【デザイン学生必見!】ポートフォリオをゼロから作ろう!

【Illustrator】効果の使い方を徹底解説forイラレ初心者

Webデザイナー、UI/UXデザイナーの@sdesignlaboです。

Illustrator(イラストレーター)の効果メニューの使い方をイラレ初心者の方に詳しく解説いたします。

ペンツールや長方形ツール等で描いたオブジェクト、文字ツールで入力した文字オブジェクト等に様々な変化を加えられる効果の使い方の基礎から応用まで学習できるコンテンツです。

Webデザインやバナー制作、チラシや名刺をはじめとした印刷物の制作にUIデザインなど、様々なクリエイティブに役立つ効果を使いこなせるようになります。
Illustratorを始められる方、より詳しくイラストレーターの使い方を学びたい方にオススメですよ!

効果で何ができるの?

Illustratorの効果を活用したグラフィックの作例です。
元はシンプルな単色オブジェクトですが、効果を組合わせる事で形状や質感などを別物に変化できます。

複雑に効果を組合わせる事で燃えさかる炎のようなテキストエフェクトも作成可能!
イラレを使ったグラフィック制作で必ず使う機能の一つなので是非マスターしましょう!

効果の使い方

それではIllustratorの効果の基本操作と応用操作を解説します。
イラレ初心者の方にも再現できるように詳しく解説いたします!

Illustratorを導入しましょう
当記事の内容を実践するにはIllustratorが必須です。
未導入の方はIllustrator公式サイトからダウンロードしておきましょう。(7日間の無料体験が可能)
なお、AdobeCCのプランはコチラの記事で徹底解説しています。

効果の場所

Illustrator画面上部の [ 効果 ] にあります。

大別してIllustrator効果、Photoshop効果があり、非常に多くの効果メニューが収録されています。
[ アピアランス ] 左下の [ fx ] をクリックすると効果が収録されています。

※画面上部の [ ウィンドウ ] → [ アピアランス ] で表示可。
ショートカットは [ Shift + F6

アピアランスパネルを使うと線や塗りに対して効果が適用でき、より細やかなデザインが可能になります。
※アピアランスの詳しい使い方はコチラの記事です。

効果の基本的な使い方

効果メニューの基本操作です。
イラレで必要不可欠な機能なので是非マスターしてください。

STEP.1
オブジェクトを作成
イラレ未導入の方は事前にIllustrator公式サイトから入手しておきましょう。

まず、効果を適用したいオブジェクトを作成します。
STEP.2
効果を適用
画面上部の [ 効果 ] をクリックすると様々な効果が収録されています。

サンプルは [ スタイライズ ] → [ ドロップシャドウ ] を適用。
ドロップシャドウの詳細設定画面が開き、下記設定ができます。

描画モード
不透明度
X軸オフセット、Y軸オフセット
ぼかし
カラー、濃さ

設定後は [ OK ] をクリック。
STEP.3
効果が適用
対象のオブジェクトにドロップシャドウが適用されました。
STEP.4
複数の効果を重ねられる
ドロップシャドウを適用したオブジェクトに例えば [ 効果 ] → [ ワープ ] → [ 上弦 ] を追加してみます。
先に追加したドロップシャドウと同様、ワープオプションが開いて詳細設定ができます。

スタイル、カーブ、水平方向と垂直方向の変形が設定可。
すると左図のように複数の効果を重ねる事ができ、より複雑な表現が可能になります。

効果を編集する方法

STEP.1
対象オブジェクトを選択
効果を適用しているオブジェクトを [ 選択ツール ] で選択しておきます。
※選択ツールのショートカットは [ V ]
STEP.2
アピアランスを表示
[ アピアランス ] を確認すると左図のように効果が適用されている事が確認できます。

※アピアランスが非表示の場合は画面上部の [ ウィンドウ ] → [ アピアランス ] で表示できます。
ショートカットは [ Shift + F6 ]

編集したい効果をクリックします。
サンプルは [ ドロップシャドウ ] を編集します。
するとドロップシャドウの編集画面が開き、再編集できます。
お好みの設定にしたら [ OK ] をクリック。
STEP.3
効果の編集が完了
以上でIllustratorの効果を再編集する事ができました。
効果を非表示・削除する方法
効果が不要な場合は [ クリックで表示の切り替え ] で非表示にするか、アピアランス右下のゴミ箱アイコン上へ効果をドラッグ&ドロップすると削除できます。

