fantiaはじめました!無料素材やAI、PSDを配布中です。

【Illustrator】トンボ(トリムマーク)の設定と塗り足しを詳しく解説

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

こんにちは、「ゼロから始めるIllustrator」略して「ゼロイラ」の講座を始めます。

当講座では「トンボ(トリムマーク)の設定と塗り足し」について解説していきたいと思います。
印刷を行う際に必要なトンボ(トリムマーク)の作成方法や注意点について初心者の方にもわかりやすく解説します!

それでは早速始めていきましょう!

今回の講座で使う主な機能、ツール類
トリムマークを作成、長方形ツール

トンボ(トリムマーク)の役割と名称

センタートンボ

センタートンボは仕上り位置の天地左右の中心を表しています。
カタログや冊子など、複数ページで構成されている印刷物(頁物)で使うノンブル(ページ番号)位置の目安となります。

コーナートンボ

仕上りに対し、内側にある罫線は仕上り位置を表しています。
それと平行している外側の罫線は裁ち落とし(塗り足し)領域を表しています。

仕上り線

実際の印刷物の仕上がりサイズです。
仕上り線に沿って印刷物を断裁機で切り落とします。

裁ち落とし

背景いっぱいに写真や色を入れた場合、裁ち落としまで入れておかないと、仕上がり線にズレが生じた際に白い領域が見えてしまいます。
それを防ぐために裁ち落とし領域まで写真や背景色をいれておく必要があります。

トンボ(トリムマーク)の作成

トンボ(トリムマーク)を作成する方法です。
今回は高さ100mm幅100mmを仕上がりサイズにする事を前提としたトンボ(トリムマーク)を作ってみます。

STEP.1
トンボ用の矩形を作成
[ 長方形ツール(M) ] → [ 画面クリック ] → [ 長方形ダイアログ ] → [ 幅と高さを100mm ]上記の流れで100mmx100mmの正方形ができます。
STEP.2
トリムマークを作成
[ 正方形のオブジェクトを選択ツール(V)で選択 ]→ [ オブジェクト ] → [トリムマークを作成 ]
トンボ(トリムマーク)を作成できます。
FINISH
塗りと線の設定を無しにする
トンボ用のオブジェクトは塗りと線の設定を無しにしておきます。
後述しますが、線の設定を入れておくとトンボのサイズがズレます。
もし線の設定を入れている場合は下記のように、線の太さ分、トンボの位置がズレてしまいますので注意してください。
効果メニューからトリムマークを作る方法
[ 正方形のオブジェクトを選択ツール(V)で選択 ] → [ 効果 ] → [ トリムマーク ]オブジェクトのサイズを変更した際、効果のトリムマークだとオブジェクトのサイズに合わせてトリムマークの位置が変更されます。

なお外部へ印刷依頼を出す際に [ 分割・拡張 ] の処理が必要になりますので注意してください。

塗り足しの処理

印刷後の断裁時に、わずかなズレで紙の色が現れてしまう事があります。
それを避ける為に、仕上がり線いっぱいに背景色や画像を配置する場合は、仕上がり線よりもハミ出して塗り足しを行います。

通常製版寸法線までの3mm外側に配置します。

レイヤーの重なり順

トンボレイヤーにはトンボだけを入れて一番上に配置しておきます。
トンボレイヤーはロックしておくと良いでしょう。

特色印刷時のトンボ(トリムマーク)

CMYKおよびCMYK+特色の場合

レジストレーションカラーで作成されたトンボは、CMYK以外にも書類上で使用している特色の色も含まれて作成されます。

特色のみで作成する場合など

トンボを色数分重ねて作成し、オーバープリントの設定を行います。

特色2色の場合

作成したトンボの色を特色に変更します。
トンボをコピー&前面へペーストし、同じ位置に重ねます。
重なったトンボに、別の特色を設定し、属性パレットから「線にオーバープリント」のチェックを設定します。

