【デザイン学生必見!】ポートフォリオをゼロから作ろう!

【InDesign】ポートフォリオ用のテンプレートを編集する方法forインデザ初心者

InDesign(インデザイン)用のポートフォリオテンプレートを編集し、オリジナルポートフォリオを簡単に作成する方法を徹底解説します。

ポートフォリオとはデザイナーの就職活動や仕事を獲得するために必要なツールです。
故に制作には時間と手間がかかります。

そんな手のかかるポートフォリオを超短時間で作ることが可能!
インデザイン初心者の方でも安心して作れる内容ですよ。

どんなポートフォリオが作れるの?

上記のようなポートフォリオが誰でも簡単に短時間で作れます。

今回のサンプル制作に費やした時間は約30分、ボリュームは20ページ。
不慣れな方がゼロから作ると非常に時間が掛かりますが、ポートフォリオテンプレートを活用すれば一瞬!

今回使用するポートフォリオテンプレートはPortfolio Layout with Gray Accentsです。

A4サイズ、24ページ、CMYKカラー
いわゆる「典型的な就活用のポートフォリオ」に最適な形式で作られた汎用性抜群のテンプレートです。

デザインのカスタマイズがしやすい作りで、インデザイン初心者の方にもオススメです。

テンプレを使ってポートフォリオを作る

それでは実際にテンプレートを活用して超高速でポートフォリオを作ってみましょう。
テンプレートの編集にはInDesign(インデザイン)が必要です。
未導入の方は事前にInDesign公式サイトから入手しておきましょう。

テンプレートを編集する

ポートフォリオテンプレートをダウンロードし、具体的なInDesignの操作方法を解説します。
インデザインはあまり一般的ではないソフトウェアですが、ポートフォリオ制作では最強の味方です。
是非使いこなせるようになりましょう!

STEP.1
テンプレートを開く
InDesignでポートフォリオテンプレートを開きます。

当記事で使用するテンプレートはPortfolio Layout with Gray Accentsです。
フォントはFutura PTが使われています。
無い場合はAdobeFontsから無料でダウンロード可能。

AdobeFontsの Futura PT にアクセスし、[ フォントをアクティベート ] 内のトグルボタンをONにし、アクティベートしておきましょう。
STEP.2
画像を差し替える
ポートフォリオテンプレートには画像ではなく、画像を入れるためのフレームが配置されています。
フレーム上に画像をドラッグ&ドロップすると簡単に配置可能。
JPEG画像やPSD画像など、お好きな形式で。

フレームからはみ出す部分は自動的にマスクされます。

画像のサイズ変更や移動は [ ダイレクト選択ツール ] で行いましょう。左のツールパネルに [ ダイレクト選択ツール ] がありますが、よく使うのでショートカットの [ A ] がオススメです。

画像をクリックすると表示されるバウンディングボックスを変形・移動させましょう。
ポートフォリオのindtファイルと掲載したい画像は同じフォルダにまとめておきましょう。

別の場所だとリンクが切れた際に訳が分からなくなります。
[ Shift + W ] でプレゼンテーションモードにできます。

編集用のガイド類を全て非表示にし、仕上がりイメージがモニタ上でサクッと確認できるので便利!

たまにプレゼンテーションモードで確認しましょう。
PSDファイル等をリンクを配置し、元のPSDを編集したらリンクファイルを更新しましょう。

[ リンクパネル ] に左図の表記が追加されます。
[ 更新済み、更新する場合はダブルクリックしてください ] をクリックすると最新情報に更新されます。
画面操作のショートカット
[ Space ] を押しっぱなしにしてドラッグすると画面の移動ができます。編集したいページに移動して画像、文字を変更します。
[ Ctrl + Alt + Space + マウスのホイール ] で画面の拡大・縮小ができます。
※Macは [ Command + Option + Space + マウスのホイール ]
STEP.3
文字を編集する
文字を編集しましょう。
画面左のツールパネルから [ 横組み文字ツール ] を選択します。
編集したい文字オブジェクト上をクリックし、文字編集を実行。

入力後は [ Ctrl ] (Mac:Command) を押しながら画面上の何もない個所をクリック。
すると文字編集モードが終了します。

Basil HailwardをS.Design.Laboに変更しました。
同じ要領で他の文字も差し替えましょう。
英文はFutura PTで問題ありませんが、日本語を使いたい場合は日本語フォントを変更しましょう。

サンプルは本文のフォントを 源ノ角ゴシック に変更。
Adobe Fontsから無料で入手できます。
トグルボタンをクリックしてアクティベートしましょう。
日本語にするとフォントサイズが少し大きくなります。

必ずサイズ調整をしましょう。
大きすぎる本文はイマイチですよ。

サンプルは文字サイズを8ptに設定しています。
STEP.4
ページを編集する
使用しているポートフォリオテンプレートのPortfolio Layout with Gray Accentsは全部で24ページ収録されています。

作品点数が少ない場合はページを削除し、調整しましょう。

[ ページパネル ] を表示させます。
無い場合は [ ウィンドウ ] → [ ページ ] で表示できます。
[ 不要なページをクリック ] → [ 右下のゴミ箱アイコンをクリック ] 
※ [ 右クリック ] → [ ページを削除 ] でも可。