また、ドラッグ&ドロップで線や塗り、効果などの並び順を簡単に変える事も出来ます。

ドキュメントのラスタライズ効果設定

STEP.1
スタイライズ効果を設定する
Illustrator効果のスタイライズ(ぼかし、ドロップシャドウ、光彩(内側)、光彩(外側) )やPhotoshop効果を使用する際の設定を行ってみましょう。
サンプルは三日月のオブジェクトに [ 効果 ] → [ スタイライズ ] → [ 光彩(内側) ] を適用しました。
STEP.2
ドキュメントのラスタライズ効果設定
[ 効果 ] → [ ドキュメントのラスタライズ効果設定 ] をクリックしましょう。
ドキュメントのラスタライズ効果設定が開き、下記設定が可能。

カラーモード
解像度
背景
オプション
STEP.3
違いを見比べる
ドキュメントのラスタライズ効果設定を変えた違いです。
解像度:72ppi アンチエイリアス無し
解像度:300ppi アンチエイリアス有り

低解像度の効果はピクセルが見えています。
基本的に解像度は高めにしておき、アンチエイリアス有りがオススメですよ。

アピアランスの活用が便利

STEP.1
アピアランスの効果
Illustrator画面上部の [ 効果 ] だけでなく、アピアランス左下の [ fx ] でも効果を追加できます。
STEP.2
アピアランスで効果を追加
アピアランスを使う利点として、線や塗り単体に対して別の効果を付与できます。
イラレでより複雑な表現を作る上で非常に強力な機能、それがアピアランスです。
STEP.3
塗りや線を複数追加可能
通常のオブジェクトは塗りと線が一つしか存在しません。

しかしアピアランスを使えば複数の塗りや線を追加でき、各要素に対して効果を適用できます。
左図は線の設定を追加し、太さと色を変更した例です。
左図のような表現もアピアランスを使えば簡単に作れます。
Illustratorで効果を使う場合はアピアランスの [ fx ] から追加する事をオススメします。
アピアランスを極めよう
アピアランスの使い方の基礎から応用まで、イラレ初心者の方に徹底解説しています。より高度なIllustratorテクニックを学習できるコンテンツをチェックされてみませんか?

アピアランスを分割

アピアランスの分割は、例えば効果を使ったデザインを外部の印刷業者へ入校する際に使います。
要は全く違う他者のPC環境でも同じデザインが読み込めるようにする為の処理ですね。

例えば効果やアピアランスの設定をバージョン違いのIllustratorで読み込むと正常に表示されない可能性があり、それを回避する為の手段です。

STEP.1
効果オブジェクトを確認
効果を適用したオブジェクトをアウトライン表示にすると元のシンプルなオブジェクトである事が確認できます。

例えばワープで変形させた形状を直接 [ ダイレクト選択ツール ] 等で編集したい時ってありますよね。
そのような編集を実現する方法です。
STEP.2
アピアランスを分割する
対象オブジェクトを [ 選択ツール ] で選択しておきます。

画面上部の [ オブジェクト ] → [ アピアランスを分割 ] をクリックします。
STEP.3
アピアランスを分割できた
アピアランスを分割したオブジェクトです。
アウトライン表示にするとパスの形状自体がワープで設定されたオブジェクトと一致しました。

これで [ ダイレクト選択ツール ] 等を使って直接編集できるようになりました。
アピアランスを分割すると元に戻せない
[ アピアランスを分割 ] を適用すると、アピアランスで効果が編集できる状態に戻せません。再編集が必要な場合を考慮し、コピーしたオブジェクトに対してアピアランスを分割する事をオススメします。

アピアランスを分割(ピクセル画像)

先に紹介したアピアランスの分割を一部の効果に適用すると画像化されます。
その設定や編集方法について解説します。

STEP.1
ピクセル画像に変換
オブジェクトにIllustrator効果のスタイライズ(ぼかし、ドロップシャドウ、光彩(内側)、光彩(外側) )やPhotoshop効果などを適用します。
サンプルは [ 効果 ] → [ スタイライズ ] → [ ドロップシャドウ ] を適用しました。

