【ゼロから始めるPhotoshop #03】レイヤーの作成・各種操作

こんにちは、「ゼロから始めるPhotoshop」略して「ゼロフォト」講座の#03を始めます。

当講座ではPhotoshopのレイヤーについて詳しく解説します。
フォトショップをより効率的に使うにはレイヤーが必要不可欠です。

レイヤーの概念と機能についてゼロから解説します。

レイヤーとは何ぞや?

アニメーションのセル画のように、透明なシートに描かれたイラストを重ね合わせるような感覚で1枚の作品を作ることができます。

上記画像のように背景だけのレイヤー、写真だけのレイヤー、ロゴだけのレイヤー、文字だけのレイヤー…のように作成し、仕上がりは全てのレイヤーの要素が重なった状態となります。

複雑なアートワークの作成に不可欠な機能の一つです。

まずはレイヤーパネルを表示される

レイヤーパネルが表示されているか確認します。


もしレイヤーパネルが表示されていない場合は下記方法で表示させてください。

[ F7 ]を押す

または

[ ウィンドウ ] → [ レイヤー ]

新規ドキュメントを作成し、画像を配置する

#02の「練習用画像をPSDに配置」まで設定をしたファイルを新たに作成してください。

レイヤーパネルの操作

新規レイヤーを作成する

右下の小さな「新規レイヤーを作成」ボタンをクリックします。

上記画像のように1つレイヤーを新規作成してみましょう。

レイヤー名の変更

レイヤーを新規作成したらレイヤー名を変更してみましょう。

  1. 「レイヤー1」と名称が書かれている個所をダブルクリック
  2. 任意の名称を入力

新規レイヤーを作成したら名前を変更する癖を付けておくことをオススメします。少ないレイヤーのアートワークなら問題無いのですが、レイヤー構成が複雑になると名称管理をしておかないと何が何か分からなくなって後々大変な事になってしまう事も。

チームで制作を行う会社の中にはレイヤーの名称ルールや構成を細かく指定している所も存在しています。制作しながらレイヤー構成や名称を管理して、誰が見ても分かりやすいファイル作りに慣れると制作の効率性も高まりますよ。

新規レイヤーに落書きする

編集対象レイヤーをアクティブにする

レイヤーを触るには、まず編集したいレイヤーを選択し、アクティブにする必要があります。

いざ落書き

では落書きレイヤーを選択し、ブラシツールで落書きしてみましょう。

写真レイヤーに直接落書きをせず、新規レイヤーに落書きすると後の編集が容易になります。

レイヤーパネルの左側にある目玉アイコンをクリックすると、対象レイヤーを非表示にできます。もう一度目玉アイコンの個所をクリックするとレイヤーを表示できます。

※消したいレイヤーの目玉アイコンをドラッグで複数なぞると、まとめてレイヤーの表示・非表示ができます。

次のページで各種レイヤーの操作について細かく解説していきます。

Photoshopを導入するには

Photoshop(フォトショップ)を持っていない方は、下記から購入する事ができます。
断然オンラインコード形式がオススメ、購入したらすぐにダウンロード&使用可能です。

学生の方や教職員の方なら断然学割価格コンプリートプランがオススメです!
公式サイトよりも安く買うことができます。
Photoshopをはじめ、Illutrator等の様々なアドビ製品をお得に始める方にピッタリです。
12か月間使い倒しましょう!
上記以外の方は一般向けのコンプリートプランがオススメです。
Photoshopを使って自身の発想をドンドンビジュアル化し、デザイン制作を通して人生を大いに楽しみましょう!

コチラの記事Photoshopを最安で買う方法Photoshopの導入手順を解説しております。

最新情報をチェックしよう!
>デザイナ必須!AdobeCC コンプリートプラン

デザイナ必須!AdobeCC コンプリートプラン

Photoshop、Illustrator、Acrobatなどの定番アプリから、Adobe XD、Dimension、Premiere Rushといった新世代アプリまで、20種類以上のアプリが全て使い放題!
また、15,000以上のフォントが使えるAdobe Fontsや1億点を超えるロイヤリティフリー素材が揃うAdobe Stock(別売)などのサービスも充実。
そんな最強制作ツールを最安値で手に入れよう!

CTR IMG