ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

アミューズメントメディア専門学校のキャラクターデザイン学科について徹底解説

この記事を読むのに必要な時間は約 30 分です。

アミューズメントメディア専門学校(AMG)のキャラクターデザイン学科について徹底解説します。

現役高校生、社会人経験者、大学生など、これからキャラクターデザインをはじめとしたクリエイティブ業界を目指されている方にとって候補の一つとなる学校であるアミューズメントメディア専門学校(AMG)で学べる内容、強み、学生作品、就職サポート、口コミといった情報を現役講師が詳しく解説します。

ただ学校情報を掲載しているだけの内容と違い、AMGの詳しい授業内容や就職情報、各種制度、学生作品、そして西中島のローカル情報について深く掘り下げて解説いたします!

AMGの基本データ

学校名 学校法人 吉田学園
アミューズメントメディア専門学校(AMG)
AMG公式サイト
学科 ・キャラクターデザイン学科(※当記事ではこの学科について徹底解説します)
・ゲーム・アニメ3DCG学科
・マンガイラスト学科
・アニメーション学科
・ゲームクリエイター学科
・ゲームプログラマー学科
・ノベルス文芸学科
・声優学科
※全て2年制
アクセス 大阪府大阪市淀川区西中島3-12-19
最寄り駅 阪急京都本線 南方 / 大阪メトロ御堂筋線 西中島南方

西中島はラーメン激戦区
アミューズメントメディア専門学校は西中島南方にあります。
梅田から地下鉄御堂筋線で10分程、阪急電鉄も通っているので非常にアクセス良好な立地です。
余談ですが、南方はラーメン激戦区!そして日清の大阪本社も駅のすぐソコ。
人類みな麺類をはじめとした絶品のラーメン屋が多数存在している、お昼の時間が楽しい土地です。

関西圏以外の生徒さんも多数!

北海道や沖縄など、アミューズメントメディア専門学校(AMG)には全国から同じ志を持った方が集まっています。
魅力的な授業や就職サポート以外に、大阪での一人暮らしを徹底サポートしてくれる手厚い体制があるからです。

例えばAMGの生徒だけが利用できる、リーズナブルで食事付きの学生寮や学生専用マンション。
生活・経済面のサポートが手厚い各種奨学金制度や教育ローンなど、様々な家庭環境の方に応じた体制が整っています。
サイトに未掲載の情報が多いので、資料請求(無料)をされる事を推奨します。
AMG付近は家賃が安い
実は東中島付近は家賃が激安です。そして安くて美味しいごはん屋さんが多いです。
AMGから徒歩10分以内、ワンルームSRCマンションを水道・共益込み3万円台で借りられます。
入居半年間は家賃半額という物件も多く、初年度の年間賃料を総額30万円以下に抑える事も可能!
AMG周辺は安価で便利な一人暮らしの環境が構築しやすい立地と言えます。

関東圏ならアミューズメントメディア総合学院

関東に進学したい!という方は姉妹校であるアミューズメントメディア総合学院をが存在します。
授業内容は基本的にAMG大阪校と同じですよ。
詳しい情報はアミューズメントメディア総合学院 公式サイトから資料請求(無料)するとご確認いただけます。

AMGの特徴

次にアミューズメントメディア専門学校(AMG)の特徴について解説します。

AMG産学共同プロジェクト

「産学共同・現場実践教育」はAMGグループと太いパイプを持つ企業との連携で実現した体制です。
コンテンツ制作の現場を在学中にプロから直接学び、高い就職率・デビュー率を実現しています。
人狼ゲームシリーズや東京23区絶滅、ゼニガタなど、知名度が高い作品も多数!
AMG最大の強みである産学共同カリキュラム。
出版・映画・ドラマ・ゲームなど、多くのコンテンツ制作をAMGグループで制作しており、在学中から作品制作に関われるチャンスが用意されています。
他校の産学協同とは違い、AMGの産学共同はグループ内で各スタジオを持っているので圧倒的な制作力を持っています。

出典:アミューズメントメディア専門学校

入学前と比較して段違いの成長

独学で絵を上達させるには何をすれば効果的なのかよく分からないですよね。
そして多くの方が上達の兆しが見えないまま諦めてしまう…

アミューズメントメディア専門学校のキャラクターデザイン学科はイラスト制作について体系的かつ効率的に学ぶ事ができます。

出典:アミューズメントメディア専門学校

…短期間で圧倒的レベルアップですね。

AMGは単なるお絵描きをする趣味の場ではありません。
カリキュラムには画力の基礎となるデッサンやクロッキーがしっかり盛り込まれており、基礎力の底上げが徹底されています。

そして画力の向上だけでなく、キャラクター設定、背景、デザイン、ツールの扱い方など、プロとしてお金が取れる人材育成を行うノウハウが徹底的に詰め込まれています。

時間はお金では買えません。
独学で中途半端にダラダラ行うより、現役プロから基礎から応用までしっかり学んで実力を付け、評価・改善を繰り返すのがプロへの最短ルートです。
そしてプロになってお金を稼ぎ、元を取りましょう!