その後に [ オブジェクト ] → [ アピアランスを分割 ] を適用。
※アピアランス分割をする前にオブジェクトのコピーをしておきましょう。
STEP.2
オブジェクトを確認
オブジェクトがグループ化されているので [ Shift + Ctrl + G ] (Mac:Shift + ⌘ + G) でグループ解除をします。

右クリックメニューから [ グループ解除 ] でも可。
少し位置をズラすと手前にパスオブジェクト、背面にピクセル画像に変換されたオブジェクトが存在する事が確認できます。
OMAKE
ラスタライズする方法
ドロップシャドウ等を適用したオブジェクトに対して [ オブジェクト ] → [ ラスタライズ ] を適用します。
カラーモード、解像度、背景、オプション等を設定します。

サンプルは下記設定です。
カラーモード:CMYK
解像度:高解像度(300ppi)
背景:透明
アンチエイリアス:アートに最適(スーパーサンプリング)
特色を保持にチェック
するとドロップシャドウ部分だけでなく、手前のパスオブジェクトも全てを含めてラスタライズできます。

Illustratorで個別オブジェクトを画像化したい時に便利な機能です。
効果メニューのラスタライズ
[ 効果 ] → [ ラスタライズ ] を行うとパスオブジェクトを効果設定でラスタライズする事ができます。効果なので不要な時は削除・非表示で元に戻せます。

あまり使う機会の無い機能ですが、ピクセル感のある表現をしたい時に活用できますよ。

代表的な効果の適用例

Illustratorの効果でよく使いそうな代表的な機能を使ったサンプルです。

スタイライズ

ぼかし、ドロップシャドウ、光彩(内側)、光彩(外側)など、Illustratorで作成したオブジェクトに影を落としたり光らせたりする際に使う効果です。
質感付与をする際に活用する場合が多いですよ。

※画質が [ ドキュメントのラスタライズ効果設定 ] の解像度に左右されます。

パスの変形

これもイラレでよく使うパスの変形効果です。
ジグザグ、パスの自由変形、パンク・膨張、ラフ、ランダム・ひねり、変形、旋回など、手作業だと大変なオブジェクトの変形を簡単にできる効果です。
オブジェクトの基本形状を作る際に活用する場合が多いですよ。

ワープ

Illustratorで定番のワープ効果です。
円弧、上弦、下弦、アーチ、でこぼこ、貝殻(下向き)、貝殻(上向き)、旗、波形、魚形、上昇、魚眼レンズ、膨張、絞り込み、旋回など、オブジェクトをよく使う形状へ簡単に変形できる効果です。
例えば文字オブジェクトをアーチ状に変形させてロゴデザインをするなど、基本的な変形を簡単・キレイにできる機能ですよ。

Photoshop効果ってどうなの?
大別してIllustrator効果とPhotoshop効果があります。Illustratorしかない場合はPhotoshop効果は大いに役立ちます。しかしPhotoshopを持っている場合は、私個人としてはPhotoshopで行う方が効率的だと考えています。
要は「餅は餅屋」ですね。

※Photoshopの使い方はコチラで詳しく解説しています。

効果でテキストエフェクトを作る

下記はIllustratorのアピアランスや効果を組合わせて作成したテキストエフェクトの作例です。
ロゴや見出しをはじめとしたデザイン制作に使えるテクニックです。
イラレを使ったグラフィック制作のテクニックを深く学習されたい方は是非ご覧ください。

イラレのエフェクト作成テクニック
Illustratorで様々な質感のテキストエフェクトをゼロから自作する方法を解説しています。

高品質なポートフォリオテンプレート

紙媒体やPDF形式で作成したポートフォリオの品質を手っ取り早く高めるには、高品質なテンプレートの活用が最も効率的かつ効果的です。

商用利用可能で高品質テンプレートばかり厳選!
今まで意識しなかった多くの「気づき」に出会えますよ。

※なお、ポートフォリオ制作はInDesign(インデザイン)を使うのが最も効率的です。
コチラでインデザ初心者の方向けにポートフォリオテンプレートの使い方を詳しく解説しております。

#01 Pink Portfolio Layout

ピンク系のキレイ目カワイイ風ポートフォリオ用テンプレートです。InDesign形式なので文字と画像の差し替えが超楽!
2時間あればポートフォリオが作れます。
編集にはInDesignが必須、未導入の方はInDesign公式サイトから入手しておきましょう。