複数ページを削除する場合は [ Ctrl (MacはCommand) を押しながら複数ページをクリック ] → [ 削除

ページの複製・新規追加もできます。
ページの並び順も変更可能
ドラッグ&ドロップでページの並び順を簡単に変えられます。
また、ページをダブルクリックすると該当ページにジャンプします。
[ ページパネル ] はよく使うので常に表示させておくと便利ですよ。
FINISH
編集完了
画像や文字の差し替え、ページの編集が完了したら元データの完成です。

最後に画面左下に緑色で [ エラーなし ] が表示されていることを確認しましょう。

もし赤色で [ エラー ] が表示されている場合、ダブルクリックすると [ プリフライト ] が開きます。
エラーの詳細が記載されているので修正しましょう。
27インチモニタなら原寸表示が可能
モニタサイズが27インチあれば編集画面で原寸表示が可能です。サンプルはDELLのS2722QC、お手頃価格で4K解像度の綺麗な映りを体験できます。
拡大率113.5%でほぼA4原寸サイズ。
文字や画像、余白のサイズなどの仕上がりイメージを明確に把握しながら編集できるので効率的にポートフォリオ制作が行えます。

印刷設定と印刷

作成したポートフォリオの印刷を行いましょう。
印刷する事で文字や余白の大きさ、印刷後の色味などが確認できます。
レイアウトチェックはある程度ポートフォリオが完成した段階で適宜行うと効率的に進められますよ。

STEP.1
プリントを開く
[ Ctrl + P ] (Mac:Command + P) を押してプリントを開きます。

印刷前に下部の [ プリンター ] をクリックしてプリンターの印刷品質とフチなし印刷の設定を行います。
STEP.2
プリンターの設定
[ 詳細設定 ] をクリックし、プリンターの設定を開きます。
サンプルはエプソンの激安プリンターEW-052Aです。
用紙サイズ:A4
[ フチなし ] にチェック
印刷方向:縦
用紙種類:用紙に合わせる(サンプルはEPSON写真用紙)
印刷品質:きれい

※CANONやその他メーカーで設定項目は変わります。

上記設定ができたら [ OK ] をクリックします。
フチなしの意味
[ フチなし ] にチェックを入れずに印刷すると、用紙の周囲に印刷されない白い枠ができます。
あらかじめマージンがある場合は問題ありませんが、全面にグラフィックを配置している場合は見栄えが悪くなるので注意が必要。
FINISH
プリントをする
[ すべて ] にチェックを入れて全ページ印刷します。

仮に4、5ページだけ印刷したい場合は [ 範囲 ] にチェックを入れて [ 4,5 ] と入力
4~8、10、12ページだけ印刷したい場合は [ 4-8,10,12 ]
など、印刷範囲を指定する事もできます。

最後に右下の [ プリント ] をクリックしたら完了です。
印刷されるのを待ちましょう。

印刷後はファイリングしたら出来上がり!
ノンブル(ページ番号)が不要の場合は?
ページ最下部のノンブル(ページ番号)が不要な方は、レイヤーパネルの [ Master ] を非表示にしましょう。

PDFに書き出し

印刷したポートフォリオだけでなくPDF化しておくと、Webやメール添付でポートフォリオを見せる事ができます。印刷と違って紙代・インク代の必要が無く、作り手の懐に優しい形式です。
書類選考の段階ではPDFで、実際に対面での面接時に印刷したポートフォリオで臨む場合が多いですよ。

STEP.1
PDF書き出しプリセットを設定
[ ファイル ] → [ PDF書き出しプリセット ]

すると中に
[ 定義 ] 、[ PDF/X-1a2001(日本) ] 、[ PDF/X-3a2002(日本) ] 、[ PDF/X-4a2008(日本) ] 、[ プレス品質 ] 、[ プレス品質 ] 、[ 最小ファイルサイズ ] 、[ 高品質印刷 ]
の7種類があります。

サンプルは [ 高品質印刷 ] を選択しました。
必要に合わせて選択してください。
STEP.2
保存する
名前を付けて保存したい場所を選択します。
最後に右下の [ 保存 ] をクリック。

以上でPDFへの保存が完了しました。
STEP.3
Acrobatで確認
Acrobatで書き出したPDFを確認してみましょう。

PDFの閲覧だけならAcrobat Reader DCで行えますが、PDFを編集する場合はAcrobat Pro DCが必要。
Adobe公式サイトから入手しておきましょう。
Acrobatの初期設定は見開きではなく、単ページで表示されます。
冊子と違う見え方なのでイメージがしにくいですよね。

[ 表示 ] → [ ページ表示 ] → [ 見開きページ表示 ] と [ 見開きページ表示で表紙を表示 ] にチェックを入れます。
すると印刷してファイリングしたポートフォリオのような見え方にできます。

[ Ctrl + H ] (Mac:Command + H) で閲覧モードにして確認してみましょう。
以上で紙面、デジタル両方のポートフォリオが完成しました。

まずは汎用性抜群のテンプレートであるPortfolio Layout with Gray Accentsを活用、その後徐々に自身の色をポートフォリオに追加する作り方が効率的ですよ。

