クリエイターなら絶対に登録しておきたい転職エージェント5選!

【Illustrator】イラレで水玉模様(ドット柄)を変形を使って作成 数値入力で精密なパターン柄を作る方法

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

こんにちは、「ゼロから始めるIllustrator」略して「ゼロイラ」講座を始めます。

当Illustrator 講座では「変形を使った精密なドット柄の作り方」について詳しく解説します。
意外に使っている方が少ない「変形」、実は非常に便利な機能を持っています。
デザイン業務で縦何mm、横何mmといった細かな図案を作る事があります。当記事はそんな時に役立つでしょう。

さらに踏み込んだオブジェクトの操作についてマスターして正確なアートワーク作成をしてみましょう!

今回の講座で使う主な機能、ツール類
楕円形ツール、選択ツール、移動、変形の繰り返し、グループ化、整列、重ね順

変形を使った数値入力によるオブジェクトの操作

作成したオブジェクトのサイズや位置を正確に操作する際、数値入力によるコントロールが必要になります。

[ 対象オブジェクトを選択 ] → [ オブジェクト ] メニュー → [ 変形 ] → [ 移動 ]
選択ツールを使用時なら [ 対象オブジェクトを選択 ] → [ エンターキー ] で移動のダイアログが表示されます。

数値入力によるオブジェクトの操作応用:水玉模様を作る

楕円ツールと移動を上手く使ってキッチリと位置が揃った水玉模様を作ってみます。
簡単なオブジェクトや柄の作成から徐々にIllustratorの操作に慣れていきましょう。

水玉模様の作り方

STEP.1
10mmの正円を作成
10mmx10mmの正円を作成します。

楕円ツールのショートカットは [ L ] です。
[ 長方形ツ―ルを長押し ] → [ 楕円ツール(L) ] でも表示できます。

画面をクリックし、数値入力で直径10mm正円を作ります。

STEP.2
移動を使って正円をコピー
作成したオブジェクトを [ 選択ツール(V) ] で選択し、移動ツールに移動値を入力します。

[ 水平動距離30mm ][ 垂直移動距離0mm ] と入力(他は未入力で大丈夫です)。

プレビューにチェックを入れて問題が無ければ [ コピー ] をクリックします。

STEP.3
変形の繰り返しで等間隔にコピー
[ コピー ] を押した直後に [ Ctrl + D ] で変形の繰り返しを行います。
直前に行った変形を行う便利ショートカットです。

水平方向にある程度正円が複製できたらOKです。
STEP.4
移動の水平・垂直方向に15mm開けてコピー
正円を全て選択ツールで選択します。
その後、Enterを押して [ 移動 ] のダイアログを表示させます。

[ 水平移動距離15㎜ ][ 垂直移動距離15mm ] と入力。

プレビューで移動に問題が無ければ [ コピー ] をクリック。

STEP.5
垂直方向に30㎜開けてコピー
再度選択ツールで全ての正円を選択し、[ Enter ] を押して移動のダイアログを表示。

[ 水平移動距離0mm ][ 垂直移動距離30mm ] を入力。
プレビューにチェックを入れて問題無ければ [ コピー ] をクリック。
STEP.6
変形の繰り返しで垂直方向に等間隔コピー
[ コピー ] クリック直後に [ Ctrl + D ] で変形の繰り返し、好みの量の正円を作成します。

正円を選択ツール [ V ] で全て選択し、[ Ctrl + G ] でグループ化します。

一旦これで水玉模様のベースが完成しました。

FINISH
色を付けて水玉模様の完成
最後にお好みの色を付けて完成です。
色の設定は次の「色の設定、オブジェクトの塗りと線」で詳しく解説します。

その他パターンの制作例

操作を覚えている内に何パターンか練習で作ってみましょう。
手を動かして実際に操作するのが上達への近道です。

MEMO
移動コピーさせるオブジェクトの形状や移動距離を変えると、また違ったパターン柄を作る事ができます。作成した柄をパターンとして登録、といった応用もできます。
ぜひ色々なパターンを試してみてください。

