ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

【ワードプレス】URLから/wpを消してドメイン直下にする方法【WordPress】

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

WordPress(ワードプレス)をインストールし、初期設定のままだとサイトURLの末尾に「/wp」が付いている事が多いです。

今回はそんな「/wp」を消してドメイン直下に WordPress(ワードプレス) のトップページが表示されるようにする方法について詳しく解説します。

要はこのようなURLの変更が今回の目的
https://sdesignlabo.com/wp

https://sdesignlabo.com

ワードプレスにログインしてから設定画面を開く

WordPress(ワードプレス)にログイン後、左メニューの [ 設定 ] → [ 一般 ] をクリックします。

サイトアドレス(URL)を変更

すると下図のような画面が表示されます。

まず先に、WordPress アドレス (URL)は変更してはいけない

WordPressアドレス(URL)は初心者の方が触ると大変な事になるので先に強調して解説しておきます。

WordPressアドレス(URL)は触っちゃダメ
WordPress アドレス (URL)は変更してはいけません。サイトアドレス(URL)のすぐ上にあるので同じように直したくなるのですが、WordPressアドレス(URL)を変更するとサイトが表示されなくなってしまいます。修正するのに手間がかかるので変更してはいけません。

サイトアドレス(URL)を変更

サイトアドレス(URL)の末尾から「/wp」を削除します。
変更が完了したら画面を一番下へスクロールして「変更を保存」ボタンを押下します。

FTPソフトを起動する

FTPソフトを開き、URLの変更をするサイトに接続します。
オススメのFTPクライアントソフト
「WinSCP」「FFFTP」「FileZilla」等、FTPクライアントソフトは色々とあります。
お好きなソフトウェアを使用してください。
ちなみに私はWinSCPというFTPクライアントソフトを利用しています。

index.phpと.htaccessをダウンロードする

ワードプレスがインストールされている「wp」フォルダ直下にある「.htaccess」と「index.php」をダウンロードします。

デスクトップ等に保存しておきましょう。

※元の場所にあった「index.php」は削除または別名にしておきます。

ダウンロードしたindex.phpを変更

ダウンロードした「index.php」をテキストエディタで開きます。
下図の「/wp-blog-header.php」の前に「/wp」を追加しましょう。

「/wp/wp-blog-header.php」に変更できたら上書き保存をします。

オススメエディタ
私の使用しているテキストエディタはDreamweaverとSublime Text3です。
どちらも超使いやすくてオススメですよ。
DreamweaverはAdobe公式サイトからダウンロードできます。

変更したindex.phpと.htaccessをアップロードする

「htaccess」と変更した「index.php」を「wp」の一つ上の階層にアップロードします。
phpとhtmlの読み込み優先
「index.php」と同じ階層に「index.html」があると「index.html」が優先的に読み込まれますので注意してください。
もしアップロードした階層に、サーバー側であらかじめ用意されている「index.html」がある場合は削除しておきましょう。レンタルサーバーによって内容は異なりますが、「このウェブスペースへは、まだホームページがアップロードされていません。」等が記載されている「index.html」です。

サイトにアクセスして確認

サイトを表示させ、URLをチェックしてみましょう。
URL末尾から「/wp」が消えてスッキリしましたね。

注意
ちゃんと手順を踏んで正しくサイトアドレスを変更しても、稀に記事が編集・追加できなくなる現象が発生します。あと記事の画面上部にある管理画面バーが表示されなくなる事が発生したり。
もしそうなったら焦らず、一度ワードプレスからログアウトし、再度ログインすると直ります。
念の為に [ Ctrl + F5 ] でキャッシュクリアもしておきましょう。

安全性を取るならプロに依頼

先に紹介した方法を慣れていない方が行うと、最悪下記のような現象に繋がります。

  • リダイレクトに失敗し、SEO評価を落としてしまう
  • サイトが表示されなくなる
  • サイトのデータが消滅する

…ゾッとしますね。。
少しでも不安がある方はプロに依頼しましょう。

「サイトの引っ越し屋さん」は低価格で万が一の時の賠償責任保証も付いています。

ワードプレスのエキスパートなので安心できます。
大量のページでも、納期に余裕を持たせたら急ぎの1/3程度の料金になるのでお得です。

ブログを作るのは時間と労力がかかります。
もし1記事3時間なら100記事で300時間。
すごい時間ですね、時給1000円なら30万円ですよ。

私も昔、慣れない引っ越し作業の際にミスって面倒な事になった事があります。。

よく分からないまま作業を行い、心血注いだブログがダメになるリスクを考えたら…
プロである「サイトの引っ越し屋さん」に依頼する方が圧倒的に賢いですよ。

「サイトの引っ越し屋さん」公式サイト

Web制作・プログラミングを学ぶ

さらにWEB制作やプログラミングについて学習したい方・転職を目指されている方は、エンジニア養成スクールやWebデザインスクールで集中的に学ぶと効率的かつ確実です。

独学だと初期段階でつまづき嫌になってしまう事も多々あります。
スクールだと現役のプロによる手厚いサポートで安心して最新のWeb開発について学ぶことができます。

下記で多くのスクールの中から講師の質・授業カリキュラムの質・転職成功率が高く、本当に受講する価値のあるスクールのみ厳選して紹介しておりますので是非ご覧ください。

まとめ

以上でURL末尾から「/wp」を消す方法でした。

手順自体はそんなに難しく無いのですが、間違えてWordPressアドレス(URL)を変更すると面倒な事になるので注意が必要です。
また、サイトアドレス変更後に記事の追加・編集ができなくなったり管理画面バーが表示されなくなる事が稀にあるので、焦らずにログアウトし、再度ログインするとあっさりと直ります。

ではまた!