ダウンロードする

#02 Portfolio Layout with Gray Accents

モノトーン系でどんな作風にも合うポートフォリオ用テンプレートです。イラスト、写真、建築、Web、グッズ…テンプレ選びに迷ったらコレがオススメ!
A4に印刷したポートフォリオ、PDF形式、どちらも短時間で作成可能です。

ダウンロードする

#03 Portfolio Layout with Yellow Accents

黄色が鮮やかでキレイなポートフォリオテンプレートです。
爽やかな画風のイラストにもピッタリ!
クセが無く、ベースデザインとして非常に扱いやすいテンプレートの一つです。

ダウンロードする

#04 Portfolio Template in Pale Green and Mint

収録されているレイアウトパターンが非常に豊富なポートフォリオ用テンプレートです。
作品を大きく見せる、制作過程を見せる、複数見せる、横長作品を画面内に綺麗に収める等、どんなパターンにも当てはめる事が可能ですよ。

ダウンロードする

#05 Minimalist Portfolio Layout

ポートフォリオの表紙には必ずメインビジュアルを入れないとダメか?そんな事はありません。
単色に文字だけで構成した表紙も素敵です。
ページ中身のレイアウトパターンも豊富、あえて表紙をシンプルにする手法もアリですよ。

ダウンロードする

紹介しきれなかったポートフォリオテンプレートや素材
上記のテンプレートはほんの一部。
下記リンクで多数の高品質なポートフォリオテンプレートを紹介しています!

ワンランク上のテンプレート素材

Illustratorのスキルアップをする上で、プロが作成した生データを研究する事は重要です。

下記記事でプロが作成した高品質で汎用性の高いテンプレート素材を紹介しています。
全て商用利用可能、テキストや画像を変えるだけでプロの品質が出せます。

制作の手間を劇的に軽減するだけでなく、スキルアップの教材としても活用できますよ!


AI形式で作られた高品質なフライヤーのテンプレート50選です。画像と文字を差し替えるだけ、超短時間でハイクオリティなフライヤーが作成可能!
様々なフライヤーのテンプレート50選


デザイン制作を学ぶ導入編としてオススメの名刺デザイン。
想像だけで作るとイマイチになりがちですが、良質なテンプレートを元に作るだけで吸収できる情報の質が段違い!
相手に舐められない名刺テンプレート50選


例えばクリエイターの就職や転職に必須のポートフォリオ。
プロのテンプレートでレイアウトや余白、文字サイズを簡単に研究可能。内定獲得の可能性が格段にアップします!
厳選!ポートフォリオ用テンプレート35選


ロゴ作成とIllustratorの相性は抜群!
ロゴ制作の効率化だけでなく、アイディアやデータの作り方を学習・研究するための良質な教材だらけですよ。
ハイクオリティなロゴテンプレート50選


単なる白黒のテキストを高品質なロゴのようなグラフィックにできるエフェクトです。
ロゴ・見出しなどキャッチなオリジナルタイトルを一瞬で作成できる優秀な素材ばかり!
商用利用が可能で高品質なテキストエフェクト50選


継ぎ目が無い高品質な背景素材50選です。
全て商用利用OK!作品の密度を一気に高める事ができる汎用性の高い素材ばかりです。
商用利用できる高品質なシームレス背景パターン50選


良質な素材をもっと見る
上記で紹介しているテンプレートはごく一部。
下記記事で良質な素材を紹介しております。併せてチェックしてください!

おわりに

以上、Illustrator(イラストレーター)の効果の基本操作と応用操作についてでした。

効果はイラストレーターを使ったクリエイティブを行う上でよく使う機能の一つです。
効率的なグラフィック作成をする上で必要不可欠なので必ず効果の操作をマスターしておきましょう!

併せてアピアランスの操作方法もマスターしておくと複雑なテキストエフェクトも自作できますよ。

ではまた!

