ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

【就活生向け】業界別ポートフォリオの作例 ゲーム業界・WEB業界・イラストレーター

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

第1回でポートフォリオの概要とデザイン業界をターゲットにしたポートフォリオの作り方、第2回で惜しいポートフォリオの例と改善例について解説しました。

今回は自身が経験した業界別(ゲーム業界、WEB業界、イラストレーター、漫画家)のポートフォリオ例について解説します。

参考になるか分かりませんが私自身が経験した業種を元に、その時に見せた作品集に関するポイントや傾向について自身の偏見を含めて解説します。
基本的に全てPhotoshop(psd)画像をIllustrator(ai)でレイアウト・文字入れして作成しています。

コンシューマーゲーム業界(新卒)

新卒で入社した某ゲーム会社に送ったポートフォリオの内容の一部です。
学生時代に作成した作品ばかり、懐かしいです。

ポートフォリオの構成(全36p)

  • 表紙
  • プロフィール
  • メイン作品(1/8フィギュアと設定画、世界設定、制作過程)
  • アナログイラスト(アクリル等)
  • デジタルイラスト(Photoshop、Illustrator)
  • 鉛筆デッサン

作品ページは作品タイトル、制作年月日、使用した画材やツール、作品コンセプト、作品コメント、ラフや制作過程を記載しています。フルスクラッチで作った1/8フィギュアを載せいています。

フィギュアキャラの設定や世界設定、勢力図等々、私の妄想帳です。
中二病テイスト満載です。

クドイくらいに過剰な装飾

作品集のガワ部分(UI)は控えめに、あくまで作品が引き立つように作る、というのがポートフォリオの基本ですが、そんなモンは無視してUI周りもゴッテゴテにクドイくらいにデザインしていました。

程度にもよりますが、大阪のゲーム会社を目指すなら個人的にはゴテゴテくらいで丁度いい気がします。

「大阪」であって、東京は知りません。

情報量が多くてうるさければ適度に抜いてスッキリさせたらいいだけです。
最初の制作段階では情報が「無い」より「ある」方が面白いです、個人的には、ですが。

勿論作品の品質にもよりますが絵と文字だけでスッキリさせてみました的な作品集より、イチイチ各所に中二病テイストを散りばめたような作品集の方がゲーム系の方には受けが良い気がします。
オタク気質の人が多い業界ですからね。

キャラの細かい設定、UIのちょっとした所にもこだわって世界観を表現、そんな事が大好きな方が多いのがゲーム業界です。キャラの説明文の所にそのキャラ特有の紋章みたいなので装飾してみたり、ちょっとしたこだわりとか見てます。

目指している業界の方が面白がりそうな見せ方をすると良いかもしれません。

自身の「変態性」を表現

私の知ってるゲーム会社では、作品の品質も重要なのですが、何よりも自身の持っている「変態性」を隅々まで表現したポートフォリオの受けが良かったです。
(同期の女性は空飛ぶ巨大なチ〇コに乗った女の子の絵を載せていました。いいですねぇ~。)

技術的な事は後から付いてくるので、品質より「コイツおもろい発想しとるなぁ~」みたいなのが全面的に出ている「尖った作品集」が喜ばれる傾向にありました。…もしかしたら稀なケースかもしれませんが。

なおバリバリの3Dゲーム制作会社に就職したのですが、CGの知識ゼロでも受かりました。
もちろんCGの知識はあった方が良いですが、入社後3か月もすれば業務で使えるレベルになります、というか「させられます」。

新卒の方は技術的な事もそうですが、何よりも「変態性」や「独自性」が重要かと思われます。
(中途採用だと話が変わりますが…)

ゲーム業界目指している方なら一冊くらいは持っているであろうゲームやアニメ、何かしらの「設定資料集」、そういったモノの構成を参考に作成してみると楽しいものが出来上がるかもしれません。

コンシューマーゲーム業界(フリー)

会社在籍時に描いていた作品や3DCG等を学生時代のA4サイズのポートフォリオベースにバージョンアップさせたもの&手がけたゲーム単品の作品集の一部です。

自身オリジナルのポートフォリオ

ポートフォリオの構成(全28p)

  • 表紙
  • プロフィール
  • 3DCG作品
  • イラスト
  • 鉛筆デッサン
  • 裏表紙

ベースのガワは学生時代に作ったものを流用して改造しています。

大きな違いはゲーム会社で得た3D技術を使った作品をメインに掲載した所です。
ゲーム系CGメインでやっていた頃なので、3D系作品の傾向が強いです。

なお全体的にSFっぽいデザインに仕上げました。

携わったゲーム単品のポートフォリオ

ポートフォリオの構成(全14p)

  • 表紙
  • 作品&手掛けたパートの解説
  • 成果物(エフェクト、モデル、UI)
  • 別途エフェクトの動画
  • 裏表紙

手掛けたゲーム専用のポートフォリオはゲームの世界観で作成しています。

よりゲーム業界に特化し、自身の個人作品とは別に、手掛けたタイトル用のポートフォリオを別途作成し、技術的な部分をアピールするポートフォリオに仕上げました。

また、エフェクトデザイナーだったので対象のエフェクトをキャプチャして動画にしたものも作成していました。動きを見ないとエフェクトは伝わらないですからね。

イラストレーター・漫画家(フリー)

毛色が違う業種なのですが、イラストレーターと漫画家をしていた事もあるので一応掲載しておきます。
新卒入社のゲーム会社退社後に趣味がてらに参加していた某同人誌即売会で雑誌編集の方にお声がけいただき、某雑誌で漫画を描いていました。
当時の画力でも商業誌で描けましたので目安程度に、どこかで見たことのある女の子ばかりですが。

