fantiaはじめました!無料素材やAI、PSDを配布中です。

【Illustrator】ブラシツールと塗りブラシツールの使い方を極めよう

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

Illustrator(イラストレーター)のブラシツールと塗りブラシツールの使い方と違いを解説します。
初心者の方にも分かりやすく使い方やコツを解説いたします。

では早速始めていきましょう!

ブラシツールの使い方

まずはブラシツールの使い方から解説します。

STEP.1
ブラシツールを選択
ツールバーから [ ブラシツール ] を選択します。
ショートカットは [ B ] です。
STEP.2
線を好きに描く
後はフリーハンドで描くだけです。
線を直感的に描けるツールです。
STEP.3
ブラシツールで描いたオブジェクトの構成
[ Ctrl + Y ] でアウトライン表示にした図です。
ブラシツールで描いたオブジェクトは「線」で構成され、「塗り」は無しです。
OMAKE.1
おまけ1 ブラシサイズの変更方法
ブラシサイズを大きくするにはキーボードの ] を押します。
ブラシサイズを小さくするにはキーボードの [ を押します。
上記のキーはEnterキーのすぐ左側にあります。

※Photoshopのブラシツールでも同様のショートカットが使えます。

OMAKE.2
おまけ2 直線の描き方
[ Shift ] を押しながらブラシツールで線を描くと水平・垂直・斜め45度の直線を描けます。
フリーハンドでキレイな直線を描くのは難しいので、[ Shift ] を使った操作を上手く活用してみて下さい。

ブラシツールオプションを設定

ツールバーの [ ブラシツール ] 上をダブルクリックすると [ ブラシツールオプション ] が開きます。
精度・オプション(ブラシストリークに塗りを適用・選択を解除しない・選択したパスを編集)等が設定できます。

塗りブラシツールの使い方

塗りブラシツールの使い方です。
基本的な使い方やブラシのサイズ変更等は先に紹介したブラシツールと全く同じです。

[ ブラシツール ] 上で左クリックを押しっぱなしにすると [ 塗りブラシツール ] が表示され、選択できるようになります。
[ ブラシツール ] になっている場合は上記の方法で変更してください。
ブラシツールで描いたオブジェクトを [ Ctrl + Y ] でアウトライン表示にした図です。
「塗り」で構成され、「線」は無しになっています。

線で描かれる「ブラシツール」と塗りで描かれる「塗りブラシツール」を上手く使い分けましょう。

塗りブラシツールオプションを設定

ツールバーの [ 塗りブラシツール ] 上をダブルクリックすると [ 塗りブラシツールオプション ] が開きます。
精度・サイズ・角度・真円率等が設定できます。

おわりに

以上、ブラシツールと塗りブラシツールの使い方と違いについてでした。

あまり直感的でない操作のIllustratorですが、ブラシツールはかなり直感的な操作感のツールです。
ペンツールが苦手な方はブラシツールを上手く活用してみてはいかがでしょうか?

ではまた!

Illustratorを最安で導入するには

Illustrator(イラストレーター)を持っていない方向けに最安価格での導入について解説します。
各種通販サイト等で取り扱われていますが、結局Adobe公式サイトが最安値かつ安全です。

オススメはコンプリートプラン

単品よりも圧倒的にお得で便利なCreative Cloudコンプリートプランがオススメです。
アプリ単体を2つ3つ使うと費用がコンプリートプランと同等かそれ以上になります。

制作はPhotoshop、Illustrator、Lightroom、InDesign、Acrobat、etc…複数のアプリを使い分けながら作る事が多いです。
Illustratorで作業をしている際に「Photoshopなら効率的に作れるのに…」、「完成したデザインをPDFで複数ページに冊子形式にしたいなぁ…」という事は頻繁にあります。
なのでデザイナーにとって最低限Photoshop、Illustrator、Acrobatは必要です。

それならいっそ初めからコンプリートプラン を選択する方が断然便利でお得ですよ。

学生・教職員なら

学生や教職員の方にオススメなのが
65%OFFはデカイです!
アプリ1本分の価格で全てが使えます。

Illustrator単品なら

Illustrator単体ならがあります。
まずはお試しでllustratorから、順次別のアプリを追加していくという方法です。

Illustratorのオススメ書籍

ゼロイラもくじ

ゼロから始めるIllustratorのもくじです。

ゼロから始めるIllustrator目次
【導入編】ゼロから始めるIllustrator
最安値でイラレを購入する方法と導入方法
イラレでよく使う機能15選 for 初心者
イラレ全ショートカット一覧
Illustratorとは・DTPの基礎知識
操作画面、新規作成と保存、各種ファイル形式
オブジェクトの作成と選択、構造
イラレの塗りと線について
イラレのカラーモードについて
RGBからCMYKへ変換する方法
整列と分布について徹底解説
オブジェクト重ね順について徹底解説
数値入力によるオブジェクトの作成と操作
レイヤーの概念と操作を分かりやすく徹底解説
オブジェクトの色々なコピペ方法
ペンツールの基本操作とパスの編集
ペンツールを使ったトレースのテクニック①
ペンツールを使ったトレースのテクニック②
グラデーションツールを極める
メッシュツール・グラデーションメッシュの使い方
ブラシツール・塗りブラシツールの使い方と違い
消しゴムツール・はさみツール・ナイフの使い方
パスファインダーの機能全てを徹底解説
ブレンドツールを使ったオブジェクト作成
回転ツールと回転コピーの使い方
リフレクトツールの使い方
歯車や花、本など色々な図形を作る方法
文字ツールの基本的な使い方
文字を装飾する・アピアランスの設定
文字で画像をマスクする
アピアランスを使って線を設定・線をデザインする
クリッピングマスクの使い方を徹底解説
ライブトレースを徹底解説
ライブペイントを徹底解説
イラレで略地図を作る
編集しやすい角丸長方形の作り方
トンボ(トリムマーク)の設定と塗り足し
名刺サイズのレイアウト用紙の作成とガイドの作成・活用
ポートフォリオ用のテンプレート
ゼロイラの目次一覧
SCROLL
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

IllutratorとPhotoshopの使い方をゼロから解説する「ゼロから始めるIllustrator」と「ゼロから始めるPhotoshop」の目次リンクです。
本業が教えるイラレとフォトショ講座の目次は下記からどうぞ。