【デザイン学生必見!】ポートフォリオをゼロから作ろう!

【InDesign】黒の表示方法を設定forインデザ初心者【リッチブラック】

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

InDesign(インデザイン)で作業を開始する前に「黒の表示方法の設定」を済ませておきましょう。

意外と落とし穴になる「黒」の設定。
インデザ初心者の方にもできるよう、詳しく解説いたします!

黒(ブラック)の設定

DTPにあまり詳しくない方は意識する事のない「黒」について解説します。
案外落とし穴になる個所なので、制作を始める前に理解しておきましょう!

InDesignの初期設定だと

[ Ctrl + K ] を押して環境設定を開きます。
左メニューの [ 黒の表示方法 ] をクリックしましょう。

すると [ 黒の表示方法 ] の詳細設定が開きます。
RGBおよびグレースケールデバイスでの黒の表示オプションを確認してみましょう。


InDesignの初期設定では下記になっています。

  • スクリーン(S):すべての黒をリッチブラックとして表示
  • プリント / 書き出し(P):すべての黒をリッチブラックとして出力

まず、結論から。
インデザイン初心者の方は下記のように変更しておくのがオススメです。(理由は後述します。)

  • スクリーン(S):すべての黒を正確に表示
  • プリント / 書き出し(P):すべての黒を正確に出力

「リッチブラック」とは?

リッチブラック、聞き慣れない単語かもしれません。
しかしDTPの世界では重要な単語なので理解しておきましょう。

同じ黒でも様々な黒色が存在します。

K100の真だけでなく、例えばK100+C40の青みを帯びた黒、K100+M40の赤みを帯びた黒、K100+Y40の黄みを帯びた黒など…黒の色味も様々です。
そんなK以外の色味が入った黒の事をリッチブラックと呼称します。

例えば下記は黒から黄色に変わるグラデーションの例です。

上は K100 → Y100
下は K100+Y100 → Y100

好みもありますが、下の方がキレイに見えませんか?
リッチブラックを使うと表現の幅を広げることができます。

すべての黒をリッチブラックとして表示」とは?

  • スクリーン(S):すべての黒をリッチブラックとして表示
  • プリント / 書き出し(P):すべての黒をリッチブラックとして出力

上記はInDesign(インデザイン)初期設定の黒の表示方法です。
これを可視化すると…

こうなります。
CMYKの値は違いますが、見た目は一緒ですね。

微妙な黒の表現がしたくても、全て同じ黒に見えてしまいます。
…コレ、結構厄介なんですよね。

スミ(K100)とリッチブラック(K100+M100等)を一緒にしても画面上では違いが分かりません。

そのまま気づかずに印刷してしまうと…

「…えっ?何で色が違うの?」と印刷して初めて気づく、なんて事が。。。

印刷したら最後、そのまま使うか費用を追加して刷り直すか。
しかも印刷はすぐに仕上がりません。スケジュールの調整が必要になる場合も。。。
…非常に面倒ですよね。


と、事前に [ すべての黒を正確に表示 ] にしておくと印刷事故の可能性を下げられます。

「すべての黒を正確に表示」とは?

[ すべての黒を正確に表示 ] にすると何が違うか、について解説します。

上記の例を見ると分かりますが、明確に黒の色味が違うのが分かりますね。
これらをInDesignでの制作画面上で確認できるようになります。


印刷事故が起きにくいだけでなく、デザイナーが表現したいイメージをより忠実に再現できます。
よってInDesign(インデザイン)を始められる前に必ず下記設定を行いましょう。

[ Ctrl + K ] → [ 黒の表示方法 ] → [ 下記設定に変更 ]

  • スクリーン(S):すべての黒を正確に表示
  • プリント / 書き出し(P):すべての黒を正確に出力

ポートフォリオや雑誌等のページ物を制作する上で便利なInDesignを使った印刷でミスを防げます。
なお、テンプレートを活用した爆速ポートフォリオ制作術はコチラの記事で解説しています。

高品質なポートフォリオテンプレート

紙媒体やPDF形式で作成したポートフォリオの品質を手っ取り早く高めるには、高品質なテンプレートの活用が最も効率的かつ効果的です。

商用利用可能で高品質テンプレートばかり厳選!
今まで意識しなかった多くの「気づき」に出会えますよ。

※なお、ポートフォリオ制作はInDesign(インデザイン)を使うのが最も効率的です。
コチラでインデザ初心者の方向けにポートフォリオテンプレートの使い方を詳しく解説しております。

