#11 Illutrator トンボ(トリムマーク)の設定と塗り足し

こんにちは、「ゼロから始めるIllustrator」略して「ゼロイラ」の講座#11を始めます。

今回は「トンボ(トリムマーク)の設定と塗り足し」について解説していきたいと思います。

印刷を行う際に必要なトンボ(トリムマーク)を初心者の方にもわかりやすく解説します!

トンボ(トリムマーク)の役割と名称

センタートンボ

センタートンボは仕上り位置の天地左右の中心を表しています。
カタログや冊子など、複数ページで構成されている印刷物(頁物)で使うノンブル(ページ番号)位置の目安になります。

コーナートンボ

仕上りに対し、内側にある罫線は仕上り位置を表しています。
それと平行している外側の罫線は裁ち落とし(塗り足し)領域を表しています。

仕上り線

実際の印刷物の仕上がりサイズです。
仕上り線に沿って印刷物を断裁機で切り落とします。

裁ち落とし

背景いっぱいに写真や色を入れた場合、裁ち落としまで入れておかないと、仕上がり線にズレが生じた際に白い領域が見えてしまいます。
それを防ぐために裁ち落とし領域まで写真や背景色をいれておく必要があります。

トンボ(トリムマーク)の作成

トンボ(トリムマーク)を作成する方法です。

今回は高さ100mm幅100mmを仕上がりサイズにする事を前提としたトンボ(トリムマーク)を作ってみます。

[ 長方形ツール(M) ] → [ 画面クリック ] → [ 長方形ダイアログ ] → [ 幅と高さを100mm ]

上記の流れで100mmx100mmの正方形ができます。

[ 正方形のオブジェクトを選択ツール(V)で選択 ] → [ オブジェクト ] → [トリムマークを作成 ]でトンボ(トリムマーク)を作成できます。

なお効果メニューからもトリムマークを作る事もできます。

[ 正方形のオブジェクトを選択ツール(V)で選択 ] → [ 効果 ] → [ トリムマーク ]

オブジェクトのサイズを変更した際、効果のトリムマークだとオブジェクトのサイズに合わせてトリムマークの位置が変更されます。
外部に印刷を出す際に「分割・拡張」の処理が必要になりますので注意が必要です。

塗りと線の設定を無しにする

トンボ用のオブジェクトは塗りと線の設定を無しにしておきます。

もし線の設定を入れている場合は下記のように、線の太さ分、トンボの位置がズレてしまいますので注意してください。

塗り足しの処理

印刷後の断裁時に、わずかなズレでも紙の色があらわれてしまうのを避ける為に、仕上がり線いっぱいに背景色や画像を配置する場合は、仕上がり線よりもハミ出して塗り足しを行います。

通常製版寸法線までの3mm外側に配置します。

レイヤーの重なり順

トンボレイヤーにはトンボだけを入れて一番上に配置しておきます。
尚トンボレイヤーはロックしてきます。

特色印刷時のトンボ(トリムマーク)

CMYKおよびCMYK+特色の場合

レジストレーションカラーで作成されたトンボは、CMYK以外にも書類上で使用している特色の色も含まれて作成されます。

特色のみで作成する場合など

トンボを色数分重ねて作成し、オーバープリントの設定を行います。

特色2色の場合

作成したトンボの色を特色に変更します。

トンボをコピー&前面へペーストし、同じ位置に重ねます。

重なったトンボに、別の特色を設定し、属性パレットから「線にオーバープリント」のチェックを設定します。

Illutratorを導入するには

Illustrator(イラストレーター)を持っていない方は、下記から購入する事ができます。
断然オンラインコード形式がオススメ、購入したらすぐにダウンロード&使用可能です。

学生の方や教職員の方なら断然学割価格コンプリートプランがオススメです!
公式サイトよりも安く買うことができます。
Illutratorをはじめ、Photoshop等の様々なアドビ製品をお得に始める方にピッタリですよ。
12か月間使い倒しましょう!
上記以外の方は一般向けのコンプリートプランが最安値です。
Illutrator単品ならAdobe Illustrator CC|12か月版|パッケージ(カード)コード版があります。
Illutratorで自身の発想をドンドンビジュアル化し、デザイン制作を通して人生を大いに楽しみましょう!

コチラの記事Illustratorを最安で買う方法Illustratorの導入手順を解説しております。

おわりに

Illustratorでトンボ(トリムマーク)の設定を行う手順と注意点について解説しました。トンボ(トリムマーク)は名刺やポストカード、フライヤー等、様々な印刷物を出力する際に必ず必要になるものです。
また、線の設定を入れたままトンボ(トリムマーク)を作ると、サイズがズレてしまうので注意してください。

おつかれさまでした。

次回はレイアウト用紙の作成とガイドの作成・活用について解説します。

ゼロから始めるシリーズ総合目次

最新情報をチェックしよう!