ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

【Illustrator】ペンツールと線幅ツールを使ったキャラ作成@らきすた

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

こんにちは、「ゼロから始めるIllustrator」略して「ゼロイラ」の講座を始めます。
当Illustrator講座ではトレースのテクニックその②について解説していきたいと思います。

京アニの「らきすた」に登場する「かがみん」をペンツールで作成します。

では早速始めていきましょう!

今回の講座で使う主なツール類
ペンツール、ダイレクト選択ツール、線幅ツール、パスファインダー、分割・拡張

少し複雑なキャラクターをイラレで作成

前回の講座内容の+α的な要素なので、ある程度のイラレ知識がある事を前提で進めます。
基本的なペンツールの使い方、トレースのテクニックは下記で解説しているのでご覧ください。

下絵の準備

まずは下絵を準備して配置します。
ペイントツールやノートのちょっとしたイラストを配置してみるのも良いかもしれません。

「らき☆すた」のかがみん、なっついですね。
あーいまいさんせんっち♪

らき☆すた、ゆるくて面白い作品でした。

「貧乳はステータスだ!希少価値だ!」の名言が生まれましたね。
レンタルで安く見られるので、興味のある方は是非!
あずにゃんにしようか迷ったのですが、めんどくさそうなのでかがみにしました。
題して「たたかうあずにゃん」ってか?

けいおん!なっついですね。
映画もよかったです。

京アニ作品はえぇなぁ~。
イラスト作成に適したソフト
上記のようなイラストはCLIP STUDIO PAINT Photoshopが適しています。
CLIP STUDIO PAINTを使った差分イラストの描き方はコチラで完全解説しています。

線画を作る

Illustratorを導入しましょう
当記事の内容を実践するにはIllustratorが必須です。
まだIllustratorが未導入の方はAdobe公式サイトから入手しておきましょう。
なお、AdobeCCのプランはコチラの記事で徹底解説しています。

フォルダ構成や下絵の配置、トレース用の線の設定といったトレースの下準備は前回のトレーステクニックの記事を参考にしてください。

ペンツールで下絵をトレース

正直メンドクサイですが、ひたすら無心でカチカチします。
カチカチしているとそのうち終わります。

線の太さに強弱を付ける

線の先を補足したり太さに強弱を付ける方法はいくつかあります。
一つ目は線を [ 分割・拡張 ] する方法です。
  1. 線の強弱を付けたいオブジェクトを選択
  2. [ オブジェクト ] → [ 分割・拡張 ] を適用
  3. ダイレクト選択ツールでパスを編集して強弱を付ける

一番自分好みに編集できる方法ですが、それなりに手間がかかります。

線幅ツールについて

入りが細い線や意図的に線の一部を太くしたい場合は [ 線幅ツール(Shift + W) ] で調整する方法があります。
線の設定のまま線幅に強弱が付けられるので [分割・拡張] で行うよりもお手軽です。

線幅ツールの注意点

等倍での利用なら問題ありませんが、拡大・縮小の際に気を付ける必要があります。

線幅ツールで設定を付与した線のオブジェクトを拡大縮小しても線幅ツールの設定は拡大縮小されません。
オブジェクトを縮小すると線がずんぐりしたように見え、オブジェクトを拡大すると線の強弱が弱く見えるようになります。

[ 分割・拡張 ]で解決できますが、一度 [ 分割・拡張 ] を適用すると以前の状態には戻せません。
事前に [ 分割・拡張 ] を適用する前のオブジェクトを別レイヤーか別ファイルでコピーしておくことをおススメします。

線の太さを調整する方法は他にも、均一な線を一旦作成してから [ 分割・拡張 ] を適用し、[ ダイレクト選択ツール (A) ] でアンカーポイントとハンドルを調整して線に強弱を付けることも可能です。

