【デザイン学生必見!】ポートフォリオをゼロから作ろう!

【Illutrator】消しゴムツール・はさみツール・ナイフの使い方と違いを解説

Illutrator(イラストレーター)の消しゴムツール・はさみツール・ナイフの使い方と各ツールの違いについて解説します。
オブジェクトを消したり分断する際に活躍するツール類をイラレ初心者の方にも分かりやすく徹底解説!

では早速始めましょう!

消しゴムツールについて

まずは消しゴムツールについて解説していきます。
直感的にオブジェクトを消すことができる便利なツールです。

Illustratorを導入しましょう
当記事の内容を実践するにはIllustratorが必須です。
未導入の方はIllustrator公式サイトからダウンロードしておきましょう。(7日間の無料体験が可能)
なお、AdobeCCのプランはコチラの記事で徹底解説しています。

消しゴムツールの使い方

STEP.1
消しゴムツールを選択する
[ 消しゴムツール ] を選択します。
ショートカットは [ Shift + E ] です。
STEP.2
オブジェクトの消したい部分をなぞる
あとは消したい対象のオブジェクトを消しゴムツールでなぞるだけです。
なぞった個所が消えます。
OMAKE.1
ブラシサイズを変更する
消しゴムツールの便利なサイズ変更方法です。
キーボードの ] でブラシサイズを大きく。
キーボードの [ でブラシサイズを小さく。
上記キーはEnterのすぐ左にあります。

※Photoshopの消しゴムツールも同様のショートカットです。

消しゴムツールの挙動

オブジェクトの条件を変えて消しゴムツールの挙動を確認してみましょう。

クローズパスで塗りのオブジェクト

クローズパスで塗りのオブジェクトに消しゴムツールを使った例です。
[ Ctrl + Y ] (Macは [ Command + Y ] ) でアウトライン表示した図を見ても特に変わった点はありません。

クローズパスで線のオブジェクト

クローズパスで線のオブジェクトに消しゴムツールを使った例です。
こちらも [ Ctrl + Y ] (Macは [ Command + Y ] ) でアウトライン表示した図を見ても特に変わった点はありません。

オープンパスで塗りのオブジェクト

オープンパスの状態でオブジェクト内部を消しゴムツールでなぞると自動的にクローズパスになります。
始点と終点のアンカーポイントが連結されていることが確認できます。

オープンパスで線のオブジェクト

オープンパスの状態でオブジェクト内部を消しゴムツールでなぞっても何も起こりません。オープンパスなので線以外にオブジェクトが「無い」と判定されているからです。
線の上をなぞるとなぞった部分が消えます。

[ Ctrl + Y ] (Macは [ Command + Y ] ) でアウトライン表示した図を見ると線が分断されていることが分かります。

消しゴムツールオプションでブラシの形状を変更

[ 消しゴムツールオプション ] を活用するとブラシの形状を真円以外に変える事ができます。

消しゴムツールオプションは下記手順で開けます。
[ ツールバーの消しゴムツール上をダブルクリック ] → [ 消しゴムツールオプション ]

はさみツールの使い方

STEP.1
はさみツールを選択する
ツールバーから [ はさみツール ] を選択します。
ショートカットは [ C ] です。

[ 消しゴムツール ] の上を左クリック押しっぱなしにすると [ はさみツール ] が表示されます。
STEP.2
セグメント上をクリック
対象オブジェクトのセグメント(アンカーポイント同士を繋いでいる線)上を [ はさみツール ] でクリックします。

クリックした箇所にアンカーポイントが追加され、尚且つセグメントを分断してくれます。
STEP.3
2か所以上クリックすると別オブジェクトに
[ はさみツール ] で2か所クリックするとオブジェクトを分ける事ができます。

分断したオブジェクトを [ 選択ツール ] で動かすこともできます。

ナイフツールの使い方

STEP.1
ナイフを選択する
Illustratorを未導入の方はIllustrator公式サイトで入手できます。

ツールバーから [ ナイフ ] を選択します。
[ 消しゴムツール ] 上を左クリック押しっぱなしにすると [ ナイフ ] が表示されます。
STEP.2
好きな形でなぞる
対象オブジェクトを [ ナイフ ] でなぞります。
するとなぞったラインに沿ってオブジェクトが分断されます。
STEP.3
分割後は移動可能
[ 選択ツール ] で移動させるとオブジェクトが分かれていることが確認できます。
分割したオブジェクトは個別で色の設定ができます。
OMAKE.1
複雑ななぞり方をした場合
ナイフで一度にこんな風になぞってみると…
OMAKE.2
分割完了
一度で分割することができます。