高品質なポートフォリオテンプレート

紙媒体やPDF形式で作成したポートフォリオの品質を手っ取り早く高めるには、高品質なテンプレートの活用が最も効率的かつ効果的です。

商用利用可能で高品質テンプレートばかり厳選!
今まで意識しなかった多くの「気づき」に出会えますよ。

※なお、ポートフォリオ制作はInDesign(インデザイン)を使うのが最も効率的です。
コチラでインデザ初心者の方向けにポートフォリオテンプレートの使い方を詳しく解説しております。

#01 Pink Portfolio Layout

ピンク系のキレイ目カワイイ風ポートフォリオ用テンプレートです。InDesign形式なので文字と画像の差し替えが超楽!
2時間あればポートフォリオが作れます。
編集にはInDesignが必須、未導入の方はInDesign公式サイトから入手しておきましょう。

ダウンロードする

#02 Portfolio Layout with Gray Accents

モノトーン系でどんな作風にも合うポートフォリオ用テンプレートです。イラスト、写真、建築、Web、グッズ…テンプレ選びに迷ったらコレがオススメ!
A4に印刷したポートフォリオ、PDF形式、どちらも短時間で作成可能です。

ダウンロードする

#03 Portfolio Layout with Yellow Accents

黄色が鮮やかでキレイなポートフォリオテンプレートです。
爽やかな画風のイラストにもピッタリ!
クセが無く、ベースデザインとして非常に扱いやすいテンプレートの一つです。

ダウンロードする

#04 Portfolio Template in Pale Green and Mint

収録されているレイアウトパターンが非常に豊富なポートフォリオ用テンプレートです。
作品を大きく見せる、制作過程を見せる、複数見せる、横長作品を画面内に綺麗に収める等、どんなパターンにも当てはめる事が可能ですよ。

ダウンロードする

#05 Minimalist Portfolio Layout

ポートフォリオの表紙には必ずメインビジュアルを入れないとダメか?そんな事はありません。
単色に文字だけで構成した表紙も素敵です。
ページ中身のレイアウトパターンも豊富、あえて表紙をシンプルにする手法もアリですよ。

ダウンロードする

紹介しきれなかったポートフォリオテンプレートや素材
上記のテンプレートはほんの一部。
下記リンクで多数の高品質なポートフォリオテンプレートを紹介しています!

ワンランク上のテンプレート素材

プロが作成した生データを研究する事は重要です。
普段からデザイン業務をされている方にとって自分以外のプロのクリエイターが作成したデータを見る事は日常茶飯事ですが、そうでない方は見る機会がありません。

AdobeStockのテンプレート素材はプロによる高品質な作品ばかり!
全て商用利用可能なので、テキストを変えるだけでそのまま使えます。

制作の手間を格段に軽減してくれるだけでなく、スキルアップの為の教材としても最適ですよ。


デザイン制作の勉強としての導入にオススメの名刺デザイン。
想像だけで作るとイマイチな仕上がりになりがちですが、良質なサンプルを参考に作ると吸収できる情報の質が段違いです。
相手に舐められない名刺テンプレート50選


ロゴ作成とIllustratorの相性は抜群!
ロゴのアイディアやデータの作り方を学習・研究するための良質な教材だらけです。
ハイクオリティなロゴテンプレート50選


例えばクリエイターの就職や転職に必須のポートフォリオ。
プロのテンプレートでレイアウトや余白、文字サイズを簡単に研究可能。内定獲得の可能性が格段にアップします!
厳選!ポートフォリオ用テンプレート34選


ゲームUIの制作は素材制作にはツールの深い知識が必要です。
テンプレートはまさに制作ノウハウの宝庫!
どれも最高の素材ばかりです。
ゲームUIに使えるテンプレート48選


単なる白黒のテキストを高品質なロゴのようなグラフィックにできるエフェクトです。
超短時間で高品質な作品制作をされたい方に超オススメ!
商用利用が可能で高品質なテキストエフェクト50選


継ぎ目が無い高品質な背景素材50選です。
全て商用利用OK!作品の密度を一気に高める事ができる汎用的な素材ばかりです。
商用利用できる高品質なシームレス背景パターン50選


良質な素材をもっと見る
上記で紹介しているテンプレートはごく一部。
下記記事で良質な素材を紹介しております。併せてチェックしてください!

おわりに

以上、InDesign(インデザイン)のテンプレートを活用したポートフォリオ制作についてでした。
Illustrator(イラストレーター)を使ったポートフォリオ制作もアリですが、インデザインなら更に効率的に作成する事ができます。

デザインが不慣れな方、インデザイン初心者の方でも画像と文字を差し替えるだけ!
圧倒的短時間で高品質なポートフォリオが作れますよ。

ポートフォリオ制作にお悩みの方は一度当記事で使用しているPortfolio Layout with Gray Accentsをお試しください。圧倒的速度でポートフォリオが作れますよ。
更に他のポートフォリオテンプレートを確認されたい方はコチラの記事で詳しく紹介しています。

ではまた!

ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!