クリエイターなら絶対に登録しておきたい転職エージェント5選!

ゲームUIのまとめサイト「interfaceingame.com」がスゴイ

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

みなさん、ゲームのUI(ユーザーインターフェース)は好きですか?
私は大好きです。

そんなゲームUIが大好きな方、ゲームUIを仕事にしている方にオススメ!
ゲームUIまとめサイトの決定版「interfaceingame.com」を紹介します。

ゲームUI制作の資料として活用、見て楽しむ、ゲームを調べる等、活用方法は様々ですよ。

ゲームUIの資料探しは意外と面倒

ゲームUIの資料探し、どうしていますか?

  • 実際にゲームを遊んでキャプチャを撮る
  • YouTubeの高画質動画でキャプチャを撮る
  • Googleで検索
  • ピンタレストでゲームUI画像を検索
  • 等々…

ゲームUIの資料を探しで、Google検索やピンタレストは手軽だと画質が粗い…
ありがちですよね。

自身である程度の資料を作っていますが、資料が足りないことも多々。
…意外とゲームUIの資料探しって面倒なんです。

interfaceingame.comの魅力を解説

では早速interfaceingame.comの魅力を解説を解説していきましょう!

膨大なタイトルのゲームUI

interfaceingameでは670以上のタイトルを掲載しています。
UIの品質が高い比較的新しいタイトルばかりが厳選!近年のゲームUIの傾向が掴みやすく、非常に親切なサイトです。

モチロン掲載タイトルは日々更新されています。

資料画像が超高画質

Google検索やピンタレストではゲームUI画像の解像度がイマイチな場合が多々。。。

しかしinterfaceingameは画像解像度が高く、非常に鮮明です。
気になるゲームUIの細部までクッキリ!
4K画質のキャプチャも大量!!
どうやって作っているのか、よく分かります。

静止画だけでなく動画も大量

UIデザインは動きも重要ですよね。
interfaceingame.comでは動画も大量に掲載されています。
サムネイルに「VIDEO」と表記されています。

しかもゲームUIのアニメーション箇所だけをピックアップ、親切すぎます。

アサシンクリード ヴァルハラのページを例に見てみる

トップページで表示される「アサシンクリード ヴァルハラ」を例に見てみましょう。
ズラリとアサシンクリード ヴァルハラのゲームUIが表示されます。

1タイトルだけでゲームUIの画像が140枚以上!
徹底的にゲームUIの資料を落とし込まれています。
サムネイル画像をクリックすると拡大。

右下の「DOWNLOAD」をクリックすると高画質画像がダウンロードされます。
左にゲームのELEMENT(要素)で絞仕込み検索ができます。

Character,Credits,Dialogue,In Game,Inventory,Level selection,Loading,Map,Menu,Overlay,Progress,Quest,Settings,Skill tree,Start screen,Stats,Store,Tutorialなど。

細かすぎぎぃ!

他にも
ゲームジャンルで絞り込み
ゲームのテーマで絞り込み
プラットフォームで絞り込み等…
絞り込み機能が豊富で、ゲームUIの資料探しが容易です。

ゲームUI制作者の特集記事が面白い

様々な有名タイトルのゲームUIを解説している特集記事があります。
サイバーパンク2077のUIの解説やUbisoftストックホルムのアソシエイトUI / UXディレクターのインタビュー、DEAD BY DAYLIGHTのリードUIデザイナーのインタビューなど、貴重な情報が沢山掲載されています。

制作側の人間以外でも楽しめる

ゲームUI制作者でなくても大いに楽しめるサイト!
品質の高い様々なゲームの高画質画像・動画が掲載されているので、見ているだけで楽しいです。

実際のゲーム画面をサクサク大量閲覧できるので、文字が無くてもゲームのイメージが伝わってきますよ。

Chromeの翻訳機能を使って日本語に

英語だから読めねえよ!とお困りの方は次の方法をお試しください。
アドレスバー右の小さな翻訳ボタンをクリック。
日本語を選択します。
日本語に翻訳完了!
英語の知識は不要です。

UI制作を専門に学び未経験からプロへ

UI制作は意外とハードルが高く、独学だと非効率的で挫折しがちです。


PhotoshopやIllustrator、Adobe Xdといったデザインツールの使い方をはじめ、使い手の事を考えた画面設計と適したデザインとアニメーションなど、やる事は膨大。
未経験だと何から手を付けたらいいのか分からなくなります。

しかしUIデザイナーの需要は高く、業務内容も面白いので非常にオススメできます。
またUIデザインについて詳しいと仕事の幅が広がり、キャリア選択の幅も広がります。

そんなUI制作に関心がある方はTechAcademyの UI/UXデザインコース がプロへの最短経路です。

UI・UXに特化したスクールは他にありません。
完全なUI未経験者でも現役のプロから直接UI・UXの基礎から応用まで学ぶ事ができます。


そして転職サポートも付いており、非常に高い転職成功率を誇っています。
社会人の方でも働きながら学ぶ事ができるので、生活を維持したままキャリアチェンジが可能!


無料説明会、無料キャリアカウンセリングが行われているので、興味のある方は要チェックです。

TechAcademy公式サイト UI/UXデザインコース

おわりに

以上、最強のゲームUIまとめサイト「interfaceingame.com」についてでした。

高画質なゲームUI資料が見られるサイトなので、制作者は重宝するでしょう。
ブクマしておきましょう。
ついでに当サイトのブクマもお忘れなく!

ではまた!