fantiaはじめました!無料素材やAI、PSDを配布中です。

【Illustrator】グラデーションツールの使い方を極める

この記事を読むのに必要な時間は約 27 分です。

Illustrator(イラストレーター)でよく使うツールの一つであるグラデーションツールの使い方を徹底解説します。イラレ初心者の方にも分かりやすく解説します。

では早速始めていきましょう!

線形グラデーションの使い方

基本の線形グラデーション

グラデーションツールの基本である線形グラデーションの使い方から解説します。

STEP.1
グラデーション用オブジェクトを作成
まずグラデーションを設定するオブジェクトを作成します。
今回は [ 長方形ツール ] で作成した横長の長方形に対してグラデーションを設定します。

※オブジェクト作成後は [ 選択ツール ] で選択された状態にしておきます。
選択ツールのショートカットは [ V ] です。

STEP.2
線形グラデーションを選択
[ グラデーションパネル ] を開きます。
[ 種類 ] を [ 線形グラデーション ] に変更します。

※グラデーションパネルが画面上に表示されていない場合は [ ウィンドウ ] → [ グラデーション ] で表示させておきます。

STEP.3
グラデーションを適用(グレースケール)
グラデーションパネル左上にあるグレーの箱をクリックするとグレースケールのグラデーションが適用されます。
FINISH
グラデーションを適用(カラー)
左図の三角形をクリックすると別のグラデーションが入っています。
左図の三角形をクリックすると別のグラデーションが入っています。
左図は [ オレンジ、イエロー ] を設定した絵です。
これで基本的なグラデーションが設定できました。

グラデーション設定の変更方法

グラデーションの色や色数、角度、向きといった設定を変更する方法を解説します。

グラデーションの色を変更

グラデーションパネルでも設定できますが、オブジェクト上から設定する方が直感的かつ楽です。
当サイトではオブジェクト上から設定する方法をメインに解説します。

STEP.1
グラデーションツールを活用する
対象オブジェクトを選択し、グラデーションツールを選択します。
グラデーションツールのショートカットは [ G ] です。
オブジェクト上にグラデーションの詳細設定が表示されます。
STEP.2
色を変更
変更したい色をダブルクリックするとスウォッチパネルが開きます。
パネル左側の [ カラー ] をクリックするとカラーパネルに変更されます。
スポイトのアイコンをクリックするとカラーピッカーになります。適用したい色がある個所をクリックするとワンクリックで色を拾ってくれる便利機能です。
STEP.3
グラデーション位置を変更
位置を変更したい色の丸をドラッグで移動します。
小さな菱形をドラッグすると左右の色のグラデーション比率を変更できます。
STEP.4
色を追加
グラデーションの白い棒の下にカーソルを合わせると小さく [ + ] が表示されます。
[ + ] が表示された状態でクリックするとグラデーションの色が追加されます。
FINISH
色を削除
削除したい色の丸を下へドラッグすると色を削除することができます。

グラデーションの角度を変更

STEP.1
対象オブジェクトを選択
グラデーションのオブジェクトを [ 選択ツール ] で選択します。
選択ツールのショートカットは [ V ] です。
STEP.2
グラデーションツールを選択し、ドラッグ
[ グラデーションツール ] を選択します。
ショートカットは [ G ] です。

グラデーションさせたい方向へドラッグします。
するとグラデーションの向きやグラデーションのかかり具合を変更できます。

グラデーションパネルの [ 角度 ] から数値入力で調整する事もできます。
正確な角度でグラデーションを設定したい場合は数値入力を使うと良いでしょう。

グラデーションの向きを反転

グラデーションパネルの [ 反転グラデーション ] をクリックするとグラデーションの向きが反転されます。

線と塗り、どちらにもグラデーションが使える

グラデーションは線にも塗りにも適用できます。
もちろん線と塗り両方に別々のグラデーションを設定する事もできます。

円形グラデーションの使い方

円形グラデーションの設定方法

グラデーションパネルの [ 円形グラデーション ] を適用します。
すると左図のように円形にグラデーションを設定することができます。

楕円形にする方法

グラデーションツールの状態で対象オブジェクト上に黒い点線の上に黒い点が表示されます。
黒い点をドラッグすると楕円に変形できます。
グラデーションパネルの [ 縦横比 ] からでも楕円形できます。

