ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

【Illustrator】イラレでよく使う機能15選 for 初心者

この記事を読むのに必要な時間は約 25 分です。

Illustrator(イラストレーター)でよく使う機能やショートカットをまとめました。

動画付きで解説!
Illustrator(イラストレーター)を始めて間もないイラレ初心者の方にオススメの内容です。

どの機能も間違いなくよく使いますので覚えておいて損はありません。
今から紹介する内容が使えるようになればイラレ初心者からイラレ中級者にクラスチェンジできますよ!

では早速始めていきましょう!

新規作成・保存・開く

Illustratorを導入しましょう
当記事の内容を実践するにはIllustratorが必須です。
まだIllustratorが未導入の方はAdobe公式サイトから入手しておきましょう。
なお、AdobeCCのプランはコチラの記事で徹底解説しています。

新規作成・保存・開くはよく使う操作です。
画面左上の [ ファイル ] から操作できますが、ショートカットが断然便利です。

[ Ctrl + N ] 新規ドキュメント作成
[ Ctrl + O ] ファイルを開く
[ Ctrl + S ] 保存
[ Ctrl + Shift +S ] 別名保存

上記4つを覚えておけば間違いないです。

さらに詳しく学びたい方へ
左記リンクで新規作成と保存、各種ファイル形式やIllustratorのバージョンについて詳しく解説しております。

よく使う画面操作

Illustrator(イラストレーター)でよく使う画面操作系のおさらいです。
画面の拡大・縮小・移動は使いまくるのでショートカットで覚えておきましょう!

[ Ctrl + Space + 右へドラッグ ] 画面を拡大
[ Ctrl + Space + 左へドラッグ ] 画面を縮小
[ Space + ドラッグ ] で画面を移動

※左図クリックで拡大します。
さらに詳しく学びたい方へ
コチラで画面操作のショートカットについて詳しく解説しています。

オブジェクトの作成

よく使う基本オブジェクトの作成方法です。

基本オブジェクトの作成

[ M ] 長方形ツール
[ L ] 楕円形ツール
上記2つのツールは頻繁に使うのでショートカットがオススメです。

[ 角丸長方形ツール ] [ スターツール ] [ 多角形ツール ] [ フレアツール ] はツールバーから選択します。

オブジェクト作成の小技

[ Shitキー ] 正方形、正円など、縦横比を保つ

[ Altキー ] オブジェクトを中心から作成

[ Alt + Shift ] 正方形、正円等をオブジェクトの中心から作成
スターツールの頂点数、角丸長方形の角丸半径、多角形ツールの角数を変更する方法です。

ドラッグ中に [ キーボードの↑ ] 値を増やす
ドラッグ中に [ キーボードの↓ ] 値を減らす
現役デザイナー推薦!未経験からプロを目指せるデザインスクール5選
コチラの記事 現役デザイナーの私がオススメするデザインスクールを5つ厳選し、徹底解説!
もちろん学生さんだけでなく、社会人の方も仕事をしながら生活を崩さず学習可能です。
独学に限界を感じている方、本気でプロを目指されている方にオススメのコンテンツですよ。

オブジェクトの選択

作成したオブジェクトを選択する方法です。
頻繁に使う機能なのでショートカットで覚えておきましょう!

よく使う選択系のツール

よく使う選択関連のツール類です。まずは以下の3つを覚えておく事をオススメします。

[ 選択ツール ] :オブジェクトを選択
ショートカットは [ V ] です。

[ ダイレクト選択ツール ] :アンカーポイントやセグメントなど、オブジェクトを構成している最小単位を選択
ショートカットは [ A ] です。

[ グループ選択ツール ] :グループ化しているオブジェクトをオブジェクト単位で選択

選択の小技

[ Shift ] を押しながらオブジェクトをクリック → 複数選択

[ Shift ] を押しながら選択済みのオブジェクトをクリック → 選択から除外
さらに詳しく学びたい方へ
コチラでもオブジェクトの選択について解説しておりますので参考にしてください。

オブジェクトに塗りと線を設定

線の太さを変更したり破線にする事もできます。
詳しくはコチラで解説しております。

ツールバーから塗りと線を設定できます。

赤色の斜線アイコンをクリックすると [ なし ] に設定されます。
線の太さを変更するには?
[ 線パネル ] を使って線の太さや種類を設定できます。

線幅以外にも角の形状や線の位置、破線など細かく設定することができます。
さらに詳しく学びたい方へ
アピアランスを使った線の設定方法を解説しています。線を使ったデザインが簡単にできます。

