【デザイン学生必見!】ポートフォリオをゼロから作ろう!

【Illustrator】デボス加工風カットアウトの作り方

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

Illustrator(イラストレーター)を使って文字部分が凹んだデボス加工風のカットアウト表現を作る方法をイラレ初心者の方に分かりやすく解説します。

フラットな表現が得意なイラレを使ってリアルなカットアウトの作り方が再現できますよ。

どんな表現ができるの?

上記のようにIllustratorを使ってデボス加工がされたようなカットアウト表現が作れます。
必要なものはイラレのみ!
イラストレータ初心者の方にも再現できるよう、詳しい作り方を徹底解説します!

カットアウトの作り方

STEP.1
文字を入力
Illustratorは導入されていますか?
まだの方は事前にAdobe公式サイトから入手しておきましょう。

[ 文字ツール(T) ] を使って好きな文字を入力します。
太めのフォントが適していますよ。
塗り:好きな色
線:無し

ついでに [ 長方形ツール(M) ] で背景を作成しておきましょう。
STEP.2
アピアランスを開く
[ 選択ツール(V) ] で文字オブジェクトを選択後、[ アピアランス ] を開きます。
※非表示の場合は [ ウィンドウ ] → [ アピアランス ] または [ Shift + F6 ] で表示。

既存の塗りを左図のように文字より上へドラッグ&ドロップ。

塗りの色:#8abaff
不透明度:30%
アピアランスパネル下部の [ 新規効果を追加 ] → [ スタイライズ ] → [ 光彩(内側) ] を適用。
描画モード:通常
色:#8392ff
不透明度:60%
ぼかし3px
さらにアピアランスパネル下部の [ 新規効果を追加 ] → [ ぼかし ] → [ ぼかし(ガウス) ] を適用。

半径:10px
すると左図の状態になります。
ぼやっとした文字になりましたね。
STEP.3
ベースを作成
アピアランスパネル右上の小さなボタンをクリックし、[ 新規塗りを追加 ] を適用します。
新規追加した塗りの配置を左図のように変更しましょう。

塗りの色:#1d77d8
アピアランスパネル下部の [ 新規効果を追加 ] → [ スタイライズ ] → [ 光彩(内側) ] を適用。

描画モード:通常
色:#8392ff
不透明度:60%
ぼかし:3px
すると左図の状態になります。
少し形が見えてきましたね。
STEP.4
濃い落ち影を追加
アピアランスパネル右上の小さなボタンをクリックし、[ 新規塗りを追加 ] を適用、配置を左図のように変更します。

塗りの色:#1f62b2
アピアランスパネル下部の [ 新規効果を追加 ] → [ パスの変形 ] → [ 変形 ] を適用。

垂直方向:-2px
左図のように濃い落ち影が追加できました。
少し立体感が出てきましたね。
STEP.5
ハイライトを追加
アピアランスパネル右上の小さなボタンをクリックし、[ 新規塗りを追加 ] を適用、配置を左図のように変更します。

塗りの色:#ffffff
不透明度:80%
アピアランスパネル下部の [ 新規効果を追加 ] → [ パスの変形 ] → [ 変形 ] を適用。

垂直方向:-1.5px
アピアランスパネル下部の [ 新規効果を追加 ] → [ ぼかし ] → [ ぼかし(ガウス) ] を適用。

半径:3px
左図のようにデボス加工周辺のハイライトが追加できました。
より立体感が出てきましたね。
FINISH
仕上げの影を追加
アピアランスパネル右上の小さなボタンをクリックし、[ 新規塗りを追加 ] を適用、配置を左図のように変更します。

塗りの色:#a7a9ad
不透明度:80%
アピアランスパネル下部の [ 新規効果を追加 ] → [ パスの変形 ] → [ 変形 ] を適用。

垂直方向:-3px
アピアランスパネル下部の [ 新規効果を追加 ] → [ ぼかし ] → [ ぼかし(ガウス) ] を適用。

半径:6px
以上でデボス加工風のカットアウト表現が完成しました。

Illustratorのアピアランスを複数重ね合わせる事で立体感のある表現が可能!
イラレはAdobe公式サイトから入手できますよ。
グラフィックスタイルに登録してみよう
上記のカットアウトエフェクトをグラフィックスタイルに登録しておくと、文字やアイコン等、様々なオブジェクトにワンクリックでエフェクトを適用できますよ。

