【無料】写真を劣化させずに圧縮できるオンラインサービス12選

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

解像度が高くて綺麗な写真を用いるサイトは魅力的です。
反面、解像度の高い写真などを使うと写真の容量が大きくなり、サイトの表示速度が遅い、サーバー容量を圧迫するといった原因になるので、可能な限り画像は圧縮して軽量化する必要があります。

しかし一方で、圧縮方法によって対象画像が劣化するといった問題もあり、圧縮方法は注意が必要です。

今回は、オンライン上で無料で使えて、尚且つ劣化させずに画像を圧縮できる12のサービスをまとめてご紹介します。
画像処理ソフトを一切使わず、圧縮に特化したサイトなのでお手軽かつ高圧縮でキレイな仕上りになります!

TinyPNG

定番中の定番です。

PNG画像を可逆圧縮できる、類似圧縮サービスの中でも特に知名度の高いサービスです。
「Drop your .png files here!」にPNG画像をドラッグ&ドロップでアップロードすれば、あっという間に画像の圧縮が完了します。

最大20ファイル、5MBまでアップロードできます。
複数ファイルをまとめて圧縮したい方にはオススメ!

TinyPNGはPhotoshop用のプラグインを提供しています。
有料ですが、圧縮を頻繁にする方は導入してみてはいかがでしょうか。

TinyPNG

TinyJPG

先に紹介したTinyPNGの姉妹サイトとして登場したTinyJPG、JPG画像に特化した圧縮サービスです。

使い方はTinyPNGと同じで「Drop your .jpg files here!」にJPG画像をドラッグ&ドロップするだけです。
画像の劣化を抑えてサイズををグンと落としてくれます。

こちらも最大20ファイル、5MBまでアップロードできますので、複数ファイルをまとめて圧縮したい方にはとても便利なサイトです。。

もちろんアカウント登録など一切不要で使えます。

TinyJPG

Compress PNG Images Online

サービス名にPNGとありますが、JPEG、PDFにも対応しています。

使い方はファイル形式のタブを選択し、圧縮したい画像をドラッグ&ドロップするだけです。
最大20ファイルまでアップできます。

なお圧縮後のファイル名末尾に「-min」が自動付与されます。

Compress PNG Images Online

Optimizilla

Optimizillaは、可能な限りの画像圧縮率かつ画質維持をしてくれるサービスです。
他のサービスやソフトウェアを凌ぐパフォーマンスと謳っています。

画質を見ながら圧縮率を調整できるのが便利です。
最大20ファイルまでアップできます。

なお圧縮後のファイル名末尾に「-min」が自動付与されます。

Optimizilla

Compressor.io

Compressor.ioはJPEG、PNG、GIFに対応した圧縮サービスです。
非可逆圧縮、可逆圧縮どちらかを選択し、圧縮したいファイルを選択するだけで、すぐに画像の最適化をしてくれます。

変換後の画像は見た目、サイズの変化をチェックすることが可能です。
Googleドライブ、Dropboxに保存できるので先のオンラインストレージを利用されている方には便利です。

Compressor.io

PunyPNG

PunyPNGと名前にPNGと書いてありますが、JPEG、GIFにも対応したオンライン画像圧縮サービスです。
PNG、JPEGに対応したサービスは多いですが、GIFに対応したサービスは少ないので重宝します。

最大150kb、最大10ファイルまでアップロードできます。
アップロードサイズが少し小さいので注意が必要です。

無料でも十分使えますが、PRO版にアップグレードするとさらに高圧縮することができます。

PunyPNG

Compressnow

Compressnowは、複数ファイルを一気にアップロードしZip形式でダウンロードすることができるオンライン画像圧縮サービスです。
ファイルはJPEG、PNG、GIF形式に対応しています。

圧縮率を1%刻みで細かく調整できるのが特徴です。
圧縮率設定後はプレビュー画像で圧縮後の画像を確認できるので便利です。

また、利用できるファイル数には上限は無く、最大9MBまで一度にアップロードできるので大量の画像を一気に圧縮したい場合は非常に便利です。

圧縮後はファイル名が「image-0-compressed.jpg」という風に自動的にリネームされます。
なお「アドブロック」等の広告ブロックプラグインを入れていると使えないので注意が必要です。

Compressnow

mozjpeg encoder

mozjpeg encoderは、Firefoxで有名なMozillaのプロジェクトチームが開発・リリースした画像圧縮エンコーダー「mozjpeg」を気軽に試せるツールです。

使い方は簡単、スライダーで画像品質を設定し、画像をアップロードするだけで画像が圧縮されます。
アップロードした画像は10分後に自動的に削除されます。

mozjpeg encoder

Kraken.io

Kraken.ioはJPEG、PNG画像の容量を劣化無しで軽量化するオンラインサービスです。
使い方はシンプルで、指定のエリアに圧縮したい画像をドラッグ&ドロップすると、すぐに最適化してくれます。

無料で十分使えますが、有料のKraken Proだと画像サイズが最大32MB、API対応など、様々な特典があります。

Kraken.io

Image Optimizer

Image Optimizerはオンラインサービスとインストール型のツールの2種を提供しています。
圧縮をしたい画像ファイルを指定し、圧縮品質とサイズ設定をおこなうだけでキレイに圧縮できます。

頻繁に圧縮される方はインストールしてローカルで圧縮するのも良いかもしれませんね。

Image Optimizer

RESIZE IMAGE ONLINE

JPEG、BMP、GIF、PNGに対応した画像圧縮ツールです。
BMPはあまり使う機会の無い形式ですが、対応している圧縮サイトが少ないので使われる方は貴重なサイトです。

使い勝手は簡単で、ブラウザ上で画像をドラッグ&ドロップするだけです。

対応している画像フォーマットが多いのが特徴です。

RESIZE IMAGE ONLINE

Online GIF optimizer

Online GIF optimizerはGIFアニメ、WebP、SVGと、他に対応していない形式を圧縮してくれる貴重なサービスです。

最大16MBまでのファイルをアップできます。
また圧縮結果と元データを見比べられるのも便利です。

もちろんJPEG、PNGもサポートしていますので、オールマイティーに使えるオンライン画像圧縮サービスです。

Online GIF optimizer

おわりに

画像を圧縮することで、サイト表示速度を高速に、さらにサーバー容量の圧迫を防ぐ効果が期待できます。
ユーザビリティの観点から、画像圧縮はしておくに越したことはありません。

どうせ圧縮するなら綺麗に圧縮したいですね。
今回ご紹介したツールを使えば手軽に、かつ劣化させずに画像の容量を減らすことができます。
使い方は簡単なので、画像の軽量化をされていない方はぜひ使ってみてください。