fantiaはじめました!無料素材やAI、PSDを配布中です。

【Google Meet】カメラが映らない、マイクの音が出ない時の解決方法

この記事を読むのに必要な時間は約 19 分です。

今の時期、世間はコロナで混乱していますね。

不要不急の外出や小まめな手洗い、マスクの着用に3密を避けよう等、非常に暮らし辛くなりました。
そしてコロナの流行に伴い、よく耳にする言葉の一つに「テレワーク」があります。

テレワーク(英: telework)あるいはテレコミューティング(英: telecommuting)とは、勤労形態の一種で、情報通信技術(ICT、英: Information and Communication Technology)を活用し時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働く形態をいう。「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語。在宅勤務(WFH)、モバイルワーク、リモートワーク、フレキシブルワークプレイスとも呼ばれる。また、テレワークで働く人をテレワーカーと呼ぶ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF

世間で言われているテレワークとは、自宅からPC経由で業務を行う事を指しています。
私はWeb業界という仕事柄テレワークは普通の感覚なのですが、世間ではあまり浸透していません。
今回のコロナ騒ぎでテレワークと縁の無い業種まで導入せざるを得ない状況になってきました。

Zoom(ズーム)、Skype(スカイプ)、Slack(スラック)、チャットワーク、backlog(バックログ)等、Web会議アプリやメッセージアプリ、タスク管理アプリが色々とあります。

今回は「Google Meet(グーグルミート)」を使ったWeb会議の下準備としてカメラとマイクの設定方法を解説します。

Google Meet用にWebカメラを買ったけど、カメラとマイクが使えない…
設定がよく分からない、そんな方にオススメの記事です。

※なお、対象OSはWindows10です。

Google Meet(グーグルミート)って何?

Google Meet(グーグル ミート)とはGoogleが提供するビジネスで使える安全性の高いビデオ会議ツールの事です。
Google提供なので他社のビデオ会議ツールと比較してセキュリティ面で安心感があります。

GoogleMeetにアクセスし、「ミーティングを開始」をクリックするだけです。

以前Zoomのエキュリティリスクが指摘され、ZoomからGoogle Meet(グーグル ミート)に乗り換えられた方も多いかもしれません。
会社でSkype経由で重要な情報は危険だからするな、とかお達しがあった方もいらっしゃるかもしれません。

そんなビデオ会議ツールの決め手がGoogle Meet(グーグル ミート)です。
Web会議の導入で困ったときにはGoogle先生のGoogle Meet(グーグル ミート)に頼ると良いでしょう。

MEMO
2020年5月上旬以降にGoogle Meet(グーグル ミート)が一般ユーザー向けに無料で提供されるようです。Googleアカウントがあれば誰でも利用ができますので、是非活用してみてください。
9月末以降は会議時間の上限が設定されみたいですが、無料で利用できます。