クリエイターの夢を実現する手段としてAMGは非常に有効な方法の一つだと言えます。

大学・短大・専門学校・社会人でも入学は大丈夫?
年齢が違うという事で敬遠されている方がいますが、高卒の現役生である必要性は全くありません。
社会人経験者、大学・短大を卒業後にAMGに入学といった方は全体の約1/3。かく言う私も大学を卒業後、専門学校に未経験で入学したパターンの人です。
義務教育や高校と違い、周りは同じ志を持った仲間なので年齢は全く壁になりませんよ。
こういう世界はやらずにいると後々間違いなく「やっておけばよかった…」とモヤモヤします。
まずはAMG公式サイトの画面上部から資料請求し、情報収集する事をオススメします。

卒業後の進路に対する手厚いサポート体制

アミューズメントメディア専門学校(AMG)の就職サポートは他校と比較して優れている点が多いです。

所謂どの学校でも存在する「キャリアセンター」としての活動は当たり前。
先に紹介した「産学共同プロジェクト」と密接な関りを持つことで企業と太いパイプができ、デビューの可能性が格段に高まります。

また、クリエイター面接と呼ばれる様々な企業のクリエイター・人事採用担当が来校し、頻繁に学内で面接が行われます。
単に面接が行われるだけでなく、作品や面接の受け答えに対するアドバイスにより、個々の就活対応の品質向上が頻繁に行われるのが特徴です。

結果、AMGは他校と比較して高い水準の就職率を誇ります。

履修科目について

アミューズメントメディア専門学校(AMG)のキャラクターデザイン学科で履修できる科目です。

1年次の履修科目

キャラクターデザイン キャラクター設定
キャラクター論 キャラクタービジネスI
画材研究 CGI・II
デッサン1・II デザイン基礎・実習
描画I ポートフォリオ制作
共同制作 エクステンションI

描画の基礎力から応用、デザイン、ポートフォリオ制作などが網羅的に盛り込まれています。
授業を担当する講師陣は全員現役のプロ!
専攻内容に関係無い授業は皆無、こういった特化型の授業が専門学校の強みですね。

4年生大学の授業だと?
4年制大学だと専攻以外の授業、例えばデザインを専攻しているのに英語や第二外国語、経済、音楽、体育といった「直接関係の無い授業」の比率が高いです。
無意味だとは思いませんが、どうせなら専攻内容について深く学びたいですよね。
夢が明確で徹底的に専門分野について学び、確実に手に職を付けたい方はAMGのような専門学校。
夢がふわっとして、ゆるーく学生をしながら将来について考えたい方は大学がオススメです。

2年次の履修科目

キャラクターデザインII イラストレーション
CGIII デッサンIII・IV
デザイン応用I・II キャラクターマーケティング・ブランディング
卒業制作I・II キャラクタービジネスII
描画II エクステンションII

2年次も描画を中心にキャラクターデザインを徹底的に学びます。
作画だけでなく、自身の作品を使ったデザインワークやマーケティングなども学び、実践します。

キャラクターデザイン学科のより詳しい授業内容についてはAMG公式サイトから資料請求(無料)をしてご確認いただけます。

2年次は就活も並行
2年次は基礎力を高めつつ、ポートフォリオ制作と就活を行う方が多いです。
1年次の後期からポートフォリオ制作がスタートしますが、日々更新をし続け、より品質の高いポートフォリオを持って就活に臨む事になります。
そして後期は卒業制作、これまで学んだ事の集大成ですね。
多くの生徒さんは忙殺されるでしょう。しかし頑張った分、結果として自分に返ってきます!

AMGが強みとしているカリキュラム

キャラクター設定
魅力的なキャラクターにはしっかりとしたキャラクター設定があります。そんな魅力的なキャラクターを生み出すには、人気キャラの分析し、コンセプトを意識する事が重要です。
AMGのキャラクター設定の授業ではアニメ・ゲーム等のキャラクターを分析・制作・プレゼンをする事でキャラクター制作のコツやコンセプトの考え方が身に付きます。
CG
現在のイラスト制作はデジタルで行われることが多いです。
中でもAdobe PhotoshopやCLIP STUDIO PAINTは特によく使われるソフトです。
アミューズメントメディア専門学校では上記ソフトの基礎から応用まで作品制作を通してしっかりと学ぶ事ができます。
共同制作
キャラデザを仕事は自分一人で完結しません。仕事を発注するクライアントを満足させられるイラストが必要です。ゲーム制作も同様、自分一人ではなくチームで行います。
他校は個人制作ばかりですが、アミューズメントメディア専門学校ではクラスメートや他学科の生徒と共に共同制作を行い、チームでの制作力を養えます。
キャラクターマーケティング
プロとしてキャラクター制作の依頼を受けた際、どうすればクライアントの希望をキャラに反映できるかを考える必要があります。その為には世の中のキャラクターに目を向け、流行しているキャラクターをテーマごとに調査する事が大切です。
また調査だけで終わらず、調査・分析した結果を元にオリジナルキャラクターを生み出す方法まで学べます。

