味を赤っぽくしたり青っぽくしたり調整できます。

白黒

画像を白黒にできます。
[ 色相・彩度 ] の彩度を無くしても白黒画像にできます。

レンズフィルター

レンズフィルターを追加できます。
黄色っぽい色味にしたり青っぽい色味にしたりできます。フィルターの色は自由に変えられます。

チャンネルミキサー

色を要素ごとに分けて細かい調整ができます。

カラールックアップ

カラールックアップを使うと写真の印象を少し変えたり、大胆に変えたりすることができます。

階調の反転

画像の諧調を反転させることができます。
トーンカーブを逆にしても諧調を反転できます。

ホラー表現とかに使えますよ。

ポスタリゼーション

ポスタリゼーションを使うと色の数を減らすことができます。

2 階調化

画像を白と黒の二色のみの2諧調画像にすることができます。

グラデーションマップ

グラデーションマップを使うと画像の明暗を、設定したグラデーションの色に置き換えることができます。グラデーションマップのマップとは「マッピング」の略称で「割り当てる」を意味します。

特定色域の選択

特定色域の選択を使うと、画像の部分的な彩度の補正等を簡単に行えます。
「トーンカーブ」と同様、使用頻度が高い機能の一つです。

まとめ

以上、調整レイヤーの解説と基本的な使い方でした。

画像補正をする際は調整レイヤーを使って補正すると、再調整が容易に、かつマスキングで調整を適用したい場所を限定する事ができます。イメージメニューの調整を使うよりも、調整レイヤーを活用するとより効率的に画像補正が行えます。

ではまた!

Photoshopを最安で導入するには

Photoshop(フォトショップ)を持っていない方は、下記から最安値で購入できます。
各種通販サイト等で取り扱われていますが、結局Adobe公式サイトが最安値かつ安全です。

オススメはコンプリートプラン

単品よりも圧倒的にお得で便利なCreative Cloudコンプリートプランがオススメです。
アプリ単体を2つ3つ使うと費用がコンプリートプランと同等かそれ以上になります。

制作はPhotoshop、Illustrator、Lightroom、InDesign、Acrobat、etc…複数のアプリを使い分けながら作る事が多いです。
Photoshopで作業をしている際に「Illustratorなら効率的に作れるのに…」、「完成したデザインをPDFで複数ページに冊子形式にしたいなぁ…」という事は頻繁にあります。
なのでデザイナーにとって最低限Photoshop、Illustrator、Acrobatは必要です。

それならいっそ初めからコンプリートプラン を選択する方が断然便利でお得ですよ。

学生・教職員なら

学生や教職員の方にオススメなのが
65%OFFはデカイですね!
アプリ1本分の価格で全てが使えます。

Photoshop単品ならフォトプランが最安

Photoshopを使うならAdobe公式の フォトプラン が一番お得です。
Photoshop単体の半分以下の価格で、尚且つLightroomもセットになっているのが嬉しいですね。

アマゾンや他の通販サイトのフォトプランだと、不要なオンラインストレージが付いて倍くらいの価格です。Photoshop自体の最安はAdobe公式サイトの フォトプラン なので気を付けてください。

ゼロフォトもくじ

ゼロから始めるPhotoshopのもくじです。

目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

IllutratorとPhotoshopの使い方をゼロから解説する「ゼロから始めるIllustrator」と「ゼロから始めるPhotoshop」の目次リンクです。
本業が教えるイラレとフォトショ講座の目次は下記からどうぞ。