  • 漫画の担当にお見せしたのはイベントで出していた同人誌5冊(各28p漫画)+ pixiv
  • 別会社のイラストレーター業務も同様に既刊の同人誌5冊 + pixiv

A4ファイルのポートフォリオは見せていません。
というか必要ありませんでした。

イラストレーター・漫画家等の絵をメインにされている方は、最低限制作対象の絵のみ確認できればOKかと思われます。

勿論キッチリしたポートフォリオがあれば尚良いのですが、業務内容である「イラスト」や「漫画」の完成した成果物が確認できれば問題ありません。
印刷された本でなくてもDL販売中のデータがあれば販売URLだけで十分です。

ポートフォリオ制作に割く時間を作品制作、イベント参加に費やして業界関係者と知り合う機会を増やすという方がアリかもしれませんね。

スマホゲーム業界 (中途)

漫画業務やイラストレーター業務から派生してとあるスマホゲームのメインキャラデザとUI・UX、そしてアートディレクターをしていました。そのときに必要だったものが下記です。

  • ゲームのコンセプトに合った新規キャラ
  • 既刊同人誌や漫画やpixiv
  • 過去のポートフォリオ(担当案件を追加)

元々キャラ業務メインの仕事内容だったので、イラストレーター・漫画家と似たような見せ方で問題ありませんでした。

WEB業界(中途)

今までと少し毛色の違う業界でWEB制作会社に就職した時に見せた内容です。
この会社ではA4に印刷したポートフォリオが必要でした。

ポートフォリオの構成(全20p)

  • 表紙
  • プロフィール
  • WEB案件
  • UIやDTP等
  • ゲームCGやイラスト等
  • 裏表紙

見せ方も余白を生かして小綺麗にスッキリと、ゲームではないので業界に適した表現をします。

WEB会社なので基本的にWEBとUI、DTPとかデザイン系をメインに、ゲーム業界やイラスト、漫画は最後にサクッと載せていました。ゲームとWEBは分野が違いますからね。ゴテゴテ載せたくなるけど、そこは抑えて一部だけ、あとは面接で語れば問題無いです。

受ける会社によってポートフォリオをカスタマイズをしておく方が良いでしょう。
同じパターンのポートフォリオで10社受けるより、各社にカスタマイズしたポートフォリオを用意して2社受ける方が内定を貰える可能性が高いです。

ちなみにWEB会社で作画ができる事は割と食いつき良いかもしれません。
会社の規模によってイラストレーターを社員として雇っている所もあれば外注に依頼している会社もあり、形態は様々です。

Web会社はデザインができても複雑な作画ができる方はそこまで多くなかったので、独自路線の価値が生まれるかもしれません。

会社によってフロント未経験、コーディング知識ゼロでもアピール次第でデザイナー、イラストレーターとして採用される可能性があります。

超高品質なポートフォリオテンプレート

紙媒体のポートフォリオの品質を手っ取り早く高める為にはどうすればよいか?
高品質なテンプレートを使うと圧倒的短時間で品質向上が実現します。

行き詰っている方、根底から変えたい方はテンプレートを元にオリジナルの要素を追加し、オリジナリティを付与するスタイルをぜひ一度試してみて下さい。

全て商用利用が可能な高品質テンプレートばかり。
今まで意識しなかった多くの「気づき」に出会えますよ。

Pink Portfolio Layout

ピンク系のキレイ目カワイイ風ポートフォリオ用テンプレートです。InDesign形式なので文字と画像の差し替えが超楽!
2時間あればポートフォリオが作れます。
InDesignを未導入の方はAdobe公式サイトから入手しておきましょう。

ダウンロードする

Black and White Product Catalog Layout

イラストが映える白を基調とした汎用的なポートフォリオ用テンプレートです。
A4サイズのInDesign形式。
Illustratorで作るよりInDesignの方が効率的にポートフォリオが作れます。

ダウンロードする

Portfolio Layout with Yellow Accents

黄色が鮮やかでキレイなポートフォリオテンプレートです。
爽やかな画風のイラストにもピッタリ!
クセが無く、非常に扱いやすそうなテンプレートですね。

ダウンロードする

Portfolio Template in Pale Green and Mint

収録されているレイアウトパターンが非常に豊富なポートフォリオ用テンプレートです。
コレなら作品を大きく見せる、制作過程を見せる、複数見せる、横長作品を画面内に綺麗に収める等、どんなパターンにも当てはめる事ができるでしょう。

ダウンロードする

Minimalist Portfolio Layout

表紙には必ずメインビジュアルを入れないとダメか?そんな事はありません。
単色に文字だけで構成した表紙も素敵です。
ページ中身のレイアウトパターンも豊富、あえて表紙をシンプルにする手法もアリですよね。

ダウンロードする

紹介しきれなかったポートフォリオテンプレートや素材
上記のテンプレートはほんの一部。
下記リンクで多数の高品質なポートフォリオテンプレートを紹介しています!

おわりに1

参考になるか分かりませんが、ゲーム業界、WEB業界、イラストレーター、漫画家といった業種に向けたポートフォリオに関するアドバイスでした。少しでも参考になれば幸いです。

ではまた!

ゼロから始めるシリーズ

現役デザイナーが教えるIllustrator、Photoshop、ポートフォリオ講座の目次です。
デザイン未経験からプロを目指しましょう!