InDesignは活用されていますか?
Illustratorだけでなく、InDesign(インデザイン)も活用されているでしょうか?
ポートフォリオ制作はイラレよりInDesignの方が効率的に作成できます。
まだInDesignを導入されていない方はAdobe公式サイトから入手できます。
高品質で商用利用可能なポートフォリオテンプレート40選はコチラ
Illustratorの操作方法

イラレ基本操作

【導入編】ゼロから始めるIllustrator
Adobe Creative Cloudの料金プランやオススメプランを徹底解説
イラレでよく使う機能15選 for 初心者
イラレ全ショートカット一覧
Illustratorとは・DTPの基礎知識
操作画面、新規作成と保存、各種ファイル形式
オブジェクトの作成と選択、構造
イラレの塗りと線について
イラレのカラーモードについて
RGBからCMYKへ変換する方法
整列と分布について徹底解説
オブジェクト重ね順について徹底解説
数値入力によるオブジェクトの作成と操作
レイヤーの概念と操作を分かりやすく徹底解説
オブジェクトの色々なコピペ方法
ペンツールの基本操作とパスの編集
文字ツールの基本的な使い方
文字を装飾する・アピアランスの設定
文字で画像をマスクする
グラデーションツールを極める
メッシュツール・グラデーションメッシュの使い方
ブラシツール・塗りブラシツールの使い方と違い
消しゴムツール・はさみツール・ナイフの使い方
パスファインダーの機能全てを徹底解説
ブレンドツールを使ったオブジェクト作成
回転ツールと回転コピーの使い方
リフレクトツールの使い方
クリッピングマスクの使い方を徹底解説
トンボ(トリムマーク)の設定と塗り足し
ライブトレースを徹底解説
ライブペイントを徹底解説
編集しやすい角丸長方形の作り方
アートボードツールの使い方
パペットワープツールの使い方
リシェイプツールの使い方
線幅ツールを使いこなそう
ワープツールをはじめとした線幅ツールの派生ツール
スライスツールを使った超効率的な画像の書き出し
拡大・縮小ツールの使い方とテクニック
シアーツールの使い方と応用例
自由変形ツールの使い方

バナーやデザイン関連

【就活生向け】ポートフォリオ用テンプレート
サイズ違いのバナー広告を効率的に作る方法
名刺サイズのレイアウト用紙の作成&ガイドの有効的な活用法
オリジナル名刺をデザインして入稿用データを作ろう!
入稿用AIデータの作成方法と注意点について
【AI】ニーアオートマタのUI風ポートフォリオ用テーマ
【AI】ニーアオートマタのUI風エミールの名刺

絵作り

変形を使って水玉模様(ドット柄)や精密なパターン柄を作る方法
ペンツールを使ったトレースのテクニック①
ペンツールを使ったトレースのテクニック②
アピアランスを使った線の設定・線のデザイン
汎用性抜群な略地図の作り方
【鬼滅の刃】炭治郎の耳飾りをイラレで作る方法for初心者
レース柄やレースリボンブラシの作り方を徹底解説
ラフな手描き風の線にする方法
ブレンドと変形効果を使った螺旋状のドット模様の作り方
大阪の謎「連絡まつ村」のシールを作ってみよう【AI配布中】
マーブル模様の作り方を徹底解説forイラレ初心者
ハーフトーン(網点)の作り方と応用
集中線(スピード線)の作り方を徹底解説

アイコン・ロゴ制作

歯車や花、本など色々な図形を作る方法
【全2回】ラノベ風ロゴの作り方【サンプルAI有り】
ファビコンの作り方をデザインパターン別に徹底解説
アイソメトリック文字の作り方【3D・押し出し・ベベル】
リアルなネオンサインの作り方を徹底解説
レトロな雰囲気のロゴを作る方法
高品質な金(ゴールド)表現の作り方
長い影(ロングシャドウ)の作り方2選
デボス加工風カットアウトの作り方
燃えさかる炎をまとった文字の作り方
刺繍(ステッチ)表現の作り方
黒板に描かれたチョーク文字やイラストを再現する方法
真っ二つにスライスされたオブジェクトを作る方法
色ずれをイラレで再現する方法
1980年代レトロフューチャー風ロゴの作り方
レトロゲームのドットテキストを簡単に作る方法

追加機能・その他機能

アナログ画材風の無料ブラシ36選
ブラシ素材の登録方法
スウォッチの登録方法や使い方を徹底解説
グラフィックスタイルの追加・編集方法
ツールバーを編集する方法
スポイトツールでアピアランスをコピーする方法と注意点
別のAIファイルをAI内に配置・編集する方法
ブラックのアピアランスを正しく設定
「最近使用したもの」を非表示にする方法
遠近グリッドを消す方法と基本的な使い方

ゼロイラの目次一覧
SCROLL
目次一覧
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!