【デザイン学生必見!】ポートフォリオをゼロから作ろう!

PDF版ポートフォリオの書き出し方【Illustrator,InDesign,Photoshop】

作成したポートフォリオを効率的にPDF化する方法を解説します。

デザイン系の就活に必須であるポートフォリオ。
紙のポートフォリオを少ない手数で効率的にデジタル媒体向けのPDFにできますよ。

InDesign、Illustrator、Photoshop、3つのソフトでのPDF化を初心者の方に分かりやすく説明いたします!

PDF版と紙の両方を作ろう

デザイン系学生の就職活動やデザイナーの転職活動に必須となるポートフォリオ。
大きく分けて紙媒体とデジタル媒体の2つが存在します。

それら2つの媒体で作られたポートフォリオは下記パターンで使われる事が多いです。

  1. まずは希望する企業に履歴書とポートフォリオのデータを添えて応募
  2. 1次を通過後、対面での面接の際に紙のポートフォリオを活用

どちらもデジタル媒体で構わないと言えば構わないのですが、やはり紙のポートフォリオは「モノとしての説得力」が非常に強いです。
対面での面接で特に紙のポートフォリオは威力を発揮しますよ。

ポートフォリオを作成する

まずはポートフォリオを作成しましょう。
紙ベースのポートフォリオを作成後、デジタル媒体用にPDFを書き出す手順だと楽です。

なおポートフォリオの作り方はコチラの記事で、ポートフォリオ制作を超爆速で完了させられるテンプレートはコチラの記事で解説しています。

InDesignのポートフォリオをPDF化

ポートフォリオを最も効率的に作れるツールがInDesign(インデザイン)です。
PDFへの書き出しも超簡単!

InDesingを導入しましょう
当記事の内容を実践するにはInDesign(インデザイン)が必須です。
未導入の方はInDesign公式サイトでダウンロードしておきましょう。(7日間の無料体験が可能)
なお、AdobeCCのプランはコチラの記事で徹底解説しています。
STEP.1
PDF書き出しプリセットを設定
今回ポートフォリオテンプレートはPortfolio Layout with Gray Accentsを利用しました。

[ ファイル ] → [ PDF書き出しプリセット ]

[ 定義 ] 、[ PDF/X-1a2001(日本) ] 、[ PDF/X-3a2002(日本) ] 、[ PDF/X-4a2008(日本) ] 、[ プレス品質 ] 、[ プレス品質 ] 、[ 最小ファイルサイズ ] 、[ 高品質印刷 ] の7種類があります。

サンプルは [ 高品質印刷 ] を選択しました。
メール添付なら [ 最小ファイルサイズ ] で問題ありません。
必要に応じて選択してください。
STEP.2
保存する
[ 一般 ] の設定を行います。
基本的には左図の初期設定のままでOKです。
[ 圧縮 ] の設定を行います。
コチラも左図の初期設定のままでOK。
[ トンボと裁ち落とし ] の設定を行います。

[ すべてのトンボとページ情報を書き出す ] のチェックを外しましょう。
[ ドキュメントの裁ち落とし設定を使用 ] のチェックも外します。
裁ち落としは全て0mmに変更。
[ 色分解 ] と [ 詳細 ] は初期設定のままでOKです。

[ セキュリティ ] でPDFにパスワード設定ができます。
必要に応じて [ ドキュメントを開くときにパスワードが必要 ] に入れ、パスワードの設定をしてください。

最後に右下の [ 書き出し ] をクリックしたら完了です。
STEP.3
Acrobatで確認
Acrobatで書き出したPDFを確認してみましょう。

PDFの閲覧だけならAcrobat Reader DCで行えますが、PDFを編集する場合はAcrobat Pro DCが必要。
AcrobatPro公式サイトから入手しておきましょう。
Acrobatの初期設定は見開きではなく、単ページで表示されます。
冊子と違う見え方なのでイメージがしにくいですよね。

[ 表示 ] → [ ページ表示 ] → [ 見開きページ表示 ] と [ 見開きページ表示で表紙を表示 ] にチェックを入れます。
すると印刷してファイリングしたポートフォリオのような見え方にできます。

[ Ctrl + H ] (Macは [ Command + H ] )で閲覧モードにして確認してみましょう。
以上で紙面、デジタル両方のポートフォリオが完成しました。

まずは汎用性抜群のテンプレートであるPortfolio Layout with Gray Accentsを活用、その後徐々に自身の色をポートフォリオに追加する作り方が効率的ですよ。
PDF書き出しは編集可能
上記はInDesignのPDF化で最も楽な書き出し方法です。
ただし閲覧者が文字などのオブジェクトを個別で編集できるPDFです。それが気になる方は [ ファイル ] → [ 書き出し ] → [ JPEG()*.jpg ] で編集できない画像形式で書き出しを行い、AcrobatProDCで単一のPDFに結合しましょう。

IllustratorのポートフォリオをPDF化

多くの方がポートフォリオ制作で利用されているIllustratorをPDF化する方法です。
なお、Illustratorを未導入の方は事前にIllustrator公式サイトから入手しておきましょう。