[ 選択ツール(V) ] を使えば移動できます。
パスファインダーの分割も同様
ナイフはパスファインダーの分割と同様の挙動です。なおパスファインダーの詳しい使い方は左記で紹介しております。

高品質なポートフォリオテンプレート

AI形式の商用利用可能で高品質なポートフォリオテンプレートです。
就職活動や作家活動をする上で必要不可欠なポートフォリオ制作を圧倒的短時間で終わらせられるチートアイテムですよ。
ポートフォリオ制作で間違いなく役立つテンプレートです。

#01 Clean Corporate Brochure and with Yellow and Dark Accents

黄色と濃いグレーのツートンカラーで構成されたカッコいい系のポートフォリオ用テンプレートです。
様々なレイアウトパターンが収録されているので、簡単にページ内に変化が付けられます。

ダウンロードする

#02 Minimalist Portfolio Brochure Layout

ミニマルデザインで構成されたポートフォリオテンプレートです。余計な装飾が無く、どんなポートフォリオのベースにも流用可能。
20ページ収録されており、豊富なレイアウトパターンから選べます。

ダウンロード

#03 Multipurpose Abstract Corporate Brochure with Blue Accents

青色系で構成されたポートフォリオ用テンプレートです。
レイアウトパターンやアイコン類も豊富で、文字と画像を差し替えるだけで簡単にオリジナルポートフォリオへ昇華できます。

ダウンロードする

#04 Brand Proposal Business Brochure with Clean Layout

黄色と濃いグレーの配色がかっこいいポートフォリオテンプレートです。
各ページのデザインも統一されており、テキストと画像を入れ替えるだけでポートフォリオが完成します。
16ページ収録、ボリュームも申し分ありません。

ダウンロード

ポートフォリオテンプレートまとめ
下記で高品質なポートフォリオを短時間で作れる便利なテンプレートを紹介しています。
商用利用可能、画像と文章を差し替えるだけで面倒なポートフォリオの完成!

ワンランク上のテンプレート素材

Illustratorのスキルアップをする上で、プロが作成した生データを研究する事は重要です。

下記記事でプロが作成した高品質で汎用性の高いテンプレート素材を紹介しています。
全て商用利用可能、テキストや画像を変えるだけでプロの品質が出せます。

制作の手間を劇的に軽減するだけでなく、スキルアップの教材としても活用できますよ!


AI形式で作られた高品質なフライヤーのテンプレート50選です。画像と文字を差し替えるだけ、超短時間でハイクオリティなフライヤーが作成可能!
様々なフライヤーのテンプレート50選


デザイン制作を学ぶ導入編としてオススメの名刺デザイン。
想像だけで作るとイマイチになりがちですが、良質なテンプレートを元に作るだけで吸収できる情報の質が段違い!
相手に舐められない名刺テンプレート50選


例えばクリエイターの就職や転職に必須のポートフォリオ。
プロのテンプレートでレイアウトや余白、文字サイズを簡単に研究可能。内定獲得の可能性が格段にアップします!
厳選!ポートフォリオ用テンプレート35選


ロゴ作成とIllustratorの相性は抜群!
ロゴ制作の効率化だけでなく、アイディアやデータの作り方を学習・研究するための良質な教材だらけですよ。
ハイクオリティなロゴテンプレート50選


単なる白黒のテキストを高品質なロゴのようなグラフィックにできるエフェクトです。
ロゴ・見出しなどキャッチなオリジナルタイトルを一瞬で作成できる優秀な素材ばかり!
商用利用が可能で高品質なテキストエフェクト50選


継ぎ目が無い高品質な背景素材50選です。
全て商用利用OK!作品の密度を一気に高める事ができる汎用性の高い素材ばかりです。
商用利用できる高品質なシームレス背景パターン50選


良質な素材をもっと見る
上記で紹介しているテンプレートはごく一部。
下記記事で良質な素材を紹介しております。併せてチェックしてください!

おわりに

以上、Illustrator(イラストレーター)の消しゴムツール・はさみツール・ナイフの使い方と違いについてでした。

ツールバーでは同じ個所にまとめられているツールですが、各々使い方が全く異なります。
用途を使い分けて制作の効率化に役立ててください。

ではまた!