オブジェクトに色を設定する

オブジェクトの塗りと線に色を設定する方法です。

[ カラーパネル ] を使うとオブジェクトに色を設定することができます。

塗りと線に別々の色が設定できます。
さらに詳しく学びたい方へ
色設定の応用編でグラデーションカラーの設定方法を解説しています。

操作のやり直し

操作をやり直したり、やり直しのやり直しを行う事ができます。
失敗した時などに使える便利コマンドです。

操作をミスったら [ Ctrl + Z ] で一つ前の段階に戻れます。ミスったら [ Ctrl + Z ] で無かった事に。
戻りすぎたっ!となったら [ Ctrl + Shift + Z ] で一つ先の段階に。

多くのソフトウェアでも同じショートカットが採用されています。
もちろんPhotoshopでも同様のショートカットです。

クリエイターへの就職・転職成功率を劇的に上げるエージェント5選
クリエイターへの就職・転職を目指すにはリクナビやen転職など、大手だけでは役不足です。
コチラの記事私が転職の際に活用し、複数内定を獲得したクリエイティブ系に強い転職エージェントを徹底解説!
フリーランス志望の方、収入を増やしたい方に必須のエージェントは コチラ で解説しています。

文字を入力する

文字入力はイラレで頻繁に使うので操作に慣れておきましょう。

[ T ] を押すと文字ツールになります。
ツールバーから選択できますが、ショートカットの方が圧倒的に便利です。
さらに詳しく学びたい方へ
文字ツールの基本的な使い方を詳しく解説しています。
文字に線や装飾を付ける方法を解説しています。
通常の [ 線 ] では上手くいきませんよ。

レイヤーを操作する

複雑なデザインを制作する上でレイヤー機能は外せません。
レイヤーの基本操作はとても簡単なのでぜひ覚えておきましょう。

右下の小さな [ 新規レイヤーを作成 ] ボタンをクリックすると新規レイヤーが作成されます。

あとは操作したいレイヤーをクリックし、アクティブにしてからオブジェクト作成やテキスト入力等を行います。
さらに詳しく学びたい方へ
レイヤー操作や機能について詳しく解説しています。

グループ化

複数のオブジェクトをグループにし、ひとまとめにする事が [ グループ化 ] です。
とてもよく使う機能なのでショートカットで覚えておきましょう。

グループ化
[ グループ化したいオブジェクトを選択 ] →
[ Ctrl +G ]
グループ解除
[ グループ化したオブジェクトを選択 ] →
[ Shift + Ctrl + G ]
グループ選択ツールを活用する
グループ化したオブジェクトを個別に選択したい場合は [ グループ選択ツール ] が便利です。

オブジェクトを複製する

Illustrator特有の便利なオブジェクトのコピペ方法があります。
制作の効率性が向上する事間違いなしです!

[ 選択ツール(V) ] で複製したいオブジェクトを [ Alt ] を押しながらドラッグ
複製したいオブジェクトを選択後に [ Ctrl +C ][ Ctrl +V ] でもコピペできます。
さらに詳しく学びたい方へ
Illustratorで使える色々なコピペ方法を色々と詳しく解説しています。

変形の繰り返し

何度も同じ操作を繰り返したい時に便利なコマンドです。
応用する事で幾何学模様などを簡単につくれます。

繰り返したい動作の直後に [ Ctrl + D] を押すと変形の繰り返しができます。
例えば [ オブジェクトをコピー ][ 直後にCtrl + D ] でオブジェクトのコピーが繰り返されます。
複数回 [ Ctrl +D ] を押すと複数回動作が繰り返されます。
さらに詳しく学びたい方へ
変形の繰り返しを応用したオブジェクト作成の例です。回転コピーを繰り返して歯車を簡単に作成する方法を解説しています。
水玉模様の作り方を解説しています。
数値入力と組み合わせて正確な図案作成ができます。

オブジェクトの重ね順を変更

オブジェクトの重ね順を変更する方法です。
複雑なデザインを作成する際によく使うのでショートカットで覚えておきましょう!

Ctrl + ] で1つ前面に
Shift + Ctrl + ] で最前面に
Ctrl + [ で1つ背面に
Shift + Ctrl + [ で最後面に
さらに詳しく学びたい方へ
重ね順の変更方法について詳しく解説しています。

ペンツールを使う

ゼロからオブジェクトを作成する際に便利なペンツールです。
使いこなすには少し慣れが必要です。
しかし使い方が分かれば神ツールになります!