ご自身のやり易い方法で構いません。

塗りを作る

ベースの塗りパーツを作ります。

今回は「線画」と「塗り」は別バーツとして作成します。
レイヤーも「線画レイヤー」と「塗りレイヤー」で分けます。

影の塗りはパスファインダで

基本的には [ パスファインダ ] の機能は [ 分割 ] で事足りるかと思います。
パスファインダの機能はコチラで詳しく解説しています。

分割したいオブジェクトの手前に分割したい線を描きます。
※必ずベースとなるオブジェクトからはみ出すように「線」を描いてください。
分割したいオブジェクト、分割線を選択ツールで選択し、[ パスファインダ ] → [ 分割 ] を適用し、オブジェクトを分割。
ベースの塗りが完成したら「塗り」レイヤーを丸ごと複製します。

複製した塗りを影パーツに改造していきますので、コピー元の塗りレイヤーはロックしておきます。

レイヤー名は変更しておきましょう。
複製した「塗り_影」レイヤのオブジェクトに対して [ パスファインダ ][ 分割 ] を適用します。
形が少し複雑なだけ、使う機能は「分割」のみ。

分割したパーツの影以外は削除、影部分の色を変更すると簡単に影パーツが作成できます。
後はひたすら分割やペンツールを駆使して色を変更したり色を重ねると完成です。
使う機能は非常にシンプルです。

これで一旦キャラのトレースは完了です。

チマチマとペンツールを使って描くのは正直面倒ですが、いつか終わります。
あと数をこなせば必ず手が早くなります。

練習と実践あるのみです!

ポストカードにしてみた

せっかっくなのでポストカードっぽくしました。

なお、ポストカードのテンプレート作成、文字入力、略地図制作に必要な情報を下記で紹介しています。
是非ご覧ください!

素材を活用して作るのもオススメ
全て自作も良いですが、素材を活用し短時間で高品質な作品作りをする事も重要です。
私の愛用してるAdobeStockは写真やイラストはもちろん、AIやPSDのポストカードや名刺、フライヤーの超高クオリティなテンプレートをはじめ、2億点以上の素材があります。
プロでなくてもプロ級の品質が短時間で出せるデザインのチートサービスです。

AIをダウンロード

fantiaでポストカードのAIをダウンロードできます。

fantiaからダウンロード

サンプルAIを編集するにはIllustratorが必要
AIを編集するにはAdobe Illustrator(アドビ イラストレーター)が必須です。 Adobe公式サイトからダウンロードしておきましょう。 Photoshopや他のアドビ製品も使うならコンプリートプランが便利ですが、Illustrator単品はコチラから入手できます。

ワンランク上のテンプレート素材

Illustratorの学習をする上で、プロが作成した生データを研究する事は重要です。
普段からデザイン業務をされている方にとって自分以外のプロのクリエイターが作成したデータを見る事は日常茶飯事ですが、そうでない方は見る機会がありません。

AdobeStockのテンプレート素材はプロによる高品質な作品ばかり!
全て商用利用可能なので、テキストを変えるだけでそのまま使えます。

制作の手間を格段に軽減してくれるだけでなく、スキルアップの為の教材としても最適ですよ。


デザイン制作の勉強としての導入にオススメの名刺デザイン。
想像だけで作るとイマイチな仕上がりになりがちですが、良質なサンプルを参考に作ると吸収できる情報の質が段違いです。
相手に舐められない名刺テンプレート50選


ロゴ作成とIllustratorの相性は抜群!
ロゴのアイディアやデータの作り方を学習・研究するための良質な教材だらけです。
ハイクオリティなロゴテンプレート50選


例えばクリエイターの就職や転職に必須のポートフォリオ。
プロのテンプレートでレイアウトや余白、文字サイズを簡単に研究可能。内定獲得の可能性が格段にアップします!
厳選!ポートフォリオ用テンプレート34選


ゲームUIの制作は素材制作にはツールの深い知識が必要です。
テンプレートはまさに制作ノウハウの宝庫!
どれも最高の素材ばかりです。
ゲームUIに使えるテンプレート48選


単なる白黒のテキストを高品質なロゴのようなグラフィックにできるエフェクトです。
超短時間で高品質な作品制作をされたい方に超オススメ!
商用利用が可能で高品質なテキストエフェクト50選


継ぎ目が無い高品質な背景素材50選です。
全て商用利用OK!作品の密度を一気に高める事ができる汎用的な素材ばかりです。
商用利用できる高品質なシームレス背景パターン50選


良質な素材をもっと見る
上記で紹介しているテンプレートはごく一部。
下記記事で良質な素材を紹介しております。併せてチェックしてください!

