ポートフォリオの作り方をゼロから徹底解説

山善のL字デスクPND-1600(NM/IV)を購入~組み立て、レイアウトまでを徹底解説

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

山善(YAMAZEN)のL字デスクPND-1600(NM/IV)を購入したので徹底解説します。

お手頃価格で圧倒的作業効率の向上が期待できる優秀なデスク。
そんな山善の名作L字デスクを購入から組み立て、細部やレイアウト例まで徹底解説します。

L字デスクの購入を検討されている方にとって参考になる内容ですよ!

購入したL字デスク

今回私が購入したL字デスクの詳細データです。

メーカー 山善(YAMAZEN)
型番 PND-1600(NM/IV)
本体サイズ 幅160×奥行160×高さ76cm
重量33kg
材質 天板:合成樹脂化粧繊維板(塩化ビニル樹脂)
フレーム:スチール(粉体塗装)
カラー ナチュラルペイプル(私が選択した色)
ダークブラウン
ココアブラウン
組立時間 約40-60分
付属品 2口コンセント(合計1500Wまで)が計2箇所
モニター台
備考 脚部計6箇所にアジャスタ付き

下記に記載しているYahoo!ショッピングの「くらしのeショップ」で購入しました。
くらしのeショップは山善の公式ショップなので安心かつ最安値&送料無料です。
どうせならお得に購入する方がいいですよね。

到着~組み立て

では商品の到着~組み立てまでを紹介します。

STEP.1
商品の到着
段ボールで厳重に包まれて送られてきます。
型番:PND-1600(NM/IV)と記載されています。

大きさもそうですが非常に重い(約33kg)です。
少し段ボール箱が持ちにくいので落とさないように気を付けましょう。
STEP.2
バラして設置する部屋に運ぶ
非常に重いので、玄関で開封してパーツを2階に運びました。
パッと見、そんな重そうに見えませんが…山善(YAMAZEN)のL字デスクは約33kgあります。

まるごと持ち運ぶと落下させてしまう可能性があるので、普通の人はバラして持ち運びする事をオススメします。
STEP.3
内容物の確認
説明書を見て全てのパーツが揃っているかを確認します。この手の組み立て系家具は稀にパーツが不足している時がありますからね。

ついでに天板や金属パーツに傷が無いかも確認しておきます。

問題無く全てのパーツが入っていました。
コンディションも新品、キレイです。
STEP.4
天板を配置
まずは天板を裏返し、L字にレイアウトします。
パーツにアルファベットのシールが貼られているので、説明書と照らし合わせながら正確に配置します。

※作業中は床に段ボールを敷いておく事をオススメします。
ガチャガチャ作業している際に床に傷が付くと嫌ですからね。
STEP.5
ボルトで固定
金属製のフレームを説明書通りに配置し、ボルトで固定します。
こんな感じで「ガチッ」とボルトで固定されます。
剛性が高い作りです。
STEP.5
脚部を付ける
足を付けます。
6本足で安定感バツグン!
横揺れを無くすための筋交いを付けます。
非常にガッチリしています。
FINISH
180度回転させて完成
L字デスクを90度傾けて…
くるりんぱ。
てな感じで山善(YAMAZEN)L字デスク(PND-1600)の完成!

作業時間は30分程、難しい作業は一切ありません。
6.5帖の部屋ですが何も問題無く作業できました。

モニター台は足を付けてボルトで固定するだけ。
1分で作れます。

細部を観察

卓上に2口コンセントが2個付いています。
1500Wまで対応。
計4口コンセントがあります。

これが非常に便利!
スマホの充電や卓上扇風機にピッタリです。
6本の足にはアジャスタが付いているので、ガタ付きのある床でもキッチリ置けます。

ゴム足なので滑りません。
モニター台が付いています。
と言っても私はモニターを置かずに別のモノを置いています。
ちなみにモニター台下には無印の引き出し(高さ9cm)がピッタリ収まります。
天板の質感です。
合成樹脂化粧繊維板で水分や傷・汚れに強い素材、手入れをする必要は特にありません。

明るい色味で良い感じです。
天板の裏面に山善(YAMAZEN)のL字デスク(PND-1600)の詳細情報が貼り付けられています。

取り扱いの注意やL字デスクの詳細、連絡先など。
剥がさずに置いておきましょう。

レイアウト例

机のレイアウト例です。
デジタル機器しか置いていませんが、アナログ系の方にも超オススメのL字デスクです。

かなり余裕のある卓上でストレスなく作業が行えます。分かりやすいようにサイズを記載しています。

ちなみに以前は横幅140cm、奥行き40cmのテーブルを使用。PC1台とプリンターを設置したら何も置けませんでした。
また机の奥行きが狭いと捗りませんよね。

山善のL字デスクは奥行60cm、広いです。
L字の接合部下に物が置けます。

重くて邪魔なUPS(無停電電源装置)やシュレッダーを置いても足に当たりません。
ストレスゼロ!
山善(YAMAZEN)L字デスクのカラーは私が購入したナチュラルメイプル以外にダークブラウンとココアブラウンの2色があります。

私は明るい部屋が好きなのでナチュラルメイプルを選択しました。
渋い部屋、重厚感のある部屋にはダークブラウンやココアブラウンがオススメです。

他に検討したL字デスク

山善 (YAMAZEN) のL字デスク以外にもいくつか検討しました。
他にも良いL字デスクがありましたが、私の場合は山善のL字デスク(PND-1600)を選択しました。

DEWEL L字デスク

DEWELのL字型パソコンデスクです。
天板下のラックが使い勝手良さそうですね。

カラーバリエーションと卓上コンセントがあれば選択していたかもしれません。

幅が170cmあり、山善より10cm長いです。

LOWYA 強化ガラス素材のL字デスク

LOWYA(ロウヤ)の天板素材が強化ガラスの高級感あるL字デスクです。
ひっかき傷や汚れに対して最強。

スタイリッシュな部屋を目指している方に良さそうですね。
重量は40kg、高級感タップリかつ超重いです。

LOWYA L字デスク

LOWYA(ロウヤ)のL字デスクです。
LOWYAは良いですよね。
ニトリやIKEAのような安っぽさが無く、大塚家具のように高額でも無い。
丁度良いバランスの家具が魅力的です。

山善を選択した理由は卓上コンセントの有無です。
ちょくちょく抜き差しする事があるので、延長コードで卓上を散乱させたくありませんでした。

おわりに

以上、山善(YAMAZEN)のL字デスクPND-1600(NM/IV)の購入レビューについてでした。

組み立ては私の場合30分程度、不慣れな方でも1時間あれば作れます。
重量がソコソコ(33kg)あるので、持ち運びはパーツ単位で設置する部屋に運ぶのがオススメ!

なお、机をひっくり返す作業に力は不要です。
ただ組み立てにある程度の広さは必要なので、事前に設置部屋を片付けておきましょう。
そのままで行うとガッチャンガッチャンなりますよ。

L字デスクに変更してから卓上の作業効率がかなり向上しました。
PC作業だけなら以前の幅140cm、奥行き40cmでも良いのですが、書類を印刷して記入したり、別の作業を挟むとかなり手狭。

それがL字デスクになると、椅子をくるっと90度回すだけ。
サラサラッとノンストレスで別作業が行えます。
奥行きも60cmと余裕のある卓上、広々と作業が行えます。

作業効率をさらに向上させ、生産性を高めたい方には超オススメのデスクですよ。



ではまた!