Webカメラをセットする

ウェブカメラをセットします。
3000円ほどで販売されているプラグアンドプレイ対応のUSB接続のウェブカメラで問題ありません。

ちゃんとUSBが刺さっていることを確認したらOKです。

Meetにログインする

アカウント取得し、GoogleMeetの画面に入っている事が前提です。
使用するブラウザはChrome(クローム)がオススメです。

MeetはGoogle製のビデオ会議アプリなのでGoogle製のブラウザであるChrome(クローム)との相性が良いです。

Meetでマイクもカメラも使えない

Meetに入れた!よし、使うぞ!…ってあれ?
Webカメラを接続しているのにも関わらずマイクもカメラも使えない…

こんな状況、嫌ですね。
このような状況の方は下記内容を確認してみてください。

マイクの設定を確認

マイクの設定を確認していきましょう。
プライバシー設定とミュート設定の2点を確認します。

マイクのプライバシー設定を確認

プライバシー設定でマイクをオフにしているとマイクが利用できません。

STEP.1
スタートメニュー内の歯車をクリック
スタートメニュー内の歯車をクリックして [ Windowsの設定 ] 画面を開きます。
STEP.2
プライバシーをクリック
[ Windowsの設定 ] → [ プライバシー ] をクリックします。
STEP.3
マイクをクリック
左メニューの [ マイク ] をクリックします。
STEP.4
アクセス設定を確認
[ このデバイのマイクへのアクセスはオフになっています ] になっている場合は [ オン ] にしておきます。
FINISH
デスクトップアプリのアクセス権を確認
下へスクロールし、[ デスクトップアプリがマイクにアクセスできるようにする ] の項目を [ オン ] にします。

これでマイクがGoogle Meetにアクセスできるようになりました。

ミュートを解除

それでもマイクが使えない。。。
そんな場合はマイクがミュートになっていないか確認しましょう。

STEP.1
システムをクリック
[ Windowsの設定 ] → [ システム ] をクリックします。
STEP.2
サウンドコントロールパネルを開く
左メニューの [ サウンド ] をクリックします。

右の関連設定内にある [ サウンドコントロールパネル ] を開きます。
STEP.3
録音タブ内を設定
[ 録音 ] タブをクリックし、対象のMicrophoneをダブルクリックします。
FINISH
ミュートを解除
[ レベル ] タブのスピーカーアイコンに丸に赤い斜線のアイコンが付いている場合はクリックしてミュートを解除します。

意外と見つけにくい場所にミュートの設定があります。

これでマイクの設定が完了です。
Google Meetでしゃべり倒してください。

カメラのプライバシー設定を確認

続いてカメラが映らない場合のプライバシー設定を確認していきましょう。

STEP.1
Windowsの設定を開く
[ スタートメニュー ] → [ 設定 ] から [ Windowsの設定 ] を開きます。
STEP.2
プライバシーを開く
[ プライバシー ] をクリックして開きます。
STEP.3
カメラを開く
左メニュー内の [ カメラ ] をクリックします。
STEP.4
カメラへのアクセス権を確認
[ このデバイスのカメラへのアクセスはオフになっています ] になっている場合は [ オン ] に変更します。
FINISH
デスクトップアプリのアクセス権を確認
下にスクロールし、[ デスクトップアプリがカメラにアクセスできるようにする ] の項目を [ オン ] にします。

これでカメラのプライバシー設定が完了です。

Googole Meetの準備完了!

マイクとカメラの設定が完了したらこのような画面になります。あとは会議に参加して色々と発言してみましょう!
併せてチェックしてみる?
Google Meetをさらに使いやすくするための「Google Meet Grid View(グーグルミートグリッドビュー)」の導入方法と使い方を解説しております。初期状態では使えない参加者全員の顔をタイル表示にできます。
併せてチェックされてみてはいかがでしょうか?
Google Meet Grid Viewで全員の顔をタイル表示にする方法

 

オンライン授業にはGoogle Classroom(グーグルクラスルーム)が非常に便利です。基本設定から課題管理や採点等の使い方を解説しています。
教師・生徒から見た使い方をそれぞれ解説しています。
【講師&生徒 両対応】Google Classroomの使い方と活用例 課題を使いこなそう

 

テレワークを始めてから太ってしまった、という声をちらほら聞くようになりました。通常なら通勤やジム等で運動をしているけど自宅に籠ってばかりだとそうはいきません。そんな方に自宅でできるお手軽健康管理法について解説します。
普段から引き籠っている私が実践している内容なので経験に基づいていますよ。
【効果アリ】ズボラ筋トレでお手軽に肉体改造forデスクワーカー

まとめ

以上、Google Meet(グーグルミート)でカメラとマイクが使えない場合にチェックする項目についてでした。

マイクのミュート設定は意外と深い場所にあるので気が付きにくいです。
急なテレワークの準備等、働き方が一変している時にこういったチマチマしたところでお困りの方に役に立てれば幸いです。

ではまた!