【デザイン学生必見!】ポートフォリオをゼロから作ろう!

【InDesign】インデザインでできること、イラレとの違いforインデザ初心者

InDesign(インデザイン)でできることやIllustratorやPhotoshopとの違いについてインデザ初心者の方にも分かるよう詳しく解説します。
デザイン制作をより効率的に進めるための基礎知識なので理解しておきましょう!

InDesignはページレイアウトソフト

InDesign(インデザイン)はAdobe製のページレイアウトソフトです。
冊子などの複数ページの雑誌や本をデザインする際に活躍します。

上記はInDesign(インデザイン)で作れる制作物の例です。
(なおInDesign未導入の方はInDesign公式サイトから入手できます。)

雑誌や本、ポートフォリオ、チラシやパンフレット、プレゼンテーション資料などのページ物に最適です。
他にも名刺、チラシやパンフレット、Webデザインにも活用可能ですが、IllustratorやPhotoshopでも制作が可能です。

…と、実はページ物以外にも幅広いデザイン制作用途にも利用できます。

ポートフォリオを最速で作る方法
InDesignのポートフォリオテンプレートを活用してハイクオリティなポートフォリオを超短時間で作る方法を解説します。併せてチェックされてみませんか?

Illustratorとの違い

Illustratorでもページ物は作成可能です。

しかしノンブルや柱など、ページ物を作成する上で欠かせない要素を作る機能は備わっていません。
目次や索引、表組や特色の掛け合わせ等もIllustratorには備わっておらず、ページ物の作成には不向きです。

上記のようにIllustratorはロゴやアイコンなどのイラスト、名刺やペラのチラシや三つ折りパンフレット、Webデザイン等、そこまでページ数が多くないデザイン制作に適しています。
なお、Illustratorの用途について詳しくはコチラの記事で解説しています。


InDesignは個人利用だと、例えばポートフォリオなどページ数が多くなりがちな制作物に適しています。
ポートフォリオとは自身の作品を1つのファイルにまとめた作品集の事です。(詳しくはコチラ

デザイナーの方が就職活動や仕事を獲得する上で必要な不可欠なアイテムですよ。

ゼロからIllustratorを学ぼう
Illustratorの使い方をゼロから徹底解説しております。初心者の方でもプロレベルになれるコンテンツを併せてチェックされてみませんか?

Photoshopとの違い

有名なグラフィックソフトのPhotoshop(フォトショップ)との違いについてです。

Photoshopはグラフィック作成全般ができる、言わば最強のグラフィックソフトです。
画像や写真の加工、紙面やWebデザイン、UIデザイン、イラスト作成、ロゴ作成など、大抵の事は可能!

デザイン初心者からプロまで、とりあえずPhotoshopを入れておけば大方OKといったソフトです。

しかしIllustrator同様、ページ物は作れなくないですが不向きです。

ゼロからPhotoshopを学ぼう
Photoshopの使い方をゼロから徹底解説しております。初心者の方でもプロレベルになれるコンテンツを併せてチェックされてみませんか?

ソフトの使い分けが重要

IllustratorやPhotoshopの違いをパッと見ると、グラフィック作成全般ができるPhotoshop(フォトショップ)があれば…他のソフトは不要じゃね?と思われるかもしれません。

確かにPhotoshopは優秀過ぎるソフトですし、デザイン作業をする上で最も使います。

…かと言って何でもかんでもPhotoshopで行うのは非効率的です。
ポートフォリオの作成を例に解説しましょう。

  • ベースとなるポートフォリオのテンプレートはInDesignで作成
  • ページ内に掲載するイラスト等はPhotoshopClipStudioPaintで作成
  • 表紙やページ内にあしらうロゴやアイコン類はIllustratorで作成

…など、適したソフトを選択する事で効率的に制作を進めることができます。

もしポートフォリオ制作を全てをPhotoshopで作るとなると…正直かなり面倒です。
そしてファイルサイズも大きくなりがち…
ページ物は圧倒的にInDesignが効率的、緻密なロゴの作成もIllustratorに軍配が上がります。


要は一つのソフトだけにこだわらず、適したソフトを選択して制作する事が重要だという事ですね。

高品質なポートフォリオテンプレート

紙媒体やPDF形式で作成したポートフォリオの品質を手っ取り早く高めるには、高品質なテンプレートの活用が最も効率的かつ効果的です。

商用利用可能で高品質テンプレートばかり厳選!
今まで意識しなかった多くの「気づき」に出会えますよ。

※なお、ポートフォリオ制作はInDesign(インデザイン)を使うのが最も効率的です。
コチラでインデザ初心者の方向けにポートフォリオテンプレートの使い方を詳しく解説しております。

