ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

MOTOROLA モトローラ moto g8 を購入&レビュー ホログラムホワイト SIMフリー端末

この記事を読むのに必要な時間は約 19 分です。

MOTOROLA(モトローラ)のmoto g8を購入したので細部までレビューします。
moto g8の購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

AsusのZenfone Max M2のレビューはコチラでしております。

MOTOROLA moto g8のスペック

項目スペック
プラットフォームAndroid™10.0
プロセッサーQualcomm® Snapdragon™ 665
2.0GHz × 4, 1.8GHz ×4   オクタコアCPU
Adreno 610
メインメモリ4GB
内臓ストレージ64GB
外部メディア規格microSD
外部メディア最大容量512GB
ディスプレイ6.4インチ、 1,560 x720 (HD+, 268ppi) 液晶
カメラアウトカメラ:1,600万画素(メイン、f/1.8)+200万画素(マクロ)+800万画素(広角動画118°)、
TOFカメラ、8倍デジタルズーム、LEDフラッシュ
インカメラ:800万画素(f/2.0、ディスプレイフラッシュ)
動画録画フルHD(30fps)、8倍デジタルズーム
サイズ高さ約161.3mm x 幅約75.8mm x 厚さ約8.95mm(最薄部)
質量約188g
バッテリー容量4,000mAh
SIMタイプ:nanoSIM
スロット数:2(DSDV;デュアルSIMデュアルVoLTE)、DSDVにて使用の場合、microSDは使用不可
FMラジオ対応
インターフェースUSB TYPE-C、イヤホンマイクジャック、microSDスロット
センサー指紋認証、加速度計、ジャイロスコープ、近接センサー、環境照度センサー
付属品USB充電器(10W)、USBケーブル、ヘッドセット、カバー、SIM取り出しピン
ネットワーク4G:B1 / B2 / B3 /  B4 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
3G:B1 / B2 / B4 / B5 / B8 / B19(B6含む)
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz
通信機能Wi-Fi:IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth®:Bluetooth® 5.0
NFC:未対応
テザリング:対応

MOTOROLA moto g8の価格

「MOTOROLA(モトローラ) moto g8」の本体価格は22,800円(税込)です。
実売価格は21,000円前後、PayPayとTポイントの還元を考慮するとヤフーショッピングが一番お得です。
(2020年12月情報)

moto g8の対応バンドは?

以下のバンドが対応しています。

4G:B1 / B2 / B3 /  B4 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
3G:B1 / B2 / B4 / B5 / B8 / B19(B6含む)
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz

早い話がドコモ、au、ソフトバンク、格安SIM、どれでも利用可能です。

開封~セットアップ

箱、周辺機器、本体

外箱です。
黒を基調としたカッコいいデザインです。
箱を開けた状態です。
moto g8本体がお目見え。
画面にはフィルムが貼られています。
端末の下に付属品が収められています。
付属品です。
イヤホン、USB TYPE-C、充電器です。
他に取扱説明書、SIMカードスロットを開けるピンが入っています。
moto g8本体です。

端末サイズは大きめです。
男性なら片手で操作できますが、手の小さな女性は両手で操作する必要があります。
その分画面の迫力は抜群!

moto g8本体の裏面です。
ホログラムホワイトなので裏面は真っ白です。

端末の細部をチェック

カメラ部分のアップです。
トリプルカメラで1600万画素、完全にデジカメ要らずです。

ロゴの部分は指紋認証です。

Type-Cのジャックです。
Type-Cは上下の向きを気にせず接続できるのが嬉しいですね。
インカメラ(フロントカメラ)です。
800万画素の解像度です。
実はmoto g8は初めから「シリコンケース」に入った状態です。
別途ケースを買う必要がありません。

間違って買っちまったよ!!!

シリコン製のケースを取った状態です。
薄いのが好きな方はケースを取ってしまいましょう。
傷が気になる方はそのままケース有りで。
SIMカードスロットです。
ピンを差し込んでトレイを出すタイプです。
nanoSIMが入ります。

保護フィルムを貼る

本体のフィルムを剥がした直後に別売のガラスフィルムを貼ります。
傷が付くと悲しくなりますからね。。。
画面を綺麗にするシートやシールが入っています。
今回は新品なので不要です。
シートを剥がしてペタリ。
簡単に貼り付けができました。

起動する

電源ボタンを長押ししてmoto g8を起動します。
OSはandroid。

画面が非常に大きいです。
6.4インチ、 1,560 x720です。

以前レビューしたZenfone Max M2より縦に40px高く、漫画を読むのに良いサイズです。

初回の起動画面は英語です。
言語を日本語に変更して開始します。
ネットワークやアップデート、Googleアカウントへのログイン等を行います。
指紋認証やプライバシーポリシー関連の同意、システムナビゲーションの方法を選択します。
ホーム画面に到達しました。
日本のandroid端末と違って不要なアプリはほぼ入っていない状態、ピュアアンドロイドに近いです。

RAMは4GBあり動作はサクサク、良い感じです。

大型アップデートがあるので早速行います。

他端末とサイズを比較

端末サイズの比較です。
左から順にiPhone6S、moto g8、android Oneです。

見ての通りサイズは大きめです。
ダイナミックに映像やゲームを楽しみたい方にはオススメです。

カメラの性能

適当にぬいぐるみ(ぺんぎん)を撮影。
細部までクッキリです。

カメラ性能は明らかにZenfone Max M2よりも優秀です。

洋ナシもキレイに撮れました。
デジカメ、本当に不要になりましたね。。。
起動も早く、おかずもすぐに撮影できます。

撮影する対象によってAIが自動で判断してくれるので、シャッターを適当に押すだけで綺麗に撮影できます。

おわりに

以上、MOTOROLA (モトローラ)のmoto g8についてでした。

約2万円で購入できるアンドロイド端末の中ではかなり優秀です。
特にカメラの性能が同価格帯の端末と比較して非常に良いです。
特別な知識や技術無しで綺麗に撮影できます。

またRAMは4GB、ストレージは64GBと必要十分の容量です。
動作はサクサク、普通に使う分には十分過ぎるスペックです。

以上、参考になれば幸いです。

ではまた!

【Android端末】ASUS Zenfon Max M2(ZB633KL)を買ったのでレビューをしてみる