回転させる方法

グラデーションツールの状態で表示される黒い点線上にカーソルを合わせてドラッグすると回転できます。
楕円にしないと見た目の変化が分かりません。

拡大・縮小させる方法

一番外側にある黒い点をドラッグすると円形のサイズを拡大・縮小する事ができます。
なお円の中心にある黒い点をドラッグすると、中心の位置を変更する事ができます。

フリーグラデーションの使い方

描画をポイントにすると

グラデーションパネルの [ 種類 ] を [ フリーグラデーション ] に変更します。
[ 描画 ] を [ ポイント ] にしておきましょう。
自動でポイントが追加され、フリーグラデーションが作成されました。

描画をラインにすると

[ 描画 ] を [ ポイント ] から [ ライン ] に変更すると、ベジエ曲線のようになります。
左図のように点同士を繋ぐラインが表示されます。
点をクリックしていくとラインで繋がります。

色の変更

[ グラデーションツール ] に変更し、色を変更したい点をダブルクリックするとスウォッチパネルが開きます。
パネル左側のパレットとスポイトアイコンから [ カラー ] と [ カラーピッカー ] に変更できます。
お好みの方法で色変更、色の追加をしてください。

色の点をドラッグすると位置を変更できます。

色の追加・削除

色を追加したい場所をクリックすると点を追加できます。

削除したい点(カラー分岐点)をクリックし、[ Delete ] または [ Back Space ] を押すと点(カラー分岐点)を削除できます。
グラデーションパネルからカラー分岐点を削除できますが、[ Delete ] または [ Back Space ] が便利です。

文字にグラデーションを適用

STEP.1
文字を入力
文字ツールで文字を入力します。
※文字オブジェクトの状態ではグラデーションは設定できません。
STEP.2
文字をアウトライン化
文字をアウトライン化します。
[ 書式 ] → [ アウトラインを作成 ] でアウトライン化ができます。
ショートカットは [ Shift + Ctrl + O ] です。
STEP.3
グラデーションを適用
グラデーションパネルからグラデーションを適用します。
すると左図のように1文字単位でグラデーションが設定されます。
FINISH
グラデーションを調整
[ グラデーションツール ] でアウトライン化した文字をドラッグすると左図のように文字全体に対して1つのグラデーションが適用できます。

グラデーションを使ったマスク

グラデーションツールとクリッピングマスクを組み合わせると、画像のフチがふわっと消えるような処理ができます。

STEP.1
マスク用オブジェクトを作成
任意の形のオブジェクトを作成します。
STEP.2
白黒でグラデーションを作成
色黒でグラデーションを作成します。
白い個所が画像が表示される部分、黒い個所が画像が消される部分です。
両端をふんわり消してみます。
STEP.3
画像を配置
マスクしたい画像を配置し、前面にグラデーションのオブジェクトを配置します。
オブジェクトの重ね順を変更する方法はコチラで詳しく解説しています。
STEP.4
マスク作成する
[ 選択ツール ] でマスク用グラデーションと画像を選択します。
[ 透明パネル ] の [ マスク作成 ] をクリックします。

※透明パネルが表示されていない場合は [ ウィンドウ ] → [ 透明 ] で表示させてください。

FINISH
マスク完成
左右をふんわり消した状態で画像がマスクされました。
OMAKE
円形でマスク
左図は楕円形に円形グラデーションを追加してマスクをした例です。

黒からカラーへのグラデーションのコツ

例えば黒(K100%)から黄色(Y100%)へのグラデーションを作成すると左図のような絵になります。
中間色がグレーでくすんだような色味になっていますね。
同じ黒でも(K100% + Y100%)にすると左図のようなリッチな色味のグラデーションになります。
黒の中にグラデーションさせたい色味を追加です。
作品や好みにもよりますが、こちらのグラデーションの方がキレイに見えますよね。

おわりに

以上、Illustrator(イラストレーター)のグラデーションツールの使い方についてでした。
グラデーションツールはイラレの中でも特によく使うツールの一つなので、是非使い方をマスターしておきましょう。

グラデーションを使いすぎるとあまりよろしくない絵面になりますが、ポイントを絞って使うと非常に効果的な表現です。強調したい個所やさりげなく背景に入れたり、要所要所でグラデーションを使ってみて下さい。

ではまた!