出典:アミューズメントメディア専門学校

就活に必須のポートフォリオ

デザイナーの就職活動には「ポートフォリオ」と呼ばれるモノが必要になります。
自身が作成した作品を1冊のファイルにまとめた作品集です。
言わば自分専用の武器!
面接時の語りや意気込みも大切ですが、何よりもポートフォリオの切れ味が大切です。

編集部批評会
大手出版社の現役編集者によるポートフォリオのレビューが行われます。
プロ視点での厳しい批評と指導によりポートフォリオの品質をより向上させ、デビューを実現しますよ。
現役学生さんのポートフォリオをピックアップ
ポートフォリオ(作品集)と言われても…あまりピンときませんよね。
現役学生さんのポートフォリオをピックアップして紹介しております。

在校生の作品

在校生である宮月あずきさんのポートフォリオ(作品集)です。
細部まで作り込まれた非常に完成度が高いポートフォリオですよ。

ポートフォリオ

※スライドするとページ送りができます。

@宮月あずき

イラスト作品

宮月あずきさん

2019年~2021年にかけて描いたイラスト作品をピックアップしました。
主にCLIP STUDIO PAINTを使って作成しています。

※クリックすると拡大します。

@宮月あずき

未経験でも大丈夫なの?
キャラクターデザイン学科なのである程度の絵心が必要だと考えられている方は多いでしょう。
結論から述べると、完全な未経験者でも問題はありません。
初心者でも付いていけるよう、基礎からキッチリ授業が進められるので安心です。
技術的な事はプロから直接いくらでも学べます。最も必要なモノはやりたいという気持ちと熱意!
さらに詳しい情報を知りたい方はAMG公式サイトで資料請求をして確認しておきましょう。

就職サポート・就職実績

アミューズメントメディア専門学校(AMG)の就職サポートと就職実績について紹介します。

就職サポート

アミューズメントメディア専門学校は他校と比較して就職サポートが手厚いのが特徴です。

企業への就職、フリーランスとして独立して活動など、本人が進みたい進路が実現できるよう、親身になって最大限のサポートを行ってくれます。

また、他校に無い共同制作は就職活動を行う上で非常に大きな強みとなります。
入社するとチーム制作がメインとなるので、他校の生徒さんより一歩リードした状態で就活に臨めますよ。

クリエイター面接
AMGにはゲーム業界やキャラクターグッズ業界、商品企画などのデザイン企業のクリエイターや人事採用担当が来校し、校内で面接が行われる「クリエイター面接」が存在します。
入社のチャンスだけでなく、面接の受け答えやポートフォリオに対する評価や改善点など、プロ視点で厳しく評価・フィードバックしてもらえるのが特徴です。
キャリアセンターだけで完結している他校とは一味違いますよ。

就職実績

2019年度のAMGキャラクターデザイン学科の就職実績です。
個人情報の保護観点から掲載希望されていない生徒さんも多いので一部の掲載となります。

・株式会社スクウェア・エニックス
・イートレックジャパン株式会社
・株式会社りーふねっと
・株式会社トーセ
・株式会社Link corporation
・TimeAge株式会社

どれも入社難易度が高い企業ばかり。
美術系の学校は就職率が低くなりがちですが、アミューズメントメディア専門学校は他校と比較して就職率・デビュー率が高いのが特徴です。
より詳しい就職実績の情報はAMG公式サイトの資料請求(無料)で確認できますよ。

キャラクターデザイン学科で目指せる主な職種
アミューズメントメディア専門学校のキャラクターデザイン学科を経て目指せる職種の例です。
もちろん他業種への就職サポートもしっかり行ってくれます。
・キャラクターデザイナー
・2DCGデザイナー
・絵本作家
・WEBデザイナー
・イラストレーター
・グッズデザイナー
・グラフィックデザイナー
・マンガ家
・ゲームクリエイター
・アートディレクター
・トイデザイナー(商品企画)
・…など
目指したいクリエイティブ系の職種について詳しく知りたい方はコチラで解説しています。

学校施設について

1人1台に最新のPCとソフトウェアが利用できます。
そしてワコムの液晶タブレットが導入されているのでデジタル作画の環境も完備!