#01 Pink Portfolio Layout

ピンク系のキレイ目カワイイ風ポートフォリオ用テンプレートです。InDesign形式なので文字と画像の差し替えが超楽!
2時間あればポートフォリオが作れます。
編集にはInDesignが必須、未導入の方はInDesign公式サイトから入手しておきましょう。

ダウンロードする

#02 Portfolio Layout with Gray Accents

モノトーン系でどんな作風にも合うポートフォリオ用テンプレートです。イラスト、写真、建築、Web、グッズ…テンプレ選びに迷ったらコレがオススメ!
A4に印刷したポートフォリオ、PDF形式、どちらも短時間で作成可能です。

ダウンロードする

#03 Portfolio Layout with Yellow Accents

黄色が鮮やかでキレイなポートフォリオテンプレートです。
爽やかな画風のイラストにもピッタリ!
クセが無く、ベースデザインとして非常に扱いやすいテンプレートの一つです。

ダウンロードする

#04 Portfolio Template in Pale Green and Mint

収録されているレイアウトパターンが非常に豊富なポートフォリオ用テンプレートです。
作品を大きく見せる、制作過程を見せる、複数見せる、横長作品を画面内に綺麗に収める等、どんなパターンにも当てはめる事が可能ですよ。

ダウンロードする

#05 Minimalist Portfolio Layout

ポートフォリオの表紙には必ずメインビジュアルを入れないとダメか?そんな事はありません。
単色に文字だけで構成した表紙も素敵です。
ページ中身のレイアウトパターンも豊富、あえて表紙をシンプルにする手法もアリですよ。

ダウンロードする

紹介しきれなかったポートフォリオテンプレートや素材
上記のテンプレートはほんの一部。
下記リンクで多数の高品質なポートフォリオテンプレートを紹介しています!

ワンランク上のテンプレート素材

プロが作成した生データを研究する事は重要です。
普段からデザイン業務をされている方にとって自分以外のプロのクリエイターが作成したデータを見る事は日常茶飯事ですが、そうでない方は見る機会がありません。

AdobeStockのテンプレート素材はプロによる高品質な作品ばかり!
全て商用利用可能なので、テキストを変えるだけでそのまま使えます。

制作の手間を格段に軽減してくれるだけでなく、スキルアップの為の教材としても最適ですよ。


デザイン制作の勉強としての導入にオススメの名刺デザイン。
想像だけで作るとイマイチな仕上がりになりがちですが、良質なサンプルを参考に作ると吸収できる情報の質が段違いです。
相手に舐められない名刺テンプレート50選


ロゴ作成とIllustratorの相性は抜群!
ロゴのアイディアやデータの作り方を学習・研究するための良質な教材だらけです。
ハイクオリティなロゴテンプレート50選


例えばクリエイターの就職や転職に必須のポートフォリオ。
プロのテンプレートでレイアウトや余白、文字サイズを簡単に研究可能。内定獲得の可能性が格段にアップします!
厳選!ポートフォリオ用テンプレート34選


ゲームUIの制作は素材制作にはツールの深い知識が必要です。
テンプレートはまさに制作ノウハウの宝庫!
どれも最高の素材ばかりです。
ゲームUIに使えるテンプレート48選


単なる白黒のテキストを高品質なロゴのようなグラフィックにできるエフェクトです。
超短時間で高品質な作品制作をされたい方に超オススメ!
商用利用が可能で高品質なテキストエフェクト50選


継ぎ目が無い高品質な背景素材50選です。
全て商用利用OK!作品の密度を一気に高める事ができる汎用的な素材ばかりです。
商用利用できる高品質なシームレス背景パターン50選


良質な素材をもっと見る
上記で紹介しているテンプレートはごく一部。
下記記事で良質な素材を紹介しております。併せてチェックしてください!

おわりに

以上、InDesign(インデザイン)の黒の表示方法についてでした。

インデザの初期設定では非推奨の [ すべての黒をリッチブラックとして表示 ] になっています。
必ず [ すべての黒を正確に表示 ] に変更しておきましょう。

ココの項目を変更するだけで印刷事故の可能性をグッと減らすことができますよ。
そして表現の幅を広げるためにも必須!
深みのある黒でより自身のデザインのクオリティを高めていきましょう。

ではまた!

Illustratorは活用されていますか?
Photoshopだけでなく、Illustratorも活用されているでしょうか?
まだIllustratorを導入されていない方はAdobe公式サイトから入手できます。
なお、学生や教職員の方は公式サイトの学割コンプリートプランが最強にお得!
Illustratorの使い方はゼロから始めるIllustratorで徹底解説しています。
ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!