ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

【Illustrator】イラレで略地図を作る方法を徹底解説【サンプルAI有り】

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

こんにちは、「ゼロから始めるIllustrator」略して「ゼロイラ」の講座を始めます。

今回の講座はイラレで作る略地図を紹介します。
前回 「線の設定・線をデザインする」 で解説した「線」を応用して略地図を作ってみたいと思います。

ポストカードや名刺、チラシ等に掲載する地図等に使えます。
アイディア次第で地図だけでなく様々なデザインに応用ができますよ。

今回の講座で使う主な機能、ツール類
ペンツール、アンカーポイントの切り替えツール、ダイレクト選択ツール、文字ツール、長方形ツール、スマートガイド、分割・拡張

地図をスケッチする

作成したい地図を想像します。

実際にある場所ならGoogleマップ等を参考にスケッチ、架空の場所でも構いません。
自宅の近所、好きなお店の周辺、架空の場所、異世界、お好きな場所の地図を想像してラフを描いてみてください^^

いきなりイラレ上で作成するのも良いのですが、一旦ラフの絵でどんな要素をどのように載せるかざっくりと整理する方が効率的に作成できるかと思います。

スケッチに適したソフト
CLIP STUDIO PAINT Photoshopは地図のラフを描くのに適したペイントソフトです。
CLIP STUDIO PAINTの詳しい使い方はコチラで解説しています。

ざっくり作成

Illustratorを導入しましょう
当記事の内容を実践するにはIllustratorが必須です。
まだIllustratorが未導入の方はAdobe公式サイトから入手しておきましょう。
なお、AdobeCCのプランはコチラの記事で徹底解説しています。

ペンツールでザクっと道を描く

まずはざっくりベースの道をペンツール、直線ツール等を使って描きます。
[ ペンツール (P) ] で直線を描く時はクリック、曲線はドラッグです。

なお、ペンツールの詳しい使い方コチラで紹介しております。

こんな感じで塗りは無し、線のみで道を描きます。

自分だけの地図です。
好きに描いてください。
自由に作るのが一番です^^

スマートガイドを活用
様々なオブジェクトを作成する際に、オブジェクトの位置や大きさを揃えたい場合があります。
イチイチ整列を使用するのはかったるいですよね。
ドラッグだけでサクッとオブジェクトを揃えたい場合は [ スマートガイド ] が役立ちます。

[ Ctrl + U ] または [ メニュー ] → [ スマートガイド ] から表示・非表示ができます。

便利なスマートガイドですが、常にスマートガイドを有効にしておくと、細かな移動の際や意図的に配置をずらしたい場合に邪魔になってしまいます。
用途に応じて [ Ctrl + U ][ スマートガイド ] をON・OFFして使い分けてください。

線を調整

線幅を変更して太くしたり線路を描いたりします。
何となく地図っぽくなってきました。

[ ダイレクト選択ツール (A) ][ ペンツール (P) ] + [ Alt ][ アンカーポイントの切り替えツール ] 等を使って調整します。

建物を作成

せっかくだから建物や陸地も描いてみるのもいいかもしれません。
ペンツール、長方形ツール、楕円形ツール等でお好きな形の建物を描いてください。
白背景で道に色を付けたシンプルな地図もいいですね^^
地図っぽくなってきた気がしませんか?

文字を入れる

目印となる建物には名前を入れたくなりますよね。
文字ツールを使って文字を入れてみましょう。

文字ツールの基本的な使い方コチラで解説しております。

ところでレイヤー構成はどうされていますか?

地図の図形ばかりのレイヤー、文字だけのレイヤー、背景レイヤー等、管理しやすいようにレイヤーを作成しておくと制作がスムーズに進められます。

一枚のレイヤーで全てを管理するのはナカナカ大変ですからね。。。
文字レイヤーに建物等の名前を追加していきます。

素材サイトでより合うフォントを探し、自分好みのデザインにしてください。

なおレイヤーの詳しい使い方コチラで解説しております。

完成!

最後に目的地と方角マークを入れると地図っぽい絵になりました。ショップカードの裏面、案内ハガキ、チラシ等、デザイン業務で地図の絵を使うシーンは結構あります。

ちょこっとした要素ですが、知っておくといい事が起きるかも!?

地図の作り方は色々ありますが、簡単な地図は紹介したような方法で十分作成可能かと思われます。
ぜひご自身で新たな地図の作成テクを探してみて下さい!

AdobeStockには様々な地図のAIがある
AdobeStockには高品質&ロイヤリティフリーで使える地図のAIデータが大量に存在します。
様々なテイストの地図素材を使うとプロの方でなくてもプロ級に品質を超短時間で出せますよ。

もちろん写真やイラスト、AIやPSDの各種テンプレートにパターンやスウォッチ、ブラシ…2億点以上の素材から必ず必要なものが見つかります。

言わばデザイン制作のチートサービスですね。

拡大・縮小時に注意が必要!

