#ex2 ポートフォリオ用のテンプレート

こんにちは、「ゼロから始めるIllustrator」略して「ゼロイラ」の講座#ex2を始めます。

当講座ではポートフォリオに使えるテンプレートの作り方やサンプルを紹介します。

次のページでサンプルのダウンロードができるようにしておりますので、良かったらご活用ください。

ポートフォリオの基本知識

ポートフォリオとは?

ポートフォリオの概要については「ポートフォリオって何?詳しく解説します」で解説しております。

当記事では就活等で使う汎用的な「片面A4縦サイズ、見開きA3横サイズ」のポートフォリオを作る事を前提としています。

なお、Illustratorで作り始める前にポートフォリオ全体の構成を固めておく事をおススメします。

トンボ(トリムマーク)とは?

#11 トンボ(トリムマーク)の設定とレイアウト用紙の作成」で詳しく解説しております。
家庭用プリンターでの印刷を想定している方はトンボ無しで作成してください。

A4プリンターで印刷する事を前提とした場合

家庭用のA4プリンターで印刷するパターンです。

多くのご家庭にあるプリンターでサクッと印刷して作成、一番お手軽に印刷できます。
外部に出力依頼するのが一番綺麗ですが、それなりに費用と時間が発生するので個人的には家庭用プリンターで十分かと思います。

簡易的なレイアウトのサンプルを掲載しておりますので活用いただければと存じます。

用紙サイズ

A4サイズ(210mm x 297mm)で設定します。

トンボ

A4プリンター用にA4原寸で作成するのでトンボは不要です。
印刷時はフチなし印刷の設定で印刷を行います。

マージン(余白)

15mm程度の余白を持たせると良い感じになります。
余白のサイズは15mmにこだわる必要は無いのでお好みでサイズは調整してください。

色モード

印刷を想定しているのでCMYKモードにしておきます。

レイアウトのサンプル

作品紹介ページのレイアウト例です。

タイトルや作品コメント等を掲載する作品情報エリア、作品掲載エリアのレイアウト例です。

1カラム、2カラム、3カラムで作品を掲載、またページによってページ全体に作品を載せたりして強弱を付けながら掲載すると面白くなります。

AIファイルは下記からダウンロードできます。

Illutratorを導入するには

Illustrator(イラストレーター)を持っていない方は、下記から購入する事ができます。
断然オンラインコード形式がオススメ、購入したらすぐにダウンロード&使用可能です。

学生の方や教職員の方なら断然学割価格コンプリートプランがオススメです!
公式サイトよりも安く買うことができます。
Illutratorをはじめ、Photoshop等の様々なアドビ製品をお得に始める方にピッタリですよ。
12か月間使い倒しましょう!
上記以外の方は一般向けのコンプリートプランが最安値です。
Illutrator単品ならAdobe Illustrator CC|12か月版|パッケージ(カード)コード版があります。
Illutratorで自身の発想をドンドンビジュアル化し、デザイン制作を通して人生を大いに楽しみましょう!

コチラの記事Illustratorを最安で買う方法Illustratorの導入手順を解説しております。

最新情報をチェックしよう!