Illustratorを最安で導入するには

Illustrator(イラストレーター)を持っていない方向けに最安価格での導入について解説します。
各種通販サイト等で取り扱われていますが、結局Adobe公式サイトが最安値かつ安全です。

オススメはコンプリートプラン

単品よりも圧倒的にお得で便利なCreative Cloudコンプリートプランがオススメです。
アプリ単体を2つ3つ使うと費用がコンプリートプランと同等かそれ以上になります。

制作はPhotoshop、Illustrator、Lightroom、InDesign、Acrobat、etc…複数のアプリを使い分けながら作る事が多いです。
Illustratorで作業をしている際に「Photoshopなら効率的に作れるのに…」、「完成したデザインをPDFで複数ページに冊子形式にしたいなぁ…」という事は頻繁にあります。
なのでデザイナーにとって最低限Photoshop、Illustrator、Acrobatは必要です。

それならいっそ初めからコンプリートプラン を選択する方が断然便利でお得ですよ。

学生・教職員なら

学生や教職員の方にオススメなのが
65%OFFはデカイです!
アプリ1本分の価格で全てが使えます。

Illustrator単品なら

Illustrator単体ならがあります。
ソフト1本当たりの価格はコンプリートプラン と比べて割高ですが、Illustratorだけ使われたい場合はオススメです。

ゼロイラもくじ

ゼロから始めるIllustratorのもくじです。

ゼロから始めるIllustrator目次
【導入編】ゼロから始めるIllustrator
最安値でイラレを購入する方法と導入方法
イラレでよく使う機能15選 for 初心者
イラレ全ショートカット一覧
Illustratorとは・DTPの基礎知識
操作画面、新規作成と保存、各種ファイル形式
オブジェクトの作成と選択、構造
イラレの塗りと線について
イラレのカラーモードについて
RGBからCMYKへ変換する方法
整列と分布について徹底解説
オブジェクト重ね順について徹底解説
数値入力によるオブジェクトの作成と操作
レイヤーの概念と操作を分かりやすく徹底解説
オブジェクトの色々なコピペ方法
ペンツールの基本操作とパスの編集
ペンツールを使ったトレースのテクニック①
ペンツールを使ったトレースのテクニック②
グラデーションツールを極める
メッシュツール・グラデーションメッシュの使い方
ブラシツール・塗りブラシツールの使い方と違い
消しゴムツール・はさみツール・ナイフの使い方
パスファインダーの機能全てを徹底解説
ブレンドツールを使ったオブジェクト作成
回転ツールと回転コピーの使い方
リフレクトツールの使い方
歯車や花、本など色々な図形を作る方法
文字ツールの基本的な使い方
文字を装飾する・アピアランスの設定
文字で画像をマスクする
アピアランスを使って線を設定・線をデザインする
クリッピングマスクの使い方を徹底解説
ライブトレースを徹底解説
ライブペイントを徹底解説
イラレで略地図を作る
編集しやすい角丸長方形の作り方
トンボ(トリムマーク)の設定と塗り足し
名刺サイズのレイアウト用紙の作成とガイドの作成・活用
ポートフォリオ用のテンプレート
ゼロイラの目次一覧
SCROLL
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

IllutratorとPhotoshopの使い方をゼロから解説する「ゼロから始めるIllustrator」と「ゼロから始めるPhotoshop」の目次リンクです。
本業が教えるイラレとフォトショ講座の目次は下記からどうぞ。