更に高品質なカットアウト表現

先に紹介したカットアウトを更に発展させたエフェクトモックアップです。
全て商用利用可能!
高品質なAIファイルなのでIllustratorがあれば誰でも短時間でサンプルのような仕上がりにできますよ。

#01 Peeled Text Style Effect

紙をカットし、ペロリンとめくれた状態があっという間に作れるエフェクトAIです。ゼロから作るとなると時間とイラレのスキルが必要ですが、テンプレートを使えば誰でも一瞬で終わりますよ。

ダウンロードする

#02 sliced text effect 100% editable vector image

文字やオブジェクトをナイフでスパッと切ったような表現ができるエフェクトです。好きな文字を入力してスタイルを適用するだけ!

ダウンロードする

#03 Papercut illustrator text-graphic style.

まるで紙を切り取って貼り合わせたような表現ができるエフェクトAIです。イラレ初心者の方にも短時間で再現可能!

ダウンロードする

#04 Paper Cut Wave Shapes Curve.

トーンの違う複数の紙を貼り合わせたような背景素材です。AI形式なので形状や色を簡単に変えられますよ。

ダウンロードする

#05 Cutout text effect, editable font style cut paper emboss

カッターで紙を切り、対象オブジェクトの形でめくれたような状態が再現できるエフェクトモックアップです。非常にリアルで高品質な仕上がりです。

ダウンロードする

ワンランク上のテンプレート素材

Illustratorのスキルアップをする上で、プロが作成した生データを研究する事は重要です。

下記記事でプロが作成した高品質で汎用性の高いテンプレート素材を紹介しています。
全て商用利用可能、テキストや画像を変えるだけでプロの品質が出せます。

制作の手間を劇的に軽減するだけでなく、スキルアップの教材としても活用できますよ!


AI形式で作られた高品質なフライヤーのテンプレート50選です。画像と文字を差し替えるだけ、超短時間でハイクオリティなフライヤーが作成可能!
様々なフライヤーのテンプレート50選


デザイン制作を学ぶ導入編としてオススメの名刺デザイン。
想像だけで作るとイマイチになりがちですが、良質なテンプレートを元に作るだけで吸収できる情報の質が段違い!
相手に舐められない名刺テンプレート50選


例えばクリエイターの就職や転職に必須のポートフォリオ。
プロのテンプレートでレイアウトや余白、文字サイズを簡単に研究可能。内定獲得の可能性が格段にアップします!
厳選!ポートフォリオ用テンプレート35選


ロゴ作成とIllustratorの相性は抜群!
ロゴ制作の効率化だけでなく、アイディアやデータの作り方を学習・研究するための良質な教材だらけですよ。
ハイクオリティなロゴテンプレート50選


単なる白黒のテキストを高品質なロゴのようなグラフィックにできるエフェクトです。
ロゴ・見出しなどキャッチなオリジナルタイトルを一瞬で作成できる優秀な素材ばかり!
商用利用が可能で高品質なテキストエフェクト50選


継ぎ目が無い高品質な背景素材50選です。
全て商用利用OK!作品の密度を一気に高める事ができる汎用性の高い素材ばかりです。
商用利用できる高品質なシームレス背景パターン50選


良質な素材をもっと見る
上記で紹介しているテンプレートはごく一部。
下記記事で良質な素材を紹介しております。併せてチェックしてください!

おわりに

以上、Illustrator(イラストレーター)を使って文字部分が凹んだデボス加工風のカットアウト表現を作る方法についてでした。
当テクニックはロゴ的な表現などに活用できます。

一度アピアランスの設定を作り、グラフィックスタイルに登録すればワンクリックで様々なオブジェクトに適用する事ができます。
非常に汎用性の高い操作方法なので覚えておくと便利ですよ。

ではまた!