サンプルAI

fantiaでサンプルAIを無料公開しています。
よかったら素材として活用してください。

サンプルをダウンロード

Illustratorが必須
AIを編集するにはAdobe Illustrator(アドビ イラストレーター)が必須です。公式サイトからダウンロードしておきましょう。
コンプリートプランが最強に便利ですが、Illustrator単品は次のリンクから入手できます。

おわりに

以上、数値入力によるオブジェクトの作成・操作についての解説でした。

イラレを使った業務だとミリ単位で正確なデザインが求められることが多々ありますので、数値入力によるオブジェクトの作成・操作は必須の知識となります。
ざっくりした制作ではなく、こういった緻密な制作方法を知っておくのもアリですよ。

おつかれさまでした。

次回は作成したオブジェクトの色の設定について解説します。

【Illustrator】イラレ初心者でも簡単!塗りと線の使い方を徹底解説
Illustratorを最安で導入しよう

オススメはコンプリートプラン

単品よりも圧倒的にお得で便利なCreative Cloudコンプリートプランがオススメです。Photoshop、Illustrator、Acrobatを単体で使うと、費用がコンプリートプランと同等かそれ以上になります。
初めからコンプリートプランを選択する方が断然お得&便利ですよ。

学生・教職員なら

学生や教職員の方にオススメなのが
アプリ1本分の価格で全てのAdobe製品が使い放題!

Illustrator単品なら

Illustrator単体なら があります。
ソフト1本当たりの価格はコンプリートプランと比べて割高ですが、イラレ単体なら最安です。

制作を加速させる最強素材サイト

最強素材サイトであるAdobeStockがあると制作の効率性、品質がさらに高まります。
無料素材とは一味違うので手を加える手間が劇的に省けますよ。

ゼロイラもくじ

ゼロから始めるIllustratorのもくじです。

ゼロから始めるIllustrator目次
【導入編】ゼロから始めるIllustrator
最安値でイラレを購入する方法と導入方法
イラレでよく使う機能15選 for 初心者
イラレ全ショートカット一覧
Illustratorとは・DTPの基礎知識
操作画面、新規作成と保存、各種ファイル形式
オブジェクトの作成と選択、構造
イラレの塗りと線について
イラレのカラーモードについて
RGBからCMYKへ変換する方法
整列と分布について徹底解説
オブジェクト重ね順について徹底解説
数値入力によるオブジェクトの作成と操作
レイヤーの概念と操作を分かりやすく徹底解説
オブジェクトの色々なコピペ方法
ペンツールの基本操作とパスの編集
ペンツールを使ったトレースのテクニック①
ペンツールを使ったトレースのテクニック②
グラデーションツールを極める
メッシュツール・グラデーションメッシュの使い方
ブラシツール・塗りブラシツールの使い方と違い
消しゴムツール・はさみツール・ナイフの使い方
パスファインダーの機能全てを徹底解説
ブレンドツールを使ったオブジェクト作成
回転ツールと回転コピーの使い方
リフレクトツールの使い方
歯車や花、本など色々な図形を作る方法
文字ツールの基本的な使い方
文字を装飾する・アピアランスの設定
文字で画像をマスクする
アピアランスを使って線を設定・線をデザインする
クリッピングマスクの使い方を徹底解説
ライブトレースを徹底解説
ライブペイントを徹底解説
イラレで略地図を作る
編集しやすい角丸長方形の作り方
トンボ(トリムマーク)の設定と塗り足し
名刺サイズのレイアウト用紙の作成とガイドの作成・活用
ポートフォリオ用のテンプレート
ニーアオートマタのUI風ポートフォリオ用テーマ
ゼロイラの目次一覧
SCROLL
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

IllutratorとPhotoshopの使い方をゼロから解説する「ゼロから始めるIllustrator」と「ゼロから始めるPhotoshop」の目次リンクです。
本業が教えるイラレとフォトショ講座の目次は下記からどうぞ。