おわりに

今回の方法はあくまで一例ですが、上記の内容を押さえておくと手作業によるトレースは大方できます。
後は慣れと根気だけ、数をこなせば必ず上達します!

おつかれさまでした。

そろそろイラレの操作に慣れてきたでしょうか?
次はイラレが得意とする文字の入力の設定について解説していきます。

【Illustrator】イラレの文字ツールの基本的な使い方を詳しく解説【脱初心者】
InDesignは活用されていますか?
Illustratorだけでなく、InDesign(インデザイン)も活用されているでしょうか?
ポートフォリオ制作はイラレよりInDesignの方が効率的に作成できます。
まだInDesignを導入されていない方はAdobe公式サイトから入手できます。
InDesign用の商用利用可能なポートフォリオテンプレート77選はコチラ
ゼロから始めるIllustrator目次

イラレ基本操作

【導入編】ゼロから始めるIllustrator
Adobe Creative Cloudの料金プランやオススメプランを徹底解説
イラレでよく使う機能15選 for 初心者
イラレ全ショートカット一覧
Illustratorとは・DTPの基礎知識
操作画面、新規作成と保存、各種ファイル形式
オブジェクトの作成と選択、構造
イラレの塗りと線について
イラレのカラーモードについて
RGBからCMYKへ変換する方法
整列と分布について徹底解説
オブジェクト重ね順について徹底解説
数値入力によるオブジェクトの作成と操作
レイヤーの概念と操作を分かりやすく徹底解説
オブジェクトの色々なコピペ方法
ペンツールの基本操作とパスの編集
文字ツールの基本的な使い方
文字を装飾する・アピアランスの設定
文字で画像をマスクする
グラデーションツールを極める
メッシュツール・グラデーションメッシュの使い方
ブラシツール・塗りブラシツールの使い方と違い
消しゴムツール・はさみツール・ナイフの使い方
パスファインダーの機能全てを徹底解説
ブレンドツールを使ったオブジェクト作成
回転ツールと回転コピーの使い方
リフレクトツールの使い方
クリッピングマスクの使い方を徹底解説
トンボ(トリムマーク)の設定と塗り足し
ライブトレースを徹底解説
ライブペイントを徹底解説
編集しやすい角丸長方形の作り方
アートボードツールの使い方
パペットワープツールの使い方
リシェイプツールの使い方
線幅ツールを使いこなそう
ワープツールをはじめとした線幅ツールの派生ツール
スライスツールを使った超効率的な画像の書き出し
拡大・縮小ツールの使い方とテクニック
シアーツールの使い方と応用例
自由変形ツールの使い方

イラレ応用操作

数値入力によるオブジェクトの作成と操作
ペンツールを使ったトレースのテクニック①
ペンツールを使ったトレースのテクニック②
アピアランスを使って線を設定・線をデザインする
歯車や花、本など色々な図形を作る方法
イラレで略地図を作る
名刺サイズのレイアウト用紙の作成とガイドの作成
ポートフォリオ用のテンプレート
入稿前にチェックすべき10項目を徹底解説
【鬼滅の刃】炭治郎の耳飾りをイラレで作る方法
ラノベ風ロゴの作り方
アイソメトリック文字の作り方
ニーアオートマタのUI風ポートフォリオ用テーマ
ニーアオートマタのUI風エミールの名刺
大阪の謎「連絡まつ村」のシールを作ってみよう
レース柄やレースリボンブラシの作り方を徹底解説
ラフな手描き風の線にする方法

イラレその他機能

アナログ画材風の無料ブラシ36選
ブラシ素材の登録方法
「最近使用したもの」を非表示にする方法
遠近グリッドを消す方法と基本的な使い方

商用可能なイラレ用素材

商用利用が可能で高品質なテキストエフェクト50選
商用利用が可能で高品質なテキストエフェクト50選 Part.2
商用利用できる高品質な背景パターン50選
商用利用可能な高品質スウォッチ素材50選

ゼロイラの目次一覧
SCROLL
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!