#04 Photoshopのカラーモード

こんにちは、「ゼロから始めるPhotoshop」略して「ゼロフォト」講座の#04を始めます。

当講座ではPhotoshopのカラーモードについて詳しく解説します。
カラーモードとはピクセルの色をどのように表現するかという、色の構成方法の違いです。
RGBやCMYKがよく知られていますが、それ以外のカラーモードについても解説をします。

カラーモードとは?

カラーモードとは画像の色を表現する仕組みの事で、最終的に出力する媒体や用途に応じて設定します。
媒体は印刷物、モニター画面等があります。

カラーモードはドキュメントの新規作成時に設定しますが、後から[ イメージ ] → [ モード ]で変更できます。

これらカラーの基本を理解することで、Photoshopでより効率的に作業を行う事とができます。

RGBカラー

デジタル画像でよく使われるカラーモードが「RGB」です。

RGBはデジタル画像の基本的なカラーモードです。
「RGB」とはRed(赤)、Green(緑)、Blue(青)の3色の賭け合わせで表現されます。

RGBは「光の三原色」とも呼ばれており、全ての色を混ぜ合わせると「白」になります。この仕組みは「加算混色」と呼ばれています。

CMYKカラー

CMYKとはCyan(シアン)、Magenta(マゼンタ)、Yellow(イエロー)で色を表現する「色の三原色」と呼び、全ての色を混ぜると「黒」になります。
この方式は「減法混色」といいます。

CMYを混ぜても純黒を表現するのが難しいのでK(Keycolor,またはblack)を加えます。
インクを使う印刷やプリンタは基本的にCMYKで色が表現されます。

グレースケール

グレースケールは色の要素を持たない1色だけで諧調を表現するカラーモードです。諧調数は256で、主にモノクロ印刷用の画像に使われます。

モノクロ2諧調

モノクロ2諧調では「白」と「黒」の2諧調のみのカラーモードです。デジタルでの漫画作成や、印画紙などの清刷り(きよずり)からロゴマークを作成するため、モノクロ2諧調でスキャンしてデータ化する際に利用されます。

インデックスカラー

インデックスカラーは8bitの情報しか持たないので、カラー画像ですが256色しか表現できません。この256色にはWindowsのシステム用、Macのシステム用、Web用などがある他、より滑らかな色や諧調を表現するために任意に256色を選ぶこともできます。

ダブルトーン

ダブルトーンとはダブルトーンという2色のインクの重ね合わせ印刷を行う際に使用するカラーモードです。マルチチャンネルを利用した2色分解とは異なり、2色のインクの重ね塗りとなるために、色調は単色です。

マルチチャンネル

マルチチャンネルはチャンネルを個別の操作を出来るカラーモードです。2色印刷とダブルトーンの違いは、任意の2色で色を区別させることができることです。

Labカラー

「L」は明るさ、「a」はh¥グリーンからレッドの色相変化、「b」はブルーからイエローの色相変化を示します。Photoshopのカラーモード変換時や、フォトCDなどで利用されるなど、高度なフォトレタッチのカラーモデルとして使用されます。

Photoshopを導入するには

Photoshop(フォトショップ)を持っていない方は、下記から購入する事ができます。
断然オンラインコード形式がオススメ、購入したらすぐにダウンロード&使用可能です。

学生の方や教職員の方なら断然学割価格コンプリートプランがオススメです!
公式サイトよりも安く買うことができます。
Photoshopをはじめ、Illutrator等の様々なアドビ製品をお得に始める方にピッタリです。
12か月間使い倒しましょう!
上記以外の方は一般向けのコンプリートプランがオススメです。
Photoshopを使って自身の発想をドンドンビジュアル化し、デザイン制作を通して人生を大いに楽しみましょう!

コチラの記事Photoshopを最安で買う方法Photoshopの導入手順を解説しております。

おわりに

カラーモードにも種類が色々とあり、使い分けに迷います。各カラーモードの特徴や用途を理解し、制作物に適したカラーモードを使うようにしましょう。

おつかれさまでした。

ゼロから始めるシリーズ総合目次

最新情報をチェックしよう!