InDesignは活用されていますか?
Illustratorだけでなく、InDesign(インデザイン)も活用されているでしょうか?
ポートフォリオ制作はイラレよりInDesignの方が効率的に作成できます。
まだInDesignを導入されていない方はAdobe公式サイトから入手できます。
高品質で商用利用可能なポートフォリオテンプレート35選はコチラ
Illustratorの操作方法

イラレ基本操作

【導入編】ゼロから始めるIllustrator
Adobe Creative Cloudの料金プランやオススメプランを徹底解説
イラレでよく使う機能15選 for 初心者
イラレ全ショートカット一覧
Illustratorとは・DTPの基礎知識
操作画面、新規作成と保存、各種ファイル形式
オブジェクトの作成と選択、構造
イラレの塗りと線について
イラレのカラーモードについて
RGBからCMYKへ変換する方法
整列と分布について徹底解説
オブジェクト重ね順について徹底解説
数値入力によるオブジェクトの作成と操作
レイヤーの概念と操作を分かりやすく徹底解説
オブジェクトの色々なコピペ方法
ペンツールの基本操作とパスの編集
文字ツールの基本的な使い方
文字を装飾する・アピアランスの設定
文字で画像をマスクする
グラデーションツールを極める
メッシュツール・グラデーションメッシュの使い方
ブラシツール・塗りブラシツールの使い方と違い
消しゴムツール・はさみツール・ナイフの使い方
パスファインダーの機能全てを徹底解説
ブレンドツールを使ったオブジェクト作成
回転ツールと回転コピーの使い方
リフレクトツールの使い方
クリッピングマスクの使い方を徹底解説
トンボ(トリムマーク)の設定と塗り足し
ライブトレースを徹底解説
ライブペイントを徹底解説
編集しやすい角丸長方形の作り方
アートボードツールの使い方
パペットワープツールの使い方
リシェイプツールの使い方
線幅ツールを使いこなそう
ワープツールをはじめとした線幅ツールの派生ツール
スライスツールを使った超効率的な画像の書き出し
拡大・縮小ツールの使い方とテクニック
シアーツールの使い方と応用例
自由変形ツールの使い方

バナーやデザイン関連

【就活生向け】ポートフォリオ用テンプレート
サイズ違いのバナー広告を効率的に作る方法
名刺サイズのレイアウト用紙の作成&ガイドの有効的な活用法
オリジナル名刺をデザインして入稿用データを作ろう!
入稿用AIデータの作成方法と注意点について
【AI】ニーアオートマタのUI風ポートフォリオ用テーマ
【AI】ニーアオートマタのUI風エミールの名刺

絵作り

変形を使って水玉模様(ドット柄)や精密なパターン柄を作る方法
ペンツールを使ったトレースのテクニック①
ペンツールを使ったトレースのテクニック②
アピアランスを使った線の設定・線のデザイン
汎用性抜群な略地図の作り方
【鬼滅の刃】炭治郎の耳飾りをイラレで作る方法for初心者
レース柄やレースリボンブラシの作り方を徹底解説
ラフな手描き風の線にする方法
ブレンドと変形効果を使った螺旋状のドット模様の作り方
大阪の謎「連絡まつ村」のシールを作ってみよう【AI配布中】
マーブル模様の作り方を徹底解説forイラレ初心者
ハーフトーン(網点)の作り方と応用
集中線(スピード線)の作り方を徹底解説

アイコン・ロゴ制作

歯車や花、本など色々な図形を作る方法
【全2回】ラノベ風ロゴの作り方【サンプルAI有り】
ファビコンの作り方をデザインパターン別に徹底解説
アイソメトリック文字の作り方【3D・押し出し・ベベル】
リアルなネオンサインの作り方を徹底解説
レトロな雰囲気のロゴを作る方法
高品質な金(ゴールド)表現の作り方
長い影(ロングシャドウ)の作り方2選
デボス加工風カットアウトの作り方
燃えさかる炎をまとった文字の作り方
刺繍(ステッチ)表現の作り方
黒板に描かれたチョーク文字やイラストを再現する方法
真っ二つにスライスされたオブジェクトを作る方法
色ずれをイラレで再現する方法
1980年代レトロフューチャー風ロゴの作り方
レトロゲームのドットテキストを簡単に作る方法

追加機能・その他機能

アナログ画材風の無料ブラシ36選
ブラシ素材の登録方法
スウォッチの登録方法や使い方を徹底解説
グラフィックスタイルの追加・編集方法
ツールバーを編集する方法
スポイトツールでアピアランスをコピーする方法と注意点
別のAIファイルをAI内に配置・編集する方法
ブラックのアピアランスを正しく設定
「最近使用したもの」を非表示にする方法
遠近グリッドを消す方法と基本的な使い方

ゼロイラの目次一覧
SCROLL
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!