キーボードの [ P ] がペンツールです。
クリックで直線、ドラッグで曲線を描けます。
さらに詳しく学びたい方へ
ペンツールの基礎的な操作を本格的に学べます。
ぺンツールが初めての方にオススメです。
ペンツールを使ってラクガキをトレースする方法を詳しく解説しています。コレをマスターすればペンツール中級者以上です。

クリッピングマスクを使う

画像やオブジェクトの一部だけを表示させたい時にクリッピングマスクを使います。

[ 画像を配置(オブジェクトでも可) ] → [ マスクしたい形状のオブジェクトを作成 ] → [ マスク元画像とマスク用オブジェクトを選択 ] → [ 右クリック ] → [ クリッピングマスクを作成 ]
さらに詳しく学びたい方へ
クリッピングマスクの詳しい使い方を解説しています。

おわりに

以上、イラレ初心者にオススメのイラレ基本操作15選でした。

Illustrator(イラストレーター)は非常に多くの機能を備えています。
よって全部覚えるには時間がかなり必要です。

特によく使う機能を優先的に覚えて、残りは必要な時に覚えると効率的にイラレを学習できます。
最初のうちは操作を操作を繰り返して、感覚を指先に覚え込ませるとよいでしょう!

ではまた!

InDesignは活用されていますか?
Illustratorだけでなく、InDesign(インデザイン)も活用されているでしょうか?
ポートフォリオ制作はイラレよりInDesignの方が効率的に作成できます。
まだInDesignを導入されていない方はAdobe公式サイトから入手できます。
InDesign用の商用利用可能なポートフォリオテンプレート77選はコチラ
ゼロから始めるIllustrator目次

イラレ基本操作

【導入編】ゼロから始めるIllustrator
Adobe Creative Cloudの料金プランやオススメプランを徹底解説
イラレでよく使う機能15選 for 初心者
イラレ全ショートカット一覧
Illustratorとは・DTPの基礎知識
操作画面、新規作成と保存、各種ファイル形式
オブジェクトの作成と選択、構造
イラレの塗りと線について
イラレのカラーモードについて
RGBからCMYKへ変換する方法
整列と分布について徹底解説
オブジェクト重ね順について徹底解説
数値入力によるオブジェクトの作成と操作
レイヤーの概念と操作を分かりやすく徹底解説
オブジェクトの色々なコピペ方法
ペンツールの基本操作とパスの編集
文字ツールの基本的な使い方
文字を装飾する・アピアランスの設定
文字で画像をマスクする
グラデーションツールを極める
メッシュツール・グラデーションメッシュの使い方
ブラシツール・塗りブラシツールの使い方と違い
消しゴムツール・はさみツール・ナイフの使い方
パスファインダーの機能全てを徹底解説
ブレンドツールを使ったオブジェクト作成
回転ツールと回転コピーの使い方
リフレクトツールの使い方
クリッピングマスクの使い方を徹底解説
トンボ(トリムマーク)の設定と塗り足し
ライブトレースを徹底解説
ライブペイントを徹底解説
編集しやすい角丸長方形の作り方
アートボードツールの使い方
パペットワープツールの使い方
リシェイプツールの使い方
線幅ツールを使いこなそう
ワープツールをはじめとした線幅ツールの派生ツール
スライスツールを使った超効率的な画像の書き出し
拡大・縮小ツールの使い方とテクニック
シアーツールの使い方と応用例
自由変形ツールの使い方

イラレ応用操作

数値入力によるオブジェクトの作成と操作
ペンツールを使ったトレースのテクニック①
ペンツールを使ったトレースのテクニック②
アピアランスを使って線を設定・線をデザインする
歯車や花、本など色々な図形を作る方法
イラレで略地図を作る
名刺サイズのレイアウト用紙の作成とガイドの作成
ポートフォリオ用のテンプレート
入稿前にチェックすべき10項目を徹底解説
【鬼滅の刃】炭治郎の耳飾りをイラレで作る方法
ラノベ風ロゴの作り方
アイソメトリック文字の作り方
ニーアオートマタのUI風ポートフォリオ用テーマ
ニーアオートマタのUI風エミールの名刺
大阪の謎「連絡まつ村」のシールを作ってみよう
レース柄やレースリボンブラシの作り方を徹底解説
ラフな手描き風の線にする方法

イラレその他機能

アナログ画材風の無料ブラシ36選
ブラシ素材の登録方法
「最近使用したもの」を非表示にする方法
遠近グリッドを消す方法と基本的な使い方

商用可能なイラレ用素材

商用利用が可能で高品質なテキストエフェクト50選
商用利用が可能で高品質なテキストエフェクト50選 Part.2
商用利用できる高品質な背景パターン50選
商用利用可能な高品質スウォッチ素材50選

ゼロイラの目次一覧
SCROLL
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!