おわりに

Illustratorでトンボ(トリムマーク)の設定を行う手順と注意点について解説しました。
トンボ(トリムマーク)は名刺やポストカード、フライヤー等、様々な印刷物を出力する際に必ず必要になるものです。また、線の設定を入れたままトンボ(トリムマーク)を作ると、サイズがズレてしまうので注意してください。

おつかれさまでした。

次回はレイアウト用紙の作成とガイドの作成・活用について解説します。
名刺やポストカードをはじめ、様々なサイズの印刷用レイアウト用紙をゼロから自作する方法です。

【Illustrator】イラレで名刺サイズのレイアウト用紙をゼロから作る方法【無料テンプレ有】
Illustratorを最安で導入するには

Illustrator(イラストレーター)を持っていない方向けに最安価格での導入について解説します。
各種通販サイト等で取り扱われていますが、結局Adobe公式サイトが最安値かつ安全です。

オススメはコンプリートプラン

単品よりも圧倒的にお得で便利なCreative Cloudコンプリートプランがオススメです。
アプリ単体を2つ3つ使うと費用がコンプリートプランと同等かそれ以上になります。

制作はPhotoshop、Illustrator、Lightroom、InDesign、Acrobat、etc…複数のアプリを使い分けながら作る事が多いです。
Illustratorで作業をしている際に「Photoshopなら効率的に作れるのに…」、「完成したデザインをPDFで複数ページに冊子形式にしたいなぁ…」という事は頻繁にあります。
なのでデザイナーにとって最低限Photoshop、Illustrator、Acrobatは必要です。

それならいっそ初めからコンプリートプラン を選択する方が断然便利でお得ですよ。

学生・教職員なら

学生や教職員の方にオススメなのが
65%OFFはデカイです!
アプリ1本分の価格で全てが使えます。

Illustrator単品なら

Illustrator単体ならがあります。
ソフト1本当たりの価格はコンプリートプラン と比べて割高ですが、Illustratorだけ使われたい場合はオススメです。

ゼロイラもくじ

ゼロから始めるIllustratorのもくじです。

ゼロから始めるIllustrator目次
【導入編】ゼロから始めるIllustrator
最安値でイラレを購入する方法と導入方法
イラレでよく使う機能15選 for 初心者
イラレ全ショートカット一覧
Illustratorとは・DTPの基礎知識
操作画面、新規作成と保存、各種ファイル形式
オブジェクトの作成と選択、構造
イラレの塗りと線について
イラレのカラーモードについて
RGBからCMYKへ変換する方法
整列と分布について徹底解説
オブジェクト重ね順について徹底解説
数値入力によるオブジェクトの作成と操作
レイヤーの概念と操作を分かりやすく徹底解説
オブジェクトの色々なコピペ方法
ペンツールの基本操作とパスの編集
ペンツールを使ったトレースのテクニック①
ペンツールを使ったトレースのテクニック②
グラデーションツールを極める
メッシュツール・グラデーションメッシュの使い方
ブラシツール・塗りブラシツールの使い方と違い
消しゴムツール・はさみツール・ナイフの使い方
パスファインダーの機能全てを徹底解説
ブレンドツールを使ったオブジェクト作成
回転ツールと回転コピーの使い方
リフレクトツールの使い方
歯車や花、本など色々な図形を作る方法
文字ツールの基本的な使い方
文字を装飾する・アピアランスの設定
文字で画像をマスクする
アピアランスを使って線を設定・線をデザインする
クリッピングマスクの使い方を徹底解説
ライブトレースを徹底解説
ライブペイントを徹底解説
イラレで略地図を作る
編集しやすい角丸長方形の作り方
トンボ(トリムマーク)の設定と塗り足し
名刺サイズのレイアウト用紙の作成とガイドの作成・活用
ポートフォリオ用のテンプレート
ゼロイラの目次一覧
SCROLL
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

IllutratorとPhotoshopの使い方をゼロから解説する「ゼロから始めるIllustrator」と「ゼロから始めるPhotoshop」の目次リンクです。
本業が教えるイラレとフォトショ講座の目次は下記からどうぞ。