AIからPDFへ保存

STEP.1
ポートフォリオのAIを開く
Illustratorで対象のポートフォリオAIを開きます。

なお、AI形式で作られた高品質なポートフォリオテンプレートはコチラの記事で解説しています。
ファイル管理を徹底しよう
Illustratorで作成したポートフォリオのAIや画像類は全て同じフォルダにまとめられていますか?バラバラになっているとリンクファイルが行方不明になり、再編集が非常に面倒です。
※事前にページ順が分かるようファイル名は整理しておきましょう。(01_hogehoge.aiなど)
STEP.2
別名で保存
[ ファイル ] → [ 別名で保存 ] をクリックします。
※ショートカットは [ Ctrl + S ] (Macは [ Command + S ] )
[ 別名で保存 ] のダイアログ画面が開きます。
ファイルの種類から [ Adobe PDF (*.PDF) ] を選択し、[ 保存 ] をクリックします。
STEP.3
AdobePDFを保存の設定
一般の設定です。
※Webでの表示を前提としている場合は [ Web表示用に最適化 ] にチェックを入れておきましょう。
圧縮の設定です。
基本的には [ ダウンサンプルしない ] を適用し、オリジナル画質のまま出力。
トンボと裁ち落としの設定です。
トンボは表示させたくないので [ 全てのトンボとページ情報をプリント ] のチェックは外します。
裁ち落としはチェックを外し、0mm設定します。(要は塗り足しを無しに。)

※印刷用のPDFを作成したい場合は上記にチェックを入れ、裁ち落としに3mm設定しましょう。
出力、詳細、セキュリティは初期設定のままでOK。
設定内容は設定した内容一覧が表示されます。

[ PDFを保存 ] をクリックしましょう。
FINISH
単ページの出力が完成
PDF化した単ページのポートフォリオが完成しました。
フォルダでまとめておくと良いでしょう。
PDFのメリット・デメリット
PDFで保存するとIllustratorで編集が可能です。
言い換えると「自分以外のポートフォリオを閲覧する全員が編集できる」という事です。
不特定多数の人が閲覧する事が前提の、編集性の低いPDF版ポートフォリオを作りたい方は [ ファイル ] → [ 書き出し ] → [ 書き出し形式 ] をクリックし、ファイルの種類を [ JPEG ] にしておきましょう。
塗り足しを設定している場合は [ スライスツール ] で原寸サイズに書き出しエリアを作成し、画質を100%にして書き出しするとトリミングせずに画像の書き出しができます。
なお、パスワード保護は次のPDF結合段階で設定できます。

Acrobatで単一のPDFを結合する

先程出力した単ページのPDF、画像ファイルを一つのPDFに結合する方法です。
まるでデジタルの冊子のようなPDFファイルが作成できますよ。

STEP.1
Adobe Acrobat Pro DCを開く
Adobe Acrobat Pro DCを開きます。

※無料のAcrobatDCは閲覧のみ可能で編集・結合はできません。
事前にAcrobatPro公式サイトから入手しておきましょう。
STEP.2
単一のPDFに結合する
画面左上の [ ファイル ] → [ 作成 ] → [ ファイルを単一のPDFに結合 ] をクリックします。
STEP.3
結合したいファイルを選択
結合したい単ページのPDF、または書き出した画像をドラッグ&ドロップで追加します。
ファイル名にページ番号を入れておくとページ順に追加されます。
後からドラッグ&ドロップで並び順は変更できますが、事前にファイル名を整理しておくと楽です。
STEP.4
オプションを設定
[ オプション ] をクリックするとファイルサイズ、その他オプション設定ができます。初期設定では [ デフォルトのファイルサイズ ] に設定されています。

メール添付やWebでの公開を想定されているなら [ 小さいファイルサイズ ] で問題ありません。
印刷用途のPDFなら [ 大きいファイルサイズ ] がオススメ。
FINISH
結合して保存したら完成
右上の [ 結合 ] をクリックすると単一のPDFに結合されます。
[ ファイル ] → [ 名前を付けて保存 ] をクリックします。
※ショートカットは [ Ctrl + Shift + S ] (Macは [ Command + Shift + S ] ) 

保存場所を決め、好きな名前を入れて保存したらPDF版ポートフォリオ結合の完了です。
パスワード保護ができる
ポートフォリオのPDFのセキュリティ性を高める手段に「パスワード保護」が存在します。
不特定多数の方に見られたくない場合はAcrobatProDCの右メニューの [ セキュリティ設定 ] → [ パスワードを使用して保護 ] が表示されるので設定してみましょう。

PhotoshopのポートフォリオをPDF化

Photoshopでポートフォリオを作られている方向けのPDF化手順です。
フォトショップは導入されていますか?未導入の方はフォトプラン公式サイト(月額は最安の1,078円)から入手しておきましょう。