拡大縮小して使いたい場合は、「線の設定のまま」だとトレースのテクニック①で解説したように、オブジェクトの拡縮に対して線は拡縮されません。

コピーした後に [ 分割・拡張 ] を適用する必要があります。

[ 分割・拡張 ] を適用すると以前の状態に戻せないので、念のためコピーしたオブジェクトに [ 分割・拡張 ] を適用することをオススメします。

AIデータをダウンロード

fantiaから地図のAIデータを無料でダウンロードできます。

当記事で紹介した作例と汎用的な略地図の2種類を収録しています。
サンプルAIを編集するにはIllustratorが必要
AIを編集するにはAdobe Illustrator(アドビ イラストレーター)が必須です。 Adobe公式サイトからダウンロードしておきましょう。 Photoshopや他のアドビ製品も使うならコンプリートプランが便利ですが、Illustrator単品はコチラから入手できます。

ワンランク上のテンプレート素材

Illustratorの学習をする上で、プロが作成した生データを研究する事は重要です。
普段からデザイン業務をされている方にとって自分以外のプロのクリエイターが作成したデータを見る事は日常茶飯事ですが、そうでない方は見る機会がありません。

AdobeStockのテンプレート素材はプロによる高品質な作品ばかり!
全て商用利用可能なので、テキストを変えるだけでそのまま使えます。

制作の手間を格段に軽減してくれるだけでなく、スキルアップの為の教材としても最適ですよ。


デザイン制作の勉強としての導入にオススメの名刺デザイン。
想像だけで作るとイマイチな仕上がりになりがちですが、良質なサンプルを参考に作ると吸収できる情報の質が段違いです。
相手に舐められない名刺テンプレート50選


ロゴ作成とIllustratorの相性は抜群!
ロゴのアイディアやデータの作り方を学習・研究するための良質な教材だらけです。
ハイクオリティなロゴテンプレート50選


例えばクリエイターの就職や転職に必須のポートフォリオ。
プロのテンプレートでレイアウトや余白、文字サイズを簡単に研究可能。内定獲得の可能性が格段にアップします!
厳選!ポートフォリオ用テンプレート34選


ゲームUIの制作は素材制作にはツールの深い知識が必要です。
テンプレートはまさに制作ノウハウの宝庫!
どれも最高の素材ばかりです。
ゲームUIに使えるテンプレート48選


単なる白黒のテキストを高品質なロゴのようなグラフィックにできるエフェクトです。
超短時間で高品質な作品制作をされたい方に超オススメ!
商用利用が可能で高品質なテキストエフェクト50選


継ぎ目が無い高品質な背景素材50選です。
全て商用利用OK!作品の密度を一気に高める事ができる汎用的な素材ばかりです。
商用利用できる高品質なシームレス背景パターン50選


良質な素材をもっと見る
上記で紹介しているテンプレートはごく一部。
下記記事で良質な素材を紹介しております。併せてチェックしてください!

おわりに

紹介した簡単な地図ならイラレですぐに作成できます。

案内用のポストカードやショップカード、フライヤーの店舗情報など、略地図は様々なシーンで使えます。
すこし画面が寂しいな、と感じたら地図を挿入してみるのも一手ですよ。

おつかれさまでした。

次の講座はトンボ(トリムマーク)と塗り足しについて解説していきます。
印刷物の入稿には必須のトンボと塗り足しについてゼロから解説します。

【Illustrator】トンボ(トリムマーク)の設定と塗り足しを詳しく解説
Photoshopは活用されていますか?
Illustratorだけでなく、Photoshopも活用されているでしょうか?
まだPhotoshopを導入されていない方はAdobe公式サイトのフォトプランが最もお得です。学生さんは学割コンプリートプランが最強にお得!
Photoshopの使い方はゼロから始めるPhotoshopで徹底解説しています。
ゼロから始めるIllustrator目次
【導入編】ゼロから始めるIllustrator
Adobe Creative Cloudの料金プランやオススメプランを徹底解説
イラレでよく使う機能15選 for 初心者
イラレ全ショートカット一覧
Illustratorとは・DTPの基礎知識
操作画面、新規作成と保存、各種ファイル形式
オブジェクトの作成と選択、構造
イラレの塗りと線について
イラレのカラーモードについて
RGBからCMYKへ変換する方法
整列と分布について徹底解説
オブジェクト重ね順について徹底解説
数値入力によるオブジェクトの作成と操作
レイヤーの概念と操作を分かりやすく徹底解説
オブジェクトの色々なコピペ方法
ペンツールの基本操作とパスの編集
ペンツールを使ったトレースのテクニック①
ペンツールを使ったトレースのテクニック②
グラデーションツールを極める
メッシュツール・グラデーションメッシュの使い方
ブラシツール・塗りブラシツールの使い方と違い
消しゴムツール・はさみツール・ナイフの使い方
パスファインダーの機能全てを徹底解説
ブレンドツールを使ったオブジェクト作成
回転ツールと回転コピーの使い方
リフレクトツールの使い方
歯車や花、本など色々な図形を作る方法
文字ツールの基本的な使い方
文字を装飾する・アピアランスの設定
文字で画像をマスクする
アピアランスを使って線を設定・線をデザインする
クリッピングマスクの使い方を徹底解説
ライブトレースを徹底解説
ライブペイントを徹底解説
イラレで略地図を作る
編集しやすい角丸長方形の作り方
トンボ(トリムマーク)の設定と塗り足し
名刺サイズのレイアウト用紙の作成とガイドの作成・活用
ポートフォリオ用のテンプレート
ニーアオートマタのUI風ポートフォリオ用テーマ
ゼロイラの目次一覧
SCROLL
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!