e-kit製 撮影ボックス 2019年最新版を購入したのでレビューをしてみた

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

案件で小物撮影が大量に発生したので、撮影ボックスを購入してみました。
「e-kit製の撮影ボックス」です。

4000円未満で購入でき、サイズも40cmと必要十分、小物撮影に適してそうなのでアマゾンでポチりました。 とまぁ今回は撮影ボックスのレビューをしてみたいと思います。

商品到着

注文して翌日に届きました。
アマゾンプライムは早くて便利ですね。PS4で動画も見られるし、重宝してます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は lightingbox_01.png です
結構大きな箱です。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は lightingbox_02.png です
箱を開けてみると…赤いですね。

開封してみる

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は lightingbox_03.png です
中身は下記です。シンプルです。

  • 撮影ボックス本体
  • 撮影用背景4種(白、黒、赤、緑)
  • USB接続のライト
  • 説明書
  • はがき

組み立てる

組み立てが楽

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は lightingbox_04.png です
1分程度で組み立て終わります。
ボタンをパチンパチン留めたらハイ終了。

「e-kit製の撮影ボックス」は組み立てがすごく…楽です。
撮影ボックスの背景がドイヒーですが気にしない。

撮影ボックスの上から撮影可能

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は lightingbox_05.png です
撮影ボックスの上部に撮影用の穴が開いています。
マジックテープで取り外し可能。上部の穴から撮影ができます。

ライトについて

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は lightingbox_06.png です
ちなみにライトはUSB接続なので別途アダプタが必要です。
スマホを持っている方なら一家に1つくらいはあるでしょう。
無ければ100均で購入しましょう。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は lightingbox_07.png です
ちなみに消灯、点灯です。目が痛く明るさです。
うおっまぶしっ!

撮影してみる

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は lightingbox_08.png です
カメラをセットして撮影してみます。
ここまで撮影ボックスをセットするのに10分もかからないです。

撮影対象は名刺入れです。
ここから撮影対象に一切の写真加工を入れずに掲載していきます。

まずは白背景で撮影

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は lightingbox_09.png です
写真加工なしです。ECサイトの写真みたい!
アクセサリーとか良い感じに撮影できそうな感じです。

ライトの強さは最大です。
結構目が痛くなる明るさですが、いい感じで撮れています。

ちなみに上記左はライトの強さが5/10、右が1/10です。
暗いです。強めの照明でいい感じになります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は lightingbox_12.png です
スマホで撮影したものです。
手で持った状態のスマホで撮影した割に悪くないですね。
大量撮影する場合は3脚が必須です。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は lightingbox_11.png です
ちなみに上記は撮影ボックス無しでスマホ撮影。
撮影ボックスで撮影した写真の方が断然キレイです。
…まぁこれはこれで、アリかもしれませんけど。

黒背景で撮影

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は lightingbox_13.png です
悪くないですが背景のウレタン素材感が強めですね。
背景は自前で色々揃えて撮影するとよりクオリティが上げられそうです。

赤背景で撮影

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は lightingbox_14.png です
使いどころが難しい色ですね。
撮影対象の色が思いっきり変わっています。

緑背景で撮影

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は lightingbox_15.png です
これもまた限定的な使用になりそうな色味です。

まとめ

4000円未満で40cmの省スペースの撮影ボックスを検討されている方であれば「e-kit製の撮影ボックス」はかなりオススメできる商品です。使わないときは折りたたんで保管、組み立ては1分で、非常に便利です。

また撮影ボックスの利点は時間や天気を問わず、一定の環境で撮影できるのが強みです。晴れている昼間限定ではなく、曇りの夕方、夜、問わずいつでも同条件で撮影できるのは効率化に繋がります。

ヤフオク、メルカリで小物販売、ハンドメイドアクセサリーをミンネ等で販売されている方は買っておいて損はしませんよ。
写真の品質が向上することで売り上げ向上が見込めます♪

ではまた!