#01 Pink Portfolio Layout

ピンク系のキレイ目カワイイ風ポートフォリオ用テンプレートです。InDesign形式なので文字と画像の差し替えが超楽!
2時間あればポートフォリオが作れます。
編集にはInDesignが必須、未導入の方はInDesign公式サイトから入手しておきましょう。

ダウンロードする

#02 Portfolio Layout with Gray Accents

モノトーン系でどんな作風にも合うポートフォリオ用テンプレートです。イラスト、写真、建築、Web、グッズ…テンプレ選びに迷ったらコレがオススメ!
A4に印刷したポートフォリオ、PDF形式、どちらも短時間で作成可能です。

ダウンロードする

#03 Portfolio Layout with Yellow Accents

黄色が鮮やかでキレイなポートフォリオテンプレートです。
爽やかな画風のイラストにもピッタリ!
クセが無く、ベースデザインとして非常に扱いやすいテンプレートの一つです。

ダウンロードする

#04 Portfolio Template in Pale Green and Mint

収録されているレイアウトパターンが非常に豊富なポートフォリオ用テンプレートです。
作品を大きく見せる、制作過程を見せる、複数見せる、横長作品を画面内に綺麗に収める等、どんなパターンにも当てはめる事が可能ですよ。

ダウンロードする

#05 Minimalist Portfolio Layout

ポートフォリオの表紙には必ずメインビジュアルを入れないとダメか?そんな事はありません。
単色に文字だけで構成した表紙も素敵です。
ページ中身のレイアウトパターンも豊富、あえて表紙をシンプルにする手法もアリですよ。

ダウンロードする

紹介しきれなかったポートフォリオテンプレートや素材
上記のテンプレートはほんの一部。
下記リンクで多数の高品質なポートフォリオテンプレートを紹介しています!

ワンランク上のテンプレート素材

プロが作成した生データを研究する事は重要です。
普段からデザイン業務をされている方にとって自分以外のプロのクリエイターが作成したデータを見る事は日常茶飯事ですが、そうでない方は見る機会がありません。

AdobeStockのテンプレート素材はプロによる高品質な作品ばかり!
全て商用利用可能なので、テキストを変えるだけでそのまま使えます。

制作の手間を格段に軽減してくれるだけでなく、スキルアップの為の教材としても最適ですよ。


デザイン制作の勉強としての導入にオススメの名刺デザイン。
想像だけで作るとイマイチな仕上がりになりがちですが、良質なサンプルを参考に作ると吸収できる情報の質が段違いです。
相手に舐められない名刺テンプレート50選


ロゴ作成とIllustratorの相性は抜群!
ロゴのアイディアやデータの作り方を学習・研究するための良質な教材だらけです。
ハイクオリティなロゴテンプレート50選


例えばクリエイターの就職や転職に必須のポートフォリオ。
プロのテンプレートでレイアウトや余白、文字サイズを簡単に研究可能。内定獲得の可能性が格段にアップします!
厳選!ポートフォリオ用テンプレート34選


ゲームUIの制作は素材制作にはツールの深い知識が必要です。
テンプレートはまさに制作ノウハウの宝庫!
どれも最高の素材ばかりです。
ゲームUIに使えるテンプレート48選


単なる白黒のテキストを高品質なロゴのようなグラフィックにできるエフェクトです。
超短時間で高品質な作品制作をされたい方に超オススメ!
商用利用が可能で高品質なテキストエフェクト50選


継ぎ目が無い高品質な背景素材50選です。
全て商用利用OK!作品の密度を一気に高める事ができる汎用的な素材ばかりです。
商用利用できる高品質なシームレス背景パターン50選


良質な素材をもっと見る
上記で紹介しているテンプレートはごく一部。
下記記事で良質な素材を紹介しております。併せてチェックしてください!

おわりに

以上、InDesign(インデザイン)でできる事やIllustrator・Photoshopとの違いについてでした。

インデザインを使われているデザイナーは意外と少なめ。
私が働いてきた職場や知り合いのデザイナーで使っている方はほぼ皆無でした。
しかし使えば使うほどに便利で魅力的なソフトなのがInDesignです。

何となくIllustratorやPhotoshopを使って制作しているモノをInDesignに置き換えてみませんか?
更に制作が加速する可能性を秘めていますよ。

ではまた!

Illustratorは活用されていますか?
Photoshopだけでなく、Illustratorも活用されているでしょうか?
まだIllustratorを導入されていない方はAdobe公式サイトから入手できます。
なお、学生や教職員の方は公式サイトの学割コンプリートプランが最強にお得!
Illustratorの使い方はゼロから始めるIllustratorで徹底解説しています。
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!