【Illustrator】イラレの整列と分布について徹底解説

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

こんにちは、「ゼロから始めるIllustrator」略して「ゼロイラ」講座を始めます。

当Illustrator 講座ではオブジェクトの整列について詳しく解説します。
イラレの整列機能を使うと素早く綺麗にレイアウトができます。

今回の講座で使う主な機能、ツール類
オブジェクトの整列、オブジェクトの分布、等間隔に分布

整列パネルを使う

左図の整列パネルを使います。画面に表示されていない場合は [ ウィンドウ ] → [ 整列 ] で表示させてください。

オブジェクトの整列

ある基準で複数のオブジェクトを揃えたり、等間隔に分布させる為には「整列」を使います。
オブジェクトの整列では、キーオブジェクトを選択しなかった場合は「整列」パネル右下の整列対象の設定により、整列する基準が決まります。
「整列」を利用してオブジェクトを整列させてみましょう。

水平方向左に整列

整列させたいオブジェクトを選択ツールで選択し、[ オブジェクトの整列 ] の [ 水平方向左に整列 ] を適用した例です。
左図のようにオブジェクトの左側を軸に自動で整列されます。

水平方向中央に整列

整列させたいオブジェクトを選択ツールで選択し、[ オブジェクトの整列 ] の [ 水平方向中央に整列 ] を適用した例です。
左図のようにオブジェクトの中央を軸に自動で整列されます。

水平方向右に整列

整列させたいオブジェクトを選択ツールで選択し、[ オブジェクトの整列 ] の [ 水平方向右に整列 ] を適用した例です。
左図のようにオブジェクトの右側を軸に自動で整列されます。

垂直方向上に整列

整列させたいオブジェクトを選択ツールで選択し、[ オブジェクトの整列 ] の [ 垂直方向上に整列 ] を適用した例です。
左図のようにオブジェクトの上側を軸に自動で整列されます。

垂直方向中央に整列

整列させたいオブジェクトを選択ツールで選択し、[ オブジェクトの整列 ] の [ 垂直方向中央に整列 ] を適用した例です。
左図のようにオブジェクトの中央を軸に自動で整列されます。

垂直方向下に整列

整列させたいオブジェクトを選択ツールで選択し、[ オブジェクトの整列 ] の [ 垂直方向下に整列 ] を適用した例です。
左図のようにオブジェクトの下側を軸に自動で整列されます。

オブジェクトの分布

次は分布を試してみましょう。

垂直方向上に分布

分布させたいオブジェクトを選択ツールで選択し、 [ オブジェクトの整列 ] の [ 垂直方向上に分布 ] を適用した例です。
左図のようにオブジェクトの上を軸として垂直方向の間隔が均一に分布されます。

垂直方向中央に分布

分布させたいオブジェクトを選択ツールで選択し、 [ オブジェクトの整列 ] の [ 垂直方向中央に分布 ] を適用した例です。
左図のようにオブジェクトの中心を軸として垂直方向の間隔が均一に分布されます。

垂直方向下に分布

分布させたいオブジェクトを選択ツールで選択し、 [ オブジェクトの整列 ] の [ 垂直方向下に分布 ] を適用した例です。
左図のようにオブジェクトの下を軸として垂直方向の間隔が均一に分布されます。

水平方向左に分布

分布させたいオブジェクトを選択ツールで選択し、 [ オブジェクトの整列 ] の [ 水平方向左に分布 ] を適用した例です。
左図のようにオブジェクトの左を軸として水平方向の間隔が均一に分布されます。

水平方向中央に分布

分布させたいオブジェクトを選択ツールで選択し、 [ オブジェクトの整列 ] の [ 水平方向中央に分布 ] を適用した例です。
左図のようにオブジェクトの中央を軸として水平方向の間隔が均一に分布されます。

水平方向右に分布

分布させたいオブジェクトを選択ツールで選択し、 [ オブジェクトの整列 ] の [ 水平方向右に分布 ] を適用した例です。
左図のようにオブジェクトの右を軸として水平方向の間隔が均一に分布されます。

キーオブジェクトを指定して整列・分布

基準となるオブジェクトを指定し、基準オブジェクトを動かさずに整列・分布を行う事ができます。
何も操作せずに整列・分布を行うと動かしたくないオブジェクトも動いてしまいます。基準となるオブジェクトがあり、動かしたくない場合に便利な機能です。

STEP.1
対象オブジェクトを選択
整列させたいオブジェクトを全て[ 選択ツール(V) ]で選択します。
STEP.2
キーオブジェクトを選択
キーオブジェクトをクリックして指定します。
キーオブジェクトの周囲には一回り太い線が表示されます。(左図はシアンの箱がキーオブジェクト)
FINISH
任意の整列・分布を適用して完成
任意の整列・分布を適用するとキーオブジェクトは固定されたまま他のオブジェクトが移動します。

等間隔に分布

オブジェクトの間隔を指定して分布させる方法です。10mmの間を開けて等間隔に配置したい時などに役立つ分布です。先に解説した「キーオブジェクト」の指定を使います。

STEP.1
選択後キーオブジェクトを指定
分布させたいオブジェクトを[ 選択ツール(V) ]で選択後、キーオブジェクトをクリックして指定します。
STEP.2
間隔を指定
オブジェクト同士の間隔を整列パネル下部の入力エリアで指定します。
今回は10mmを指定。
STEP.3
分布方法を指定
分布方法を指定します。
垂直方向等間隔に分布、水平方向等間隔に分布の2種類があります。
FINISH
完成
指定間隔を空けて分布ができました。
オブジェクト同士を隙間なく並べたい場合は「0mm」を指定するとできます。

おわりに

以上、イラレのオブジェクトの整列についての解説でした。
整列機能を使う事で正確かつ素早くオブジェクトを並べられます。
手動、目視だとズレが生じてしまうので、上手く整列を使って制作を効率化してみましょう。

おつかれさまでした。

目次一覧

Illustratorを最安で購入するには

Illustrator(イラストレーター)を持っていない方は、下記から最安値で購入できます。
断然オンラインコード形式がオススメ、購入したらすぐにダウンロード&使用可能です。

 

学生の方や教職員の方なら断然学割価格のコンプリートプランがオススメ!公式サイトよりも安く買うことができます。
なおIllustrator単品はコチラから最安値で購入できます。
Illutratorをはじめ、Photoshop等の様々なアドビ製品をお得に始める方にピッタリですよ。12か月間使い倒しましょう!

 

上記以外の方は一般向けのコンプリートプランが最安値です。
なおIllutrator単品はコチラから最安値で購入できます。
Illutratorで自身の発想をドンドンビジュアル化し、デザイン制作を通して人生を大いに楽しみましょう!

 


下記にイラレ、フォトショを最安値で導入できる手順を記載しております。


ゼロから始めるシリーズ目次
IllutratorとPhotoshopの使い方をゼロから解説する「ゼロから始めるIllustrator」と「ゼロから始めるPhotoshop」の目次リンクです。
本業が教えるイラレとフォトショ講座の目次は下記から。