放課後など授業以外の時間に学校施設の利用が可能です。
課題だけでなく個人制作にも活用できますよ。

キャラクターデザイン学科以外の学科も最新の設備が導入されており、ストレス無く創作活動に専念できる環境です。

学校施設は気になる所ですよね。
さらに詳しい情報はアミューズメントメディア専門学校 公式サイトから資料請求をしてご確認ください。

出典:アミューズメントメディア専門学校

自宅にAdobe製品を入れておこう
学校には最新機材と最新ソフトウェアが導入されています。
そして同じ志を持った仲間がたくさんいるので気持ち的にも励みになります。
しかし自宅で作業を行いたい日、行わざるを得ない日が出てくるのも事実。
在学中だけでなく、卒業後も必要になるので、あらかじめ自宅のPCにAdobe公式サイトからAdobeCCコンプリートプラン導入しておく事を推奨します。

学費と学費サポート体制

アミューズメントメディア専門学校(AMG)キャラクターデザイン学科の学費と学費サポート体制です。

キャラクターデザイン学科の学費

初年度 入学金:100,000円(税込)
授業費:900,000円(税込)
施設設備費:250,000円(税込)
演習実習費:130,000円(税込)
合計:1,380,000円(税込)
次年度 授業費:900,000円(税込)
施設設備費:250,000円(税込)
演習自習費:130,000円(税込)
2年合計 2,680,000円(税込)

※別途教材費等が必要

AO入試の合格特典

書類選考と個人面談による入試です。
AMGが求めている学生像は下記です。

  • エンタテインメント業界で活躍するプロをめざし、目的意識と熱意を持って学ぶ意欲のある者
  • 人とのコミュニケーションを大切にできる者

合格した際の特典は大きいので受けてみる価値は大いにありますよ。

合格者特典 ①初年度授業料より10万円免除
②入学前プレ講義受講

特待生入試の合格特典

特待生入試、要はすごく優秀な方の合格特典です。
AMGが求めている学生像は下記です。

  • 学業成績優秀で他の学生の模範となる人間性と業界の発展に貢献できる将来性を有した者

基礎学力・実技試験・グループ面接・作品審査によって選考されます。
特待生入試だけあって多項目ですね。

合格者特典 ①初年度授業料より10万円免除
②入学前プレ講義受講
③授業料免除
授業料免除詳細 S:2年間授業料 全額免除(1,800,000円)
A:初年度授業料 全額免除(900,000円)
B:初年度授業料 2分の1免除(450,000円)
C:初年度授業料 4分の1免除(225,000円)
D:初年度授業料から10万円免除
E:授業料免除なし
F:不合格

合格した際の特典が段違い!
Sランク特待生なら何と授業料が全額免除!!

※なお「Ⅱ種:部活生選考」ならキャラクターイラスト未経験の方でも受験可能です。

詳しい情報はAMG公式サイトから資料請求して確認しておきましょう。
無料で資料請求ができますよ。

様々な学費サポート制度

アミューズメントメディア専門学校では様々な奨学金制度によるサポートを受ける事ができます。

  • 日本学生支援機構
  • 給付型奨学金
  • 国の教育ローン
  • 学校定型教育クレジット
  • 新聞奨学生制度
  • 学生寮のご案内

決して安くはない学費ですが、何よりも「夢を、夢で終わらせない」事が大切です。

より詳しい制度を知りたい方はアミューズメントメディア専門学校 公式サイトでご確認ください。

ちなみに私は学生時代に日本学生支援機構の無利子を利用しました。
卒業後の返済金額は毎月8000円程、既に完済しています。

おわりに

以上、アミューズメントメディア専門学校(AMG)のキャラクターデザイン学科についてでした。

プロのキャラクターデザイナーとして活躍したい方にとって非常に有効な進路の一つです。
現役高校生だけでなく、大学生・短大生・専門学校生・社会人といった方にもオススメできます。
長い人生、どうせ働くなら自身が夢見ている世界で稼ぎたいですよね。

イラスト制作、デザイン制作といったクリエイティブ系の知識と経験は「手に職を付ける」事に直結します。
会社で働いて給料を貰うという働き方だけでなく、副業や独立といった働き方が比較的容易にできます。

これから先、会社だけに依存した働き方は危険ですよね。
自身の腕だけで食べていく為の知識や技術力、センスを最短で身に付けたい方は検討されてみてはいかがでしょうか?

まずはアミューズメントメディア専門学校の公式サイトから資料請求(無料)をし、学校についてさらに知りましょう。そしてオープンキャンパスに参加し、直に学校の雰囲気を確かめる事が大切ですよ。


ではまた!