InDesignは活用されていますか?
Illustratorだけでなく、InDesign(インデザイン)も活用されているでしょうか?
ポートフォリオ制作はイラレよりInDesignの方が効率的に作成できます。
まだInDesignを導入されていない方はAdobe公式サイトから入手できます。
高品質で商用利用可能なポートフォリオテンプレート36選はコチラ
Illustratorの操作方法

イラレ基本操作

【導入編】ゼロから始めるIllustrator
Adobe Creative Cloudの料金プランやオススメプランを徹底解説
イラレでよく使う機能15選 for 初心者
イラレ全ショートカット一覧
Illustratorとは・DTPの基礎知識
操作画面、新規作成と保存、各種ファイル形式
オブジェクトの作成と選択、構造
イラレの塗りと線について
イラレのカラーモードについて
RGBからCMYKへ変換する方法
整列と分布について徹底解説
オブジェクト重ね順について徹底解説
数値入力によるオブジェクトの作成と操作
レイヤーの概念と操作を分かりやすく徹底解説
オブジェクトの色々なコピペ方法
ペンツールの基本操作とパスの編集
文字ツールの基本的な使い方
文字を装飾する・アピアランスの設定
文字で画像をマスクする
グラデーションツールを極める
メッシュツール・グラデーションメッシュの使い方
ブラシツール・塗りブラシツールの使い方と違い
消しゴムツール・はさみツール・ナイフの使い方
パスファインダーの機能全てを徹底解説
ブレンドツールを使ったオブジェクト作成
回転ツールと回転コピーの使い方
リフレクトツールの使い方
クリッピングマスクの使い方を徹底解説
トンボ(トリムマーク)の設定と塗り足し
ライブトレースを徹底解説
ライブペイントを徹底解説
編集しやすい角丸長方形の作り方
アートボードツールの使い方
パペットワープツールの使い方
リシェイプツールの使い方
線幅ツールを使いこなそう
ワープツールをはじめとした線幅ツールの派生ツール
スライスツールを使った超効率的な画像の書き出し
拡大・縮小ツールの使い方とテクニック
シアーツールの使い方と応用例
自由変形ツールの使い方

バナーやデザイン関連

【就活生向け】ポートフォリオ用テンプレート
サイズ違いのバナー広告を効率的に作る方法
名刺サイズのレイアウト用紙の作成&ガイドの有効的な活用法
オリジナル名刺をデザインして入稿用データを作ろう!
入稿用AIデータの作成方法と注意点について
【AI】ニーアオートマタのUI風ポートフォリオ用テーマ
【AI】ニーアオートマタのUI風エミールの名刺

絵作り

変形を使って水玉模様(ドット柄)や精密なパターン柄を作る方法
ペンツールを使ったトレースのテクニック①
ペンツールを使ったトレースのテクニック②
アピアランスを使った線の設定・線のデザイン
汎用性抜群な略地図の作り方
【鬼滅の刃】炭治郎の耳飾りをイラレで作る方法for初心者
レース柄やレースリボンブラシの作り方を徹底解説
ラフな手描き風の線にする方法
ブレンドと変形効果を使った螺旋状のドット模様の作り方
大阪の謎「連絡まつ村」のシールを作ってみよう【AI配布中】
マーブル模様の作り方を徹底解説forイラレ初心者
ハーフトーン(網点)の作り方と応用
集中線(スピード線)の作り方を徹底解説

アイコン・ロゴ制作

歯車や花、本など色々な図形を作る方法
【全2回】ラノベ風ロゴの作り方【サンプルAI有り】
ファビコンの作り方をデザインパターン別に徹底解説
アイソメトリック文字の作り方【3D・押し出し・ベベル】
リアルなネオンサインの作り方を徹底解説
レトロな雰囲気のロゴを作る方法
高品質な金(ゴールド)表現の作り方
長い影(ロングシャドウ)の作り方2選
デボス加工風カットアウトの作り方
燃えさかる炎をまとった文字の作り方
刺繍(ステッチ)表現の作り方
黒板に描かれたチョーク文字やイラストを再現する方法
真っ二つにスライスされたオブジェクトを作る方法
色ずれをイラレで再現する方法
1980年代レトロフューチャー風ロゴの作り方
レトロゲームのドットテキストを簡単に作る方法

追加機能・その他機能

アナログ画材風の無料ブラシ36選
ブラシ素材の登録方法
スウォッチの登録方法や使い方を徹底解説
グラフィックスタイルの追加・編集方法
ツールバーを編集する方法
スポイトツールでアピアランスをコピーする方法と注意点
別のAIファイルをAI内に配置・編集する方法
ブラックのアピアランスを正しく設定
「最近使用したもの」を非表示にする方法
遠近グリッドを消す方法と基本的な使い方

ゼロイラの目次一覧
SCROLL
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!