STEP.1
PSDを開く
対象のPSDを開きます。

なお、PSD形式で作られた高品質なポートフォリオテンプレートはコチラの記事で解説しています。
STEP.2
JPEGに書き出す
塗り足しを設定していない場合は [ Alt + Ctrl + S ] →  [ JPEG(*.JPE;*.JPEG;*.JPE) ] を選択して保存したら完了。

塗り足しを設定している場合は [ スライスツール ] で仕上がりサイズの大きさでスライスを作成。
[ Ctrl + Shift + Alt + S ] → [ JPEG ] → [ 最高画質 ] で書き出すと、切り抜きツールでのトリミングが不要です。
FINISH
完成
書き出した画像はフォルダにまとめておくと便利です。

これらの画像を1つのPDFにまとめます。
AcrbatProDCを使った [ ファイルを単一のPDFに結合 ] する方法は先程の手順と同様です。

商用利用可能な高品質テンプレート

商用利用ができる高品質なデザインテンプレートを厳選しました!
制作時間を大幅に短縮でき、尚且つ品質の向上が可能な優秀な素材ばかりです。

制作の手間を格段に軽減してくれるだけでなく、スキルアップの為の教材としても最適ですよ。


例えばクリエイターの就職や転職に必須のポートフォリオ。
プロのテンプレートで美しいレイアウトや余白、文字サイズが一瞬で作成可能。内定獲得の可能性が格段にアップします!
厳選!ポートフォリオ用テンプレート35選


紙素材のポートフォリオだけでなく、デジタル媒体に特化したポートフォリオも作成しておくと就職や仕事を獲得する上で有利です。他者と差をつけてより高みを目指してみませんか?
デジタル媒体向けポートフォリオテンプレ素材35選


デザイン制作を学ぶ導入としてオススメの名刺デザイン。
想像だけで作るとイマイチになりがちですが、良質なテンプレートを元に作るだけで吸収できる情報の質が段違い!
相手に舐められない名刺テンプレート50選


バナーはフォトショップの練習をする上で良質な教材です。
中途半端な素材を参考にせず、高品質なテンプレートを参考にするだけで学習効率が大幅に向上しますよ。
ハイクオリティなバナーテンプレート50選


AI形式で作られた高品質なフライヤーのテンプレート50選です。画像と文字を差し替えるだけ、超短時間でハイクオリティなフライヤーが作成可能!
様々なフライヤーのテンプレート50選


制作物の説得力を高められる高品質なモックアップ素材を厳選しました。ゼロからモックを準備するには膨大な労力が必要ですが、素材を使えば一瞬!
様々なモックアップテンプレート50選


良質な素材をもっと見る
上記で紹介しているテンプレートはごく一部。
下記記事で良質な素材を紹介しております。併せてチェックしてください!

おわりに

以上、InDesign・Illustrator・Photoshopを使ったPDFへの書き出し方法についてでした。

上記方法を使えば簡単にPDFのポートフォリオ制作が可能です。
塗り足しを設定している場合は、あらかじめスライスで書き出し範囲を作っておくと切り抜きの必要はありませんよ。

また全てPDF形式として出力するメリット・デメリット、画像化して単一のPDF化するメリット・デメリットも理解しておきましょう。不特定多数の方に見られる前提のポートフォリオのセキュリティやパクられるリスクを少しでも軽減されたいのであれば画像化がオススメ。

必要に応じでパスワードの追加や証明書による暗号化を追加しておくと、更にセキュアなPDFが作成できますよ。

ではまた!

商用利用可能な高品質素材

ポートフォリオテンプレート

ポートフォリオ用の高品質なテンプレート34選
デジタルポートフォリオ用のテンプレート35選
InDesign形式の高品質なポートフォリオテンプレート77選
AI形式の高品質なポートフォリオテンプレート25選
PSD形式のポートフォリオ用テンプレート12選
【InDesign】 A4横のポートフォリオテンプレート15選
【InDesign】 A4縦のポートフォリオが簡単に作れるテンプレート15選

印刷物のテンプレート

【名刺テンプレート】 高クオリティな名刺テンプレート50選
【名刺Part.2】高品質なミニマルデザインの名刺テンプレート18選
高品質な三つ折りパンフレットのテンプレート76選
【神速チラシデザイン】商用利用可能なフライヤーのテンプレート50選
【イラレ初心者でも自作可】商用可能で高品質なクリスマスカード素材53選
【商用利用可能】高品質な便箋のテンプレート50点を厳選

Web制作にオススメ

高クオリティなロゴのテンプレート50選
高品質なバナーテンプレート50選
Webサイトのデザインカンプ用テンプレート35選

その他のテンプレートや素材

ゲームUIに使える高品質なテンプレート48選
ゲームやイラストの背景素材66選
1枚絵として成立するクオリティの和風背景素材20選
【デザインモックアップ】様々な素材の高品質なモックアップ50選
イラスト初心者の為の便利なテンプレート
【商用OK!】フリーフォントと一味違う超高品質でユニークなフォント20選

最強素材リストの目次一覧
SCROLL
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!